男鹿半島と周辺を歩く(3) 蕎麦処 丑澤屋(三種町)

Ushizawaya_01
なぜか月曜日に休みが多い。ところが月曜日は、男鹿市船川のファミリーレストラン〈園〉の定休日なのだ。「ラーメンと炒飯のセットが食べられる」という情報を得ており、一度行ってみたいと思っているのだが休日と合わない。その代わり、ドジャース男鹿店なんかでさくっと買い物を済ませ、昼ビールを楽しめているわけだ。

いや何もね、〈園〉にこだわる必要はなく、男鹿で行ってみるべき店は他にもあるわけで、〈園〉がダメだから昼ビールになるってのもおかしな話だよね。やはりこの男、ただ単に昼ビールが飲みたいだけじゃない? 男鹿半島で行ってみるべき所は沢山あるというのに、引きこもり気味になっているのはなぜなのか、自分でもわけわかんないね。

何か(誰か)に背中を押されないと、外へ出て行動的になるなんてほとんどない質なのだ。そんな折、姉から明日休みだけど蕎麦でも食べないか、と連絡が入るのは嬉しいものだ。蕎麦か、良いね、と言いながら心のどこかで昼ビールのことを思っている卑しい自分を感じながら、大潟村の道の駅への道順をウェブ地図で調べる。

なるほど、県道55号線から国道101号線に入り、海岸沿いの道を走る、と。そのまま野石の交差点を直進、県道54号線を進み、最後に右折で到着、と。これをメモに書いて出発。クルマに案内装置をインストールしてしいないので、こういう原始的な方法をとっているが、以前だったら紙の地図を開いて入念にルートを確かめたんじゃなかったっけ。

牧野の交差点で左折して国道101号線に入るのに、そこを直進してしばらく走ってから、おかしいねえ、今頃は海岸沿いを走っているはずだが? とか自分でツッコミを入れ、Uターンをして牧野に戻り、国道101号線に入って海岸沿いを走った。そんなこんなで、どうにか大潟村の道の駅までたどり着きましたよ。

Ushizawaya_02姉を乗せて、蕎麦屋に向かう。今回は三種町(元の八竜)の〈丑澤屋〉(うしざわや)という蕎麦屋さんに来た。すごく立派な門構えだけど、さっと通り過ぎてしまいそうだ。土、日、水と休みになっていて、本業はレタスの水耕栽培をなさっているという。だから「蕎麦ができるまでサラダでも召し上がってくださいな」とボウルいっぱいのレタスが出てきた。

11時半過ぎに入店した私たちの他に、数名の客が入ってきて「大盛りね」とか注文している。やはり知る人ぞ知る、というか、地元の人はよく知っているということなんだろう。さてそうこうしているうちに料理がきましたよ。蕎麦は淡く緑がかった、綺麗な色をしていますね。更科蕎麦、とあったから挽きぐるみは使っていない色白の蕎麦。

Ushizawaya_03蕎麦の横にはかいわれ大根と鶏胸肉のハム(?)が添えられており、これがなかなか美味しかった。ほぼ真空に近い状態に密封した袋に鶏胸肉と調味料を入れ、低温調理したのではないかと勝手に想像する。山芋のとろろとか、ニシンを煮たもの、そしてお約束(?)のがっこ(漬物)が付いている。未だ何に合わせるかよくわからないが、これぞ秋田スタイル(文化)なのである。

冷水じめというより、氷水じめと言えば良いのだろうか、蕎麦が冷たく、しっかりと冷えて出てくる。こちらの方が、歯ごたえがいいのだろうと想像する。咀嚼して、鼻に息を抜くときに香る蕎麦の香りがたまらない。ちょっと蕎麦好き、という程度の男にとっては上等すぎる店かもしれない。これで700円だから、なんだかとても幸せな気分になって店を出た。


【付記】
⚫︎ 蕎麦のついでに、というのも変ですが、男鹿にいわゆる「うどん屋さん」は存在しません。奈良の方に「そちらにうどん屋はないのでは」というコメントを頂いたとき、いやいや秋田市に稲庭うどんの店がありますよ、などと返答したのだが、たしかに秋田市にはあっても、男鹿にうどん屋はありません。

関連記事

天然ワラサの刺身、しゃぶしゃぶを食う

YellowTail_Warasa
某休日、ちょっとした食べ物を買いに近隣の「たかはし」さんに立ち寄り、鮮魚コーナーを見ていると、サクが400円前後で売っている。白身魚で、縁にはエンガワと思しき部分も付いていてヒラメに間違いない。だけど自分の感覚では、このレベルの大きさのヒラメの刺身って、1000円くらい平気でしたはずなので、不思議な気分になった。

