ちゃんぽん調査隊(13)




〈遊歩者 只野乙山〉 冬季限定企画
【ちゃんぽん調査隊】




20180128093512396.jpeg
出張研修の通勤時、国道13号線沿いに〈チャイナタウン〉というラーメン店があるのをいつも見ていた。「名物 秋田チャンポン」という看板が気になって仕方がない。そう、ちゃんぽんなのだ。同僚を巻き込むのも心苦しく、私一人で出勤する機会があるので、その時に行こうと思っていた。

その計画を同僚たちに話すと、どういうわけか「じゃ、みんなで行こう」ということになった。同店は国道13号線沿いの古川添交差点にあり、下りを走って左折してすぐ、の所に駐車場があるので駐車が難しい。〈秋田まるごと市場〉の駐車場に入ったほうがすんなりいくと思う。

午後5時に仕事を終えて間もなくの時間であるが、すでに満席に近い状態に驚く。ここの名物は「味噌チャンポン」なのだが、私は「ちゃんぽん調査隊」の隊長である以上、まずは醤油チャンポンを頼まぬわけにはいかない。この男、名物を外すことにかけては人後に落ちぬものがあるのだ。

そんなに広くない店内の奥にはなぜか鏡が貼られており、ものすごい数の客が入っているような錯覚を覚える。「餃子がうまい店」との看板もあったようで、同僚は餃子を注文していた。秋田出身の有名人も訪れたようで、何某のサインだのが恭しく飾られている。同僚が佐々木**のサインもあるよ、と言うけどよくわかんない。

20180128093513942.jpegさて料理が来ましたよ。うはっ、ラーメン鉢目一杯に張られたとろみのついたスープ、これぞちゃんぽんではありませんか! 豚肉、イカの足、キャベツ、モヤシ、ネギ、人参とちゃんぽんらしい具が入っていますね。スープを飲んでみると、うむ、美味い、でも少し砂糖の甘みが入っていますね。

砂糖が入っていて生姜が効いていない、これが秋田流なのでしょう。でも砂糖の量は控えめでギリ許容内である。麺は普通の中華麺でやるのが中華ちゃんぽんなんだけど、この店では極太ちぢれ麺を使っていますね。長崎ちゃんぽんの太麺を意識したというより、札幌ラーメンの太麺を意識したのではないかと想像する。

とろみが強い場合、細麺を使うと麺自体が団子状になってしまうことがあって、ほぐしながら食べたこともあった。なので太麺の方が正解なのかも。食べていると、足元からジワっと温まって来て汗が出て来て、やがて羽織っているものを脱がないとすべて食べきることはできなくなるのが普通(?)である。

ちゃんぽんを食べる時は、麺とか具材を食べるのと並行してとろみのついたスープも味わうのが基本(私だけね)。そうして同時に少しずつ減らしていき、最後まで完食できてこそ、ちゃんぽんである。ラーメンを食べる時にばっさりスープを捨て切るのとはちがう食べ方をするのが、ちゃんぽんなのだ。

その点からすると、いささか砂糖の甘さが感じられるとはいえ、これはもう、ちゃんぽんである。秋田に中華ちゃんぽんがないと嘆いていたが、私ことちゃんぽん調査隊長は、これを中華ちゃんぽんと認定する。もちろん、私の認定とは無関係にこの店は以前から人気店であることは言うまでもない。


【付記】
⚫︎ 〈チャイナタウン〉は30年くらいやっているそうで、なるほど納得の人気店でした。私の中のちゃんぽん相場からすると少し高めに感じますが、機会あればまた再訪したい店です。その時はもちろん、名物の味噌チャンポンにするつもりです。


≪ ちゃんぽん調査隊(12) へ ちゃんぽん調査隊(14)へ ≫

男鹿半島と周辺を歩く(20)幸楽苑(秋田市土崎)

201801021028472ea.jpeg
当ホテルは冬季休館に入り、調理場の人たちも出張研修に行ってしまった。料理してくれる人がいないから、ってことで晩御飯は自分でなんとかしろ、だって。仕方がないからとはいえ、あんまりだよな。ちなみに、11月中頃から3月末まで朝ごはんの支給もないのである。

当然のことながら士気は下がりまくりになるわけで、毎晩外食する気になれない。帰途にアマノとかいとくで食材だの惣菜だのを買って各自夕食を済ませるんだけど、私は毎晩テキトー鍋である。青物とか葉物野菜が異様に高騰していて、白菜なんて1/4カットで130円くらいするんだよね。

