伊藤喜多男 『音響道中膝栗毛』

伊藤喜多男『真空管アンプと喜多さんの 音響道中膝栗毛』(誠文堂新光社、1987年)

ItohKitao_Hizakurige_01.jpg
何かスピーカーの出物がないかなあ、とネット上で中古オーディオ製品をチェックしてみることがある。たとえばロジャースかスペンドール、あるいはハーベスの小型スピーカー。JBLならスタジオモニター路線以前の、家庭用でなるたけ小型の物。タンノイだったらアメリカ資本になる以前の、できれば火災にあう前のオールド・タンノイ。出ているからといって即座に購入できないのが悲しいところだが、いつかは買おう、いや、買えたらいいな、という心の慰みになる。

私(乙山)程度の耳や聴き方なら、本当は20年来使っているヤマハの小型スピーカーでじゅうぶんで、もうこれ以上何を求めるのか、というのは重々承知しているのだが、オーディオ熱というのは何か病気のようなもので、ふっととりつかれるとそればっかり考えてしまう困りもの(?)なのである。逆に言うと「だから楽しいんだ」ということになるのだが、大枚はたいたからといって納得の大満足とはならぬこともあるのが怖いところ。

そんなふうに某中古オーディオサイトを見ていたら、長年ほしいと思っていたけれど絶版で買えない状態が続いている、伊藤喜多男『真空管アンプと喜多さんの 音響道中膝栗毛』(誠文堂新光社、1987年)が中古で販売されているのを見かけた。しかも売値は3500円である。これはAmazonでも6000~7000円くらいしている物件で、おいそれと手を出すわけにもいかぬ状態であった。もうその瞬間、購入ボタンを押していたのは言うまでもない。

ItohKitao_Hizakurige_02.jpgさて本が届きましたよ。カバーと帯付き、落書きとか書き込みの一切ない良品で、前の持ち主の方が大切にしていたのがわかるなんだか嬉しい買い物だった。そっとカバーを外し、手にとって例のようにベッドにごろりとなって読んでみた。伊藤喜多男氏は明治45年(1912年、夏目漱石「彼岸過迄」が出た頃)の生まれで、ラジオ放送開始当時から「ラジオ少年」ぶりを発揮していたようである。

「家でラジオが聴ける」というのが伊藤喜多男氏の父上もご満悦だったようで、学業そっちのけでラジオに夢中になる息子にとやかく文句も言わなかった様子。ラジオだけならまだしも、映画が無声からトーキーになったころにウェスタン・エレクトリックの装置を備えた映画館で聴いた音に心底しびれ、自分でトーキー用再生システムを造ってしまうあたりがもう只者ではない。しかも、伊藤氏自作のトーキー用システムを、小さな映画館に貸し出していたとあるから驚きだ。

小さな映画館ではウェスタン・エレクトリック社などの音声装置を導入するわけにもいかず、なんとかならないものか、と伊藤氏に白羽の矢が立てられたようだ。さらに、東京市が日比谷公会堂に音声装置を導入する際、いくつかのメーカーと共に伊藤氏のシステムも入札にエントリーすることになり、東京市電気試験所で厳重なテストをした結果、伊藤氏のシステムが採用されたという話など、今日からするともうあり得ない、まさに「伝説」の世界のようにも思えるほどだ。

ろくに部品もない時代にきちんと音の出るラジオを作るのがどれほど困難だったことか、テレビが出るまでラジオというものがどれだけ貴重なものだったか、という「ラジオ事始め」の時代、電池式から交流式への移り変わり、戦争による家業の廃業とウェスタン・エレクトリック東洋支社の勤務、ステレオフォニック方式への移行、そしてドイツ・ジーメンスとの出会いを書いた、同氏の『もみくちゃ人生』や『続音響道中膝栗毛』とはまた違った味わいの本。少し伊藤喜多男氏の言葉を引いておきましょう。

