男鹿半島と周辺を歩く(18)らぁめん元気屋(男鹿市船越)

201712310930178c1.jpeg
国道101号線沿いにはわりとラーメン店が存在しており、選ぶのに迷ってしまうほどだ。ラーメンにするか、アマノあたりで食材を買って自室で食うか、になるのだが、ついうっかり(またかよ)101号線沿いのラーメン、全部食べてみたいな、とか口にしたこともあってか同僚が気を遣ってくれた。

そんなわけで男鹿市船越のラーメン店〈元気屋〉に来ている。単独店ではなく、どうやらチェーン店らしい。店内は昭和の雰囲気など微塵もなく、よくあるラーメン店の感じ。メニューを見ると、たくさんありすぎて選ぶのに困る。だが私の好きな「ちゃんぽん」がない。

そしてセットメニューは各種あるんだけど、なぜか「ラーメンと炒飯のセット」がないのは不思議で仕方がない。比内地鶏スープの醤油ラーメンに惹かれたが、今日は別の物を食べてみたい気分である。そこでとんこつ醤油ラーメンにしたが別に理由などない。何となく、である。

ついでに小ご飯も注文した。これもそのうち止めないといけないと思うんだけど、晩ご飯(?)だからね。比内地鶏ラーメンと餃子、ご飯のセット(しかもキムチ食べ放題)が一番お得な感じである。同僚の一人がそれにしたのを見て、次はそれにしようかな、とか強烈な誘惑にかられる。

さて料理が来ましたよ。うわ、いつも食べているラーメンからすると、これは脂まみれではありませんか。ちょっと失敗したかな、と思いながらスープを飲んでみると、おいしい。比内地鶏ラーメンを押しているくらいだから、鶏ガラがベースになっていて、そこにとんこつをブレンドしたんだろうね。

焼き豚、ネギ、メンマ、卵といたってシンプルなトッピングで、アマノの300円醤油ラーメンの方が豪華なくらいだ。麺は中太のストレート麺で、好みのタイプだった。よくある黄色がかって透明感のある中太縮れ麺ではないのが良いですね。特筆すべきではないけれどスープと麺はこれで十分すぎるほどだ。

近頃はスープに濃厚さを追求するあまり、どろっとした感じに仕上がっていることも少なくないが、そこまで濃厚である必要はない。食べ放題のキムチをちょっと貰うと、これも悪くない。キムチには一家言ある人も多いと思うが、平均レベルに達していると思う。チェーン店だからね。

最近の進化したラーメンからすると、いささか時代遅れの感もあるかもしれないが、大昔のラーメンが好きな者からすると、もうこれでじゅうぶん濃厚である。注文するとき「脂は抜きで」といえばたぶん対応してくれるだろうし、ラーメンでも食うか、という時にぴったりの店だと思う。


【付記】
⚫︎ 客の入り具合や駐車場の車の数からして、なかなかの人気店ではないかと思いました。次は比内地鶏ラーメン、できるだけ脂少なめで、とか注文してみたいと思います。

男鹿半島と周辺を歩く(17)ニューとん太(男鹿市船越)

20171224154828a44.jpeg
秋田市内の某食品工場からの帰途、今日は休館日だ、という話になった。普段はホテルで賄いを食べることになっているが、休館ということは賄いを作ってくれる人も休みなのだ。どこかに寄って晩ご飯を買うか、外食で済ませるか、考えないといけない。少し意見交換をして外食ですませることにした。

ホテルとか飲食店で働いている人なら(そうでなくても)わかっていただけると思うけど、勤務はシフト制になっていて、皆で一緒に休めることはほとんどない。だからこそ、こうして何人かの人間が一緒に外食できるのが珍しく、面白いのかもしれない。そんなわけで、自然と外食する方向へまとまった。

寒いよねえ、何かあったかいものでも食べたいね、ということでラーメンに。ま、これも自然な流れですな。国道101号線沿いは飲食店が集まっていて、ラーメン店も少なくない。よくわかんないので同僚たちに任せることにした。船越のラーメン店〈ニューとん太〉が良いのだそうである。