だからモヤシと豆苗(価格が安定している)、豚または鶏肉、厚揚げ(硬めだから)というパターンが多い。なんか貧乏くさい感じがしまくりなんだけど、実際にビンボーなんだから仕方がない。冬だったらさ、カニ鍋とかフグ鍋を普通に食べたいよね。ハモと松茸の土瓶蒸しなんかも良いね。

そんなわけで私たちは節約ムードに包まれていたが、私おごりますから、ラーメンでも食いに行きませんか、という豪気なお大尽の登場に、にわかに活気付いた車内なのであった。立場的にも年齢的にもたぶん私が一番上なんだから、本来であれば私が言い出すべきだったのかも知れない*。

というわけで国道7号線沿いのラーメン店〈幸楽苑 土崎店〉に来ている。〈幸楽苑〉は秋田でよく見かけるチェーン店のようで、初めての入店。メニューを見ると、あ、安っ! 秋田でラーメンといえばだいたい600〜700円くらいだと思うけど、それからするとかなり安い値段設定である。

しかもセットメニューが、かなりお得感がある。なになに、醤油ラーメンと炒飯、そして餃子のセットが700円台だと!ラーメンと炒飯のセットがないことが多い秋田で、これはもう注文するしかないでしょう。でもこれ、安すぎないか? あんまり安すぎて、かえって心配してしまうほどである。

さて料理が来ましたよ。写真は携帯電話で撮影したもので、少しダウンサイジングして転送している。フルサイズだと、転送代が驚くほどかかる(一枚で約1000円)んだよね。見ると、古典的様式のラーメンですね。焼豚、ネギ、海苔、メンマ、そしてナルト。アマノの300円ラーメンの方が豪華だね。

スープを飲んでみると、甘みが際立って感じ、塩分濃度は1%以上ある。なるほど、これが秋田風なのか、と理解する。魚くさい味がするが、これは今様の流行を考えてのことだろう。麺は黄色がかって透明感のある中太の縮れ麺。案内を見ると、「デュラム・セモリナ小麦をブレンドしている」らしい。

炒飯はおそらく「中華鍋の音がしない炒飯」あるいは「誰でも作られる炒飯」ではないかと。卵とネギ以外全て味付けしてあって、冷凍保存しているんじゃないかな。詳細はわかんないけど、知ったら食べる気なくすかも。焼肉屋みたいにね。だけど味は悪くなくて、こんなもんじゃないかと思う。

餃子は普通に美味しいですね。今回食べた中ではこれが一番いいかも。特筆すべき点はないかも知れないけど、全て平均レベルをクリアしており、値段を考えるとむしろ「よくできている」と言えるだろう。どこかサイゼリヤ的な、あるいはバーミヤン的なものを感じさせる庶民派ラーメンチェーン店、だと思う。

*さすがに自分のぶんは自分で支払いしました。

【付記】
⚫︎ 〈幸楽苑〉を再利用するのは回転すしを再利用する気持ちにどこか似ているのかも知れません。ただ、幸楽苑の最も近い店は潟上市天王なので、男鹿からわざわざ車に乗って、という感じではないんですね。歩いて行ける距離にあるならば、たぶん再利用するに違いありません。

男鹿半島と周辺を歩く(19)らーめん愛桜(男鹿市船越)

20171231190249640.jpeg
男鹿の国道101号線沿いのラーメン店を全部訪れてみる、という試みはさほど困難ではないと言える。数が多いとはいえ、たかが知れているので、神戸とか横浜の中華料理店を全部、というのとはわけが違う。そうわかっていても、実行するとなると話は別である。どうしてもクルマが必要なので、とにかく面倒なのである。

某休日、色々と買い物を済ませた後、腹が減ってきたのでラーメンでも食べようか、と思った。ま、何しろ寒いからね。どうせなら国道101号線沿いで行ったことがない店にしようじゃないか、と。いつになるかわからぬ101号線沿い全店制覇の第一歩(?)として、船越の〈らーめん 愛桜(まなざくら)〉にした。

〈らーめん 愛桜〉は、101号線を男鹿方面からすると最初の、潟上方面からすると最後のラーメン店。外観はかなり寂れているので、うっかり通過してしまいそうになるが、現役のラーメン店である。実際に見てみると、おそらく以前は何か別の店だったものに看板だけ付けた感じがする。