自分が好きな音は当人の欲求を満たす音であるのに、他人が満足するだろうと思うと大間違い。偶たま同じ感覚の人がいて納得してくれるときに細(ささ)やかな満足に浸るだけである。聞くに耐えない、見るに忍びない(私だけがそう思っている)ものを当人が満足して愛玩しているのに他人が批判したらば僭越も甚しい。愛しているものを貶された場合に平然としていられる人間がいるとしたら名僧知識か痴呆者である。(伊藤喜多男『音響道中膝栗毛』より)

真空管関係の話も多く、また付録(1)として「アンプ作りのコツ」が添えられ、ここには板金加工、配線、ハーネス(とレーシング)、トランス、電解コンデンサー、スピーカーについての話がある。付録(2)には、伊藤喜多男氏によって制作された真空管アンプの回路図集が掲載されています。伊藤喜多男氏のエピソードより真空管アンプのほうに興味がある、という方にもお勧めの一冊と思う。といって、まだ絶版のままで再版されないのが残念ですが。


≪『もみくちゃ人生』へ ≪ 『続音響道中膝栗毛』へ

【付記】
● 回路図集のアンプを挙げてみると、50pp、801App、6V6pp、F2app、E84Lpp、EL34pp、Edpp、WE300Bppとなっています。このうち801Appと6V6ppは『続音響道中膝栗毛』に載っているものとほぼ同じで、EL34ppは『SOUNDBOY』誌の〈伊藤流アンプ指南〉で発表されたものとほぼ同じものと見てよいでしょう。300Bppアンプはトランス結合とCR結合の2種類が掲載されています。

● こういう本を読むと、またぞろ真空管アンプを作りたくなってきます。だけどもう、6BQ5ppアンプがあるわけだから、新しいアンプを作る必要は全くないのです。なのに、なんだかんだと理由をつけてやってしまうわけですね。あっそうそう、以前作ったシングルアンプに使っていた出力トランスがあったっけ……これを使わずにしまっておくのはもったいない、てな具合です。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

tag : 伊藤喜多男 真空管アンプ オーディオ

伊藤喜多男 『もみくちゃ人生』

伊藤喜多男 『もみくちゃ人生』(復刻版) ステレオサウンド社 (2012/1984)

Momikucha_Jinsei.jpg
最近いろいろなサイトを訪れていると商品のPRを貼り付けているのがあって、そこに過去自分が検索をかけた品物がずらっと並んでいるのを見てなんとも複雑な気分になることがある。そうか、自分がgoogleで検索をかけたものはここにこうして羅列されるのか、すると何を検索したかなどすべて把握されているわけか、と思ったのだ。

ところがAmazonのように「おすすめ商品」なるものを該当商品に関連付けて並べるご丁寧なものもあり、そこでたまに本当に欲しいものにヒットすることがあってびっくりするから困ったもの(?)だ。以前から古本で探していた伊藤喜多男『もみくちゃ人生』(ステレオサウンド社)の復刻版が発売されているようではないか。見た瞬間購入手続きを済ませてしまったのは言うまでもない。

一般の人には知られていないと思うけれど、伊藤喜多男という人は現在(2012年)40歳以上でオーディオが好きな人ならご存知の方も多いと思う。ましてや真空管アンプなどを拵えて遊ぶのが好きな人に知らぬ者はいないと思われる(?)ほどの有名人。今なお一部のオーディオ趣味人を魅了してやまない劇場用音響機器を扱っていたウェスタン・エレクトリック社の日本支社に勤めた経験を持ち、ジーメンスの〈オイロダイン〉や〈コアキシャル〉などのスピーカーを日本で販売するのに携わった人物である。

氏の『続音響道中膝栗毛』(誠文堂新光社)の記事を書いたときにも触れたけど、伊藤喜多男氏のことを知ったのは浅野勇『魅惑の真空管アンプ』(誠文堂新光社)という本の「座談会」という付録でだった。その人が、1980年代の半ばに『SOUNDBOY』という少年向けオーディオ誌の中で「伊藤流アンプ指南」という名目のもとに、それはそれはものすごいプリアンプとパワーアンプ、スピーカーシステムを自作して記事にしていたのを目にしたときは心底夢中になったものだった。