そういえば去年もここ、来たんだっけ。たしか醤油ラーメンと炒飯のセットを頼んだような気がする。その頃、完全にウェブログを休止していたので、写真も撮らないままだった。よし、今年は学習(?)してウェグログの種にしようじゃないか。少し意気込んでメニューを見ても、大好きな「ちゃんぽん」がない。

でもタンメンはある。よし、タンメンにしよう。ちゃんぽんがなくても、タンメンはじゅうぶん、その代わりになる食べ物だと思うから。あ、ついでに小ご飯も頼もうかな。「ラーメンライス」という懐かしい食べ物みたいになっちゃうけど、いいんだ。ラーメン大盛りにするか、ラーメンとご飯にするか、迷うのもまた楽しい。

さて料理が来ましたよ。豚肉、モヤシ、ネギ、人参、キャベツが入っていて、これぞタンメンって感じ。で、キクラゲが入っているのが良いですね。スープを飲んでみると、あっさりとした鶏ガラスープに塩で調味しているようだ。塩加減が絶妙で、これなら最後まで飲めそうだ。

麺は中太の縮れ麺で、ど真ん中というか、万人受けしそうな感じになっている。個人的には中太ストレート麺が好みだが、そんなに気にすることもなかろうと思う。小ご飯を頼むと、タクアンが付いてくるのも嬉しい。ただしこのタクアンは既製品で、そんなに上等なものではないでしょう。

タンメンとミニ炒飯のセットにもできるんだけど、ここの炒飯、今ひとつだと思うんだ。何度となくラーメンと炒飯のセットを食べているけど、どちらも美味しくて文句の付けようがない店って、滅多にない。なので小ご飯にしたんだけど、良い選択だったと思う。食べ過ぎ注意、なのである。


【付記】
⚫︎ 同僚が食べている味噌ラーメンの匂いがとても良くて、次は味噌ラーメンにしてみようかな、とか思いました。「寒い地方は味噌ラーメンがうまい」という説があるようですが、たしかに秋田では味噌ラーメンの人気が高いようです。

男鹿半島と周辺を歩く(16)えびす食堂(五城目町)

201712031058391fe.jpeg
姉のナビで潟上のイオンに行った後、メシでも食おうかとなった。五城目町に「食堂」があるんだよ、という。へぇ、食堂ねえ。私は大衆食堂大好き人間で、自分で好きな惣菜を選んで、中ご飯と味噌汁、というパターンで昼食を済ませることも多かった。秋田(男鹿)に来てからそんな機会が減っていたのだ。

ま、なにせ男鹿ですから。何かが「ない」のは当たり前なのである。でも食堂なら市立みなと病院の近所に〈みなと食堂〉というのがある。でもこれ、私の好きな「大衆食堂」じゃないんだ。やはり、作り置きの惣菜があって、その時の気分に応じて食べたいものを選ぶ感じでないとなあ。

ここにしてみよう、ということで〈えびす食堂〉にやって来ました。うはっ、と声が出てしまう外観。もう40〜50年は店をやっているようではないか。大きな看板を出しているところを見ると鍋焼きうどんがお勧めの料理ということなんだろう。だけど暖簾が内側に入ってるよ?

これは「休み」のサインだと思うんだ。でも姉はせっかくだから行ってみよう、と扉を開けて(おいおい)店に入り、すみませ〜ん、と声をかけた。何度か声をかけてしばらくした後、店の人が出て来た。どうもいけるみたいだよ? だけどいいのかな、休みのところを無理して開けてもらった感じ。

店内はもう定冠詞付きで「ザ・昭和」としか言いようのない雰囲気が漂っている。石油ストーブの上にやかんが乗っており、液晶テレビのはずなのに画面の映りが悪いのはかえって見事(?)に感じる。うどん・そばの他に丼物があり、「天ぷらラーメン」というのもあるようだ。

お勧め(?)の鍋焼きうどん、謎の天ぷらラーメン、そしてもうひとつは五目タンメン、この三つの中から選ぶことにしたのだが、店の老夫婦の様子を見て同じものにしようか、ということで五目タンメンにしましたよ。別の物を注文すると、たぶん時間がかかると思うんだ。