記憶ではタイとかヒラメの刺身(サク)なんて、閉店間近の半額セールの時くらいしか手に入らなくて、半額で掴んだもののその夜のメニューはもう決まっているので、大抵は昆布じめにしたものだった。で、翌日、昆布じめによって薄く色づいたタイやヒラメの刺身を食べるのは本当に楽しみだった。

関西でも漁港の近くに住んでいる人はまた違うかもしれないが、大阪市内や近郊あるいは阪神間地域(西宮/宝塚)に住んでいる感覚からするともはや「あり得ない」ヒラメの刺身、ついふらふらと掴んでしまった。けど、刃渡りの長い刺身包丁などあるはずもなく、あるのは多機能ナイフのみ。これでヒラメの刺身を造れってのかよ?

はい、できるわけありませんね。こうなるなって、わかってたんだけど、ヒラメのサクを買わずにはいられなかったんだから仕方がない。もはや人に見せられないほど身はボロボロに崩れてしまったけれど、醤油とわさびをちょっとつけて食べると……もう、甘いのである。それに柔らかくて、臭みというものが全くなく極めて上品な味わいである。

漁港が近いって、こういうことなのか! 近海の天然物にすっかり魅せられてしまった私は、ドジャース男鹿店でも男鹿産や近隣の魚に目がいくようになった。今回、青森産の天然ワラサのサク(背側)が198円で売っていたのですかさず購入した。これね、店やってる人も買いに来るみたいで、ちょっと目を離したらほとんどなくなっていることもある。

そもそもブリとかハマチの類は脂が多くて、とても刺身で食べる気にはなれなかった。魚焼きグリルで塩焼きにするか、フライパンで照り焼きにするか、ほとんど選択肢は存在しなかった。だが鮮度の良い天然ものだったら話は別である。
ブリ・ハマチの類でも刺身で食えるかもしれず、これは是非とも試してみたかった。

小型ナイフと簡易まな板は用意してあるので、しゃぶしゃぶ用として薄くそぎ切りにして皿に並べていく。皿一杯になったけど、分量的には2〜3人前じゃなかろうか。皿に乗り切らなかった分は、先にちょっと刺身で食べてみた。想像していた以上に、脂が少なく、嫌な臭いもなく、刺身として一級品であることがわかった。

自分にとって「魚の鍋」といえば「フグ鍋」のことであり、フグ鍋以外の魚の鍋を思い切り楽しんだ記憶はない。なので今回は、天然のワラサでしゃぶしゃぶを楽しもう、という寸法である。出汁は粉末の昆布だしを用いた。酒、塩を適宜加えておく。具材は木綿豆腐、春菊(菊菜)、天然ワラサのみ。

春菊(菊菜)は食べやすい大きさに切って、水でよく洗っておく。こちら(秋田)では春菊(菊菜)を野菜売り場で見ると、どうも茎になるまでしっかり成長させたものを、根元をカットし、洗って販売しているようだ。好みにもよるが、茎になる前の柔らかい状態を、土が付いたような格好で売っているのが最上である。

木綿豆腐を外して、ほかの野菜にしたほうがいいかもしれない。だが、我が家では、鍋には必ず木綿豆腐を入れることにしている。木綿豆腐をそっと入れ、軽く火が入るまでの間、天然ワラサを箸でつまみ、出汁の中で軽く泳がせるように火を通す。生で食べられるものなので、本当に軽く、さっとくぐらせるくらいでいいと思う。

軽く火を通すことで、余計な脂が落ちて、いくらでもいけそうな気がする。魚の鍋でお腹いっぱいに、なんてまずあり得ないことだったけど、天然ワラサのしゃぶしゃぶ、これは大正解でした。菊菜(春菊)を適当なタイミングで食べれば、口がさっぱりして、再び天然ワラサもおおいに進むわけである。

さあて、天然ワラサで刺身としゃぶしゃぶをおおいに堪能させてもらった。だけど、分量的にはこの半分くらいでじゅうぶんだ。2人あるいは3人で食べたとしても、満足できる分量ではないかと思う。これで198円だから恐ろしい。今後、冷凍保存ができるような環境になるときまで、天然ワラサはしばらくお預けになるでしょうね。


【付記】
⚫︎ 天然ワラサにしても、鳥の胸肉にしても、一人分としてはちょっと多かったですね。無理して全部食べたんだけど、今後はちょうど良い分量だけにしたいものです。昼は刺身と何かを作り、夜はしゃぶしゃぶにするとか、うまくやりたいものですね。

