五木食品 アベックラーメン

Ituki_AbekkuRamen.jpg
先日、阪急川西能勢口駅近くにあるモザイクボックスという商業施設内の〈洋麺屋ピエトロ〉で高菜スパゲティを食べた後、すぐ目の前にあるちょっとした広場のようなスペースで九州名産品販売会を催していた。なんだかちょっと面白そうだし、少し冷やかし半分のぞいてみることにした。

笑顔のさわやかな県知事の写真入りの宮崎地鶏をはじめとして、辛子高菜、柚子胡椒、辛子蓮根やちくわ、さつま揚げなど盛りだくさんの内容で大いに楽しんだが、そこでふと立ち止まって手にしたのが五木食品の〈アベックラーメン〉である。五木食品のホームページを訪ねたこともあり、その存在は知っていたものの、まだ実物を見たことも食べたこともなかった幻のラーメン。

ううむ、〈アベックラーメン〉と来ましたか。名前の付け方が何とも名状しがたい味を出していて、けっこうインパクトはあるんじゃないだろうか。アベックというのはかつて盛んに使われた言葉で、男女二人連れ、というほどの意味だろう。すると〈アベックラーメン〉は男女二人で仲良く食べることを想定したのだろうか。あるいは二人前が一緒になっていることでその名前が付けられたのか。

そんなことをぼんやり考えながら〈アベックラーメン〉二袋を代金支払いの係の人に手渡そうとすると、「三袋でしたらお得ですよ」と言うので、それなら、と三袋にして差し出したところ「1000円です」という。えっ、と現実に引き戻されて言葉を失う。すると〈アベックラーメン〉は一袋333円ってことなのか? いくらなんでもそりゃちょっと、高すぎないか?

だってね、私(乙山)は知ってるんですよ。上の階にある量販薬局でね、五木食品の〈冷やし中華〉が一袋100円で売っているのを。二人前が一袋になっていて、これが100円、けっこうおいしいので暑い季節はわりとよく食べている。もちろんこれは量販店価格であり正規の値段ではないんだから比べられないけど、それにしても……あのマルタイラーメンだって一袋(二人前)で120円くらい、安い店だと98円くらいで売っているのである。

「あのう……えへへ、この商品はですね、現地というか地元ではたぶん130円くらいで販売しているのではありませんか、なのでこの価格はちょっと高すぎるように思えます。せめて一袋150円くらいなら、こちらとしても購入を前提とした検討に前向きになる用意があります」……じゃなかった、もとい、「こらぁ、こんなもん100円くらいで売っとんのわしは知っとんじゃい。なんやったらわしが上の店に連れて行ったってもええぞ。なに調子こいてぼったくっとんじゃい、舐めとったらいてまうぞ、ぼけ」

などと、まるで嘉門達夫のような口調で出かかった言葉を収め、物品の相場などまるで存ぜぬ旦那か紳士であるかのごとくいたって冷静沈着に〈アベックラーメン〉と現金の交換を済ませた。たぶんここで買わなかったら〈アベックラーメン〉をいったいいつ入手できるかわかったものではないだろう。ほぼ三倍の値段と思うが、まあいいではないか。この程度のお金でしか太っ腹ぶりを示すことができない男なのだ。

Ituki_AbekkuRamen02.jpgさて〈アベックラーメン〉を食べてみた。今回はあれこれ手を加えず、出来上がったラーメンに刻んだ葱を乗せるだけという横着(?)スタイル。スープは練り状になっており、粉末スープと液体スープの中間をとったものだろうか。こういう練り状の中華スープで有名なものに〈ウェイパー〉がありますね。三分間煮込んで、スープを入れ、ひとふきさせたら出来上がり。

しょうゆの味が抑えられている実にあっさりしたスープで、これはもう「塩ラーメン」といってもいいんじゃないかと思うくらい。だけどこれがなかなかいいお味を出しているじゃありませんか。一人前450mlとあるが、500mlくらいで調理するのがいいと思う。麺は細いストレートで、これは九州ラーメンには多いスタイル。茹でる前はまるでそうめんかと思うくらいだが、茹であがりはちゃんと極細ラーメンに仕上がる。

