FC2ブログ

鶏ササミのカルパッチョ

20180712173908ba1.jpeg
広域限界集落に暮らして何が困るかというと、買い物ができないことが一番ではないかと思う。幸い、nicot(ニコット)という簡易ホームセンター&食料品を売る店があって、そこまで歩いていけるんだけど、アマノやマックスバリュに比べると食料品の品揃えが今ひとつ。

かといって、わざわざ後者まで車を走らせる気にならぬことが多く、妥協するしかない。気分的には刺身なのだが、nicotでそれは絶望的と言わざるを得ない。見ると、鶏のササミがあるではないか。なんだ、ササミか……というのが正直なところだが、ササミの湯引きは刺身に似ていないこともない。

ここで思い出したのが「カルパッチョ」だ。ウェブログでお付き合い頂いている方が、養殖魚でもカルパッチョにすると美味しい、と仰っていたのである。どこかで見かけて、食べたことはあるかもしれないが、よくわからない食べ物である。刺身のちょっと変わった食べ方、みたいなイメージだろうか。

ウェブで調べてみると、「イタリアの画家ヴィットーレ・カルパッチョが薄切りの生牛肉にパルミジャーノ・レッジャーノをかけたのを好んだ」のが始まりの一説だとか。そこから派生して、素材を生の魚とか野菜に変え、ソースも自由にかけた料理全般を「カルパッチョ」というようになったのだと想像する。

では作ってみますか。ササミは「筋なし」とあるので、すでに筋を除去したものだが、筋がある場合は除去した方が良い。別に除去しなくても食べて死にはしないから、面倒な人はそのままでもいいと思う。鍋に水を沸かし、さっと通してもいいし、沸騰した熱湯をかけてもいいだろう。要は表面の殺菌なのである。

湯通ししたら冷水にとって粗熱をとり、紙タオルで水気を取っておこう。あとは好みの薄さに削ぎ切りをして皿に並べる。ササミは柔らかいので厚めに切っても大丈夫。ソースは塩、レモン汁、醤油、ごま油、ワサビ(あれば柚子胡椒)を用意した。レモン汁に塩とワサビを入れ、先によく混ぜておく。初めに油を入れると混ざりにくい。

柚子胡椒はレモン汁と調味料を入れる段階で入れ、よく混ぜるが、使いすぎると面白くないのでお好みで。もちろんなくても構わない。最後にごま油を入れて撹拌するが、そんなにしっかり混ぜて乳化させる必要はない。そうしたい人はすれば良いのではないかと思う。それをササミにかけたら出来上がり。

そのままでもいいし、見映えを良くしたい場合は何か緑のもの、たとえば万能ネギの小口切りなどをかけるといいだろう。オリーヴ油を使った場合はパセリとかバジル、ミントなんかが似合いそうである。食べてみると、ほう、いいじゃないか! 食用油はササミが淡白なだけに使った方がいいと思う。またやろっと。


【付記】
⚫︎ 高血圧で高コレステロールなものですから、刺身とかササミの湯引きなどがふさわしい食べ物なのでしょう。えっ、まるで老人食じゃないかって? ええ、そうですとも。もう高齢者なのですから。

関連記事

朝採れトウモロコシを食う

20180711102604cfc.jpeg
道の駅おがの産直コーナーで見かけたトウモロコシを買わずにはいられなかった。何せ「朝採れ」と書いてあった。朝収穫したトウモロコシが並んでいるわけで、鮮度は抜群。鮮度といえば魚ばかりが注目されがちだが、野菜だって新鮮なものがうまいに決まっている。でも、なんでトウモロコシ?

いやね、料理番組で「夏野菜特集」みたいなのをやっていて、トウモロコシだのズッキーニ、トマトなどが取り上げられていた。見ていると、トウモロコシがめっちゃ美味しそうなのである。自分ではトウモロコシなんてまず買わないんだけど、調理法もじつに簡単で、皮付きのまま電子レンジに放り込んで加熱するだけでいいんだと。

じつに素敵じゃありませんか。500Wで7分くらいでいいらしいので、700Wだったら5分ってところだろう。トウモロコシの皮が、ちょうどラッピング・フィルムの役目をしてくれるようで、本当に何もしなくて良い。テレビでも料理の先生が「今ではこうするのが理にかなっている」と言っていた。

電子レンジで加熱を済ませると、しばらく置いて少し冷ます。横に3等分で切り、縦に4等分に切る、と。途中で外れたトウモロコシの実を食べてみると、あ、甘っ! これは糖度がめちゃくちゃ高いですね。メロンとかスイカより甘いんじゃなかろうか。でも、トウモロコシって、こんなに甘いものだったかなぁ?

