しそわかめオルタナティヴ

Uonoya_Shisowakame
以前、山口県の萩に行った時、大衆食堂みたいなうどん屋に入った。観光案内に「肉うどんが美味い」と書いてあるという安易な理由だが、初めて行った土地で地元の人しか行かないような名店を探り当てるのは難しい。肉うどんは特筆すべきものではなかったけれど、セットで付いている「わかめむすび」がたいへん気に入った。

三角おにぎりの全面に細かく刻んだわかめがまぶしてある。ほおばると、何とも美味いではないか。白ご飯を菜っ葉で包んだ「めはりずし」も大好きだけど、それに比肩すると言っていい味わいで、翌日も「肉うどんとわかめむすびでいいよ」と思ったほどである。そのわかめむすびに使われているのが「しそわかめ」だと知ったのは後の事である。

しそわかめは「生タイプのふりかけ」で、細かく刻んだわかめにシソを混ぜ、塩で味つけをしたもの。萩の井上商店が有名で、以前記事に書いたほどである。井上商店のはゴマが入っており、シソの香りがよく効いているのが特徴。炊飯専用の土鍋で炊きたてのご飯にしそわかめをかけ、ほうれん草とあぶらげの味噌汁があれば、他はいらないほどだ。

大阪でならほとんどのスーパー市場で井上商店のしそわかめが買えるので、食卓には欠かせぬものとなってしまった。ところが、秋田に来てからというもの、井上商店のしそわかめが「お取り寄せ品」になってしまったのである。単に見落としているだけかもしれないが、どこにも売っていないではないか。

まあ、しそわかめがなかったら死ぬわけでもあるまいが、朝、さくっと朝食を済ませてしまいたい時など、あると本当に便利なのである。かりに、生卵としそわかめのどちらかを選べ、ただし選んだものとその後一生付き合って行かねばならぬ、という条件があるとするなら、私はしそわかめを選んでしまうかもしれない。

某日、ドジャース男鹿店で買い物をしていると、なぜか急にギクリとして立ち止まってしまった。それは、ふりかけを並べた商品棚ではなく、男鹿産の魚を並べてある売り場の隅で、「しそわかめ」の文字を見かけたからであった。井上商店のものではないと一目でわかるけれど、つかんで買い物カゴに入れずにはいられなかった。

「生タイプ ふりかけ 梅入り しそわかめ」などと書いてある。裏を見ると製造者は株式会社魚の屋とあり、島根県の水産会社のようである。同社HPを見ると、「島根の家庭で昔から親しまれてきた『しそわかめ』を手軽に全国の食卓へ」とある。なるほど、しそわかめは萩の特産品というわけではなくて、山陰地方で広く食べられているのだろう。

食べてみると、うむ、そんなに悪くない、ていうか、なかなか美味いじゃないか。さすがに井上商店には届かないにしても、業務スーパー物よりうまいんじゃないかな。値段も100円以下だったので、次にドジャース男鹿店に行った時、何袋かまとめ買いしてしまったほどである。

魚の屋のしそわかめは「鮭入り」とか「明太子入り」など色々あるようだけど、ドジャース男鹿店には3種類くらいしか置いていない。個人的には「梅入り」が好みで、他に色々浮気をしても(?)最終的には「梅入り」に帰ってきてしまう感じである。魚の屋しそわかめのおかげで長い冬を越せた、といっても過言ではないほど、よく食べた。

ところがある日、脇本のダイソーで、何と魚の屋のしそわかめがあるではないか! ダイソーでは食品をあまり買わないけれど、その日はビスケットの類を物色していてたまたましそわかめを見てしまったのである。なあんだ、ドジャース男鹿店だけじゃなかったんだ、と妙に気抜けしてしまったじゃないか。ってことは、ひょっとして、全国的には井上商店よりメジャーなのだろうか。


【付記】
⚫︎ まさか、100円均一店でしそわかめが買えるとは思っていませんでした。ダイソーが魚の屋を口説いたのか、魚の屋がダイソーに持ちかけたのか、経緯は不明ですが、100円均一店経由なら「手軽に全国の家庭へ」も可能でしょうね。果たして、全国どこのダイソーにもしそわかめがあるんでしょうかね。

ビスケット作戦、餅作戦

Biscuit
4月からホテル(温泉旅館)の料飲スタッフとして勤務しているが、これがけっこう、きついのである。そんなに楽な仕事なんてあるものか、とは重々承知しているつもりだが、やはりきつい。肉体的な重労働ではないけれど、夜は10時を過ぎることもあり、そして朝は朝食の準備があるので6時半前から活動しないといけない。

