特別純米〈北秋田〉

Tokubetujunmai_Kitaakita
秋田県大館市にある株式会社北鹿が出している〈北秋田〉の大吟醸(アルコール添加)は実売価格が1000円を切るもので、費用対効果が抜群に良い。近隣の多くの商店で扱っており、入手も容易なので我家の標準のようになっていた。これを飲むと、紙パック入り普通酒を飲む気が失せてしまうのである。

いつものようにドジャース男鹿店で北秋田の大吟醸を買おうとすると、隣に緑色のラベルで〈特別純米 北秋田〉とあるではないか。しかも何と、隣の〈大吟醸 北秋田〉よりさらに安いお値段である。これを買わないわけがなく、早速買い物カゴに入れた。北鹿は普通酒でも良い味で、購入の際にためらうことはない。

冷蔵庫で冷やして味わう。冷やしているからか注いだ盃から立ち上る香りはごく控えめ。口に含むと米の旨味、控えめな甘み、少し遅れて酸味も感じられる。重い/軽いのどちらかといえば、軽いほう。軽いけれど酒の旨味はじゅうぶん感じる。推定日本酒度は+2前後か。常温でもうまいが、冷やしたほうがより美味しい感じがする。

もうはっきりと甘口なのだが適度な酸味と軽やかさがあるので、全体としてスッキリした味わいになっている。とにかく、ハッタリがなく旨いので杯を重ねてしまう傾向がある。しかもアテなしで何杯でもいけてしまう危険な酒でもある。事情があって値段の詳細は割愛させてもらうが、本当にこの値段でいいのかと思ってしまう。

同社の大吟醸〈北秋田〉より香りは少し控えめだが、旨味は強め。どちらも文句の付けようがなく甲乙付けがたい。個人的にはアルコール添加の大吟醸より、純米の〈北秋田〉の方が好みかもしれない、などと思うがその日の気分や体調によって味も違って感じるから一概には言えない。

余韻というか後味が良い。引き際があっさりしていて、嫌な感じが残らず、旨味が残ってまた飲みたくなる。香り控えめとは書いたけれどこのくらいがちょうど良いのかも。香りの立ちが穏やかなので、料理と合わせてもいけるのではないかと想像する。持ち味の「旨口」が料理とどう響き合うのかも楽しみだ。

というわけで、ヒラメの刺身と合わせてみた。もう甘く感じるヒラメで、脂や臭みがほとんどない上品な味わい。淡白だが旨味があるヒラメの後に〈特別純米 北秋田〉をやると、酒の旨味がよりわかる感じがする。酒が独立している、とでもいえば良いのだろうか。かといって、それが料理の邪魔になっているわけではなく、料理も酒もうまい。

甘口だけど軽やかで、つい飲み過ぎてしまって急にガクッとくる感じ、だろうか。これは秋田の酒に共通して言えるのかもしれない。傾向が似ている、と言っても良い。だからブラインドで銘柄を当ててみろ、と言われるとたいへん困るにちがいない。〈特別純米 北秋田〉が我家の標準に加わったのは言うまでもない。


【付記】
⚫︎ あまりの費用対効果の高さに、なんだか申し訳ない気分になってしまうほどの北鹿です。うまい酒を安く飲めるというのは言葉の真の意味において「有難い」ことです。

太平山生酛純米〈神月〉

KimotoJunmai_Shingetu_01
私がその酒を初めて見たのは近隣の「伊藤酒店」で、新聞紙に包まれた四合瓶の酒は太平山の生酛純米〈神月〉とある。何だか妙に高価そうな雰囲気があり、小母さんに「これ、いくらですか」と訊いたほどだ。予想に反して安かった(でも観光地価格)ので、じゃ、もらうね、と買って帰ったことを覚えている。

〈太平山〉は秋田県潟上市にある小玉醸造株式会社が出している酒で、日本酒のコンペティションで受賞した蔵元だから、知名度はわりと高いのではないかと思う。関西に住んでいたときでも秋田の酒として名前だけは知っていて、いつか飲んでみたいものだと思っていた。酒屋にもよるが、関西では意外と秋田の酒は出回っていないのだ。