ところで秋田に来て感じたことの一つに「ちゃんぽん」が少ないというのがある。ちゃんぽんとは中華料理店で供される醤油ベースのスープに中太の中華麺で、スープにとろみが付いて肉と野菜がたっぷり入った食べ物である。寒い時期になると無性にこれが食べたくなる。

何しろ私は「ちゃんぽん調査隊」という記事を書いているちゃんぽん調査隊の本部長なのである。本部は私とともに移動するので、以前は大阪に存在していたが、今は秋田県男鹿市にある。どうも秋田はちゃんぽんより「タンメン」のほうが普及しているようで、ちゃんぽん大好き人間としては少し残念である。

20171203105839eca.jpegさて料理が来ましたよ。醤油をほとんど使わぬあっさりスープに野菜が色々入っていますね。豚肉を炒めず焼き豚を使っているのがユニーク。焼豚とか海苔、メンマ、こういうアイテムはふつうタンメンには入らないと思うんだけどな。カマボコはうどんだろうが。でもって、卵焼きが入っているのはもはや意味不明である。

たぶんこれ、ラーメンとタンメンの折衷スタイルなんだろうな。だから(?)五目タンメンなのであって、ただのタンメンとは違う、ということなのだろうか。スープを飲んでみると、明らかに薄味で塩分濃度は1%を確実に切っている。澄まし汁の濃度ですな。麺は縮れ細麺で、見事なまでに伸びていた。

でも、お腹が減っていたからそんなにひどい味だとは思わなかった。時折苦笑いしながらほぼ無言で食べ、店を出た後、すごかったよねえ、うん凄いすごい、と笑ってしまった。五目タンメンは700円でスープは薄く麺は伸びていたけど、なぜか私は損をした気分にならなかったのである。


【付記】
⚫︎ 相当なご高齢のご主人が両手でラーメン鉢を抱えて持って来てくれたことによって「親指ラーメン」は回避されました。あるいはひょっとして、私は心の何処かでそれを期待していたのでありましょうか。いや、まさかまさか、左様なことはございませぬ。

男鹿半島と周辺を歩く(15)スーパーセンターアマノ(男鹿市船越)

20171109125236659.jpg
とある休日、日頃の睡眠不足に復讐するかのように惰眠を貪った結果、11時過ぎに買い物に出発することになってしまった。予定はないから何の心配もないんだけど、昼ビールをやれないのだけが残念だ。今日はメルシティ潟上のユニクロで服を、スポーツ・アルペンでスノーブーツを物色するつもりなのだ。

何しろ秋田に引っ越して来る時、所有物のほとんどを処分してしまった。せっかく買った服を捨てるのは忍びないのだが、その時は半ば自暴自棄になっていて、もうどうでもいいやって気分だったからこそ捨てられたのかもしれない。今になって多少後悔しているけどそれほどでもないのが不思議。

なんでわざわざユニクロで服を買うのかといえば、男鹿に服屋がないからである。アマノに少しは服もあるけど、下着以外は買う気しないんだよね。「ファッションセンターしまむら」も今ひとつだ。ま、いまさら洒落っ気を出してマシな服を買ったところで誰も見てないからどうでもいい(おいおい)んだけどね。

限界集落においてはこのようにしてファッション感覚(?)が低下していくんだろうな。げんに私も軽トラックに乗って街をちんたら走り、つなぎ服にゴム長靴を履いてアマノに入って行っても何とも思わなくなっているではないか。農作業の休憩がてらに買い物に来る人だってわりといるから、作業服の人も多いんですよね。

何の話だっけ? そうそう、今年は「つなぎ服にゴム長靴」より少しはマシな格好しようよ、ってことだよね(えー違うよたぶん)。で、その結果がユニクロで灰色のフリースに緑系のブラックウォッチ柄のフランネルシャツかよ! まあいいさ、見ているがいい、どこでもある誰でも着てそうな服を私が着ると……あそっか、誰も見ていないんでしたね。