乾麺の状態で75gだから、食べざかりの男性にはちょっと物足りないかもしれない分量。なので若い男性なら、まず一人前を作って食べている間に残りの〈アベックラーメン〉を茹で、例の「替え玉」をすればいいんじゃないかと思う。私は腹八分目作戦を実行中なのでちょうどいい感じである。食べた後も胃もたれの類は一切なし、これはいいラーメンだ。

どうしてもマルタイラーメンとの比較になってしまうけど、両者はスタイルといい、味の傾向といい、じつによく似ているので、黙って出したらどちらかわからないんじゃないかと思うくらいである。だが、ひょっとしたらこっちのほうがいいかも、と思わせる実力が〈アベックラーメン〉にはあるのではないかと思う。


【付記】
● 五木食品のホームページによると「昭和35年発売のロングセラー商品。昔懐かしい、シンプルな鶏ガラ塩味のスープの付いた棒状即席ラーメン」だそうです(同社ホームページへ≫)。あの安藤百福による〈チキンラーメン〉の発売が昭和33年(1958年)ですから、〈アベックラーメン〉もたいへん長い歴史を持った堂々たる「クラシックラーメン」なんですね。

シンプルな鶏ガラ塩味というのが乙山の好みにぴったりなんです。たいへん申し訳ないのですが、町の中華料理屋さんのラーメンはしょうゆ味が強くてあまり個性を感じられないものが多い。神戸のチャイナタウン(南京町)や周辺の華僑系の中華飯店などに行くと、しょうゆ味を抑えた鶏ガラスープのラーメンがあって嬉しくなります。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

北海道ラーメン 熊出没注意 味噌味

Hokkaido_KUMA_Ramen01.jpg
この間〈九州ラーメン ロン龍〉のことを書いた(記事へ ≫)けれど、これは近所のスーパーマーケットが九州物産展みたいなことをやっていた折に購入したもので、ふだんは商品棚に並んでいないものだ。「なんとか物産展」はわりと催されることが多いが、近接するスーパーマーケットで同時開催されるのがしばしばあるのはどういうわけだろう。

「**さんはどうやら九州物産展をやるらしいから、こっちは北海道でいくか」みたいな感じでやると想像するんだけど、〈九州ラーメン ロン龍〉を購入したのとほぼ同時期に北海道フェアとか称して北海道の食品を集めて販売していた。その中で非常にインパクトがあって私(乙山)の目を引いたのが〈北海道ラーメン 熊出没注意〉である。

袋には、北海道だからたぶんヒグマが咆哮している絵がペン・ドローイングによって描かれている。リアルさを追求した描画で、よくある販売促進キャラクターなどに見受けられる可愛らしさなど微塵もない。熊出没注意、と書かれているだけあってそこにはなんというか凄みさえ感じられる。あら、可愛いわね、などと手に取ってもらおうというおもねりが一切ないところに潔さを感じる。

Hokkaido_KUMA_Ramen02.jpgお値段は3袋で500円、1袋あたり166円という計算で、けっこういい値段を付けている。ちょっと高いけど面白そうじゃないか。店頭には醤油、味噌、塩と三種類のラーメンが並んでどれにしようかと迷ったが、結局味噌味を選んだ。もうかれこれ20年以上前になるのだが、札幌のすすきのラーメン横丁で食べた味噌ラーメンがおいしかったのが記憶に残っていて、北海道といえば味噌ラーメンという勝手な思い込みのせいかもしれない。

さて袋を開けてみると、液体スープと袋に入った麺が同封されていた。麺に特徴があるのが一目でわかり、ごくふつうの即席麺からするとずいぶん小さめに見える。茹で時間は4分30秒と少し長め。2分ほどたってから麺をほぐしてください、という指示を忠実に守って茹でた。今回は豚肉ともやし、葱を炒めて出来上がったラーメンに乗せて食した。味噌ラーメンにはもやしが合うような気がする。とうもろこしが必要ではないか、という声がどこからか聞こえてきそうだが、用意するのを忘れていました。