もうね、このままかぶりつくだけで十分おいしいんですが、むかし屋台で食べたみたいにですね、醤油の香りとか焦げ目がほしいわけですよ。なのでフライパンに実を下にして並べ、中火にして酒と醤油を同量入れる。まあ、どちらも大さじ一杯くらいでいいでしょう。醤油と酒は、トウモロコシがあっという間に吸収*してしまいますね。

20180711102443e5b.jpegなので醤油と酒はほんの少しにしておきましょう。好みにもよるが、トウモロコシの糖度が非常に高いので、砂糖やみりんは不要です。表面に美味しそうな焦げ目がついたら出来上がり。皿にこんもり盛って、写真撮影といきましょう。食べるときは、もう手で持ってかぶりつくわけです。たぶん、それが一番いい方法でしょう。

なんて甘いんだろう。トウモロコシは飼料になることもあるそうだけど、エサとしては極上だよね。トウモロコシとジャガイモは、度々人類を救ってきたそうだが、何だかよくわかる気がする。むかし食べた屋台のトウモロコシとは少し違う気がするんだけど……ていうか、朝採れのトウモロコシがあまりにも甘くて、美味しかったんだよね。

*実際はトウモロコシの実がしょうゆを吸収するのではなくて、実と実の間の隙間にしょうゆ(水分)が入り込んでいる。つまり毛細管現象によって「吸収」されたかのように見えているだけである。

【付記】
⚫︎ 朝採れトウモロコシ、極上でした。甘過ぎて、糖分の取り過ぎが心配になったほどです。旬のものですから、トウモロコシを見かけたら、また食べてやろうかと思っています。

関連記事

男鹿半島と周辺を歩く(24) 道の駅おが〈オガーレ〉

20180710141250c54.jpeg
2018年7月1日にグランドオープンした道の駅おが〈オガーレ〉に行ってみた。じつはオープン当日、休日だったので行ってみたんだけど、超満員で駐車すらできない始末で、諦めてドジャース男鹿店で買い物をして帰ってきたのだった。数日後の平日、もういいだろう、というわけで車で行ってみると、まだわりとたくさん車が停まっている。

さすがに二階建てはない、か。おっと正面入り口に「ババヘラアイス」が陣取っている。値段のわりにそんなにうまくない氷菓子(すまん。でも事実*)で、同行者がどうしても食べたいと言わない限り自分からは……ね。入り口付近にソフトクリームとかジェラートを売っているようなので、あとで食べよっと。

20180710141254622.jpeg産直コーナーにまず行ってみますか。ほう、朝採れのトウモロコシが180円ですと。なにズッキーニもありますね。そういえば「おかずのクッキング」で土井先生がズッキーニを料理してたっけ。では「オラもズッキーニさ食べてみるべ」というわけで、どちらもカゴに入れた。奥に進んでいくと、おおっ、魚があるではないか。

しかも最奥のコーナーでは「三枚おろしまでいたします(有料)」などとあり、カウンターの中では耐水エプロン姿の従業員が魚を捌いている。へぇ、こりゃすごいねえ、と見ていると、真鯛、ヒラメ、メバルなど産地や取扱業者、そして網元までわかる表示がしてある。つまり、ここで魚を買って三枚おろしをしてもらえる(100円〜)わけだ。

これは他の道の駅ではついぞ見かけなかった光景である。道の駅といえば野菜の産直コーナーと土産物があるくらいで、鮮魚はないのがふつうである。だが、さすが「男鹿」の道の駅、鮮魚なら任せてくださいと言わんばかりのサービス。これ、〈男鹿海鮮市場〉よりよほど気が利いていると言える。

と、鮮魚コーナーにトビウオを見つけた。トビウオの刺身、白身で美味いんですよ。しかも2匹で200円ちょっとでしょう、こりゃもう買うしかないわ。でもって、三枚おろしにしてもらえばいいじゃん? でもシステムがよくわかんないので、レジ係の人に訊くと「買い物を済ませてから調理してもらう」とのこと。

20180710141252bd3.jpegトビウオ、ズッキーニ、そしてトウモロコシを買ったあと、なんか変だなと思いながら買い物カゴを持って調理コーナーへ行き、三枚おろしを頼むと、番号札をくれた。で、これができるまでジェラートでも楽しもうではありませんか。無駄なしのいい段取り、みたいな感じ? ジェラートを買って、さあ食べようとすると、店内アナウンスが。

あ、呼ばれてるの俺じゃん? とジェラート持って調理コーナーにいくと言うなんとも間抜けなことになっちまった。魚を受け取ると、これまたジェラートを持ってレジ通過である。先程説明してもらった店員だったが、魚と調理代の合計を取ろうとした。いや違うんだ、というと、魚だけの代金を取ろうとする。だから……というと、やっと調理代100円のみの精算となった。