だから秋田に来てから〈太平山〉を飲むまで早かったのではないか。普通酒や本醸造クラスの太平山なら、秋田の酒屋とかスーパー市場ならどこでも売っていると言っていい。記事にしていないけど、秋田の酒はわりと飲んでいるほうだと思う。で、肝心の味はというと、あまり印象に残らなかった、というのが正直なところ。

全部を飲んだわけではないので、これが太平山だ、などと語るわけにはいかないが、香り、旨味、酸味のいずれをとっても控えめで「つかみ所がない」ように感じた。本醸造クラスでしか味わったことのない太平山、はたして生酛純米ならどうなのだろうか。ちょっと期待しながら味わってみようと思う。

冷蔵庫で冷やして飲む。開栓直後の瓶からの香りは微弱。口に含むと、甘さは控えめ、香りも控えめだが、旨味がほどよい感じ。酸味は後から感じられるがかなり控えめになっている。推定日本酒度は+2前後だろうか。全てにおいて中庸、バランスが良い反面、これといった特徴がつかみにくいのが奥ゆかしさ、深みに通ずる(のか?)。

良くいえば透明=中庸、悪く言えばつかみ所なし、なれど酒全体としては上手くできている。なので、アテなしでいつの間にか杯を重ねることもできる(重ねてしまう?)。余韻は長く続くことなく、どちらかと言えばキレが良い。嫌な味わいが残らぬのも良いところといえる。食中酒としてもかなりいけそうと予想できる。

それでは、乙山ちの「サラダ菜のしゃぶしゃぶ」に合わせてみた。何じゃそりゃ、という声が盛んに聞こえて来そうだが、文字通りである。要するにいつものテキトー鍋なんだけど、何か青い葉物野菜を一つだけ選ぼうとしていたら、サラダ菜一個=38円というのが目にとまってしまい、つい掴んでしまったというわけ。

KimotoJunmai_Shingetu_02電気鍋に水を張り、味どうらくの里を入れ、ほんだしと昆布ダシの素を混合したものをさらに加える。もやしは一番火が通りにくいから先に入れて煮る。ある程度火が通ったところで豚ばら肉の切り落としを加え、さらに木綿豆腐を入れて煮る。灰汁をすくったら、最後にサラダ菜を食べたい分だけ入れる。すぐ火が通るからまさに「しゃぶしゃぶ」だ。

小鉢にとってミツカン味ぽんをかけて食べる。サラダ菜って、火を通してもうまいねえ。まったく癖やアクがなく、鍋にぴったりじゃありませんか。満足したところで〈神月〉を飲む。うむ、うまい。そのまま飲んでいる時より多少味は立つけれど、主張が強くて料理を損なうようなことはない。これぞ太平山、なのかもしれない。

というか、吟醸クラスの太平山はまた違った味わいなのかもしれない。普通酒、本醸造、純米クラスの太平山は、食中酒としてぴったりの味わいだと言える。まさに中庸、ど真ん中の味わいで、少しだけ甘みよりに振れているのかな、という印象。でも日本酒度はプラス側で、酸味があるぶん、すっきりに仕上がっているのだと思う。


【付記】
⚫︎ 吟醸クラスの太平山を味わっていないので、どんな風なのかとても楽しみです。純米大吟醸〈天巧〉はANAの国際線ファーストクラスに採用されているとか。秋田というか東北、いや日本酒自体が面白く、奥が深いのだなあと思います。

純米酒〈天の戸〉吟泉

Amanoto_Ginsen
日本酒を買うとき、一升瓶にするか四合瓶にするかで迷うことがある。冬場だと、部屋の中にそのまま置いておけるので一升瓶にするのだが、夏場だと冷蔵庫でキリッと冷やして飲みたい。そんなとき、一升瓶では大きすぎて扱いに困るのだ。さっと冷蔵庫に入れておける四合瓶がやはり便利ではないかと思う。

