アランモルト10年 シングルモルト(アイランズ)

ArranMalt10y.jpg
今回はシングルモルト〈アランモルト(The Arran malt)10年〉を飲んでみた。ウェブ地図で確認すると、アラン島はキャンベルタウンがあるキンタイア半島の東にあって、アイル・オブ・アラン蒸留所はアラン島唯一の蒸留所ということだ。同蒸留所はアラン島の北部、A841道路沿いのロックランザという町の付近で、ロックランザ城やゴルフ・コース、ホテルも近隣に存在している。ちょうど観光スケジュールの一つに蒸留所見学というのがうってつけの感じ。

小さなグラスに注いでみると色はかなり淡い琥珀色。蓋を取ると、アルコールの揮発に混じって麦芽香、どこかオイリーでナッツを思わせる香り、そしてバナナのようなフルーティーさもある。スモーキーさやピート香はほとんど感じられない。口に含むと、モルトの甘みがまず来るが、オイリーでナッツを思わせる味わいもある。わずかに塩(潮)気も感じられ、次いで微弱なスパイスもある。

フィニッシュの余韻はそう長くなく、スパイスが引いた後にモルトの甘みが舌に残り、麦芽かが鼻腔に抜ける。飲み終わった後のグラスからはウッディな香りが漂ってくる。若干の加水でも味わいのバランスは崩れないが、ほんの少しの加水で甘さが引き立ち、フローラル系の香りが開くような気がした。

トゥワイス・アップまでもっていくと、さすがに薄まってしまった感じがするが、モルトの甘さはしっかり残っている。ただし、香りは多くの要素が欠落してしまうようで、飲みやすいけれどそんなにお勧めできるものではない。オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、甘みが凝縮されて感じ、スパイスもしっかり味わうことができる。

冷却によって香りはある程度抑えられてしまうけれど、暑い時期、氷に注いで飲むのは悪くないと思う。何しろ日本は夏の日中温度が30度を超えるので、そんな時には何か冷たいものが欲しくなるのではないだろうか。加水が進むにつれて、リンゴを思わせるフルーティーさも感じられ、オーバー・アイスもうまいモルトだと言える。

トゥワイス・アップを氷に注いだ「ハーフ・ロック」スタイルも試してみた。ここではウィスキー10mlに対して水10mlという「ひかえめ」の分量だが、飲みまくっていては仕事にならぬので適度で抑えておく必要がある。うむ、ライトボディのスペイサイド・モルトを思わせるリンゴのような味わいに、ふっと漂うナッツ類のような味わいが面白い。

この際だから1:2水割りも試しておこうと思う。製造元では水で割って飲むことなど思いもよらぬかもしれないが、日本では「水割りを」というオーダーが通ることも決して珍しいことではない。飲み方はあくまで自由であり、好きなものを好きなように飲んだらいいじゃないか、という気持ちもある。ううむ……やはりこれは「薄くなりすぎ」の感じがした。比較的伸びるほうだとは思うが、ウィスキー本来の味を楽しむにはちょっと……と思ってしまう。

さて、最後にソーダ割りもやっておこう。というか、シングルモルトのソーダ割りをオーダーした人は誰もいないんだけど……まあ、いいではないか。ここではいつものようにアランモルト10年の30mlを8オンス・タンブラーで、1:2のソーダ割りに仕上げた。うむ、飲み物としては悪くないんだけど、「これは何のソーダ割りでしょう?」とブラインドで出されたら一発で当てることは至難の技であろう。

まあ、それくらいアランモルト本来の属性が失われているということなんだけど、日本ではソーダ割りの人気が高いの実情なので、一応「やっておく」必要があると思って実行したまでのことである。飲み物としては悪くないが、わざわざ「アランモルトで」と指定してソーダ割りをする必要があるほど、原種の良さを引き出せているわけではないと思った。


