カザルス 『鳥の歌:ホワイトハウス・コンサート』 (1961)

A Concert At The White House / Casals, Schneider, Horszowski (1961)

Casals_WhiteHouseConcert.jpg
Memdelssohn : Trio No. 1 D Minor for Piano Violin & Cello Op.49
Couperin : Concert Pieces for Cello & Piano
Schumann : Adagio and Allegro In-Aflat Major Op.70
Casals : Song of the Birds Catalan Folk Song


1961年11月13日、ケネディ大統領に招待されたパブロ・カザルス(当時84歳)が米国大統領官邸(通称ホワイトハウス)で演奏したものを録音したCD。スペイン内乱に胸を痛めたカザルスは1938年以降アメリカ合衆国内で演奏をしていなかったが、ケネディ大統領のヒューマニズム的姿勢に敬意を表したカザルスが大統領の招聘に応じて実現した。

まず演奏されるのがメンデルスゾーンの「ピアノ、ヴァイオリンとチェロのための三重奏第一番ニ短調 作品49」であるが、これこそ以前記事で書いた『船に乗れ!(1) 合奏と協奏』の中で主人公たちが最後にトリオで演奏する曲なのです(記事へ ≫)。小説の中では第一楽章と第二楽章しか演奏されないのだが、なるほど「協奏」が成り立ちそうな雰囲気の第一楽章に、トリオがしっかり息を合わせて調和を見せる第二楽章で終わったときにはさぞや、と思わせるいい雰囲気の曲。

カザルス(cello)/アレクサンダー・シュナイダー(vn)/ミエチスラフ・ホルショフスキー(p)の演奏はこの後クープラン「チェロとピアノのための演奏会用小品」そしてシューマン「アダージョとアレグロ 変イ長調 作品70」へと続く。「シューマン」ではカザルスが漏らしているものと思われる「鼻歌」(?)が時折聞こえてくる。そして最終曲はカザルス編曲によるカタロニア地方の民謡「鳥の歌」である。ここでもカザルスの息遣い=鼻歌(?)が聞こえてきて、それがこの曲の切ない調べをいっそう盛り立てる。

録音は1961年なので、それほど悪くはないはずであるが、全体の仕上がりは1940年代の終わりから1950年代初頭を思わせる音に感じた。アルバム・ジャケットは居並ぶ聴衆の前でカザルスが一礼している場面が使用されているが、カザルスの前にマイクは置かれていない。よく見ると、画面左上のシャンデリアのところにマイクが設置されているのがわかる。だからこれは数本のマイクを使用したマルチトラック録音ではなく、いわゆる「一発録り」で収録された音源だと思われるが、事実のほどは定かでない。

音は多少悪いかもしれないが、聴いているうちにそれはあまり気にならなくなってくる。確かにそんなに音が良いわけではないことは事実であるが、もっと録音状態の悪い音源はたくさんある。だが、そんな状態の悪い音源でも、音楽(の心)は聴く者に届くのだと思う。カザルス『鳥の歌:ホワイトハウス・コンサート』はとにかく美しい「音」を聴きたい人にはあまりお勧めできないかもしれないが、表面に表れたものの背後に思いを馳せることのできる人にはぜひ聴いていただきたい一枚だ。小説『船に乗れ!』の第一巻「合奏と協奏」を読んだ方にもお勧めしたい。


【付記】
● 本記事で言及している、アルバムジャケットの「画面左上のシャンデリアのところにマイクが設置されている」という部分が確認しづらいかもしれませんので、乙山所有のCDのスキャン画像を載せておきます。ジャケットの写真をクリックすると、大きめの画像が出るようになっています。シャンデリアのところにマイクがあるのを確認できたでしょうか。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

J.S.バッハ 『無伴奏チェロ組曲』 カザルス/シュタルケル

J.S.Bach : Cello Suites / Pablo Casals (1936-39)