伊藤喜多男氏のアンプは高級すぎてとても真似できるものではなく、そもそも私(乙山)ごときが云々できる人ではいささかもないのではあるが、憧れだけは持ち続けており、「伊藤喜多男」という名前と『続音響道中膝栗毛』という題名を梅田の紀伊国屋書店で見たときはすぐさまそれを手にとってレジに直行したのを覚えている。

さて『もみくちゃ人生』は、ひとことで言うなら伊藤喜多男氏の「自分史」である。だがどこかの社長さんが自費出版して社員に配布する(または無理やり購入させる)ような代物ではなく、どうしてあれほど食通(音を食に喩えるのが好き)なのか、なぜ花柳界に通じているのか、などといった疑問が読むほどに解けてくる。また意外に知られていない(?)氏の「鉄ちゃん」(鉄道マニア)ぶりも伝わってきてにんまりさせられる。

『続音響道中膝栗毛』だけ読むと、伊藤喜多男氏がまるで独り者のように思えてくる節があるが、本書を読めばそのあたりの事情もちゃんと書いてあって、謎の多かった(?)伊藤喜多男氏の人となりがよくわかること請け合いの一冊だと思う。ちなみに、真空管アンプの製作記事は一切ありませんし、言うまでもないことですが「**をすれば音がよくなる」などというようなたぐいのことは一言たりとも書かれていませんので、そちらをお求めの方にはお勧めできる本ではありませんので念の為。


≪『続音響道中膝栗毛』へ  『音響道中膝栗毛』へ ≫


【付記】
● 本書の挿画はご自身によるもので、それがまた見事なものなんです。凝り性なんだなあ、好きなんだなあ、というのがひしひしと伝わってくるんですね。「趣味の現(うつつ)の抜かし方」ではないけれど、遊びにしても何にしても、上には上があるものだ、というのがよくわかります。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

伊坂幸太郎 『3652 伊坂幸太郎エッセイ集』

伊坂幸太郎 『3652 伊坂幸太郎エッセイ集』 新潮社 (2010)

IsakaKotaro_3652.jpg
いろいろな人が書いたものを読んでいると、この人は小説よりもエッセイのほうが面白いなと感じることがあるし、エッセイというけれどこれはもう小説といったほうがいいんじゃないか、と思うこともある。また小説とエッセイの区別がほとんどつかないような場合もあって本当に面白い。これらを大雑把に分けてみると、「作り話をあれこれ構想して書くのが好き」というタイプと、「自分のことを書く(語る)のが好き」というタイプになるんじゃないかと思う。

さて本書は伊坂幸太郎の初エッセイ集で、『3652』という題名が付いている。なんでもデビュー10周年という節目になるということらしいので、おそらく筆者がデビューしてからの日数と何か関係がある題名なのだろうと思う。そういえば作者はデビューして以来、一貫してフィクションを書いてきた人で、エッセイ本を見かけることはなかった。「あとがき」に作者自身による言葉あるので少し引いておきましょう。

エッセイが得意ではありません。とエッセイ集の中で書くのは非常に心苦しいのですが(天ぷら屋さんに入ったら、店主が「天ぷらを揚げるのはじつは苦手なんだよね」と言ってくるようなものですから)、ただ、エッセイを書くことには後ろめたさを感じてしまうのは事実です。(伊坂幸太郎『3652』あとがきより)

「あとがき」は最後に読んだのだが、ああそうか、と納得した。本編を読んでいると、なんだか「頼まれたので仕方なく書いてみました」という感じがどことなく漂っていたように感じたのだ。もちろん、だからといって筆者がいいかげんに書いたと言いたいのではない。そうではなくて、たとえば群ようことか中村うさぎ、あるいは酒井順子のような「エッセイの手練」が書いたものとは違う、いい意味で慣れてない感じがあるように思えたのだ。