遅い夜と早い朝の組み合わせが何を意味するか、何がどうきついのか、これだけではわからないだろうけど、要するに飲んだくれていられない(深酒できない)のだ。もう若くないので肝臓のアルコール分解能力が落ちているのか、6時間かけても朝に酒が残ってしまうことがあり、具合が良くないのである。

夜の10時くらいに寮に帰って来ると、1時間くらいしたら「そろそろ寝なくちゃ」である。深夜0時を過ぎて酒を飲むなど以ての外、となってしまった。お酒大好き人間としては、これきついなあ。だが接客業である以上、従業員が朝から酒臭いようでは困るので、そこはしっかりと自戒しないといけない。

また、朝食はお客様が帰った後でとる決まりなので、早くて9時半過ぎ、遅ければ10時過ぎになる。晩御飯はだいたい8時過ぎになるので、13時間以上何も食べない状態になる。昼ご飯は1時か2時頃だけど、おやつを食べなければ、確実に腹が減ってしまう。つまり、下手をすると朝も夜も、常に空腹の状態で接客しないといけない羽目になる。

何か上手にやり過ごすというか、巧い作戦はないものだろうか。朝は時間的余裕がないので、フル朝食というわけにはいかない。結局、睡眠時間を削るだけだ。さっと食べられてある程度腹持ちの良いものって何だろう。まず思い浮かんだのがビスケットである。ヨーグルトとシリアルというのも良いが、冷蔵庫がないから無理である。

そこで、船川のドジャースで昼食と夕食の食材などを買ったついでに、ビスケットを物色することにした。個別包装で、そんなに砂糖とかバターをたくさん使っていない物が良い。だけど、シリアル・ビスケットなんて洒落たものは置いてないんだよな。だから東鳩製菓の「オール・レーズン」と「ハーベスト セサミ」にしましたよ。

日本ではバターと砂糖を多めに使ってしっとり焼いたソフト・ビスケット(クッキー)に人気があるようだけど、健康を考えるとホール・ウィートや他の雑穀を混ぜたのにドライ・フルーツを混ぜ込んで焼いたものがいい。でもそんな気の利いた菓子などないからね。ハード・ビスケットとなると、プレーン・クラッカーみたいなのしかないし。

それからすると、「オール・レーズン」とか「ハーベスト」は良くできた方ではないかと思う。どちらも甘さ控えめなのがいいね。とりあえず試し、ということで、オール・レーズン2枚とハーベスト4枚(個別包装分ね)をコーヒーと一緒に食べ、朝の仕事をやってみた。あ、全然ダメ。本当に持たせるなら、倍量にしないといけないようだ。

Echigo_Kirimochiでもそれだと、お金がいくらあっても足りないな。保存がきいて、すぐ食べられて、腹持ちのいいものは何かないだろうか? 腹持ちがいい物って、そうだ餅なんかどうだろう。正月に雑煮で餅を食べた後、腹が空くまでけっこう時間かかったように覚えている。 というわけで後日、やはり船川のドジャースで越後製菓の「越後 切り餅」を買ってきた。

調理方法は裏面に書いてある。電子レンジ、オーヴン・トースター、鍋のいずれでも調理できるようだ。その朝は昨夜のテキトー鍋のおつゆが残っていたので、味どうらくの里を少し加えて、餅2個と残った水菜も一緒に入れて煮餅を作ってみた。あ、熱っ! 煮餅ってよく伸びるよね。だけどこれ、夏は無理だな。絶対。

さすが餅だけあって、腹持ちが良かった。いつも腹減ったなあ、とか思いながら仕事してるんだけど、今回は少しマシだ。マシのような気がする、ではなくて、本当に大丈夫だった。越後の切り餅1kg=400円くらいで、餅1個が約50gなので2個ずつ食べて10回はいける計算である。栄養面は疑問だが、餅作戦はとりあえず成功したと思う。


【付記】
⚫︎ 後日、某所で買い物をしていたら、東鳩製菓の「オール・アップル」なるものを発見して、一人でびっくりしていました。えっ、と思って早速買い物カゴに入れました。食べてみると、アップルパイのような味わいで、本当にリンゴなんだ、と思わせる美味しさでした。

また、日清シスコの「ココナッツサブレ」も個別包装になっており、5枚が4袋入りで100円を切っていたので思わず買ってしまいました。昔ながらの安定した味わいで、間違いがない感じがしました。勤務前の3時のおやつにぴったりですね。お菓子を買うことなどなかったのに、なぜか近頃お菓子売り場に足が向いてしまいます。