味噌スープはそんなに赤味噌を使っていないようで、これが北海道流(?)なのかもしれぬ。ちょっと心配だった麺もしっかり戻っていて、どちらかといえば太め(これも感じ方は人それぞれだと思う)で、これもやはり北海道流、ということなんだろう。一概には言えないけれど、九州はストレート細麺を、北海道はわりと太めの麺をよく見かけるように思う。しかし、この麺がすごいのである。

Hokkaido_KUMA_Ramen03.jpg本当にこれがインスタントラーメンか、と疑いたくなる出来。ふつうの即席麺は時間経過とともに伸びてしまうのだけど、〈熊出没ラーメン〉は逆に時間が経つほどに本物のラーメンに近くなっていくような気さえした。これは本当によくできている。乾燥タイプの即席麺でこの歯触りやこし、喉越しを持ったものは他に食べたことがない。

液体スープといい、麺といい、これはなるほど納得の仕上がりで、1袋166円は決して高くないと思う。いや、それどころか166円でこれが食べられたらむしろ安いくらいじゃないかという感じさえした。〈北海道ラーメン 熊出没注意〉の塩味や醤油味も食べてみたくなる、非常に完成度の高い、よいラーメンだと思った。


【付記】
● 〈北海道ラーメン 熊出没注意〉は麺が本当によくできているラーメンで、まだ食べたことのない方にはぜひお勧めしたいと思います。

北海道物産展とか北海道の食品店を眺めるたびに〈ホンコン焼きそば〉を探してみるのですが、なかなか見つけられず、まだ食べるに至っておりません(2011年2月現在)。日清食品の〈日清焼そば〉のようなものかと想像しますが、関西では本当に見かけません。

ド・ロさまうどん

DeRosamaUdon_01.jpg
最近関西では讃岐うどんが人気らしい。2001年、阪急西宮北口駅近くにできた商業施設「アクタ西宮」には当初から讃岐うどんの店が入店していて今でも営業しているし、近所にあるスーパーマーケットの飲食店コーナーの一角が新しくなったかと思うと讃岐うどんの店になった。そのスーパーマーケットのすぐそばにあった回転寿司店がつぶれた後には讃岐うどんの店になっていた。

この讃岐うどん人気を支えているのはやはりうどんのおいしさだろう。あの極太のうどんを噛むとしっかりしたこしがあって楽しい。こういううどんは、それまで関西にはなかったものだ。〈ぶっかけ生醤油うどん〉などは酢橘と醤油をかけただけなんだけど、食べてみるとなかなかおいしい。いわゆる〈冷やしうどん〉とは次元の違うおいしさを、讃岐うどんは持っていたということなんだと思う。

讃岐うどん人気のもう一つの要因はその安さ、手軽さにあるのではないかと思う。〈讃岐うどんめぐり〉のようなテレビ番組で紹介しているのを見たことがあるが、讃岐うどんの地元ではうどん製麺所内でそのまま立ち食いというスタイルが多かった。まるで食堂ぽくないところなのだが、製麺所で作りたてを食べるという雰囲気は他にないものだ。しかもそれが100円とか200円といった驚くべき低価格なのである。

DeRosamaUdon_02.jpgさて今回は讃岐うどんではないけれど、九州は長崎のうどんをいただいたので早速食してみた。袋には〈ド・ロさまうどん〉と書いてある乾麺のうどんなんだけど、最初に音だけを聞かされたときには〈泥様うどん〉なのかと思ってしまった。これはたぶん私(乙山)だけではないと思う。ちょっと変わった名前だけど、インパクトはあるんじゃないだろうか。