そうは言うものの、伊坂幸太郎ってどんな人なんだろう、と思う気持ちが頁を繰らせる。すると本や音楽、映画などいろいろな人の名前が出てくるのが楽しい。小説関係だと大江健三郎、佐藤哲也、中上健次、島田荘司、打海文三、本多孝好、赤川次郎、西村京太郎などの作品、音楽だとザ・ルースターズ、斉藤和義、ミッシェル・ガン・エレファント、アナログフィッシュなど、私(乙山)が全く知らなかった人の名前も出てきて非常に興味深かった。

伊坂幸太郎の『重力ピエロ』(2003)や『陽気なギャングが地球を回す』(2003)を読んだとき、センスのいい人だなあと感心したことを覚えている。素顔があまり見えない謎めいた人のように思っていたけれど、伊坂幸太郎の素顔と秘密(?)がいっぱい詰まった本書は、ファンの人はぜひ読んでみたい本ではないかと思う。いろんなことが書いてあるけれど、まだまだ語られていないことはたくさんあるんじゃないだろうか。フィクションだけでなく、エッセイのほうでも楽しみの多い人ですね。


【付記】
● 図書館に行ってもなかなかこれといった一冊が決まらないことってありませんか? あ、それは乙山だけなのかな。できるだけ知らなかった作家、聴いたことのない音楽を体験しようとしているので、こういうエッセイ集は情報源としてもいいのではないかと思いました。書店とCDショップ、ではなくて図書館と蔦屋にでも行きましょうかね。

「工場萌え」の源流? 坂口安吾 『日本文化私観』

坂口安吾 『日本文化私観』 講談社文芸文庫 (1996)

SakagutiAngo_Nihonbunka.jpg
先日あるテレビ番組を見ていると、工業地帯の景観を愛でるという人たちが増えているというようなことを紹介していた。なんでも「工場萌え」などと称して数人で巨大コンビナートや工場のパイプラインを観賞し、デジタル写真機に収めている姿があった。「萌え」という言葉についてはよくわからないが、何かある対象に猛烈に惹かれる感情を指すのではないかと思う。

巨大な工場群を撮影した写真集が発売されてなかなか人気があるらしいし、工場観賞ツアーなるものも企画されているという。はては臨海工業地帯を船上から観賞する「工場観賞クルーズ」というものまであるらしい。工場地域を擁する自治体と旅行会社が結託した産物だろうと想像するが、これらの動向を見る限り少なからぬ人たちが工場の景観に何らかの魅力=美的価値を見出しているようだ。

いかにも現代的で、脱工業化(ポスト・インダストリアル)時代らしい現象といえるかもしれないが、こうした「工場萌え」の始祖あるいは先覚者とでもいうべき人物が存在する。その人物こそ、すでに1940年代初頭において工場の景観を「美しい」と言い切った坂口安吾なのである。安吾は「日本文化私観」(1942)というエッセイの中の〈美に就いて〉という章で美しいものとして小菅刑務所、ドライアイス工場、駆逐艦の三つを挙げている。少し引いておきましょう。

さて、ドライアイスの工場だが、これが奇妙に僕の心を惹くのであった。
工場地帯では変哲もない建物であるかも知れぬ。起重機だのレールのようなものがあり、右も左もコンクリートで頭上の遥か高い所にも、倉庫からつづいている高架レールのようなものが飛び出し、ここにも一切の美的考慮というものがなく、ただ必要に応じた設備だけで一切の建築が成り立っている。町家の中でこれを見ると、魁偉であり、異観であったが、然し、頭抜けて美しいことが分るのだった。
聖路加病院の堂々たる大建築。それに較べれば余り小さく、貧困な構えであったが、それにも拘わらず、この工場の緊密な質量感に較べれば、聖路加病院は子供達の細工のようなたあいもない物であった。この工場は僕の胸に食い入り、遥か郷愁につづいて行く大らかな美しさがあった。
(『日本文化私観 坂口安吾エッセイ集』講談社文芸文庫より)

