ピー・ウィー・ラッセル 『ウェアリー・ブルース』 

Pee Wee Russell / Weary Blues (Quadromania 4CD)

PeeWeeRussell_WearyBlues.jpg
ジャズのクラリネット奏者といえば古いところでシドニー・ベシェやジョニー・ドッズ、スウィング時代のベニー・グッドマンやアーティ・ショウ、ウディ・ハーマンなどが思い浮かぶ。モダン・ジャズでもエリック・ドルフィー(バス・クラリネット)やローランド・カークの名前が出てくるが、音圧というか音の大きさでやはりトランペットとかサキソフォンに負けてしまうのか、現代のジャズではあまり見かけなくなってしまった楽器と言える。

古いジャズをYouTubeで聴いていると、わりとよく見かけるちょっと格好いいクラリネット奏者がいて、コールマン・ホーキンスやレスター・ヤングらとセッションしている映像だったと思うが彼らに負けじとクラリネットを吹いているのだ。無理し過ぎてちょっと割れたような音を出しているが、本来の性質からするとやはりグッドマンとかアーティ・ショウのようにスマートにやるのがいちばんいいのではないかと思う。

そのクラリネット奏者がピー・ウィー・ラッセルというのを知って、早速ネット通販で何点かまとめて買ってみた。その中から今回は例のMembranの4CDセット「クアドロマニア」を聴いてみた。たしかMembranはドイツを本拠地にしていると思うのだが、ジャケットを見ると日本語で「クアドロマニア」と書いてある。意図は不明だが主な購買層(ターゲット?)の中に日本も含まれているというわけだろうか。

外国製のCDは粗雑な作りになっているものが多く、この4CDセットもディスクを留める部分が初めから崩壊していて使いものにならず、すぐさま「フラッシュ・ディスク・ランチ」に入れ替えねばならなかった。4枚組CDのうち1枚目から3枚目までは1930~40年代までのSP時代の音源で3分間以内の曲がぎっしり詰まっている。4枚目は1960年代の録音で、わりと一曲が長めの構成になっている。

演奏メンバーと録音日時が記載されているのは同社の「ドキュメント」シリーズとは違うところのようである。メンバーを見ると、どうやら4枚目を除くほとんどがエディ・コンドンと一緒にやっていた時代の音源のようだ。ううむ、エディ・コンドン名義だと売れないと踏んだのだろうか、そのあたりは不明だがエディ・コンドンのファンはこのCDセットは「買い」ではないかと思う。

もっとも、例の奇妙な四弦ギターかバンジョーをアコースティックで演奏しているのでほとんど聞こえないのだ。これは他のエディ・コンドン名義の音源でもまったく同じことで、LPやステレオの時代になってもエディ・コンドンは一切ソロをとらないという自分のスタイルを貫き通した。カウント・ベイシー楽団のフレディ・グリーン以上に、というかおそらくジャズ史上で最も目立たないであろうギタリスト、それがエディ・コンドンなのである。

だから構成はトランペットまたはコルネット、トロンボーン、クラリネット(ピー・ウィー・ラッセル)の3管にピアノ、ベース、ドラム、そしてギター(エディ・コンドン)となっており、ここにサキソフォン(バド・フリーマン)が加わることもある。録音はほとんどすべてニューヨークで行われているようだが、演奏はディキシーランド・ジャズを継承しながらどこか洗練された感じのシカゴ・スタイルのジャズ。

1920年代初頭にニューオーリンズの歓楽街ストーリーヴィルが閉鎖されたため、ジャズメンたちはシカゴやニューヨーク、カンザスシティなどへ流れて行き、シカゴで彼はレッド・ニコルス(tp)やビックス・バイダーベック(co)と活動していたが、そのうちエディ・コンドンと一緒にやるようになったようである。YouTubeでレッド・ニコルスの映像があり、そこでは若き日のヴォーカルをとるエディ・コンドンやピー・ウィー・ラッセルを見ることができる。

