純米酒〈香り爛漫〉

Kaori_Ranman
記憶違いかもしれないが、おそらく秋田の酒で最も知られているのは〈爛漫〉ではないかと思う。たしか1975年から1980年前半頃だろうか、午後9時から映画のテレビ放映がさかんに行われていて、テレビ宣伝で〈爛漫〉を何度か見たような気がする。締めは男性の低い声で「美酒 爛漫」とくるのが、とても印象に残った。

お酒を飲み始めた頃、これもテレビ宣伝の影響と思うがウィスキーに手を出し、サントリー・レッドのコーラ割りとかオールドをホットカルピスに垂らして飲むことから始め、氷に注いだり、ソーダ割りで飲むのが美味しくなったのは少し後のことだと思う。日本酒に関して言えば論外で、とてもうまいとは思えなかった。

当時、純米酒とか吟醸酒が流行し出したばかりで、料理店では普通酒とか本醸造クラスを置いているのがほとんどだったのではないか。やれ忘年会だの新年会だので出された日本酒がまた酷いものだったような気がする。だから〈爛漫〉は「名前だけ知っているけど飲んだことのない酒」だった。そもそも関西で売っていたかどうかさえ、記憶にないのだ。

だから正直に書くけど、秋田に来て初めて〈爛漫〉を飲んだのである。しかも紙パックで。何だかよくわかんない、印象に残らない感じだった。ていうか「紙パックで語るな」
という声が聞こえて来そうだが、世の中は広いもので、普通酒クラスで美味しい酒もあるんですね。大阪は池田の酒〈呉春〉なんて、普通酒がいちばん好きだったな。

〈呉春〉の本醸造で〈本丸〉てのがあるんだけど、冷やして飲むと甘さが立つんですよね。でもって、そいつを燗酒にすると、甘さがすうっと抜けて「燗上がり」するわけ。私は面倒くさいからあまり燗酒をしない(おいおい)ので、つい普通酒の呉春を愛飲することになる。実はこれ、日本酒度が±0で、爛漫もそうなんですね。

今回は純米酒〈香り爛漫〉を冷蔵庫で冷やして飲む。開栓後に注いだ酒杯からさほど強くはないが、果実を思わせる香りがふっと漂ってくる。口に含むと控えめの甘みと旨み、適度な酸味が心地良く、フルーティな香りが鼻腔に抜ける。推定日本酒度は+3前後だろうか。甘さはあるがくどくなく、むしろ軽やかな甘さで、程よい酸味と相まってすっきりしている。

余韻はさほど強くないけれど、ふっと果実を思わせる香りが漂う。嫌な雑味は残らず、キレが良い。爛漫の普通酒、本醸造クラスだと再購入する気にはあまりならないが、これはまた買ってもいいかな、と思う。名前の通り、香りを重視しているのだろうけど控えめなので、料理と合わせてもかなりいけるのではないかと想像する。

叩きキュウリの塩昆布和えに合わせてみると、単独で飲んでいる時より甘みがいささか後退し、酸味が前面に出てくるような気がする。だから単独(スタンド・アローン)で飲んでもいいし、食中酒としてもいける。というか、立っている(独立している)のだが、料理と共に行く、と言えばいいのだろうか。

しかもこれ、純米酒としてはかなり安い(関西ではあり得ない)値段。4合瓶で1000円切ってます。秋田スタンダードなのか、というとちょっと違うんだけど、安くて旨い酒、というのなら大阪以上だと断言できる。甘口よりの秋田でも「爛漫は甘口」となっているようだけど、甘ったるくなく、軽やかなので、私はリピート買いしている。


【付記】
⚫︎ 〈美酒 爛漫〉の宣伝に美女を合わせていることを見ても、美酒=美女、つまり女酒(?)ということなんでしょうね。秋田の酒は概ね日本酒度+3前後ですので、どちらかと言えば甘口寄りなのですが、酸味もきいていますので軽やかなのです。甘ったるくないので、つい杯を重ねてしまいますよ。好きになりました。

酒乃国純米酒〈高清水〉

Junmai_Takashimizu
秋田に来て最初に飲んだ酒は〈高清水〉である。正確に言えば男鹿温泉郷で唯一の酒店で買った紙パック入り普通酒〈高清水〉だ。自分の感覚では紙パック酒は味わって飲むものではなくて、料理酒として買い求めるものだった。唯一紙パックで飲めたのは〈香住鶴 田島の自信/誇り〉ではないかと思う。

あまり期待していなかったけれど、紙パック〈高清水〉は香住鶴のように「飲める」もので、最悪の場合でも(?)安心して買い求められる酒だ。ウィスキーで喩えると、ブラックニッカ・クリアブレンドとかハイニッカのように、最低限度の品質を保っていると言える。秋田に来た頃、本当によく飲んだものである。