これら三つのものを「美しい」と断定されてもちょっとなあ、と違和感を抱いてしまう向きもあるのではないだろうか。なので要するにこれは坂口安吾の一風変わった彼独自の趣味だとか、いかにも安吾らしい反骨精神の現れのようなもの、などと理解することもできるかもしれない。だが安吾が三つのものを見て「美しい」と判断するときの内的状態(気分ないし心のありよう)は、圧倒的に巨大あるいは壮大なもの(たとえばスイス・アルプスやヒマラヤの高峰とか、南極や北極圏の巨大氷塊の崩落など)を目にしたときの感じと似ているのではないかと思う。

それは人がある対象を見て美しいと感じるときの状態にかなり近い、崇高と呼ばれるものだろう。一般に美しいとされるものを見たとき、人は容易に美的愉楽とでも言うべき状態(対象への関心を離れた想像力の自由な遊び)に浸ることができるのだが、圧倒的に壮大なものを見たときはそれに対抗する意識というか精神力が必要とされる。この点が、美と崇高の違いで、坂口安吾の挙げる「三つの美しいもの」はこの崇高と、必要に応じたものだけで成り立っているという機能主義的美意識が合わさったところにあると言える。

 ぼくの仕事である文学が、全く、それと同じことだ。美しく見せるための一行があってもならぬ。美は、とくに美を意識して成された所からは生まれてこない。どうしても書かねばならぬこと、書く必要のあること、ただ、そのやむべからざる必要にのみ応じて、書きつくされなければならぬ。ただ「必要」であり、一も二も百も、終始一貫ただ「必要」のみ。そうして、この「やむべからざる実質」がもとめた所の独自の形態が、美を生むのだ。(坂口安吾、同書より)

もうじゅうぶんにエスタブリッシュされた、権威主義的な美的愉楽にたゆたうのではなく、敢えてそれを退ける禁欲的で求道者的なところがいかにも坂口安吾らしい。こうした、ラディカルともいえる資質の持ち主であったからこそ、一般に美しいとされるものを退け、ちょっと首を傾げたくなるような対象に美的価値を見出すことができたのではないかと思う。それが坂口安吾個人の変わった趣味でないことは、近ごろ増えているという「工場萌え」の人たちが証明している。


【付記】
● 小菅刑務所とドライアイス工場、駆逐艦がなぜ美しいのか、それは坂口安吾自身が自問しています。それらは美しい、というよりは崇高といったほうがよいのです。両者は美的カテゴリーにおいて近しい関係にあるので、安吾が「美しい」といったのもむべなるかな、というか、当たらずしも遠からず、ということなのです。ちなみに、安吾の挙げた「三つの美しいもの」の問題をいち早く崇高であると見抜いた人は、柄谷行人ではないかと思います。乙山の記述がそれによっていることは言うまでもありません。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

木村衣有子 『大阪のぞき』

木村衣有子 『大阪のぞき』 京阪神エルマガジン社 (2010)

KimuraYuuko_OsakaNozoki.jpg
私(乙山)は大阪市生まれで、一時期他郷に移り住んだことはあるけれど1980年代の終わり頃から再び大阪市に移り住み、十数年住んでいたことがある。だから正真正銘の大阪人とはいえないまでも半/似非大阪人であると言えるんじゃないかと思う。

ぼんやり暮らしていたので「大阪育ちの大阪知らず」になっていたことにすら気付かなかった。大学時代、金沢から来たという同級生に天神橋筋商店街の安い寿司屋さんに連れて行ってもらい、大阪天満宮なんかを案内してもらった挙句、「只野君って本当に大阪生まれなの?」と呆れられたこともあるくらいである。

いや本当、いまだに梅田/JR大阪駅地下街を歩いていても「どっちだったかな?」なんてことはしょっちゅうで、あまり道先案内人として役に立たないことは間違いない。小型デジタル写真機を携えて知らない街を歩いてみるのが好きなので、よう知ってはるなあ、などと言われることもあるのだが、じつはそんなに詳しく知っているわけではないというのが実情である。