スポーツ・アルペンでは気に入ったスノーブーツがなくてがっかりしちゃったな。スノーブーツを通販で買うのは勇気がいるし困ったものだ。あれこれ遊んでいるうちに午後2時を回ってしまったよ。お腹はしきりに鳴るんだけど、この時間にガッツリ食ってしまったらダメだろうな。まともなラーメン屋ではなくて、おやつラーメンでも食べたいよ。

てなわけで、アマノにやって来ました。ここね、イートイン(フードコート)とかいうの? ちょっとした食堂みたいになっていて、店で買った惣菜とか食べられるようですよ。前から気になってたんだけど、なぜか利用する気になれず今日まできてしまった。なるほど、今日がその日だってわけか。意を決して、利用してみましたよ。

ほうほう、なんか色々食べられるみたいだけど、私はおやつラーメンを食べたいのだ。おっ「醤油ラーメン」(300円)がありますね。早速注文しようとすると、目の前に出来上がった炒飯を皿に盛って食品用透明フィルムで包んだものも置いてある! しかも300円、セットにしてもたった600円である、だがここでガッツリ食ってはいけない。

ボク、ラーメンだけでじゅうぶん、そんなに腹減ってないもん、みたいに涼しげな顔をして醤油ラーメンだけを注文する。おお、内税になっていて支払うのは300円ジャスト。なんていい店(?)なんだ。支払いを済ませると引換券を渡してもらい、出来上がったら番号を呼んでくれるみたいですよ。

さて、300円ラーメンが来ましたよ。スープの色はこんなものでしょう。海苔、焼豚、ネギ、メンマ、そしてナルトという正統派(?)のトッピング。麺は中太縮れ麺で、どこにでもありそうな懐かしい雰囲気さえ出ている。現代の嗜好に合わせて背脂らしきものを後から振り入れたようだが控えめなので許す。

スープを飲んでみると、一口目で美味しく感じる塩加減。おそらく塩分濃度は1%以上あると思われるが、これを最後まで飲んではいけないのは言うまでもない。麺はいかにも安物の中華麺という感じだけど、そんなに悪くない。値段を考えると、スープと麺、具材の全てが良く出来ていると言えるだろう。

スープを残して麺と具材だけ食べ切ると、腹七分目といった感じになる。フル分量のちゃんぽんを汁まで全て味わい尽くした後に感じる幸福感とか満足感には及ばないけれど、おやつラーメンとしては上出来である。これ、とんこつ醤油スープに魚粉を入れたつまんないラーメンよりよっぽど良いよ。それで700円とかふんだくるんだから呆れてものも言えないやね。

おやつラーメンを格上げして「昼食」にするには、やはりラーメンと炒飯のセットにするべきだろう。上述したようにセットにしても600円。でね、もしも、ですよ、炒飯がけっこう美味かったらどうしよう? アマノに行くたびに注文してしまうかも。だから今度、試してみるね。んっ、誰か「あんたバカァ?」って言わなかった?


【付記】
⚫︎ アマノの300円ラーメン、思ったより「ちゃんとしている」んです。出て来るまでけっこう時間かかっていましたし、学食(色々あるけど)のラーメンより美味しいと思いました。日によって差があるかもしれませんが、この日はメンマが意外と入っていました。もうこれは、ラーメンと炒飯をセットでいくしかありません。

男鹿半島と周辺を歩く(14)男鹿海鮮市場(男鹿市船川)

2017103020540168d.jpg
ホテル(というか温泉旅館)で勤務していると、お客様から「この辺りで土産物を買うにはどこへ行けばいいか」という質問を頂くのだが、この辺りと申しましても……と詰まってしまう。実際、男鹿温泉郷に土産物店は存在していないのである。そんなバカな、観光地なのに、という声が聞こえて来るが本当なんだから仕方がない。

内輪の人間だったら「だからよォ」で一緒に笑って終わりになるのだが、相手は真剣(本気)である。「だからよォ、男鹿温泉だべ? あは」では済まされないのだ。なので石ノ森章太郎の漫画『HOTEL』の東堂マネージャーのような物腰で「それでしたらお客様、〈男鹿海鮮市場〉はいかがでしょう」とお答えすることにしている。