ま、いっか。これしきのことで怒る理由など何もない。溶けかけたジェラートを食べると、なかなか美味しい。トビウオも買って調理してもらった**し、いい感じである。当初の予定では、最後に「たかはし鮮魚店」でヒラメの柵でも買って帰るつもりだったのである。〈オガーレ〉、また利用してもいいかな、と思う。ジェラート嬢も可愛かったし。

20180710141253fda.jpegあ、違うか。でも周囲の人々の話を聞くと、〈オガーレ〉に否定的な意見の方が圧倒的に多かった。理由はよくわからない。私は地元の利権の絡みなんて全然わかんないし、産直野菜からどれだけアガリがあるのかも知らない、ただの観光客として利用しただけだもんね。魚好き入門者、そして一市民としては、道の駅おが、けっこういいと思うよ。

*ハーゲンダッツを250円前後で買えるのは周知の事実である。ババヘラアイスは、周囲に商店がないような環境こそ似つかわしいのであって、すぐ近くにジェラートがあるようでは本来の力(?)を発揮できない。あれを買う人は、おそらく物珍しさや怖いもの見たさに突き動かされてそうするのだ。

**本当に三枚おろしだけなので、このままでは刺身にできない。まず腹側の内臓周りの小骨をすき取り、次に皮引きもある。最後に腹と背を分離して血合い骨を取るまでやって、刺身にできる。観光客向けとしては柵どり、あるいは刺身までやった方がいいかもしれない。

【付記】
⚫︎ JR男鹿駅の新駅舎も行ってみました。元の駅舎や隣接の観光案内所も閉じられており、小ぢんまりとしたモダンな外観は、可もなく不可もなく、という感じでした。

関連記事

新入社員歓迎会に参加(させてもらった)

2018071009081218f.jpeg
某日、職場で自分のボックスに新入社員歓迎会のお誘いが入っていた。上司に「どうしたものでしょうか」と問うと、「参加したほうが良い」とのことなので、参加に印を入れて担当者のボックスに入れておいた。そうか、こんなポンコツでもいちおう新入社員の部類に入るのか、と改めて気付かされた感じがした。

いやね、新入社員って、高校とか大学の新卒者ってイメージがあるじゃないですか。転職とか途中採用って言っても、まあ中堅クラスだよね。もう既にそれらを通り越した人間なわけで……本当はそっとしておいて欲しかったんだけど、真人間のフリをしようとしている以上はですね、お声をかけてもらったらきちんと対応するのが筋でしょう?

てなわけで、日帰り社員旅行に参加しましたよ。本物の新入社員の女の子たちとはある経緯で疎通ができていて、バスのごく近い席に座ると、「只野(仮名)さん、今日のファッション・テーマは何ですか?」ときた。は? である。んなもん、あるわけないじゃんよ。どうもね、「**風」だとか、「**を意識した」だとか、そんなのがあるらしいのね。

いったい、いつからファッションはコスプレになったのかな。その日、予報でかなり暑くなると知っていたので、まず膝上丈のベージュでコットンの短ズボンを履くことにしていた。赤ベースのコットンリネン半袖チェックシャツを前オープンで。インナーはVネック白Tシャツの裾出し。足元はベリーショート・ソックスにスプリングコートのフルブラックを合わせた。

本当はベージュのエスパドリーユがあるんだけど、素足にそれを履くとたぶん、やりすぎになるんですよね。場所が場所(ごめんね)だけにね。特に計算したわけではないし、ほとんど感覚だけでやってるんだ。しかも、どこにでもある安物の寄せ集めでね。だから、こちとらファッション云々のレベルじゃないんだよ。

出発すると、朝の8時過ぎなのにとりあえずビール。あ〜あ、まさしくこれぞ〈ザ・社員旅行〉ですわなあ。私も挙手してしまいましたよ。まあ、だって他にすることないんだもん。やがて仙北市角館(かくのだて)の武家屋敷に。いや、これは風情がありますね。だけど暑くって、みんなソフトクリームを食べてましたよ。

お昼は仙北市の某施設で。前菜とかお造りが並んだスタイルはたぶん日本全国どこへ行ってもほぼ同じでしょう。今回はコンロが2個設置されて、釜飯と鍋料理になっていた。これ、設置も後片付けも大変なんですよね。同業者だったこともあるんで、よくわかる。お造りの青物、見た瞬間ハマチ(養殖)だとわかるけど、まあいいじゃないですか。

ひょっとするとね、脂が乗っている=美味い=上物ということで、あえて出したかもしれないの。男鹿と違って山の中だからね。なのでそれについてはノーコメント。人(客)がどれくらい食べると満足するか、という実験を兼ねて、全部食べることにしましたよ! でもね、やっぱり完食するのは無理でした。