関連記事

しそわかめオルタナティヴ

Uonoya_Shisowakame
以前、山口県の萩に行った時、大衆食堂みたいなうどん屋に入った。観光案内に「肉うどんが美味い」と書いてあるという安易な理由だが、初めて行った土地で地元の人しか行かないような名店を探り当てるのは難しい。肉うどんは特筆すべきものではなかったけれど、セットで付いている「わかめむすび」がたいへん気に入った。

三角おにぎりの全面に細かく刻んだわかめがまぶしてある。ほおばると、何とも美味いではないか。白ご飯を菜っ葉で包んだ「めはりずし」も大好きだけど、それに比肩すると言っていい味わいで、翌日も「肉うどんとわかめむすびでいいよ」と思ったほどである。そのわかめむすびに使われているのが「しそわかめ」だと知ったのは後の事である。

しそわかめは「生タイプのふりかけ」で、細かく刻んだわかめにシソを混ぜ、塩で味つけをしたもの。萩の井上商店が有名で、以前記事に書いたほどである。井上商店のはゴマが入っており、シソの香りがよく効いているのが特徴。炊飯専用の土鍋で炊きたてのご飯にしそわかめをかけ、ほうれん草とあぶらげの味噌汁があれば、他はいらないほどだ。

大阪でならほとんどのスーパー市場で井上商店のしそわかめが買えるので、食卓には欠かせぬものとなってしまった。ところが、秋田に来てからというもの、井上商店のしそわかめが「お取り寄せ品」になってしまったのである。単に見落としているだけかもしれないが、どこにも売っていないではないか。

まあ、しそわかめがなかったら死ぬわけでもあるまいが、朝、さくっと朝食を済ませてしまいたい時など、あると本当に便利なのである。かりに、生卵としそわかめのどちらかを選べ、ただし選んだものとその後一生付き合って行かねばならぬ、という条件があるとするなら、私はしそわかめを選んでしまうかもしれない。

某日、ドジャース男鹿店で買い物をしていると、なぜか急にギクリとして立ち止まってしまった。それは、ふりかけを並べた商品棚ではなく、男鹿産の魚を並べてある売り場の隅で、「しそわかめ」の文字を見かけたからであった。井上商店のものではないと一目でわかるけれど、つかんで買い物カゴに入れずにはいられなかった。

「生タイプ ふりかけ 梅入り しそわかめ」などと書いてある。裏を見ると製造者は株式会社魚の屋とあり、島根県の水産会社のようである。同社HPを見ると、「島根の家庭で昔から親しまれてきた『しそわかめ』を手軽に全国の食卓へ」とある。なるほど、しそわかめは萩の特産品というわけではなくて、山陰地方で広く食べられているのだろう。

食べてみると、うむ、そんなに悪くない、ていうか、なかなか美味いじゃないか。さすがに井上商店には届かないにしても、業務スーパー物よりうまいんじゃないかな。値段も100円以下だったので、次にドジャース男鹿店に行った時、何袋かまとめ買いしてしまったほどである。

魚の屋のしそわかめは「鮭入り」とか「明太子入り」など色々あるようだけど、ドジャース男鹿店には3種類くらいしか置いていない。個人的には「梅入り」が好みで、他に色々浮気をしても(?)最終的には「梅入り」に帰ってきてしまう感じである。魚の屋しそわかめのおかげで長い冬を越せた、といっても過言ではないほど、よく食べた。

ところがある日、脇本のダイソーで、何と魚の屋のしそわかめがあるではないか! ダイソーでは食品をあまり買わないけれど、その日はビスケットの類を物色していてたまたましそわかめを見てしまったのである。なあんだ、ドジャース男鹿店だけじゃなかったんだ、と妙に気抜けしてしまったじゃないか。ってことは、ひょっとして、全国的には井上商店よりメジャーなのだろうか。


【付記】
⚫︎ まさか、100円均一店でしそわかめが買えるとは思っていませんでした。ダイソーが魚の屋を口説いたのか、魚の屋がダイソーに持ちかけたのか、経緯は不明ですが、100円均一店経由なら「手軽に全国の家庭へ」も可能でしょうね。果たして、全国どこのダイソーにもしそわかめがあるんでしょうかね。

関連記事

鶏胸肉の黒胡椒焼き マスタードソース

ChickenBreastMeat
鶏肉は好きな方だと思う。近頃でこそ豚肉で鍋をすることも多くなったけど、鍋といえばもっぱら「鶏の水炊き」だった。鶏もも肉に塩をもみ込み、魚焼きグリルで焼いたものはかなり美味しく、変なから揚げよりよほど良いものに思えた。鶏のから揚げも、良いものに当たれば本当に幸せな気持ちになるものだ。