何やらの一つ覚えではないが、他に選択肢がないのだから仕方がない。そもそも外食チェーン店が出店をためらう広域限界集落にコストコやソニープラザ、ヨドバシカメラみたいなのがあるわけないのである。それどころか男鹿市には「道の駅」すらないのだ。産直店はいくつか存在するが、自信を持ってお勧めできる規模ではない。

お勧めする以上、男鹿海鮮市場にどんな商品があるのか熟知している必要がある。なので某日、男鹿海鮮市場を覗いてきました。どう見ても観光客としか見えない出で立ちで、時折iPadにて撮影しても怪しまれることはあるまい。男鹿海鮮市場は、男鹿警察署や公共職業安定所がある海岸通り沿いで、男鹿市文化会館の対面に位置している。

壁にはでかでかとなまはげの絵が描かれている。「もういいって」とか心の中で呟くけれど男鹿=なまはげと決まっているので仕方がない。名称からして何か魚市場のようなもの(規模の大きな魚屋)を想像していたけれど、鮮魚はあまり扱っていないようである。入り口から入ってまず目につくところに「男鹿半島の塩」が売っている。

20171030205403271.jpg「男鹿半島の塩」にはいろんな種類があって、桜葉の香りを付けた「桜塩」や海藻(ホンダワラ)のエキスを絡めた「藻塩」、国産わさびの粉末を絡めた「わさび塩」、そして青森県田子町産の粉末ニンニクを組み合わせた「にんにく塩」、孟宗竹に詰めた塩を竹炭焼釜でじっくり焼いた「黒い塩」など、実にたくさんの塩があって迷うほど。

店内をさらに見ると、煮干し、昆布、海苔などをはじめそれらの加工品が棚に並んでいる。何気なく見ていると「粉末根昆布」があるじゃないですか! 自分で出汁をとる際、削り節を入れる前に粉末昆布を入れるようにしていた。秋田に引っ越すときに処分してしまったけど、粉末昆布を探していたのだ。まさかこんな所にあったとはね。

加工品もいいけれど、やはり「ぎばさ」や「とろとろわかめ」がお勧めだろうか。男鹿市公認の観光サイト「男鹿なび」によると、「『ぎばさ』は秋田では昔から食べている海藻で正式名称は『アカモク』」とある。湯がいで刻んだ状態で売っており、納豆以上の粘り気で独特の食感があるのだそうだ。

とろとろわかめは「新鮮なワカメを塩で徹底的に揉んで加工する実に手間のかかる製法」によって作られるという。また「三陸産の様な大きくて実の厚いものとは違い、小ぶりで身も柔らかいのが特徴」だとか。個人的には粘り気のある食品はそんなに好きではないので、自分から進んで買うことはないん(おいおい)だけど……まあいっか(良くないって!)。

さあて、男鹿海鮮市場のチェックもできたことだし、締めますか。えっ、何か忘れてないかって? いや別に……あ、そっか、男鹿海鮮市場に併設されている〈海鮮屋〉という食堂がありましたっけ。あんたの「街を歩く」とやらは、ろくすっぽ街を歩かず飲食店に直行し、飲んだ食ったを書いてるだけだから〈海鮮屋〉外してどうすんの、てか?

20171030205403754.jpgまあその、仰る通りなんですけどね……私、魚卵とか内臓系が苦手でござんしょう、なのでウニ丼・イクラ丼・海鮮丼とかあんまり興味なくて……お子ちゃま味覚ですよね。いちばん上等の「海鮮定食」(ヒラメの姿造り他、ザッパ汁その他=1400円)も素敵に違いないんだけど、メインのヒラメが、ね。

私にとってヒラメはご飯をばくばく食べる「おかず」ではなくて、やはり「お酒のお供」なんですね。一本立てられるなら話は別だけど、帰りは自分で運転しなきゃなんないし。そう思うと、惹かれはするけれど遠慮しとくかって感じになっちゃうのね。だから今回は飲み食いの話はナシってことで……いいよね?


【付記】
⚫︎ いろんな事情が絡んでいるのでございます。何卒ご容赦のほど宜しくお願い申し上げます。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/02 (6)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)