〈北秋田 にごり酒〉を知ってからは、やはり日本酒本来の旨味が圧倒的に違うことを改めて感じ、紙パック酒を飲むことは少なくなっていった。クルマが手に入ると紙パック酒に戻ることはできなくなってしまった。でも紙パックで高清水を語るわけにはいかないので、純米酒〈高清水〉をいとくで買って来ましたよ。

冷蔵庫(共用)で冷やして味わう。酒杯から立ち上る香りはごく微弱。口に含むと米の旨味と控えめな甘みを感じ、これも控えめな酸味が後から来る。酒全体としては良くできている(同社の普通酒紙パックと比べて)と感じる一方で、際立った何かが見つけにくいので、つかみ所がない。

重い/軽いのどちらかといえば、軽いほう。推定日本酒度は+2前後と思われるが、瓶の裏ラベルに「日本酒度 +1」そして「酸度 1.7」とある。辛口と言われる灘の酒に比べるとかなり甘口だが、酸味があるゆえ引き締まっており、さほど甘いとは感じない。 飲むほどに甘さが控えめになり、酸度が立って来るから飲み続けることができる。

だけどこれ、ちょっとしたアテで単独に味わうというより、食中酒のほうが合っているような気がする。では、ということで、休日の昼にやってみた。例によってドジャース男鹿店で購入したカット野菜のテキトーサラダ、吉元豆腐店の厚揚げを電気鍋で焼いたもの、たかはし鮮魚店のヒラメのサクを引いた刺身に合わせてみる。

元々主張の少ない高清水だが、料理と合わせるとその傾向がさらに強くなって「なりを潜める」といってもいいような感じになる。そして酒よりも料理の味がよくわかるように思えた。まさに「料理と合わせるための酒」と言える。その名の通り、清水の如く料理に寄り添う、だろうか。料理に合わせる酒として一押し(?)にしたいところか。

高清水を出しているのは秋田市内の秋田酒類製造株式会社。同社の公式HPによると、「24酒造業者で始めるが、12酒造業者が残り現在に至る」とある。年表を見ると、男鹿市に4つの酒蔵があったことがわかる。現在男鹿市に酒蔵は確認できないが、高清水にはかつて存在した男鹿の4つの酒蔵が関わっている、という話の種にはなるだろう。


【付記】
⚫︎ 高清水しか飲まない、というコアな(?)ファンが少なからず存在するようです。私の義母(姉の嫁ぎ先の姑さん)もそういう人で、高清水を飲むのを楽しみにしているようです。水の如し、という酒(上善水如)もあるのでややこしいのですが、高清水はまさに、名が体を表す、というのにふさわしい酒だと思いました。

特別純米〈北秋田〉

Tokubetujunmai_Kitaakita
秋田県大館市にある株式会社北鹿が出している〈北秋田〉の大吟醸(アルコール添加)は実売価格が1000円を切るもので、費用対効果が抜群に良い。近隣の多くの商店で扱っており、入手も容易なので我家の標準のようになっていた。これを飲むと、紙パック入り普通酒を飲む気が失せてしまうのである。

いつものようにドジャース男鹿店で北秋田の大吟醸を買おうとすると、隣に緑色のラベルで〈特別純米 北秋田〉とあるではないか。しかも何と、隣の〈大吟醸 北秋田〉よりさらに安いお値段である。これを買わないわけがなく、早速買い物カゴに入れた。北鹿は普通酒でも良い味で、購入の際にためらうことはない。

冷蔵庫で冷やして味わう。冷やしているからか注いだ盃から立ち上る香りはごく控えめ。口に含むと米の旨味、控えめな甘み、少し遅れて酸味も感じられる。重い/軽いのどちらかといえば、軽いほう。軽いけれど酒の旨味はじゅうぶん感じる。推定日本酒度は+2前後か。常温でもうまいが、冷やしたほうがより美味しい感じがする。

もうはっきりと甘口なのだが適度な酸味と軽やかさがあるので、全体としてスッキリした味わいになっている。とにかく、ハッタリがなく旨いので杯を重ねてしまう傾向がある。しかもアテなしで何杯でもいけてしまう危険な酒でもある。事情があって値段の詳細は割愛させてもらうが、本当にこの値段でいいのかと思ってしまう。

同社の大吟醸〈北秋田〉より香りは少し控えめだが、旨味は強め。どちらも文句の付けようがなく甲乙付けがたい。個人的にはアルコール添加の大吟醸より、純米の〈北秋田〉の方が好みかもしれない、などと思うがその日の気分や体調によって味も違って感じるから一概には言えない。