最後の弟子

ホテルの仕事はフロント係を募集していたので応募したんだけど、だからと言って他都道府県出身でその土地に精通していない人間がいきなりフロントに立つのは無理である。チェックアウト時に、宿泊客は様々なことをフロント係に尋ねる。「ここから一番近いガソリンスタンドはどこか」とかはまだ大したことはない。

「JRで**まで帰るのだが何時の列車に乗ればいいか」くらいなら時刻表を見れば済むけれど、「経路はどれがベストか」ならばPCで乗り換え案内を起動して調べる必要がある。途中で乗り継ぎが悪くて時間が空いている場合、「**で時間つぶしをしたいが、どういう施設があるか」となることもある。

男鹿と当ホテルが旅の通過点である時は、次の予定は決まっているので問題はないのだが、男鹿と当ホテルが終着点である場合、宿泊客はただ帰るだけではなく、帰りがてらにも何か楽しい経験をしたいのだ。そんな時、気の利いたプラニングをさっと提案できるのと、「さあ」で終わってしまうのとでは雲泥の差がある。

このように、フロント係は当該地域とその周辺の広範囲にわたる詳細な情報もしくは事情を把握している必要があり、「関西から来た男」は「3ヶ月間は何でもしてもらいますよ」と面接の時に言い渡された。そして実際、ゴミの回収とゴミ出し、布団上げと布団敷き、風呂掃除、ハタキ(膳を下げた後の残飯の片付け)と何でもすることになった。

今だからこうして語ることができるが、8月に生ゴミと可燃ゴミの混合物を入れたビニール袋を野外に放置すればどうなるか、想像していただきたい。現実にはカラスもいるので放置するのではなく、周囲を囲った「ゴミ小屋」に捨てていくわけなんだけど、冷房装置などあるはずもなく、3日も経てばもう、ヤバいくらい臭ってくるんですね。

読んでいる方が食事をしながらではないことを祈るばかりだが、半径20mの範囲に臭いは拡散していると思う。で、扉を開けるともう……書けないですね。ある昆虫とその幼虫が数え切れないほどそこにいるわけ。当初は軽いめまいと吐き気がしたものだが、そのうち慣れてくる。このゴミ出しを、1日に3〜4回もやるんだから、もう……

布団上げと布団敷きを夏季にやると、ものすごい汗が出る。本当にものすごいと書いてもいささかも誇張表現ではなく、ハンパなく汗が出るのだ。ポロシャツの色によっては「びしょ濡れ」になるほど。3ヶ月間で体重が5kg以上落ちたので、「ちゃんとマンマ(ご飯)食べてっか?」といったい何人に言われたことだろう。

布団上げと布団敷きをきちんと出来、人に教えられるようになるには時間がかかる。特に、布団をビシッとキレイに敷くには技術の習得が必要である。私はヒヤマさんという人とコンビを組んで布団敷きと布団上げをよくやった。余裕のある時、布団敷きは二人で行う。頭の部分を上級者が、足の部分を初心者が受け持って行うのだ。

足の担当は頭の担当の動きをよく見て、動きを合わせるようにシーツを引っ張る。初心者は力を入れて引っ張るのだが、コツをつかんでいる人は軽くススッと引っ張るだけでキレイに仕上がる。たったそれだけのことだけど、ヒヤマさんは渋い顔をして何度もシーツを直していた。何も言われなくなったのは3ヶ月目に入った頃だったと思う。

とうとうある日、ヒヤマさんいわく「明日オレいねえからヨ、おめえ一人で敷くべ」となってしまったのである。「ここさ、こうやってヨ、な?」とヒヤマさんがまずやって見せ、できるだけその通りに真似をしてみると、「んだ、んだ」と嬉しそうな顔をした。昔の職人気質の人で、曲がった事ができない人だった。

人が見ていなくても、宿泊客が少なくても常にハイペースで仕事をするので、ヒヤマさんと組んでやる時は、いつも走って後からついていく形になる。私はよく叱られたほうだけど、いつしか「Tちゃん(私)が来てくれてヨ、助かってっぞ、ホントだべ」などと布団敷きをしながらホテルの昔話をしてくれるようにもなった。

3ヶ月も終わりが近づいた頃、「オレと組んでヨ、文句言わねえで済むのはTちゃんだけだべ」とヒヤマさんが言った。そして自分は年金をもらえる歳になったから、この冬で辞める、だけどTちゃんがいるから心配ない、という内容を口にした。いやそうじゃなくて、俺ね、この仕事すんの3ヶ月だけだから、とはどうしても口にできなかった。