営業中、とあるのだが休みでも同じなのではないか、と思える雰囲気。だが別に怖い感じはないので扉を開けて入ってみる。座敷席とカウンター席があって、ラーメン店というより「食堂」の感じに近いだろうか。またか、という感じがしないでもない「いかにも」のラーメン店にはないどこか懐かしい雰囲気だ。

女性二人だけで切り盛りしているようで、それも食堂感(?)を強めている要素ではないかと思う。メニューに「ちゃんぽん」はなく、炒飯すらない潔さ。気に入った、わけではないが、少人数で切り盛りするにはこういう決断も必要なのかも知れない。なぜ炒飯が切り捨てられるのかは不明である。

でもタンメンはちゃんと(?)ある。しかもタンメンだけではなく、塩タンメン、味噌タンメン、醤油タンメンと種類が多い。はて困ったなあ。そのときウェブログでお付き合い頂いている宮城出身で奈良在住の方から「味噌タンメンが良い」との情報があったのを思い出し、味噌タンメンを注文してみた。

20171231190247c1c.jpegさて料理が来ましたよ。キャベツ、モヤシ、ネギ、人参、そして白菜が入っているのが良いですね。うずら卵一つが存在を主張していますね。豚肉は見えませんが一応入っていて、その破片を見出すことができました。たぶん20g以下ではないかと。豚肉をケチるあたりにタンメンらしさ(?)が出ていますよね。

スープを飲んでみると……あ、良いですね。たぶん味噌に対する姿勢が関西とは根本的に違うんじゃないかな。関西で味噌っていうと、味噌汁とか雑煮くらいしか思いつかなくて、味噌田楽とかあんまりやらないし。私だけかも知んないけど、おかず味噌とかほとんど知らないんですよね。

何しろ小学生の頃、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」に初めてふれ、あの「一日ニ玄米四合ト 味噌ト少シノ野菜ヲタベ」というくだりを読んだ時、玄米ご飯と白菜の味噌汁を想像したくらいである。今では「味噌」とはおかず味噌または自家製の味噌を玄米ご飯に添えたものであり、「野菜」とは漬物ではないかと想像する。

まあ、とにかく味噌味のスープがうまいのである。こんなに味噌ラーメンがうまいなんて、と改めて驚いてしまった。塩加減はバッチリで、全部、食べてしまいました。同僚で味噌ラーメンしか食べない、という人がいるのも、前述の宮城出身の方がサッポロ一番のみそラーメンが一番好きというのも、なんとなくわかった次第である。


【付記】
⚫︎ いやあ、参りましたね。次も味噌タンメンがあったら、また注文してしまいそうになるじゃありませんか。関西とは一味違う(ごめんね)味噌味のラーメンにノックアウト寸前(いやもうヤバいかも)です。

男鹿半島と周辺を歩く(18)らぁめん元気屋(男鹿市船越)

201712310930178c1.jpeg
国道101号線沿いにはわりとラーメン店が存在しており、選ぶのに迷ってしまうほどだ。ラーメンにするか、アマノあたりで食材を買って自室で食うか、になるのだが、ついうっかり(またかよ)101号線沿いのラーメン、全部食べてみたいな、とか口にしたこともあってか同僚が気を遣ってくれた。

そんなわけで男鹿市船越のラーメン店〈元気屋〉に来ている。単独店ではなく、どうやらチェーン店らしい。店内は昭和の雰囲気など微塵もなく、よくあるラーメン店の感じ。メニューを見ると、たくさんありすぎて選ぶのに困る。だが私の好きな「ちゃんぽん」がない。

そしてセットメニューは各種あるんだけど、なぜか「ラーメンと炒飯のセット」がないのは不思議で仕方がない。比内地鶏スープの醤油ラーメンに惹かれたが、今日は別の物を食べてみたい気分である。そこでとんこつ醤油ラーメンにしたが別に理由などない。何となく、である。

ついでに小ご飯も注文した。これもそのうち止めないといけないと思うんだけど、晩ご飯(?)だからね。比内地鶏ラーメンと餃子、ご飯のセット(しかもキムチ食べ放題)が一番お得な感じである。同僚の一人がそれにしたのを見て、次はそれにしようかな、とか強烈な誘惑にかられる。

さて料理が来ましたよ。うわ、いつも食べているラーメンからすると、これは脂まみれではありませんか。ちょっと失敗したかな、と思いながらスープを飲んでみると、おいしい。比内地鶏ラーメンを押しているくらいだから、鶏ガラがベースになっていて、そこにとんこつをブレンドしたんだろうね。