余韻というか後味が良い。引き際があっさりしていて、嫌な感じが残らず、旨味が残ってまた飲みたくなる。香り控えめとは書いたけれどこのくらいがちょうど良いのかも。香りの立ちが穏やかなので、料理と合わせてもいけるのではないかと想像する。持ち味の「旨口」が料理とどう響き合うのかも楽しみだ。

というわけで、ヒラメの刺身と合わせてみた。もう甘く感じるヒラメで、脂や臭みがほとんどない上品な味わい。淡白だが旨味があるヒラメの後に〈特別純米 北秋田〉をやると、酒の旨味がよりわかる感じがする。酒が独立している、とでもいえば良いのだろうか。かといって、それが料理の邪魔になっているわけではなく、料理も酒もうまい。

甘口だけど軽やかで、つい飲み過ぎてしまって急にガクッとくる感じ、だろうか。これは秋田の酒に共通して言えるのかもしれない。傾向が似ている、と言っても良い。だからブラインドで銘柄を当ててみろ、と言われるとたいへん困るにちがいない。〈特別純米 北秋田〉が我家の標準に加わったのは言うまでもない。


【付記】
⚫︎ あまりの費用対効果の高さに、なんだか申し訳ない気分になってしまうほどの北鹿です。うまい酒を安く飲めるというのは言葉の真の意味において「有難い」ことです。

太平山生酛純米〈神月〉

KimotoJunmai_Shingetu_01
私がその酒を初めて見たのは近隣の「伊藤酒店」で、新聞紙に包まれた四合瓶の酒は太平山の生酛純米〈神月〉とある。何だか妙に高価そうな雰囲気があり、小母さんに「これ、いくらですか」と訊いたほどだ。予想に反して安かった(でも観光地価格)ので、じゃ、もらうね、と買って帰ったことを覚えている。

〈太平山〉は秋田県潟上市にある小玉醸造株式会社が出している酒で、日本酒のコンペティションで受賞した蔵元だから、知名度はわりと高いのではないかと思う。関西に住んでいたときでも秋田の酒として名前だけは知っていて、いつか飲んでみたいものだと思っていた。酒屋にもよるが、関西では意外と秋田の酒は出回っていないのだ。

だから秋田に来てから〈太平山〉を飲むまで早かったのではないか。普通酒や本醸造クラスの太平山なら、秋田の酒屋とかスーパー市場ならどこでも売っていると言っていい。記事にしていないけど、秋田の酒はわりと飲んでいるほうだと思う。で、肝心の味はというと、あまり印象に残らなかった、というのが正直なところ。

全部を飲んだわけではないので、これが太平山だ、などと語るわけにはいかないが、香り、旨味、酸味のいずれをとっても控えめで「つかみ所がない」ように感じた。本醸造クラスでしか味わったことのない太平山、はたして生酛純米ならどうなのだろうか。ちょっと期待しながら味わってみようと思う。

冷蔵庫で冷やして飲む。開栓直後の瓶からの香りは微弱。口に含むと、甘さは控えめ、香りも控えめだが、旨味がほどよい感じ。酸味は後から感じられるがかなり控えめになっている。推定日本酒度は+2前後だろうか。全てにおいて中庸、バランスが良い反面、これといった特徴がつかみにくいのが奥ゆかしさ、深みに通ずる(のか?)。

良くいえば透明=中庸、悪く言えばつかみ所なし、なれど酒全体としては上手くできている。なので、アテなしでいつの間にか杯を重ねることもできる(重ねてしまう?)。余韻は長く続くことなく、どちらかと言えばキレが良い。嫌な味わいが残らぬのも良いところといえる。食中酒としてもかなりいけそうと予想できる。

それでは、乙山ちの「サラダ菜のしゃぶしゃぶ」に合わせてみた。何じゃそりゃ、という声が盛んに聞こえて来そうだが、文字通りである。要するにいつものテキトー鍋なんだけど、何か青い葉物野菜を一つだけ選ぼうとしていたら、サラダ菜一個=38円というのが目にとまってしまい、つい掴んでしまったというわけ。

KimotoJunmai_Shingetu_02電気鍋に水を張り、味どうらくの里を入れ、ほんだしと昆布ダシの素を混合したものをさらに加える。もやしは一番火が通りにくいから先に入れて煮る。ある程度火が通ったところで豚ばら肉の切り落としを加え、さらに木綿豆腐を入れて煮る。灰汁をすくったら、最後にサラダ菜を食べたい分だけ入れる。すぐ火が通るからまさに「しゃぶしゃぶ」だ。