【付記】
● シェリー樽やバーボン樽で熟成させたモルトに人気があるのですが、オーク樽熟成のモルトも捨てがたい味わいがあると思いました。スモーキーさやピート香はなく、たいへん飲みやすいライトとミディアムの間くらいの感じでしょうか。何杯かウィスキーを飲むときの、最初の一杯として楽しみたいですね。その後、シェリー樽熟成の芳醇タイプ、そしてヘヴィリー・ピーテッドのモルトへ進むのがお勧めです。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

シングルモルト山崎



〈遊歩者 只野乙山〉 特別企画
【日本のウィスキーを飲む】



Yamazaki.jpg
店に置いてある酒としてやはり山崎も味を知っている必要がある、ということで飲んでみた。小さなグラスに注ぐと、ライトアンバー(淡い琥珀色)。蓋をとると、わりと強めのアルコールの揮発を感じる。シェリー樽由来と思われるフルーティーな香り、バナナやキャラメル、ヴァニラ系の香りも混じっている。口に含むと、ハーブを含んだモルトの甘みが来て、次いで穏やかなスパイスが来る。若いモルトもスパイスに絡んでいると思うが、それはそれで味わい深いものがあると思う。

フィニッシュの余韻はわりと長めで、スパイスが引いた後にモルトの甘みが舌に残り、ヴァニラとキャラメル系の香りが鼻腔に抜ける。そのあとでもモルトの甘みが旨味に変わりながら後を引いて舌に残り、鼻腔にも甘い香りが残り続けるのが快い。塩(潮)気はあまり感じられず、スモーキーさやピート香もほとんど感知できないほどだ。ノンピートかもしれないが、断定することはできない。

飲み終わったグラスからも木質香に混じってヴァニラやキャラメル系の甘い香りが漂ってくる。若干の加水でも味わいのバランスは大きく崩れないが、山崎の核になっていると思われる若いモルトがふいと顔を出すように感じた。トゥワイス・アップまでもっていくと、かなり薄まった感じがするのが意外だった。予想ではもっと伸びると思っていた。だが、甘みが失われているわけではなく、どちらかと言えば伸びるほうだと言えるだろう。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、ストレートで感じたモルトの甘みが後退するように思えるのが不思議で、前に出るのはスペイサイド・モルトにありがちなリンゴのようなフルーティーさなのだ。上質のスペイサイド・モルトを飲んでいるかのような不思議な感じがした。いわゆる「山崎らしさ」とか「ジャパニーズ・ウィスキーらしさ」が見えにくいような気がした。

トゥワイス・アップの結果からするとあまり気乗りがしないのだが、1:1水割りを氷に注いだ「ハーフ・ロック」スタイルも試しておこう。ううむ………これをブラインドで出されたら山崎だと一発で当てることは相当難しいんじゃないだろうか。下手をすると、スペイサイド・モルトの何かと間違えてしまうんじゃないか。けれど、ウィスキーとしてはそんなに悪くないと思う。

日本のウィスキーは水割りに合うようにブレンドされている、というのはもはや過去の都市伝説になってしまったのだろうか。やめたほうがいいような気がするけれど、やはり試しておかなくてはならないだろう。1:2水割りである。やってみたけれど、悪いことは申しません、やめておかれることをお勧めします。

では最後にソーダ割りも試しておこう。ここでは山崎20mlを氷を入れた6オンス・タンブラーに注ぎ、軽くステアした後ソーダで満たしてだいたい1:2に仕上げた。飲み物として決して悪くないと思う。だが、以前に山崎ハイボールを飲んだ時のようなリッチな雰囲気はなくて、何だか拍子抜けしたような気もした。予想では、ハイボールにぴったりのブレンドじゃないかと思っていたのだ。


【付記】
● 日本のシングルモルト・ウィスキーだと思って飲むと、そんなに悪くないというか、むしろよく出来た良いシングルモルトだと思います。しかし、どうしても以前の山崎の価格と味わいと比べてしまうので、その結果、評価が辛くなってしまうのは仕方のないことかもしれません。


≪ 宮城狭(新ボトル)へ  白州(新ボトル)へ ≫


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

シングルモルト宮城狭(新ボトル)