Casals_BachCelloSuites.jpg
Cello Suite No. 1 in G, BWV 1007
Cello Suite No. 2 in D Minor, BWV 1008
Cello Suite No. 3 in C, BWV 1009
Cello Suite No. 4 in Eb Major, BWV 1010
Cello Suite No. 5 in C Minor, BWV 1011
Cello Suite No. 6 in D, BWV 1012



現在(2010年4月)J.S.バッハの『無伴奏チェロ組曲』を大手CD販売店のウェブページで入力すると実にたくさんの演奏家が出てくるけれど、前世紀の初めまではほとんど忘れ去られているといってもいいほどで、『無伴奏チェロ』が人前で演奏されることなどなかったという。それを世に広く紹介し、演奏したのがパブロ・カザルスである。

だから私(乙山)は『無伴奏チェロ』を聴くならまずカザルスから聴こうと決めていて、今ではどうやって入手したかもう覚えていないのだが、とにかくカザルスによる『無伴奏チェロ』(EMI盤)を手に入れて、しばらくそればかり聴いていた。

『無伴奏チェロ』の演奏者としてもう一人、どうしても気になっていたのがヤーノシュ・シュタルケルであるが、シュタルケル『無伴奏チェロ』のマーキュリー盤は店頭でもネット上でも見当たらず、聞いてみたいけれど入手できない状態が続いていた。クラシックのCDは「永遠の名盤」みたいにいわれるものでも発売停止とか廃盤状態になっていることがある。

Starker_BachCelloSuites.jpgところが数年前、何気なくネットでCDを見ていたら、長年探し求めていたあのシュタルケルの『無伴奏チェロ』が販売されているではないか! 同時にシュタルケルのRCA盤(これはマーキュリー盤より後の録音)も販売していたので、ええい、とばかりに同時に二つとも一気に購入してしまった。そんなわけで、我が家にはカザルス(EMI)とシュタルケル(Mercury)/(RCA)と三枚(三組、というべきか)の『無伴奏チェロ』が存在している。

現代チェロ奏法の始祖であり、『無伴奏チェロ』再評価の先鞭をつけた人物としてのカザルスの『無伴奏チェロ』を私は愛聴していたが、シュタルケルのそれと比較すると、どうしてもごりっとした部分が気になってくる。カザルスには独特の癖があって、それは他の演奏者と比べてみた場合、ちょっと引っかかって聞こえるときがある。それにまた、シュタルケルの演奏はじつに滑らかなので余計にそう聞こえるのかもしれない。

録音もカザルス(EMI)は1936~39年のモノラル録音で、一方シュタルケル(Mercury)は1965年のステレオ録音。この違いは思った以上に大きい。前者がどうしても録音技術の差からか、広がりが感じられないのに対し、後者はもう空気感とか場の雰囲気のようなものまで伝えている。この圧倒的な違いがあるにもかかわらず、私はたびたびカザルスをCDプレイヤーにセットして聴くことがある。聞いたトータル回数も、おそらくカザルスのほうが多いのではないだろうか。どうしてそういうことになるのか、それは自分でもよくわからないのである。


【付記】
● クラシックのCDは本当になくなるのが早いですね。ジャケットも変わっていますので、本記事は乙山所有CDのスキャン画像です。カザルス(EMI)はジャケットが変わっていますが入手可能のようです。シュタルケルのマーキュリー盤は新品で入手は難しいかもしれません。そのかわりRCA盤は入手可能のようです。

なにもカザルスやシュタルケルにこだわる必要はまったくなく、ヨー・ヨー・マやミッシャ・マイスキーなどの『無伴奏チェロ』が容易に入手できるでしょう。乙山としてはジャクリーヌ・デュ・プレの『無伴奏チェロ』を聴いてみたいところです。

J.S.バッハのヴァイオリン協奏曲に浸る

J.S.Bach / Concerto for Two Violins & The Violin Concertos

Accardo_Bach Bouble Concert
Concerto for Two Violins in D minor, BWV1043
Violin Concerto in E, BWV1042
Violin Concerto in D mimor, BWV1041