小鉢にとってミツカン味ぽんをかけて食べる。サラダ菜って、火を通してもうまいねえ。まったく癖やアクがなく、鍋にぴったりじゃありませんか。満足したところで〈神月〉を飲む。うむ、うまい。そのまま飲んでいる時より多少味は立つけれど、主張が強くて料理を損なうようなことはない。これぞ太平山、なのかもしれない。

というか、吟醸クラスの太平山はまた違った味わいなのかもしれない。普通酒、本醸造、純米クラスの太平山は、食中酒としてぴったりの味わいだと言える。まさに中庸、ど真ん中の味わいで、少しだけ甘みよりに振れているのかな、という印象。でも日本酒度はプラス側で、酸味があるぶん、すっきりに仕上がっているのだと思う。


【付記】
⚫︎ 吟醸クラスの太平山を味わっていないので、どんな風なのかとても楽しみです。純米大吟醸〈天巧〉はANAの国際線ファーストクラスに採用されているとか。秋田というか東北、いや日本酒自体が面白く、奥が深いのだなあと思います。

純米酒〈天の戸〉吟泉

Amanoto_Ginsen
日本酒を買うとき、一升瓶にするか四合瓶にするかで迷うことがある。冬場だと、部屋の中にそのまま置いておけるので一升瓶にするのだが、夏場だと冷蔵庫でキリッと冷やして飲みたい。そんなとき、一升瓶では大きすぎて扱いに困るのだ。さっと冷蔵庫に入れておける四合瓶がやはり便利ではないかと思う。

でも値段を見ていると、何だか一升瓶の方がお得のような気がして仕方がない。これって私だけだろうか。よくわかんないけど、もう6月。一升瓶を買っても扱いに困るだけなのだ。だから四合瓶で買うのが良い、ていうか、そうするしかないのである。よく利用するドジャース男鹿店でも、四合瓶の品揃えは豊富である。

常温で陳列しているのに加えて、初めから冷蔵してある棚にも四合瓶がけっこう置いてあるのだ。その中から選ぶのはかなり迷うけれど、楽しい。どれにしようかな、って、やっぱり楽しいじゃないですか。今回はウェブログでお付き合いさせて頂いている方の記事にもあった〈天の戸〉にしてみた。

正確には「純米酒〈天の戸〉吟泉」である。同酒は秋田県横手市平鹿町浅舞にある、浅舞酒造株式会社による。同社HPによると「2011年より蔵から五キロ内の米で、純米酒を仕込んでいます」とのこと。つまり、いわゆる「普通酒」とか「本醸造」などのクラスはなくて、同社の酒は全て純米酒だ、ということだろうか。

季節のこともあり、冷蔵庫(共用)で冷やして味わう。開栓して盃に注いだ香りは控えめながらも、口に含むと良い香りが鼻腔に抜ける。まずほのかに甘みを感じるが、米由来の旨味に変わり、少し遅れて酸味が来る。酸味はさほど強くなく、さっぱりした味わいにつながっている。どちらかといえば、軽めで、すっきりした味わい。

推定日本酒度は+2前後か。甘口だが軽やかでくどくなく、単独で味わっても飲み続けることができる、普通酒や本醸造クラスとは比較にならぬ品質の高さがある。余韻は浅めで、甘みと酸味が少し後を引くが、切れが良い。嫌な雑味は残らず、まことに後味の良い酒。料理と合わせてもいけるかも、と予想できる。

で、料理(乙山ちのテキトー鍋)に合わせてみると、酒だけ飲んだときには見えなかった姿がくっきりしてくる。やはり味蕾が開いたときのほうがよりうまさを感じるということか。それでいて、料理を損なわない感じで、料理を味わいながら、酒もうまいなあ、と思わせるところがあるのだ。

だからこれは、食中酒として第一級の味わいがあるのではないかと思う。何だろう、奥床しい感じ、だろうか。同社HPでも本酒は「すっきり」に分類されており、「お燗酒から冷やまでのどんな温度帯でもご機嫌な味わい。晩酌の定番酒としてお勧めです」とある。やはりそうか、でもこんな美味しい食中酒ってあり? って感じの逸品です。


【付記】
⚫︎ ちなみに、同社公式の日本酒度は+3、酸度は1.8でした。四合瓶で1000円以下、しかも純米って、普通ではありえない、もはや「反則でしょ?」って言いたくなるレベルです。漁港が近いので魚はうまいし、酒も文句の付けようがないのです。でもって、女の人の肌が、たいへん白いわけですね。

あ、なに? 今日はちょっと過ごしてご機嫌さんってことなのかな?

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/11 (5)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)