そんな私だから『大阪のぞき』という本を見ても知らなかったなあ、というところがわりとあった。本書『大阪のぞき』は栃木生まれで8年間京都で過ごしたことがあり、現在は東京在住の筆者・木村衣有子がのぞいてみた「今の大阪」が観光、甘辛、喫茶、観賞、定番という見出しのもとに紹介されている。

「観光」はいわゆる訪ねてみるべき名所案内ということで、気になったのは「大阪市立大学理学部付属植物園」。大阪府交野市にあるということだが、これは本当に知らなかった。「木は1本1本、標高差に忠実に、大学の先生が支持して植えさせたもので、開園してから60年のちの今では、まるで天然の山を思わせるまでになっている」(本書より)という。

「甘辛」はグルメガイド。「インデアンカレー」は阪急三番街で見かけるが、いつも行列ができているのでまだ一度も利用したことがない。「大黒のかやくごはん」(難波)や「やろくの玉子コロッケ」(住吉)はぜひ食べてみたくなる。本書表紙のドーナツは「メリッサのソフトドーナツ」(中の島)だそうだ。

新幹線新大阪駅の25、26番ホームの売店にいつも並んでいるという「秋鹿のワンカップ」もいいなあ。「秋鹿」は大阪府豊能郡能勢町の地酒で、北摂地域ではよく見かけるおいしい酒なのでたまに飲みます。北浜にあるバー〈ハマ〉の「北浜ハイボール」もじつに魅力的。「グラスを冷やして氷は入れず、仕上げにはレモンの皮をしゅっと搾って香りを付ける」(本書より)のだそう。ウィスキーはサントリーの〈角瓶〉。いつもグラスに氷とウィスキーを入れ、ソーダを注いでかき混ぜるだけの私は猛反省せねば。

「喫茶」では大阪の喫茶店(カフェ)を訪ねる。大阪出身の料理研究家・小林カツ代さんもエッセイで書いていた難波の〈純喫茶アメリカン〉。いつかは行かなきゃ、と思いながらもまだ実行できていない憧れの店。大阪には本当にいい喫茶店が多かった。最近はこくのあるおいしいアイスコーヒー(冷コー)を出してくれて、ゆっくり遠慮なく煙草が吸える喫茶店がなくなりつつあるのは本当にさみしい限りである。

「観賞」では大阪の美術館、博物館などを紹介しているのだけど、落語の「天満天神繁盛亭」や映画館「第七藝術劇場」(十三)などが気になった。「第七藝術劇場」で『フライド・グリーン・トマト』(1991)とか『未来世紀ブラジル』(1985)なんかをかけてくれたら、と思う。それに古書店「天牛堺書店」あたりを取り上げるところに筆者のセンスの良さを感じる。

「定番」は副題が「暮らしの中のメイド・イン・大阪」となっており、「チキンラーメン」「コクヨのノート」「OLFAのカッターナイフ」などが取り上げられている。大阪府池田市にはチキンラーメンの開発者・安藤百福のことなどを展示した〈インスタントラーメン開発記念館〉があるし、もはやそれなくしては生活が成り立たないほどのカッターナイフの「OLFA」は「折る刃」からきている話。割愛させていただきますが、他にも気になる話題が満載です。

本書はなんといってもその文章がいい。たんなる名店やグルメの紹介文ではなくて、筆者の経験がにじみ出た味わい深い文章が、制限された短い字数の中でキラッと光っている。お店の店主とのやりとりも短い言葉の中にその人となりがよく出ている。しかも本書の写真はすべて筆者がフィルム式銀塩カメラで撮影したものだという。ううむ、やるなあ、と思わず感心してしまった上質のエッセイ/写真集としても楽しめる一冊である。


【付記】
● すぐ役に立つ情報が満載という本ではありません。そこがまた、良いのですね。とくに筆者の経験をふっと回想しながらさりげなく書いた部分に深い思いを感じ取ることができるのが本書の魅力でしょう。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/09 (6)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)