思い返せば、それら鶏肉料理は全て「もも肉」である。鶏のもも肉以外で食べるのは「手羽先」とか「手羽中」あるいは「手羽元」だろうか。よほど気の向いた日には鶏のささみを買ってきて、湯引きしてあっさり食べることもあるけれど、ほとんどの場合、鶏料理=もも肉だったのは事実である。

鶏肉にはもも肉や手羽先以外に「胸肉」があるのはみんな知っていると思う。私も特にそれを毛嫌いしているわけではないが、なぜか「見て見ぬ振りをする」感じだった。いや、目の隅に捉えさえしかなかったかもしれない。嫌いではないのだ、でも、目の前にもも肉があったら、誰だって(?)もも肉を選ぶんじゃないだろうか。

YouTubeで中華料理とか釣りのチャンネルを見ていたら、おすすめ動画になぜか鶏胸肉料理が入っていたようで、何気なしに見ていた。すると、鶏胸肉は低脂肪高タンパクで、必須アミノ酸のナントカやらビタミン類が多く含まれていて、栄養的に優れた食品だという。しかも鶏もも肉に比べてかなり安いというではないか。

栄養のことなど、正直どうだって良いのである。最後の「安い」という部分に惹かれてさらに次の鶏胸肉関係の動画を見た。鳥の胸肉を塩水につけておき、取り出したら皮を剥いで黒胡椒を振り、フライパンで蓋をして2分焼く、と。裏返してもう2分焼いたら火を止め、蓋をしたまま15分間放置する。

時間になったら鳥の胸肉を取り出し、フライパンに残った肉汁に粒入りマスタードとオリーブ油を加え、混ぜる。加熱する必要はない。そぎ切りにした鶏胸肉を皿に並べ、マスタードソースをかけて完成、とな。へえ、なんだか良さそうじゃないの。今度休みの日にやってみようかな、という気になったではないか。

というわけで、某休日、クルマで脇本まで行ってHomacで小型包丁を買った。刃渡りの小さな多機能ナイフでは限界ってものがある。1000円以下のステンレス製だが、包丁からハサミまで研げるから、別になんだっていいの。ついでにダイソーであれこれ買って、最後にドジャース男鹿店という定番コース(?)になった。

まず、肉売り場に行って鳥の胸肉をチェックしてみる。あ、本当だ、鶏胸肉って300g=200円くらいだよ! 一番安くて小さなものを買っても、一人だと多すぎるくらいだ。でも冷凍保存できないから仕方なく買い物カゴに入れた。次に、魚売り場を見ると、青森産の天然ワラサのサク(背側)が198円だったので買った。

帰って来てから、鶏胸肉を塩水で保存するための袋を買い忘れたことに気がついた。塩水処理こそがこの料理の肝だと思うけど、肝を見事に外す男である。ていうか、もう12時過ぎてんだよ、だれが今から肉を塩水につけてしばらく待つなんてするかよ。かわりに(なってないけど)鶏胸肉の周りに粗挽き黒胡椒をたっぷりなすりつけて焼くことにした。

電気鍋の火力を最大にセットし、オリーブ油を入れて鍋が熱せられるのを待つ。あとは、上記の通り進めていく。電気鍋を使っているので余熱がかなり強いのが注意点で、発熱体から離して放置する。15分後、取り出して切ろうとすると、かなり熱い。これね、調整すれば好みの最良点が見つかると思うけど、それこそが「肝」なんでしょうね。

さてパクリ料理ができましたよ。完全に火が通っており、これはこれで悪くないが、もう少し浅めに仕上げたいものだ。食べてみると、なかなか美味い。特に、マスタードソースはいい感じではないだろうか。まあ正直、うま過ぎてヤバいとか、ノックアウトされたとかいうようなことはありません。ちゃんと作ってないもんね。


【付記】
⚫︎ これ、やっぱり昼飯向きじゃありませんね。塩水につけてしばらく置くってのがネックでして、昼前に買って来て下ごしらえをしておき、夕方に食べるのがベストでしょうか。調理法や加熱時間を工夫すると、もっとよい料理になると思います。

関連記事

ビスケット作戦、餅作戦

Biscuit
4月からホテル(温泉旅館)の料飲スタッフとして勤務しているが、これがけっこう、きついのである。そんなに楽な仕事なんてあるものか、とは重々承知しているつもりだが、やはりきつい。肉体的な重労働ではないけれど、夜は10時を過ぎることもあり、そして朝は朝食の準備があるので6時半前から活動しないといけない。