焼き豚、ネギ、メンマ、卵といたってシンプルなトッピングで、アマノの300円醤油ラーメンの方が豪華なくらいだ。麺は中太のストレート麺で、好みのタイプだった。よくある黄色がかって透明感のある中太縮れ麺ではないのが良いですね。特筆すべきではないけれどスープと麺はこれで十分すぎるほどだ。

近頃はスープに濃厚さを追求するあまり、どろっとした感じに仕上がっていることも少なくないが、そこまで濃厚である必要はない。食べ放題のキムチをちょっと貰うと、これも悪くない。キムチには一家言ある人も多いと思うが、平均レベルに達していると思う。チェーン店だからね。

最近の進化したラーメンからすると、いささか時代遅れの感もあるかもしれないが、大昔のラーメンが好きな者からすると、もうこれでじゅうぶん濃厚である。注文するとき「脂は抜きで」といえばたぶん対応してくれるだろうし、ラーメンでも食うか、という時にぴったりの店だと思う。


【付記】
⚫︎ 客の入り具合や駐車場の車の数からして、なかなかの人気店ではないかと思いました。次は比内地鶏ラーメン、できるだけ脂少なめで、とか注文してみたいと思います。

男鹿半島と周辺を歩く(17)ニューとん太(男鹿市船越)

20171224154828a44.jpeg
秋田市内の某食品工場からの帰途、今日は休館日だ、という話になった。普段はホテルで賄いを食べることになっているが、休館ということは賄いを作ってくれる人も休みなのだ。どこかに寄って晩ご飯を買うか、外食で済ませるか、考えないといけない。少し意見交換をして外食ですませることにした。

ホテルとか飲食店で働いている人なら(そうでなくても)わかっていただけると思うけど、勤務はシフト制になっていて、皆で一緒に休めることはほとんどない。だからこそ、こうして何人かの人間が一緒に外食できるのが珍しく、面白いのかもしれない。そんなわけで、自然と外食する方向へまとまった。

寒いよねえ、何かあったかいものでも食べたいね、ということでラーメンに。ま、これも自然な流れですな。国道101号線沿いは飲食店が集まっていて、ラーメン店も少なくない。よくわかんないので同僚たちに任せることにした。船越のラーメン店〈ニューとん太〉が良いのだそうである。

そういえば去年もここ、来たんだっけ。たしか醤油ラーメンと炒飯のセットを頼んだような気がする。その頃、完全にウェブログを休止していたので、写真も撮らないままだった。よし、今年は学習(?)してウェグログの種にしようじゃないか。少し意気込んでメニューを見ても、大好きな「ちゃんぽん」がない。

でもタンメンはある。よし、タンメンにしよう。ちゃんぽんがなくても、タンメンはじゅうぶん、その代わりになる食べ物だと思うから。あ、ついでに小ご飯も頼もうかな。「ラーメンライス」という懐かしい食べ物みたいになっちゃうけど、いいんだ。ラーメン大盛りにするか、ラーメンとご飯にするか、迷うのもまた楽しい。

さて料理が来ましたよ。豚肉、モヤシ、ネギ、人参、キャベツが入っていて、これぞタンメンって感じ。で、キクラゲが入っているのが良いですね。スープを飲んでみると、あっさりとした鶏ガラスープに塩で調味しているようだ。塩加減が絶妙で、これなら最後まで飲めそうだ。

麺は中太の縮れ麺で、ど真ん中というか、万人受けしそうな感じになっている。個人的には中太ストレート麺が好みだが、そんなに気にすることもなかろうと思う。小ご飯を頼むと、タクアンが付いてくるのも嬉しい。ただしこのタクアンは既製品で、そんなに上等なものではないでしょう。

タンメンとミニ炒飯のセットにもできるんだけど、ここの炒飯、今ひとつだと思うんだ。何度となくラーメンと炒飯のセットを食べているけど、どちらも美味しくて文句の付けようがない店って、滅多にない。なので小ご飯にしたんだけど、良い選択だったと思う。食べ過ぎ注意、なのである。


【付記】
⚫︎ 同僚が食べている味噌ラーメンの匂いがとても良くて、次は味噌ラーメンにしてみようかな、とか思いました。「寒い地方は味噌ラーメンがうまい」という説があるようですが、たしかに秋田では味噌ラーメンの人気が高いようです。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/07 (7)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)