一応ピー・ウィー・ラッセルの名前で販売されている音源だけど、CD1~3枚目は彼のリーダーセッションというわけではなくて、彼のクラリネットを堪能したい向きにはちょっと違うかなあ、という感じがしないわけでもない。そもそもエディ・コンドンのバンドではボスが一切ソロをとらぬ人なのか各奏者のソロはだいたい控えめになっている。私(乙山)はディキシーランド・ジャズとかシカゴ・ジャズが好きなので、ただ流しているだけでもじゅうぶん楽しい。

「ザッツ・ア・プレンティ」なんて現代では演奏されることもほとんどないようだけど、このコンピレーションには2曲収録されている。ボビー・ハケット(co)やジャック・ティーガーデン(tb)、そしてファッツ・ウォーラー(p)なども参加している曲もある。バド・フリーマンのテナーサックスは、当時すでに登場していたレスター・ヤングを思わせるような、よれっとした演奏を聴かせてくれる場面もあって思わず笑ってしまいそうになる。

CD4枚目は1960年代になって昔のスウィング仲間が集まり、楽しくセッションした雰囲気が伝わってくる。メンバーはピー・ウィー・ラッセル(cl)、コールマン・ホーキンス(ts)、ボブ・ブルックマイヤー(tb)、エメット・ベリー(tp)、ナット・ピアス(p)、ミルト・ヒントン(b)、ジョー・ジョーンズ(ds)ら。こちらの方が円熟して落ち着いた雰囲気のジャズ、そしてピー・ウィー・ラッセルのクラリネットを楽しめるのではないかと思う。


【付記】
● 古いジャズが好きな人間にとって、ちょっと嬉しい顔ぶれと価格なのが「クアドロマニア」と言えるでしょう。LP以前の古い音源となると、なかなか聴いてみることのできぬ今、まとめて廉価で古い音源を入手できるのですから、こんないい機会は他にないと言っても言い過ぎではないのかもしれません。

Membranの音源を何度か正規音源と比較視聴してみましたが、ほとんど(いやまったく)わからなかったことを報告しておきます。と言っても、報告者が只野乙山ですから、あまりあてにならぬことは言うまでもありませんが。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

チュー・ベリー 『チュー』

Chu Berry / CHU (1937~41年録音、2006年再販)

ChuBerry_CHU.jpg
相変わらず古いジャズを聴いている。YouTubeでレスター・ヤングやエリントン楽団などを視聴していると、以前検索して再生したのかいつの間にやらエディ・コンドンとかキャブ・キャロウェイなんかが「おすすめ」に入り込んできて思わずクリックしてしまうのに自分でも可笑しくなってにんまりしてしまう。本当に1930年代のディキシーランドスタイルやスウィングジャズというのは楽しい。

今回は1930年代にたいへん人気だったというチュー・ベリーというテナーサックス奏者の『CHU』を聴いてみた。ジャケットのイラストレーションからわかるように、例の「ジャズ・マスターピース1500」のシリーズである。コールマン・ホーキンスやベン・ウェブスターと並び称されるほどのテナー奏者だということだが、1941年に30代前半で亡くなってしまったため、残された音源が少ないのだ。

なので日本でもそんなに知名度が高くないと思われるが、私(乙山)などチュー・ベリーなんて全く知らなかった。このシリーズの一つである『レスター・リープス・イン』(レスター・ヤングとカウント・ベイシー楽団の演奏)を買ったときに、「ついでに、なんとなく」買ったのを正直に書いておこう。というか、ジャズを聴き始めたときにはすでに全盛時代が終わっていたんですね。だからすべて後追いということになってしまう。

さて『CHU』はチュー・ベリーの1937~41年までに録音された音源のコンピレーションである。(1~7)はチュー・ベリーのリーダー・セッションで、(8)はテディ・ウィルソン楽団とのセッション。(9~15)はキャブ・キャロウェイ楽団の音源から収録されている。やはり年代のせいかダイナミック・レンジが狭く感じるのだが聴いているうちにあまり気にならなくなってくる。