J.S.バッハ「2つのヴァイオリンのための協奏曲」("Double Concerto"と表記されることもある)は聴いていてまことに気持ちのよい、私の部屋でしばしば再生されることの多いCD。バッハ、バロックということで、朝とか午前中に聴くのに向いていると思われるかもしれないが、夜に聴いてもいいと思う。弦の音を存分に堪能できるので、秋葉原や大阪・日本橋の電気街のオーディオ専門店などで試聴させてもらうとき、気取った様子でおもむろに取り出し、「これをお願いします」などと格好をつけたいときにも重宝する。

バッハの「2つのヴァイオリンのための協奏曲」と「ヴァイオリン協奏曲第1番、第2番」を収めたCDはたくさん出ているが、私(乙山)が所有しているものは二点ある。
ひとつはサルバトーレ・アッカルド(vn)/マーガレット・バーチャー(vn)/アッカルド指揮ヨーロッパ室内管弦楽団によるもので、1985年録音の、フィリップス盤。
もうひとつはアルテュール・グリュミオー(vn)/ヘルマン・クレバース(vn)/ゲレツ指揮ソリスト・ロマンドによるもので、1978年録音のフィリップス盤。

アッカルド盤は、ソロパートにストラディヴァリウスを使ったことを前面に押し出した、いってみれば「企画版」みたいなもの。アーティストではなく、ヴァイオリンがジャケットになっていることからもその意図がわかる。「2つのヴァイオリンのための協奏曲」のヴァイオリン1(アッカルド)には"ex-Reynier"1727(元レイニエ?)、2(マーガレット・バーチャー)には"Firebird"1718が使われている、と明記してある。また「ヴァイオリン協奏曲第1番」および「第2番」には"Cremonese"1715が使われている。

BachDoubleConcerto_Grumiaux.jpg演奏はまことに典雅で、ヴァイオリン(ストラディヴァリウス)の響きを堪能することができる。と書いてはみたものの、私にはその違いがよくわからない。「うむ、やはりストラディヴァリウスはわけがちがう。そのへんのヴァイオリンとは比べ物にならない」などというわけにはいかないのです。だけどたいへんよい音で録音されていることだけはわかる。落ち着いて、しかも肩肘張らずに聞くには本当にいい。

一方、グリュミオー盤はめりはりが効いているというか、音の一つ一つにエッジが際立っているような演奏。録音年はこちらのほうが古い(1978年なのでアナログ録音)にもかかわらず、アッカルド盤(1985年録音なのでおそらくデジタル録音)より新鮮に聞こえるような気がする。だけどアッカルド盤はふわっとした空気感のようなものを再現しているように聞こえるし、あまりあてにならないなあ。要するに、気持ちのいい朝にバロックでも聞きましょうか、というときにはアッカルド盤がふさわしく、ようし今日はバッハを聴くぞ、というときにはグリュミオー盤が似つかわしいように思える。


【付記】
● クラシックのCDはジャケットで買うことができないのが残念ですね。HMVやAmazon.comで探してみたのですが、乙山が紹介しているものを見つけることができませんでした。したがっておそらく二点とも販売停止または絶版(廃盤)になっている可能性が高いでしょう。

クラシックの場合、演奏者/指揮者/録音年をきっちり覚えておけば、ジャケットが変わっても中身は同じです。バッハのヴァイオリン協奏曲は乙山が紹介したほかにもたくさん出ていますので、べつに演奏者にこだわる必要はないと思います。乙山はたとえば五味康祐の本に出てくる「シゲティ」とか「クレーメル」「カサドシュ」「ランドフスカ」など古い世代の演奏を聞いてみたいと思っています。