20180710090813c01.jpeg午後は田沢湖に行きました。初めてだったので、その広さにうっとり。なんでも日本一深い湖なんだって。近くに魚が集まってきていて、網があったらすくえる感じ。魚のエサ売ってます、という看板もあって、どうやら奈良公園の鹿みたい(?)になっている。ホントにね、水辺に行ったら手でもつかめるかもしれない。

あと〈山の蜂蜜屋〉にも連れて行ってもらった。よくわかんない(おいおい)けど、養蜂を本格的かつ多角的に行なっている様子で、ハチミツと酢を合わせた飲み物の試飲コーナーとか、良かったですね。あまりに暑いので、ハチミツのソフトクリームを。プレーンなので分かりにくいのだが、甘味に何か奥深いものがあるのがハチミツでしょう。

最後に安藤醸造の北浦本舗に寄った。醤油と味噌が特産品らしく、店内には味噌とか醤油が並んでいたけど、よっぽどでなければ味噌と醤油を買うことは……とか思ってしまった。でも、わかりませんものね。ひょっとしたら、この味噌でないと、とかいう人が現れるかもしれません。さすがに醤油とか味噌ソフトは断念しました。


【付記】
⚫︎ やはり昼に食べ過ぎたみたいで、夜になっても一向に腹が減ってきませんでした。ですが昼食後に行った田沢湖で名物の〈辰子ラーメン〉を食べる剛の者が現れたのには驚きを禁じ得ませんでした。いやはや、世の中広いものです。集団行動が苦手な私ですが、今回は参加して良かったような気がします。

関連記事

ニラと豚レバーだけのニラレバ炒め

20180708114610a59.jpeg
秋田市内(河辺と雄和地域を除く)に住む中華料理好きで、〈盛〉(さかり)を知らぬ者はあるまい。八橋(やばせ)にある中国料理店で、駅近とか盛り場にあるわけでなく、ランチのみの営業なのに、いつ行っても長蛇の列ができているという。私も姉から聞いて知っていたが、自分一人で行く気にはなれなかった。

だって「行列のできる店」でしょ? 私、行列に並ぶ気にはどうしてもなれなくて、それを見た瞬間、いかなる店であれパスしてきた。いつだったか、姉も私も無職で暇だった(おいおい)から、昼に落ち合ってランチでも食べることになった。何を食べるかは姉に任せている。彼女の方が秋田に詳しいし、間違ったことは一度もないのである。

今日は〈盛〉に行ってみようか、という。私は反射的に腕時計を見たが、今から行けばガチのランチタイムではないか。でもその時は、〈盛〉がそれほど繁盛しているのを知らなかったため、反対しなかった。行けば、本当に行列ができていた。まだ寒い時期だったため、コートのポケットに手を突っ込んで待つ、待つ、ただひたすら待つ。

いやね、見た瞬間私は「あ、無理。他でもいいよ」って言ったんだ。でも姉は、せっかく来たんだから盛で食べよう、と譲らない。意志の強いひとなんだね。でもそのおかげで、〈盛〉のニラレバ炒めを食べることができた。メニューは少なく、価格はかなり高めだけど、一度食べたらおわかりになると思う。町の中華料理屋さんとは違うんですね。

普通の中華料理店なら、モヤシとか玉ねぎをたくさん入れてあって、ニラの量が少ないのが当たり前になっている。でも〈盛〉は豚レバーとニラだけのニラレバ炒めなのだ。ご飯とスープが付いた「定食」で1000円を超えていたけど、今まで食べたどの中華料理店より旨かった。神戸の中華街と比べても、である。

某日、アマノで買い物をしている時、産直コーナーでニラを見つけた。なんと2束88円である。早速買い物カゴに入れたのだが、その瞬間、〈盛〉のことを思い出し、精肉売り場まで行って豚レバーを買ったことは言うまでもない。ニラ1束丸ごと使った、豚レバーとニラだけのニラレバ炒めを作ってみたくなったわけです。

作り方はいたって簡単で、先だって記事にした土井善晴先生の「豚レバーの生姜焼き」の最後にニラを入れて炒め合わせるだけ。ね、ほんまに簡単でしょう、これやったら面倒くさがりの人でもさっと作れますよ、である。私のは面倒くさがりさんのためのレシピをさらに簡略化した、横着者が聞いて呆れるレシピだよね。

さて料理ができましたよ。食べてみると、そこそこうまいじゃありませんか。しかも本当に豚レバーとニラだけというのが嬉しい。味は〈盛〉に遠く及ばぬのは当たり前、こんな与太者がテキトーに作った料理が店よりうまかったら、店、潰れますよ。でも、いいんだ。自己満足のためにやったんだもん、これで満足ですよ。


【付記】
⚫︎ 豚レバーだけでも美味しいですし、ニラが安く入手できた時はぜひニラレバ炒めをやってみるのをお勧めします。産直コーナーは、たまにこうした掘り出し物があるので、通るたびにチェックしています。

関連記事
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/08 (4)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)