チュー・ベリーの演奏はコールマン・ホーキンスの影響下にある、とCD付属の紙片に書いてあるように、なるほどこれはたとえばレスター・ヤングの演奏とは違って力強い感じがする。いったいどこでブレスしているんだろうと思わせる長いフレーズが続くのに感心してしまう。力強いとは思うけれど「吹きまくっている」という感じではなく、他の音源の演奏も聴いてみたくなる。

もっとアップテンポの曲だったらスピード感のある演奏を聴けたと思うが、このコンピレーションには軽めのスウィングが収録されていて、どこか肩の力の抜けた感じがしないでもない。(13)や(14)はスロー・バラードで、そのフレーズから感じられるものは現代でいうとソニー・ロリンズかデクスター・ゴードンだろうか。決して感傷的ではなく包容力のある優しさとでもいうべきものがそこにはあって、たぶんそれがチュー・ベリーの持ち味なのではないかと思う。

(15)はビリー・ストレイホーンとデューク・エリントンによって発表されたばかりの「A列車で行こう」が収録されているのが面白い。この時代には著作権云々というようなことはなかったのだろうか。ジャズ・ミュージシャンはおおらかなのか、それともレコード会社のほうで話がついていたのか、本当のところはわからない。エリントン楽団に遠慮(?)したのか演奏のほうはやはり「本家」のほうが私は好きである。


【付記】
● チュー・ベリーという人、もっと他のものも聴いてみたくなりますね。彼のバラード、本当に何とも言えぬ味わいがあるんです。ですが音源の数がたいへん少ないのが難点です。30代以前で亡くなったというのが何とも残念です。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

ジョニー・ホッジス 『ホッジ・ポッジ』

Johnny Hodges / Hodge Podge (1938~39年録音)

JonnnyHodges_HodgePodge.jpg
1. Jeep's Blues
2. Rendezvous With Rythm
3. Empty Ballroom Blues
4. Krum Elbow Blues
5. I'm In Another World
6. Hodge Podge
7. Dancing On The Stars
8. Wanderlust
9. Dooji Wooji
10. Savoy Strut
11. Rent Party Blues
12. Good Gal Blues
13. Finesse
14. Hometown Blues
15. Dream Blues
16. Skunk Hollow Blues


古いジャズを聴くのが好きである。悪いが俺はハード・バップしか聴かないのでね、ていうかそれ以外は認められないんだよね、などという御仁には相手にされぬかもしれぬが一向に構わぬ。おまけにジャズ・ヴォーカルも大好きである。そんなわけで今回はジョニー・ホッジスの『ホッジ・ポッジ』(2006年3ヶ月限定発売盤)を聴いてみた。

ジョニー・ホッジスはデューク・エリントン楽団のアルト(ソプラノ)サックス奏者で、1920年代の初期から彼が亡くなるまでエリントン楽団のアルト奏者(ソロ奏者)を務めた人だそうである。エリントン楽団をなんとなく聴いているだけではあまり意識しないことだけど、聴きこむうちにこれは誰なんだろうと気になってくる。

それでYouTubeなどでエリントン楽団の動画を見ると、ああこの人なんだ、と親しみを感じたりするのが面白い。昔からのファンでLPレコードを持っていたわけではなく、2005年頃にソニー・ミュージック・エンターテインメントから「ジャズ・マスターピース1500」として発売されたのをきっかけに買った。このシリーズには以前から「名盤」の中に数えられるものがあって、発売されるのを待っていたのだ。

ジョニー・ホッジス楽団名義になっているけれどメンバーはエリントン楽団からのピックアップで、ジョニー・ホッジス(sax)、クーティ・ウィリアム(tp)、ローレンス・ブラウン(tb)、ハリー・カーネイ(bs)、デューク・エリントン(p)、ビリー・テイラー(b)、ソニー・グレア(ds)。