3ヶ月が終わった11月から、私と数名のホテルスタッフは、秋田市内の某食品工場へ出張研修として勤務することになった。週末の夜だけホテルで布団敷きをするのだが、ヒヤマさんは「おっ、Tちゃん、来たか! よし、やるべ!」となんだかとても嬉しそうに見えた。11月いっぱいでヒヤマさんは来なくなったが、辞めたのではなく「休み」に入ったと聞いた。

そして4月。ホテルにヒヤマさんの姿はなかった。そして私も服装自由の裏方から、制服組の配属になった。もうヒヤマさんはいないのか、と寂しい気持ちになったけど、ちょっと待てよ、ってことは、布団をまともに敷ける人間、いないじゃん? Sさんという達人がいるけれど、Sさんが休みの日だけ制服を脱ぎ、私はヒヤマさんの最後の弟子として、布団敷きをしている。


【付記】
⚫︎ 宿泊客が少ない場合、一人だけで布団敷きをすることがありますが、20件以上になると厳しいですね。1件を6分間で終えたとしても2時間かかるわけですから。一部屋の宿泊人数にもよりますが、一人で3人部屋を5分以内に敷けたら、もうマスター・クラスでしょう。

懲りない人間

MultideviceKeyboard
世の中には「懲りない人間」なるものが存在している。何度も同じ失敗を繰り返すのだが一向に反省と学習がなく、同じ過ちを繰り返してしまうタイプ。いったい何回言ったらわかるんだ、と会社だったら降格あるいはクビ間違いなしの人間だが、じつは私、会社じゃないけどプライヴェートで懲りない人間なのである。

恥ずかしい話だが、キーボードの上に液体をぶちまけてしまい、ノート型PCにUSBキーボードを付けて書いていた。これね、一度や二度のことじゃないのである。初代のWindowsVista機にぶちまけ、次のWindows8.1機にもぶちまけてしまった。いいかげん学べよ、と自分で自分に言っていたのだが、これで終わりじゃないのです。

最近はWindowsのノート型PCに起動トラブルが生じ、もっぱらiPadを使っている。ロジクールのウルトラシンというキーボードを付け、なかなか快適にタイピングできていた。ところが某日、またしても液体をキーボードにこぼしてしまい、とうとうiPadでキーボードを打てなくなってしまった。

同じことを普通、三回もやるかな? と、ここまで読んでくださった方は思うに違いない。だがこれは現実で、私の作り話ではない。そこで、自分への罰も兼ねて、キーボードなしでしばらく過ごすことにした。いやホントね、指で文字を入力するのがどれほど面倒臭いか、痛いほどわかりましたよ。

やはりどう考えてもキーボードは必要である。指入力でウェブログの記事を書くなんて考えられない。iPad用で防水機能付きのがロジクールから出ているので「これしかない」とか思ったけど、ちょっと待てよ、初代ノート型PCは画面がブラックアウトしているだけで、モニターにつなげば使えるんじゃないか?

だから未だに捨てずに後生大事に抱え込んでいる。初代ノート型PCがブラックアウトした時、テレビを導入しようかなと本気で考えていた。HDMIでテレビとPCをつないだら、テレビがPCのモニターになるから。せっかくテレビ台まで買ったのに、結局テレビを導入しなかったのは自分でもわけわかんない。

これ、今度こそ実現してみようかな、とか思っている。というのもね、いま4K対応じゃないテレビが激安になってるんですよ。フルハイビジョン40型液晶テレビ(4K非対応)が、6万円台で買えちゃうなんて、もう信じられないよ。地デジに切り替える時に買った32型だって10万円くらいしたのにさ。

ということは、WindowsもiOSも、あるいはMacOSとかAndroid、ChromeOS、たぶんLinuxまで使えるマルチデバイス・キーボードがいいんじゃないのかな。キーボード一つで、色んなデバイスが使い回せたらとても便利でしょ? 色々製品はあるけど、とても良さげなのがロジクールにあったので、早速通販で買ってみましたよ。

ロジクールのK780 マルチデバイス・キーボードってやつね。Bluetoothのペアリングはすぐできて、すぐ使える。でもマニュアルがないって、あんたはアップルか? おお、打てる打てる、やっぱりいいねえ! キーボードがある生活って素敵。私はカギカッコ(これね→「」とか〈〉)を多用するのでボードの表記と違って戸惑うけど、すぐ慣れる。