〈遊歩者 只野乙山〉 特別企画
【日本のウィスキーを飲む】



Miyagikyo_Noage.jpg
今回も店に置いてあるけれどちゃんとテイスティングしていないものとして、シングルモルト宮城狭(熟成年数無記載)を飲んでみた。これもすでにバーで飲んではいるけれど、味の印象が薄れてしまっているので、もう一度味わってしっかり記憶にとどめておきたい気持ちである。もう以前のように好きなだけ飲むわけにもいかないので宮城狭20mlを小さなグラスに注ぐと、やや淡い琥珀色で、余市より少しだけ濃い。

蓋をとって香りを確かめると、わりと強めのアルコールの揮発に混じってバナナ、レーズンのフルーティーさ、ヴァニラやキャラメルの香りが混じって漂ってくる。口に含むと、モルトの甘みがかなり強く感じられる。微弱な塩(潮)気があり、穏やかなスパイスが次いでやって来る。スパイスの後にウッディさを感じるが、スモーキーさやピート香はほとんど感知できない。

フィニッシュの余韻はわりと長めで、スパイスが引いた後の舌にモルトの甘みが残るのだが、スパイスが意外と長めに引っ張るようで、それが後に残る感覚を長引かせているようだ。舌に残る甘みも麦芽の旨味に変わり、それがかなり後まで残っているように感じた。飲み終わったグラスからはチョコレート、ヴァニラ、キャラメルと木質香が混じって漂ってくる。

若干の花穂をしても味わいのバランスは大きく変わることはない。レーズンに加えてリンゴのような味わいが前に出てくる。相変わらずモルトの甘味はしっかり残っているので、かなりよく伸びそうな気配がする。トゥワイス・アップまでもっていっても、まだグラスからフルーティーな香りがしている。予想通りしっかり伸びており、当初からミキサー(割材)と合わせることを想定したブレンドにしたのかと思ってしまう。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、香りが冷却によって抑えられてしまうが、モルトの甘味は凝縮して感じる。ドライフルーツの影に隠れていたリンゴのような味わいが加水が進むにつれて前に出てくるのが面白い。1:1水割りを氷に注いだ「ハーフ・ロック」スタイルでやると、モルトの甘味は感じられるけれど「宮城峡らしさ」の大半は失われてしまうように思った。

これ以上薄めた水割りを試すべきだろうか? 悩むところだが、「宮城峡の水割りを」という注文が通らぬとも限らない。実際、「**の水割りを」という注文があったのだ。ここでは1:2の水割りに仕上げた。うむ、まだ伸びているけれど、これをブラインドで出されたら何の水割りか当てるのは非常に難しいだろう。それだけ、本来の味わいが失われているということだ。

最後に宮城峡のソーダ割りも試しておこう。ここではだいたい1:2のソーダ割りに仕上がるようにした。うむ、酸味に負けることもなく、甘みがしっかり残っており、飲み物としては悪くない。だが、これが何のソーダ割りか、ブラインドで出されたら一発で当てることは無理だろう。悪くはないけれど、宮城峡の良さがソーダによって引き出されるような感じではないので、積極的にお勧めし難いように思う。


【付記】
● 余市も宮城狭も、熟成年数無記載のボトルは水やソーダで薄めてもいけるように仕上げていると予想していたのですが、いずれも「あまり薄めないほうが良い」という結果になって意外な感じがしています。両者は確かに違うはずなのですが、かつてのように「余市らしさ」とか「宮城狭らしさ」がかなり薄れて、違いがわかりにくくなっているように感じました。もしブラインドで出されたら、外してしまうかもしれない、そんな気までしてきました。


≪ 余市(新ボトル)へ   山崎(新ボトル)へ ≫


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

シングルモルト余市(新ボトル)