曲もエリントン楽団で聴いたことがあるもので、エリントンとホッジスの共作が多く収録されている。少人数のコンボ・セッションとあって、フルメンバーでの演奏より多少リラックスして録音されたのかもしれないが、それがあからさまにわかるようなものではない。演奏が白熱してハミングしたり声を上げたりするのや、曲が始まる前と演奏後にちょっとした会話がが録音されていたりすることもあるけれど、それはないということ。

これは時代にもよると思う。つまりSPレコードなので演奏時間は3分間という制限があるのだ。LP(Long Play)の時代になってようやく、自由奔放な延長されたソロが録音されるようになるのだが、この時代は時間的制約から一切の無駄がカットされている。昔から歌ものは3分間という決まりごとのようなものがあるような気がするのだが、冗長にならずに済むちょうどよい時間と、機械的な制限時間がたまたま一致していたのだろうか。

1930年代後半の録音というとひどい音がするんじゃないかと思う人もあるかもしれないが、私(乙山)はエリントン楽団の1920年代の音源のCDを聴いている。それに比べればかなりいい音で、むしろいい音すぎて不思議な感じがするくらいだ。1930年代の録音なら音源によってはどうしてもノイズが残ってしまうことも少なくないのだが、この盤はノイズがじつに少ないと言える。

ジョニー・ホッジスの演奏は何とも言えぬまろやかさがあって、それは(5)(13)などによく表れている。アルト奏者といえばアート・ペッパーとかチャーリー・パーカーのようにどこか不安定な部分(両者とも薬物中毒に苦しんだ)もあるのだが、ジョニー・ホッジスは落ち着いて聴いていられる安定感のようなものがあるのではないかと思う。まろやかな美音だけど線の細さがないサウンド、そういったものをジョニー・ホッジスを聴いていると感じる。ちなみに、あまりスウィングしてません。


【付記】
● この「ジャズ・マスターピース1500」というシリーズは現在(2013年3月)再販されておらず、買おうと思っても入手できません。中にはローズマリー・クルーニーとエリントン楽団の共演『ブルー・ローズ』などもあるようですが、どうして当時買っておかなかったのかなあ、と今になって残念に思う次第です。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

レスター・ヤング 『レスター・ヤング ケン・バーンズ・ジャズ』

Lester Young / Lester Young : Ken Burns Jazz

LesterYoungKenBurnsJazz.jpg
1. Oh, Lady, Be Good!
2. Every Tub (with Count Basie & His Orchestra)
3. Honeysuckle Rose (with Count Basie & His Orchestra)
4. Pagin' The Devil (with the Kansas City Six)
5. A Sailboat In The Moonlight (with Billie Holiday & Her Orchestra)
6. He's Funny That Way (with Billie Holiday & Her Orchestra)
7. Getting Some Fun Out Of Life (with Billie Holiday & Her Orchestra)
8. If Dreams Come True (with Teddy Wilson & His Orchestra)
9. Taxi War Dance (with Count Basie & His Orchestra)
10. Twelfth Street Rag (with Count Basie & His Orchestra)
11. Clap Hands, Here Comes Charlie (with Count Basie & His Orchestra)
12. Lester Leaps In (with Count Basie's Kansas City Seven)
13. Tickle Toe (with Count Basie & His Orchestra)
14. Sometimes I'm Happy
15. I've Found A New Baby
16. D.B. Blues
17. Jumpin' With Smyphony Sid
18. This Year's Kisses
19. Polka Dots and Moonbeams (with Count Basie & His Orchestra)


もし初めてレスター・ヤングを聴くとしたらどのCDを選ぶべきか? かなりマイナーな話題かもしれないが、AmazonとかHMVなどで検索をかけると、たくさん出てくるだけに難しいところだろう。村上春樹『ポートレイト・イン・ジャズ』(2003、新潮文庫)のレスター・ヤングの個所で紹介されている『プレズ・アンド・テディ』(1956)などがとりあえず好適なのかもしれない。