ようし、これでWindowsでもAndroidでも何でも来やがれってもんだ。だけどこの男、本当にテレビ導入する気あんのかな。テレビないけど、って言うと、同僚はドン引きしてたっけ。だけど最大の問題は、今回買ったキーボードが防水型じゃないってこと。テレビを導入する前にキーボードに液体をぶちまけてしまうかも、って、それはないないない、絶対ないの。


【付記】
⚫︎ ああもう、完全防水仕様のマルチデバイス・キーボードが売ってたらなあ、などと夢想します。どうしようもない場合、食品用ラッピング・フィルムでキーボードを包んでみようかな、とかバカなことまで考えてしまいますね。

卵丼を食う

Tamago_Donburi
昼食にレトルトカレーとか即席めんを食べることはよくあるけれど、何か別の物を食べたくなった場合、さくっと作ることができるのが卵丼(玉子丼)ではないかと思う。材料は米100g(炊いたら約220gのご飯になる。面倒くさい人はご飯パックでOK)、卵2個、玉ねぎ(一人分なら1/6カット)、めんつゆ(濃縮出汁つゆ?)などがあればいい。

本当は出来上がった所に三つ葉をトッピングしたいんだけど、そんな物、男鹿温泉郷にあるわけないでしょ? 「たかはし鮮魚店」(男鹿温泉郷に存在する唯一の食料品店)をなめんなよコラァ、という声が聞こえてきそうだけど、「たかはし」さんはどうも野菜の品揃えが今ひと……違う違う、「たかはし」さんは「鮮魚店」なのである。

電気鍋は一つしかないので、米から料理する場合、まず電気鍋で米を炊き、蒸らしている間に卵丼の具(?)を用意しよう。100円均一店で薄っぺらいカッティング・シート(簡易まな板)を購入したので、もう怖いものはないぞ! あ、だけどまだ、包丁がないので、大阪ガスの印が入った多機能ナイフでカットしていきます。

玉ねぎをカットしたら、電気鍋の「焼き(炒め)プレート」に投入し、めんつゆを入れ、加水して好きな濃度に調節しておこう。分量は「だいたい」とか「テキトー」でいいです。いわゆる「つゆだく」が好きな人は多めにすればいいだけの話。電気鍋を最大の火力にして玉ねぎを煮ていく。これも基準はなくて、シャキッとしたのが好きなら、短めに。

卵2個を器でほぐしていく。店の卵丼を思い出してもらえばわかるけど、わりと大雑把に混ぜほぐしている場合が多く、卵焼きを作る時みたいに黄身と白身を完全に均一化する必要はない。ですが、そういう卵丼があってもいいと思う。玉ねぎが煮上がったところに卵を入れ、弱火〜中火にして蓋をする。

卵に火を通すのも好みがあって、私は完全に固まる前の半熟状態でご飯にかけるのが好きである。うっかりすると、すぐ火が通って卵が固まりすぎになってしまうのでご注意を。家庭なら、お店で使っている専用の「丼用の卵とじ器」より、18cm口径のテフロン加工フライパンのほうがうまくいくと思う。

さて卵丼ができましたよ。でも、やっぱり絵に描いたように綺麗にはなっていませんね。半熟のつもりに仕上げたのですが、火が通り過ぎている。卵は半熟で、出汁つゆと卵が分離されている状態が理想なのだが、つゆに卵が混じってしまった。これは熟練の技が必要な領域ですね。素人ではなかなか、お店みたいには参りません。

久しぶりに卵丼を食べてみると……あっ、うんまっ! え、なにこれ、けっこういけてない? ていうか、ここだけの話、ウチの賄いより……というのもね、賄いの丼物は大人数分を大鍋で作るからどうしても卵が完全に固まってしまうわけです。一人前ずつ作った方が良いのは調理場の人もわかっているけど、仕方ないんですね。

というわけで、じつにテキトーに作った卵丼、猛烈な勢いでばくばく食べてしまったんである。これに具沢山の味噌汁があったりなんかすると、もう完璧、言うことありません。たぶんね、ふだん賄いばっかり食べてる反動だな、こりゃ。えっ、普段ロクなものを……って? いやいやいや、そんなこと、口が裂け……じゃなくて決してありませんよ。


【付記】
⚫︎ 久しぶりに食べた自作の卵丼、たいへん美味しゅう感じました。ウチの賄いがとても美味しく、かつ豪華で文句のつけようがないことはいうまでもありません。なら現物を見せてもらおうじゃないか、という声が聞こえてきそうですが、そのような要望にはご期待に沿えない旨、どうかご理解のほど宜しくお願いします。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (4)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)