〈遊歩者 只野乙山〉 特別企画
【日本のウィスキーを飲む】



Yoichi_Nonage.jpg
シングルモルト余市のボトルと内容が(価格も)変更されたとき、もういいか、という気持ちで飲まずにいたのだが、店に置いてある以上味を知っておく必要がある。もちろん、すでに行きつけのバーで飲んではいるのだが、やはり手元に置いてじっくりやりながら、iPadにキーボードを付けてテイスティング・ノートを書くのが一番いいような気がする。ていうか、そうしないと忘れてしまうんである。

小さなグラスに注ぐと、色は淡い琥珀色。蓋を取ると、意外に強いアルコールの揮発に混じってレーズン、バナナ、チョコレートなどの香りが漂ってくる。スモーキーさやピート香はあるかないかわからぬほどだが確かにあると思う。口に含むと、ハーブを含んだモルトの甘みが来るのだが、糖度はかなり高く感じる。次いでスパイスが来るのだが、さほど強くはない。

フィニッシュの余韻はわりと長めで、スパイスが引いた後にモルトの甘みが口に残り、それが甘みから旨味に変わっていくのがわかる。不思議なことに、ほとんど感じられなかったスモーキーさやピート香がふっと鼻腔に抜けるのが面白い。時間の経過とともに、カカオ系に加えてヴァニラ、キャラメルのような香りが重なって感じる。

飲み終わったグラスからは木質香に加えてスモーキーさの痕跡が漂ってくる。やはりかなり抑えられてはいるものの、シングルモルト余市にはスモーキーさがあるとわかる。若干の加水をしても味わいのバランスは崩れない。だいたい昔から日本のウィスキーはミキサー(割材)で伸ばすことを前提にしてブレンドを仕上げる傾向があるのではないだろうか。

なのでトゥワイス・アップまでもっていってもよく伸びている。かなり甘いモルトだが、まだ甘さが残っており、リンゴのような香り、木質香やスモーキーさが前に出てくる感じがして面白い。相当飲みやすくなるのでトゥワイス・アップを氷に注いだいわゆる「ハーフ・ロック」スタイルでも楽しめるのではないかと予想できる。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、甘みがかなり凝縮されて感じる。その甘みにはハーブが含まれており、ウッディさと極めて微弱なスモーキーさも感じられる。確かに香りの広がりは冷却によって抑えられる傾向があるけれど、日本で最も飲まれるのがオーバー・アイスではないかと思われるので、メーカーとしてもそこに合わせたブレンドをしている可能性がある。加水によってチョコレート、ヴァニラ系の香りが開いてくる。

トゥワイス・アップを氷に注いだ「ハーフ・ロック」スタイルを試してみる。確かに薄まった感じはするけれど、それより「よく伸びる」感じの方が印象に残る。むしろこのやり方を推奨しているのではないか思われる節がある。ニッカ(というよりアサヒ)の特約店では「竹鶴ハイボール」と余市か宮城峡の「ハーフ・ロック」を推しているようで、店の壁に貼り出してあるのを見かけたことがある。

今では少数派(?)となった1:2の水割りはどうだろう。おお、まだよく伸びていますね。これを狙ってブレンドしたとは考えにくいけれど、今でも水割りにして飲む日本人は意外といるのではないか。そもそも、居酒屋などでは焼酎の水割りとかお湯割りをよく飲む人がいることを思えば、ウィスキーの水割りを飲む潜在人口はひょっとすると多いのかもしれない。

確かに伸びてはいるのだが、余市の良さを味わうにはちょっともったいない感じがしないでもない。最後に、ソーダ割りも試しておこう。うむ………悪くないのだが、「最高にうまいハイボール」みたいな感じには仕上がらないんじゃなかろうか。熟成年数無記載の余市に限って、色んな飲み方をしてもいいように思えるが、「いいですよ、もうバッチリ」とか言ってお勧めできる感じではないと思えた。


【付記】
● 以前の〈余市〉に比べて云々、というのはよしておきましょう。スコットランドのシングルモルトに比べても負けないどころか、余市の方がうまいと感じました。10年ほど前、熟成年数無記載の余市500mlが1500円以下で買えたのですが、現在の価格を考えると夢のようです。