遅い夜と早い朝の組み合わせが何を意味するか、何がどうきついのか、これだけではわからないだろうけど、要するに飲んだくれていられない(深酒できない)のだ。もう若くないので肝臓のアルコール分解能力が落ちているのか、6時間かけても朝に酒が残ってしまうことがあり、具合が良くないのである。

夜の10時くらいに寮に帰って来ると、1時間くらいしたら「そろそろ寝なくちゃ」である。深夜0時を過ぎて酒を飲むなど以ての外、となってしまった。お酒大好き人間としては、これきついなあ。だが接客業である以上、従業員が朝から酒臭いようでは困るので、そこはしっかりと自戒しないといけない。

また、朝食はお客様が帰った後でとる決まりなので、早くて9時半過ぎ、遅ければ10時過ぎになる。晩御飯はだいたい8時過ぎになるので、13時間以上何も食べない状態になる。昼ご飯は1時か2時頃だけど、おやつを食べなければ、確実に腹が減ってしまう。つまり、下手をすると朝も夜も、常に空腹の状態で接客しないといけない羽目になる。

何か上手にやり過ごすというか、巧い作戦はないものだろうか。朝は時間的余裕がないので、フル朝食というわけにはいかない。結局、睡眠時間を削るだけだ。さっと食べられてある程度腹持ちの良いものって何だろう。まず思い浮かんだのがビスケットである。ヨーグルトとシリアルというのも良いが、冷蔵庫がないから無理である。

そこで、船川のドジャースで昼食と夕食の食材などを買ったついでに、ビスケットを物色することにした。個別包装で、そんなに砂糖とかバターをたくさん使っていない物が良い。だけど、シリアル・ビスケットなんて洒落たものは置いてないんだよな。だから東鳩製菓の「オール・レーズン」と「ハーベスト セサミ」にしましたよ。

日本ではバターと砂糖を多めに使ってしっとり焼いたソフト・ビスケット(クッキー)に人気があるようだけど、健康を考えるとホール・ウィートや他の雑穀を混ぜたのにドライ・フルーツを混ぜ込んで焼いたものがいい。でもそんな気の利いた菓子などないからね。ハード・ビスケットとなると、プレーン・クラッカーみたいなのしかないし。

それからすると、「オール・レーズン」とか「ハーベスト」は良くできた方ではないかと思う。どちらも甘さ控えめなのがいいね。とりあえず試し、ということで、オール・レーズン2枚とハーベスト4枚(個別包装分ね)をコーヒーと一緒に食べ、朝の仕事をやってみた。あ、全然ダメ。本当に持たせるなら、倍量にしないといけないようだ。

Echigo_Kirimochiでもそれだと、お金がいくらあっても足りないな。保存がきいて、すぐ食べられて、腹持ちのいいものは何かないだろうか? 腹持ちがいい物って、そうだ餅なんかどうだろう。正月に雑煮で餅を食べた後、腹が空くまでけっこう時間かかったように覚えている。 というわけで後日、やはり船川のドジャースで越後製菓の「越後 切り餅」を買ってきた。

調理方法は裏面に書いてある。電子レンジ、オーヴン・トースター、鍋のいずれでも調理できるようだ。その朝は昨夜のテキトー鍋のおつゆが残っていたので、味どうらくの里を少し加えて、餅2個と残った水菜も一緒に入れて煮餅を作ってみた。あ、熱っ! 煮餅ってよく伸びるよね。だけどこれ、夏は無理だな。絶対。

さすが餅だけあって、腹持ちが良かった。いつも腹減ったなあ、とか思いながら仕事してるんだけど、今回は少しマシだ。マシのような気がする、ではなくて、本当に大丈夫だった。越後の切り餅1kg=400円くらいで、餅1個が約50gなので2個ずつ食べて10回はいける計算である。栄養面は疑問だが、餅作戦はとりあえず成功したと思う。


【付記】
⚫︎ 後日、某所で買い物をしていたら、東鳩製菓の「オール・アップル」なるものを発見して、一人でびっくりしていました。えっ、と思って早速買い物カゴに入れました。食べてみると、アップルパイのような味わいで、本当にリンゴなんだ、と思わせる美味しさでした。

また、日清シスコの「ココナッツサブレ」も個別包装になっており、5枚が4袋入りで100円を切っていたので思わず買ってしまいました。昔ながらの安定した味わいで、間違いがない感じがしました。勤務前の3時のおやつにぴったりですね。お菓子を買うことなどなかったのに、なぜか近頃お菓子売り場に足が向いてしまいます。

関連記事
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (8)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)