たしかにそこでは晩年のレスターのゆったり落ち着いた演奏を堪能できるが、1930年代から晩年までの網羅的なコンピレーション盤としてお勧めできるのが『レスター・ヤング ケン・バーンズ・ジャズ』ではないかと思う。これはケン・バーンズという人がかつて『ジャズ』という膨大なドキュメンタリーを制作した際の副産物だと思うが、きっちり要所を押さえたコンピレーションCDになっているのではないだろうか。

付属のブックレットを見ると、録音年代、演奏メンバー、レコード会社とレーベルがきちんと書かれていて、音源も確かなものだと思う。(1~4)は1930年代のオールド・ベイシー楽団時代の音源で、多少ノイズが目立つけれどいいスウィング・ジャズを堪能できる。ベイシー楽団を聴いていると、ソロの合間にリズム隊だけで進む箇所がわりとたくさん出てくるのだが、それが私(乙山)は好きだ。

カウント・ベイシー(p)、ウォルター・ペイジ(b)、ジョー・ジョーンズ(ds)、そしてフレディ・グリーン(g)というメンバーがそれなんだけど、これはオール・アメリカン・リズム・セクションと呼ばれていたのはご存知の方も多いと思う。この4人にレスター・ヤング、バック・クレイトンほかを加えたのがカンザス・シティ・セヴン(またはシックス)というらしい。

(5~8)はビリー・ホリデイとの共演。ホリデイのヴォーカルの合間にさらっと入るレスターのソロが何ともいえず軽やかでいい雰囲気だ。いつも演奏する曲の歌詞を念頭に入れて吹いていたというレスターだからこそ、とも言えるフレーズではないかと思う。ジャズの中では曲のコード進行だけをなぞって高度なアドリブにするやり方もあるけれど、あまり高度になり過ぎると原曲がなんだったのかわからないこともあるくらいで、その意味でレスターの演奏は原曲に寄り添ったものだと思う。

(9~14)は1939~43年のオールド・ベイシー楽団とレスターの最後の演奏。1930年代後半のレスターの演奏がベストだという人もいるようで、なるほど(12)の「レスター・リープス・イン」を聴いていると、アップテンポなのにレスターの演奏はじつにリラックスしているように聞こえ、流れるようにフレーズが次々と飛び出してくるのがわかる。引き出しが豊富というのかアイディアにあふれていると言えばいいのか、とにかくよく続けてフレーズが出てくるなあと感心するほかない。

(15)から後はレスターの兵役後の録音。アラジン・レコードでのセッション、ノーマン・グランツと組んだヴァーヴ音源などからピックアップされている。晩年のレスターの演奏はより柔らかく抒情性が増すようになって、流れるようなフレーズはないけれど一音一吹きを大切に慈しむかのような演奏である。そのいい例が(18)だろう。この演奏メンバーはあの『プレズ・アンド・テディ』とほぼ同じで、『ジャズ・ジャイアンツ '56』から収録されている。

テディ・ウィルソンのエレガントなピアノに支えられてレスターが吹くソロはなんだか歌っているようで、だからかもしれないが真っ直ぐ心に入ってくるように思う。ジャズを聴き始めたころ、早いうちにレスター・ヤングを聴いて本当に良かったと思う。あまりに高度なモダン・ジャズを無理して聴かなくてよかった、ということなんだけど、晩年のレスターはビ・バップを思わせるような演奏もあるんですよ。


≪ 『プレズ&テディ』へ  『ジャズ・ジャイアンツ'56』へ ≫


【付記】
● 「ケン・バーンズ・ジャズ」には他にもたくさんのジャズ・ミュージシャンのコンピレーションCDがあるのですが、入手のほうはちょっと難しいかもしれません。これらCDが出たときにすかさず買っておけばよかった、と今になって後悔しています。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

tag : レスター・ヤング

トゥーツ・シールマンス 『Chez Toots』

Toots Shielmans / Chez Toots (1998)