≪ ホワイトオーク・シーアンカーヘ   宮城狭(新ボトル)へ ≫


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

ロイヤル・ハウスホールド(ブレンデッド)

RoyalHousehold.jpg
いよいよ、という感じのブレンデッド〈ロイヤル・ハウスホールド〉である。店(フラヌール)に置いてあるので、どんな味なのか把握しておく必要があるのでテイスティングに踏み切った。物の本*によると、世界でもバッキンガム宮殿とハリス島の〈ローデルホテル〉のバー、そして日本の三か所でしか飲めないブレンデッドだという。ごく普通に飲めるのは日本だけ、とのこと。

製造元は〈ブラック&ホワイト〉を出しているジェームズ・ブキャナン社で、現在同社のウィスキーはブラック&ホワイト、ブキャナンズ12年、そしてロイヤル・ハウスホールドのみとなっており、いずれも〈フラヌール〉にありますので興味のある方は是非どうぞ。ライトタイプのブレンドで「わかりやすい」味ではないのですが、なかなかの美酒だと思います。

小さなグラスに注ぐと、色は薄めの琥珀色。蓋を取ると、意外とアルコールの揮発を強めに感じ、それに混じって リンゴや洋梨、ドライフルーツを想わせるフルーティーな香りと麦芽香が漂ってくる。スモーキーさやピート香はほとんど感知できない。口に含むと、ハーブを含んだモルトの甘味がまず来て、次いで穏やかなスパイスを舌に感じる。極めて微弱なスモーキーさの痕跡を感じるが、これは樽由来のものかもしれない。

ほんの少し加水をしても味わいのバランスは崩れない。元々がライトタイプなので、あまり薄めないので飲むのがいいのではないかと思う。これは同社が出している〈ブラック&ホワイト〉や〈ブキャナンズ12年〉にも言える。どういうわけか、ライトタイプのブレンデッドを好んで出すようで、1980年代に見かけた同社の〈ストラスコノン〉もたぶんライトタイプではないかと想像する。

フィニッシュの余韻はそう長くなく、モルトの甘味がずっと舌に残り続けるとか、後でスパイスのぶり返しが来てびっくりする、とかいうこともなく、あっさりの引き際。飲み終わった後のグラスからはヴァニラやキャラメル系の香りと木質香が漂ってくる。うっとりするようなエステリーさは「ない」と断言できる。なので、くれぐれも価格から生じる期待をあまり膨らませ過ぎぬよう申し添えておきたい。

トゥワイス・アップまで持っていくと、全体に薄まった感じはするものの、よく伸びており、スパイスもまだ感じる。予想ではもう少し薄くなってしまってぶち壊しに近い味わいになるのではないかと思っていたが、意外と元の味わいがしっかり残っている。だけどトゥワイス・アップによって本来の持ち味が引き出されるわけではないと思う。

オーバー・アイスで(氷に注いで)やってみる。ロイヤル・ハウスホールド20mlを氷を入れたオールドファッションド・グラスに注いで飲む。ストレートのときより甘みが引き立つ、という感じはしなくて、酸味や木質香が前に出ているように思う。冷却によって香りの広がりが多少抑えられてしまうので、あまり良い印象ではなかった。

いつもなら、ここから1:2の水割りや、ソーダ割りを試してみるのだが、今回はそういう気が起こらなかった。類推だけで断定するのは避けたいところだが、ロイヤル・ホウスホールドのソーダ割りとか、あんまりやりたくないんですよね。値段が値段だけに、どうかご理解のほどよろしくお願いしたい。

*土屋守『ブレンデッドウィスキー大全』(改訂版、小学館、2014年)

【付記】
● 「安物ばかり並んでいるわけではない」という一種の見栄(?)から置いてみたわけですが、ぶっちゃけ話、ありがたがって飲む必要はない、と感じました。だけどこれ、もう召し上がった方がいらっしゃるんです。ただもう感心(感謝)してしまいましたね。「ああ、ロイヤル・ハウスホールドね」と、話の種として一度飲んでおくのも悪くないと思います。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)