でも値段を見ていると、何だか一升瓶の方がお得のような気がして仕方がない。これって私だけだろうか。よくわかんないけど、もう6月。一升瓶を買っても扱いに困るだけなのだ。だから四合瓶で買うのが良い、ていうか、そうするしかないのである。よく利用するドジャース男鹿店でも、四合瓶の品揃えは豊富である。

常温で陳列しているのに加えて、初めから冷蔵してある棚にも四合瓶がけっこう置いてあるのだ。その中から選ぶのはかなり迷うけれど、楽しい。どれにしようかな、って、やっぱり楽しいじゃないですか。今回はウェブログでお付き合いさせて頂いている方の記事にもあった〈天の戸〉にしてみた。

正確には「純米酒〈天の戸〉吟泉」である。同酒は秋田県横手市平鹿町浅舞にある、浅舞酒造株式会社による。同社HPによると「2011年より蔵から五キロ内の米で、純米酒を仕込んでいます」とのこと。つまり、いわゆる「普通酒」とか「本醸造」などのクラスはなくて、同社の酒は全て純米酒だ、ということだろうか。

季節のこともあり、冷蔵庫(共用)で冷やして味わう。開栓して盃に注いだ香りは控えめながらも、口に含むと良い香りが鼻腔に抜ける。まずほのかに甘みを感じるが、米由来の旨味に変わり、少し遅れて酸味が来る。酸味はさほど強くなく、さっぱりした味わいにつながっている。どちらかといえば、軽めで、すっきりした味わい。

推定日本酒度は+2前後か。甘口だが軽やかでくどくなく、単独で味わっても飲み続けることができる、普通酒や本醸造クラスとは比較にならぬ品質の高さがある。余韻は浅めで、甘みと酸味が少し後を引くが、切れが良い。嫌な雑味は残らず、まことに後味の良い酒。料理と合わせてもいけるかも、と予想できる。

で、料理(乙山ちのテキトー鍋)に合わせてみると、酒だけ飲んだときには見えなかった姿がくっきりしてくる。やはり味蕾が開いたときのほうがよりうまさを感じるということか。それでいて、料理を損なわない感じで、料理を味わいながら、酒もうまいなあ、と思わせるところがあるのだ。

だからこれは、食中酒として第一級の味わいがあるのではないかと思う。何だろう、奥床しい感じ、だろうか。同社HPでも本酒は「すっきり」に分類されており、「お燗酒から冷やまでのどんな温度帯でもご機嫌な味わい。晩酌の定番酒としてお勧めです」とある。やはりそうか、でもこんな美味しい食中酒ってあり? って感じの逸品です。


【付記】
⚫︎ ちなみに、同社公式の日本酒度は+3、酸度は1.8でした。四合瓶で1000円以下、しかも純米って、普通ではありえない、もはや「反則でしょ?」って言いたくなるレベルです。漁港が近いので魚はうまいし、酒も文句の付けようがないのです。でもって、女の人の肌が、たいへん白いわけですね。

あ、なに? 今日はちょっと過ごしてご機嫌さんってことなのかな?

純米吟醸〈天寿〉華が咲くころ

Tennju_Hana
クルマに乗るようになって、色々な商店を利用できるようになった。最寄りはnicot(ニコット)男鹿店、次はイトク男鹿店、そしてドジャース男鹿店。脇本や船越まで行けばアマノ、マックスバリュ、ダイソー、Homacもある。そしてコメリも忘れてはならない。東北エリアのホームセンターだと思うが、農作業関係の用具が豊富なのが特色のようだ。

以上で生活上に必要なたいていの物は揃うと思う。大阪に最後にいた頃、歩いて東急ハンズ心斎橋店に行けたけど、東急ハンズと言えども品揃えは完璧ではない。例えばバー用品なんてひどいもので、道具屋筋に行くか通販で取り寄せるしかなかった。都会だと何でもあって良いように思われがちだが、そうでもないんですよね。

近辺(といってもクルマがないと無理)の商店はほぼ網羅できたと思うが、いちばん気に入っているのがドジャース男鹿店である。船川漁港が近いからか、男鹿産の良い魚が店頭に並ぶのが良い。あんまり魚は食べないんだけど、40cm前後のタイが300円くらいでポンと置いてあるのを見ると、自分でさばけたらなあ、と思う。