80年以上の時を経て Pablo Casals Early Recordings 1925-1928

『パブロ・カザルスの芸術』 Pablo Casals Early Recordings 1925-1928

PabloCasals_EarlyRecordings.jpg
1.アダージョ(トッカータ ハ長調BWV564より)(バッハ/カザルス編)
2.ヘ調のメロディOp.3-1(A.ルービンシュタイン/ポッパー編)
3.楽興の時第3番D780-3(Op.94-3)(シューベルト/ベッカー編)
4.夜想曲第2番変ホ長調Op.9-1(ショパン/ポッパー編)
5.歌劇「ゴイェスカス」~間奏曲(グラナドス/カサド編)
6.夢のあとに(フォーレ/カザルス編)
7.スペイン舞曲ホ短調(グラナドス/カザルス編)
8.白鳥(「動物の謝肉祭」より)(サン=サーンス)
9.ヴィトー(ポッパー)
10.ジョスランの子守歌(ゴダール)
11.やさしいガヴォット(イルマッシェ)
12.雨だれのプレリュード(前奏曲第15番変ニ長調Op.28-15)
13.マズルカOp.11-3(ポッパー)
14.夕星の歌(歌劇「タンホイザー」より)(ワーグナー)
15.ナポリのセレナード(スガンバーティ/ボウマン編)
16.優勝の歌(楽劇「ニュンルンベルクのマイスタージンガー」より)(ワーグナー/ヴィルヘルミ編)
17.村の歌(ポッパー)
18.夕べの歌(シュ-マン/ベッカー編)
19.メヌエット(小組曲より)(ドビュッシー)
20.ロマンスOp.35(マクダウエル)
21.ミュゼット(イギリス組曲第6番BWV811~ガヴォットI)


ロック、ジャズ、クラシックにかかわらず古い音源を好んで聴いている。ジャズは古いエリントンの演奏で1930年代、ロックは1960年代のもの、クラシックは1939年のトスカニーニ/ベートーヴェン交響曲全集など。ひとたび古い音源に慣れてしまうと、1950年代の録音からはすべて美しく(というかハイファイに)聴こえてくれるからうれしい。まあ、そのために聴いているわけではないんですけどね。

この『パブロ・カザルスの芸術』はなんと1925~28年の録音である。私(乙山)の所有する音源の中で最古のものである。CD付属のブックレットによると、RCAが電気式録音で残した音源をデジタル化したもので、SP盤からの復刻ではないようだ。それにしても、よくそんな古い音源が残っていたものだと感心する。

聴いてみると、たしかに「サー」とか「チリチリ」など多少のノイズは残っているものの、そんなに壊滅的なひどさではない。むしろ時代を考えると驚くほどのハイファイさで音源が残っているといってもいいのではないだろうか。だって今(2010年)から80年以上前の録音ですよ。これは本当にいい音だと思う。

全曲通してピアノの伴奏にカザルスがチェロを弾いているが、親しみやすく、よく知られたものが選曲されているのではないかと思う。演奏時間がすべて5分以内になっているのはSPレコードの再生時間に合わせてあるわけだ。SPは直径10インチ(25cm)で3分、12インチ(30cm)で5分しか情報を収録=再生できない制限がある。ちなみにLPレコードはLong Playの略であるのはご存知のとおり。

クラシックの交響曲を収録しようとすれば、SPレコードが何枚も必要になっただろう。ベートーヴェンの第9交響曲なんて最終楽章だけで20分を超え、トータル演奏時間はだいたい1時間以上かかる。SPレコードで換算すれば60/5で単純に12枚、両面でも6枚は必要になる。レコード一枚でもたいそう高かったろうに、交響曲全集とかオペラ全曲なんて、本当にお金がかかって仕方がない。そもそも蓄音機本体が信じられないほど高価なものだったみたいである。

そういったことをあれこれ考えながらちょっとノイズの入った古いカザルスを聴いていると、なんとまあ恵まれた時代に生まれたものだとつくづく思う。カザルス演奏の21曲が1680円程度で買えてしまうのだから。聴いていてあまりに気持ちがいいので、ちょっと意識がふっと遠のいてしまった。この男は、書いているほどありがたみがわかっていないのかもしれません。