袋の後ろを見ると、「明治12年長崎市出津(しつ)に赴任したキリスト教宣教師マルコ・マリ・ド・ロ神父が、当時の村人の貧しい暮らしに驚き、生活の向上と自立を目指して故国フランス産の小麦粉を原料に落花生油を引き油として用いる独特の製法を考案し、造り伝えたそうめんの製造技術から生まれた」とあり、手延べ・無添加の自然食品だそうである。

〈ド・ロさまうどん〉で検索してみると、なるほど小規模な製麺所で少人数による手作業で生産されているようである。〈ド・ロさまそうめん〉は各家庭で造られていたが、太平洋戦争時に途絶えてしまったそうで、それを何とか再現しようとシスターの記憶を頼りに手探りで研究を重ね復活を果たした、とある。神父に対する敬愛の念が伝わってくるまことにありがたいうどんではないか。

DeRosamaUdon_03.jpgゆで時間は10~12分。別に野菜や鶏肉、卵などを用意しておいて鍋焼きうどん風に仕立ててみた。茹であがった〈ド・ロさまうどん〉をそっと鍋に入れ、電子レンジで造った温泉卵もどきを乗せていただく。うむ、讃岐うどんとはちょっと違うかもしれないが、こしのあるいいうどん。麺がのびてしまう、というのをほとんど感じさせない〈ド・ロさまうどん〉、いやあ、いいものを食べさせてもらったなという感じでした。


【付記】
● 写真二枚目は袋に描かれている人物を近接撮影したものです。この人がマルコ・マリ・ド・ロ神父なのでしょうか。〈ド・ロさまうどん〉はデュラム・セモリナ小麦のパスタほどではないのですが薄黄色になっていて、どこかパスタを思わせる独特のうどんです。

九州ラーメン ロン龍

RonryuPackage.jpg
近所のスーパーマーケットではよく「なんとかフェア」とか「何某物産展」などと称して関西地域外の食産物を取り上げて販売している。その中でたびたび登場するのが北海道と九州じゃないかと思う。関西からすればどちらも同じくらい(?)遠い感覚なのだろうか、物珍しくてついつい足を止めて品物に見入ってしまうこともしばしば。

そんなわけでつい最近、近所のスーパーマーケットの小さなコーナーに、九州の食品が並べられているのを見かけたが、その中に私(乙山)の目を引く面白いものがあった。それは「九州ラーメン ロン龍」というもので、全く初めて目にする即席ラーメンだ。

まず真ん中に「ロン龍」と大きくあるのがいい。これはなかなかインパクトがある。その左横には玉をもった龍が描いてあるが、どこかのラーメン鉢にでも描いてあるような古典的かつ適度に簡略化された表現といえる。龍の上には煙を出す山があり、これはおそらく阿蘇山ではないか。下のほうには城があり、これは熊本城を意味するのではないかと思われる。さりげない中にきちんと商品の出自を織り込んだデザインである。

袋の透明の部分から見えるのは九州ラーメンらしい細い真っ直ぐの麺。マルタイラーメンを思わせる極細ストレート麺であるが、これは「火の国熊本ラーメン」の五木食品も同じような麺だ。しかし袋の下側に「お一人前」と書いてある。「お一人前」とはどうも気になって仕方がないが、問題は値段である。100円前後の品物だが、即席ラーメンの相場からするとちょっと高めの値段設定ではないだろうか。

Ronryu_Cooked.jpgううむ、これは……と一度手に取った「ロン龍」を再び棚に戻そうとする。なにしろマルタイラーメンはだいたい同じくらいの値段で二人前入っているのだ。しかし、である。即席ラーメンの相場からすると高めの値段設定にしているには何かそれなりのわけがあるのではないか。そう思うと、よくありがちなちょっとした野菜やゆで卵のスライスなどを乗せたのではない、その古典的なデザインの「ロン龍」が、何かとてつもない逸品であるかの如く思えてきて、とうとう買い物籠に入れてしまった。