YouTubeで九州の釣りチャンネルを見ていると、意外にいけそうだぞ。まずウロコをとって、頭を落とし、腹を切り開いて内臓を取り出す。水でよく洗ったら、背中から徐々に切れ目を広げていき、背骨までいったら腹側からも切れ目を広げていき、最後に尻尾のところで切り離す、と。これで三枚おろしの片側ができあがり。

後は皮を剥いで、腹の部分を切り落とせば、刺身にできるというわけ。何度も動画を見て流れを頭にしっかり入れておけば、本当に自分でもできるかもしれない。ていうか、たぶんできる。こういうのって、実物を触って慣れるのがいちばん良いんだよね。本当の意味でのサバイバルって、こういうことができるようになる、ってことじゃないのかな。

話を元に戻すと、ドジャース男鹿店では男鹿産の魚の他に、酒もわりと安く、特売品があるのが良いんだよね。たぶん、限定発売で賞味期限が近付いているのに捌ききれずに在庫を抱えてる「困りモノ」を扱っていると想像する。今回、〈純米吟醸 天寿 華が咲くころ〉というのを買ってみた。何と、4合瓶=980円のお買い得である。

同酒は天寿酒造株式会社が出しており、秋田県由利本荘市にある。同社HPによると、鳥海山の伏流水を使っているとのこと。PCの地図で確かめると、なるほど鳥海山にほど近い所にあるのがわかる。同社は〈清澄辛口本醸造 鳥海山〉という酒も出しており、これもドジャース男鹿店で買うことができるので飲んだことがある。

ラベルにはアルコール分15度、精米歩合60%、原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)としか書いていない。同社HPを見ると、スタンダードの〈純米吟醸 天寿〉の原料米、使用酵母、日本酒度、酸度など詳細を書いているので興味のある方はご覧下さい。本記事は限定醸造品なので、HPを見ても詳細は不明。

とにかく飲んでみましょう。果実を思わせるような吟醸香は控えめ。でも酒自体の旨味はじゅうぶん感じられる。どちらかと言えば甘口で、推定日本酒度は+2前後だろうか。軽いか、重いか、どちらかと言えば軽めだが、すっきりした味わいなので、料理に合わせてもいけるんじゃないか、と想像した。

では、ということで乙山ちのテキトー鍋に合わせてみた。あ、料理に合わせると、甘みと香りが立ってくるのがわかりますね。悪くないんだけど、料理にそっと寄り添って料理を盛り上げる役目じゃないんですね。俺、純米吟醸だからね、って主張してるわけ。食中酒としてなら、同社の〈鳥海山〉、他社の〈喜久水〉とか〈飛良泉 銀紋〉をお勧めする。

余韻は少ないというか、抜けが良い、あるいは切れが良い、だろうか。嫌な後味が舌に残らず、すっと抜けていく感じ。ちょっとしたアテで酒自体を味わうのが似合っている。料理に合わせるなら、個性のあるものかな。限定品ではなく、まずは蔵元のスタンダード品を味わうのが本当だと思うけど、安かったのでつい、手を出してしまったんである。


【付記】
⚫︎ 関西で日本酒を買う感覚では、4合瓶=1000円というのは本醸造クラスで、純米以上はその値段ではまず買えません。これは飽くまでもディスカウント店の特売品だからのことなのです。とはいえ、北鹿などのように、秋田には費用対効果が高い酒が多いことは事実です。

大吟醸 北秋田

Daiginjo_KitaAkita
以前〈北あきた にごり酒〉を飲んでわりと良かった印象があった。同酒は株式会社北鹿が出しており、秋田県大館市有浦、とラベルに書いてある。早速ウェブで秋田県大館市を見ると、北秋田市や鹿角市に接しており、青森県との県境に位置し、秋田県最北端であることがわかった。なるほど、それで「北秋田」なわけである。