TootsShielmans_ChezToots.jpg
1. Sous Le Ciel De Paris
2. La Vie En Rose - (with Diana Krall)
3. Valse No. 2
4. Dance For Victor
5. Hymne A L'amour (If You Love Me, Really Love Me) - (featuring Chip)
6. Que Reste-T'il De Nos Amours (I Wish You Love)
7. Old Friend
8. Un Jour Tu Verras - (featuring Dianne Reeves)
9. For My Lady
10. Ne Me Quitte Pas
11. Les Moulins De Mon Coeur (The Windmills Of Your Mind) - (featuring Johnny Mathis)
12. Le Temps Des Cerises
13. La Valse Des Lilas (Once Upon A Summertime) - (featuring Shirley Horn)
14. Adagio Assai From Concerto For Piano And Orchestra In G Major
15. Moulin Rouge



ジャズ・ハーモニカの名手ということでトゥーツ・シールマンス『サマータイム』の記事を書いたが、そのとき同時にもとめた『Chez Toots』(1998)もなかなかよかったので書いておこうと思う。このアルバムはフランスの歌(シャンソン)を集めたからかフランス的とでも言えばいいのか、あるいはヨーロッパ的なジャズ(?)という感じである。

(1)はフランス映画『巴里の空の下セーヌは流れる』(1951)の主題歌で、だれしもきっとどこかで耳にしたことがあると思う。こういうのを聴くともう一度映画を見たくなったしまうではないか。(2)はエディット・ピアフで有名な曲だが、ダイアナ・クラールをゲストに迎えている。彼女のヴォーカルは意識してR音を控えめにしたのかな、と思えるほどあっさりR音を出しています。

(5)も聴いた瞬間、だれしも「あっ」と思うはず。これもエディット・ピアフでよく知られているけれど、人によっては「美輪明宏のテーマソング」といったほうが話が早いかもしれない。ね、あのメロディーが浮かんできた(?)でしょう。これを書きながらついでにネットで調べてみたんだけど、美輪明宏の若いころって本当にびっくりするほどの美青年なんですね。

(6)(14)はア・カペラのコーラスにトゥーツのハーモニカが絡む珍しい構成。トゥーツ自身もブックレットに「初めての経験」と語っているほどで、ジャズ的なアレンジではないんだけど、不思議に違和感がない。(8)ではダイアン・リーヴスがゲスト・ヴォーカルにて参加。彼女はいかにも黒人女性シンガーらしい迫力のある声を出すこともできる人だと思うが、それを払拭してあっさり可愛らしく(?)歌っている。初めて聴いたなら、ダイアナ・クラールがここでも歌っているのかな、と思うほど。器用な人なんだなあ、と感心する。

(13)ではシャーリー・ホーンが歌っている。この時彼女は64歳くらいだと思うが、じつはこの年あの『アイ・リメンバー・マイルス』を出しているのだから驚いてしまう。いや、これくらいで驚いてはいけませんよ。だって、トゥーツはこの時76歳なんですから。澄んだ高音といい、短く切る奏法(やはりタンギングというのだろうか)も冴えわたっている。2012年現在、トゥーツは90歳。本当にすごいことだ。トゥーツの見事なハーモニカに加え、ゲスト・ヴォーカリストも豪華な『Chez Toots』はじっくり聞き込んでもいいし、さりげなくBGMとして流してもいい、お勧めのアルバムです。


【付記】
● 最初と最後の曲がどこかのクラブで演奏しているライヴ録音で、観客の拍手が入ります。残りは様々なところでのスタジオ録音ですが、不思議と全体がヨーロッパ的にまとまっているんです。まさに〈Chez Toots〉といったところで、題名と内容がぴったり一致した感じのするアルバムですね。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

tag : トゥーツ・シールマンス

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/07 (7)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)