【付記】
● 1980年代半ばからデジタル録音になり、ノイズがないのが当たり前になりました。古い音源はノイズがあって音が平板だということで敬遠される方も多いようです。それはそれ、ひとつの行き方でしょう。ですが乙山はどういうわけか古い音源を好んで聴いています。

しゃがれたロック的歌唱からベルカントまで

Andrea Bocelli / Romanza (1996)

AndreaBocelli_Romanza.jpg
1. Con Te Partiro
2. Vivire
3. Per Amore
4. Il Mare Calmo Della Sera
5. Caruso
6. Macchine da Guerra
7. Le Tue Parole
8. Vivo Per Lei
9. Romanza
10. Luna Che Non C'e
11. Rapsodia
12. Voglio Restare Cosi
13. E Chiove
14. Miserere [Live]
15. Time to Say Goodbye (Con Te Partiro)


クラシックのヴォーカルは苦手だった。とくにオペラのアリアなどは積極的に聴く気になれず、ルチアーノ・パヴァロッティなどが居間で流れていると、お願いして再生を止めてもらっていたくらいなのだ。

そんな私(乙山)だったが、いつものように居間でテノール歌手らしき歌声を聴き、それをとめてくれないかと言おうと思いながらも、つい聴き続けてしまった。それがアンドレア・ボチェッリというイタリア人テノール歌手の『ロマンツァ』である。

アンドレア・ボチェッリのヴォーカルは少し陰りがある(パヴァロッティと比べての話)ところが私には良くて、しかもベルカントでも、ロック/ポップ歌手のように喉でも歌うこともできる器用なヴォーカリストなのだ。

『ロマンツァ』はオペラのアリア集ではなく、ポップ・アルバムといっていいくらいの仕上がりの曲が並んでいる。そう思って聴いていると、ボチェッリは盛り上がりの部分でベルカントに切り替えて朗々と歌う。(1)はヒット曲のイタリア語、ソロヴァージョン。(2)はジョルジアとのデュエットで、まさにポップ調。(3)(4)(5)ではベルカントとロック/ポップの歌い分けが聴ける。(15)はソプラノ歌手サラ・ブライトマンとのデュエットで、大変ヒットした曲。

アンドレア・ボチェッリを聴いているうちに、どういうわけかルチアーノ・パヴァロッティのアリアを聴いてもなんともなくなってきたのである。それどころか、「だれも寝てはならぬ」とか「帰れソレントへ」などのメロディが歩いているときに浮かんできて、口ずさんでしまうようになったのだ。

その意味で、アンドレア・ボチェッリはオペラ嫌いだった私を開眼されてくれた、とても思い出深いテノール歌手である。彼の視覚障害は先天的なものであったが、12歳のときにサッカーボールを頭部に受け、それが原因で失明してしまう。法学の博士号をとり、弁護士として活躍していたが、歌手への夢が捨てきれず、夜、ピアノ・バーなどで弾き語りをしていたらしい。

すこししゃがれた声でロック歌手のような歌い方をしていると思いきや、それがすっとベルカントになって朗々と響かせるアンドレア・ボチェッリは、ルチアーノ・パヴァロッティ亡き後、ホセ・カレーラスやプラシド・ドミンゴらが高齢化していることからしても、ますます目が離せない存在である。


【付記】
● 空耳、ということがあります。外国語(の歌)を聴いていて、ある部分が日本語として聞こえることで、たとえば英語の《I get off》が「揚げ豆腐」と聞こえてしまうような現象です。(2)"Vivre"の一節《fotocopiandoci il passato》が日本語として別の何かに聞こえて仕方がありません。それが何なのか、ここで書くわけには参りませんが、聴いていて、気になってしまうのです。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/03 (8)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)