少しずつ秋田の地名と位置が理解できてきたけれど、とにかく秋田(というか東北の県)はでかい。男鹿温泉郷から秋田市内まで約50kmだけど、関西だと50kmも車で走ればたいがい他府県まで行きますよ。あ、兵庫は別ね。兵庫って、関西では例外的にでかい県で、尼崎(東端)から赤穂(西端)まで行ってこい、とか言われると目眩がしそうになるほどだ。

だから大館市(北端)から湯沢市(南端)まで行くとなると、これはもう「旅行」である。そんな大げさに言うんじゃねえよ、と秋田の人に叱られるかもしれないが、温泉郷から秋田市内まで車に乗せてもらうだけで疲れてしまう(おいおい)私にとって、秋田県の広大さはただ事ではないのだ。そんなのが秋田で暮らしていけるのかよ、って話ですな。

さて某日、所用で姉と会った帰り道、どこかに寄らなくていいか、と言うのでスーパー市場的な所に寄ってほしいとお願いした。チャンスがある度に酒を買っておこうという魂胆である。近所に酒屋はあるんだけど、いわゆる「観光地値段」なんだもん……ゴメンな小母さん、と一瞬心で思ったけれど、北浦の何とかいうスーパー(?)に入った。

いやね、温泉郷に来た頃、ほらあれ、北浦にある何だっけ? えっと「ココット」? じゃなくて「コケット」? とか、わけわかんないことを言って同僚を不思議がらせた商店があるんですよ。ネットで調べてわかったんだけど「nicot」(ニコット)でした。ここで〈高清水〉の紙パック酒を買っておこうかな、と。

ところが〈高清水〉の前まで来てフリーズしてしまった。えっ、うそ、高いじゃん……これって近所の酒屋も真っ青になるくらいだよ? 一応スーパーでしょ、何でこんな値段設定になってんの意味不明、とか思いながら他を探すと、〈大吟醸 北秋田〉の4合瓶が目にとまった。これ、にごり酒の蔵元だ、と思った瞬間買っていた。

原料は米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール。精米歩合50%、アルコール分15度以上16度未満、とラベルにある。酒米の銘柄は不明で、日本酒度とか酸味、アミノ酸度なども不明だが、50%まで精米した米で醸造し、醸造アルコールを添加して作った、ということだと思う。純米大吟醸ではないので念の為。

さっそく飲んでみよう。なるほど「大吟醸」というだけあって、果実を思わせる香りが鼻に抜けて行く。どっしりした重さはなく、むしろ軽いほう。しかしコクと旨味はわりとしっかりしている。どちらかと言えば甘口寄りかもしれないが、スッキリしているので〈爛漫〉〈高清水〉〈太平山〉〈雪の茅舎〉などより辛口に感じた。

余韻は今ひとつで、えもいえぬ旨味がずっと残って後を引く、ということはない。醸造アルコールの平坦な味わいに近いものが残ってしまうが、そんなに悪い後味ではないと思う。2日に分けて飲んでみたけど、1日目の方が美味しく感じた。フレッシュなだけあって、変質も早いのだろうか。3〜4人で、一晩で飲み切るのがいい感じかも。

食中酒としてもぴったりの酒で、刺身とか焼き魚、魚の煮付けなどにも合うと思う。フライやてんぷらなどと合わせても、油をすっきり洗い流してくれるのではないかと想像する。特定の料理と合うというより、かなり広範囲の料理と合う、もてなす側としては使い勝手のいい一本ではないだろうか。

しかもこれ、かなり安い値段で入手したんですよね。詳細は理由(わけ)あって割愛するが、費用対効果からすると、相当出来の良い部類に入ると思う。さすがは「美酒の国」というだけのことはある、この値段でこの品質、灘(兵庫)でも探すのは難しいんじゃなかろうか。冷蔵庫が欲しくなってしまいましたよ。


【付記】
⚫︎ さすがに手放しで大絶賛、というわけには参りませんが、安くて美味い酒が、秋田にはたくさんありそうです。県南にものすごく良さそうなのが……取り寄せになりそうですが、そのうち、と思っています。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (6)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)