袋を開けてみると、液体スープが添えられている。なるほど、御値段のわけはこれか、と思って早速作ってみる。面倒くさいので仕上げに葱を散らすだけにした。こういうものを「料理」というカテゴリーに入れるのはどうか(いや、たかだか100円や200円ごときで買うかどうか迷った男のほうが問題か)と思われるが、まあいいではないか。

3分間煮込んだ後に液体スープを入れて混ぜ、葱を散らしたら出来上がりである。焦がしニンニクと思われるいい香りが漂ってくる。スープはいわゆる「とんこつ」で、思いのほかあっさりしているけれどこくがある。食べた後も胃もたれなどはなく、しつこい感じがないのがうれしいところ。「ロン龍」はちょっと(だけ)高めのラーメンだけど、納得の味わいでした。


【付記】
● 「ロン龍」の製造・販売元は熊本県宇城市にある日の出製粉株式会社で、ラーメンのほかに白玉粉、はったい粉、くず粉、きな粉、もち粉、コーンスターチ、片栗粉、だんご粉、上新粉なども製造している会社のようです。マルタイ食品や五木食品の他にこんな会社があったのか、やるなあ九州、と感心しました。

焦がしニンニクがインパクトの 「熊本黒マー油とんこつラーメン」

Kumamoto_Tonkotsu_Kuromayu.jpg
マルタイラーメン第8弾、今回は「熊本黒マー油とんこつラーメン」である。「御当地ラーメンシリーズ」(乙山が勝手に命名)は、ふつうの棒ラーメンシリーズよりちょっと割高である。前者は200円(メーカー希望小売価格)であるのに対し、後者は145円(同)である。近所のディスカウント店に行くと、マルタイの御当地ラーメンが150円くらいで売り出されていることがあり、うれしくなって買い込むことがある。

「熊本黒マー油とんこつラーメン」もそのようにして買い求めたもので、近所のディスカウント店がマルタイラーメンを扱ってくれていて幸運だった。マルタイラーメンの記事にコメントを下さった方々の話によると、関東方面ではあまりたくさんの種類がないようだ。じつは関西でも似たような状況で、近所のディスカウント店以外ではたくさんの種類のマルタイラーメンを見たことがない。

袋を見ると、さすが価格差(55円)があるだけにわりと気合の入ったデザインになっていて、「九州発」や「黒マー油入り」そして「焦がしニンニク入り」と盛んにアピールしている。袋を開けて出してみると、「調味油」が黒ずんで見える。これが黒マー油だろう。茹で時間は、他の製品はだいたい3分間で仕上がるようになっているのに、3分30秒とあるのが面白いところで、この30秒に並ならぬこだわりを感じた。少しだけ太くしているのだろうか。

Kumamoto_Tonkotsu_Kuromayu2.jpg今回は葱を刻んで、出来上がったラーメンの上に乗せて食べた。白っぽいとんこつスープに秘伝の黒マー油をスープに入れてみると、やけに目立つ感じがするが、飲んでみるとなかなかパンチの効いた味わいで気に入った。マルタイのホームページによると「しっかりとした豚骨エキスにニンニクの風味を効かせた濃度感があるガーリック豚骨スープです。調味油はニンニクをラード・植物油脂で炒めた特製黒マー油を添付しています。豚骨スープとニンニクの組み合わせが食欲をそそります」とある。

ニンニクが使われているのだが、それが後で臭ったり、胃にもたれるということはなかった。このあたりはやはりマルタイラーメンのいいところで、全体にあっさりしているといえる。その中で、おそらくもっとも濃厚な部類に入ると思われるのがこの「熊本黒マー油とんこつラーメン」ではないだろうか。


【付記】
● マルタイの「御当地ラーメンシリーズ」(仮称)も残すところ二つとなりました。この間、スーパーマーケットであの「サッポロ一番」の「とんこつ」が発売されているのを見て驚きました。超ロングランの、いまやクラシックラーメンといってもいいくらいのメーカーから、新しい(?)ラーメンが発売されたわけです。また食していませんが、いったいどんな味に仕上がったのかちょっと楽しみにしています。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/09 (6)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)