オールド・プルトニー12年 シングルモルト(ハイランド)

OldPulteney12yo.jpg
今回はシングルモルト〈オールド・プルトニー12年〉を飲んでみた。ウェブ地図で見ると、プルトニー蒸留所はハイランド地方の北東部、半島の先端から少し南下したところにあるウィックという港町にあるようだ。輸入業者のサイトによると、陸路がまだ整備されていない時代、この港からウィスキーの輸出が行われた、とある。さらに北部にハイランド・パークのあるオークニー諸島があるが、プルトニー蒸留所が本土最北端になるようだ。

ボトルは透明なガラス瓶で、ネックがくびれた面白い形状をしているが、これはプルトニー蒸留所のポットスチルの形を模したものだという。小さなグラスに注いでみると、色は輝くばかりのブロンドで、透明のボトルに入れたくなる気がわかる。アルコールの揮発に混じってヘザー、蜂蜜の香り、そして潮と海草の香りがほんのり漂う。

口に含むと、ハーヴ香を含んだモルトの甘みを感じるが、これはそんなに甘くない。ついで軽めのスパイシーさが来るが、ペパーミントとブラック・ペッパーが混じったよう。甘さ控えめというか、辛口モルトという感じがする。若干の塩(潮)気があり、オイリーさも感じる。フィニッシュの余韻はわりと長めで、スパイシーさが引いた後にモルトの甘みが舌に残る。グラスにはヴァニラ系の香りが残っている。

若干の加水をしてみる。ごくわずかにスモーキーさとピート香を感じるが、ノンピートと言われたらそう信じてしまうほどの微弱さ。わずかな加水でスパイシーさはかなり後退する。なかなかデリケートなバランスだと思う。トゥワイス・アップまでもっていくと、スパイシーさとモルトの甘みが後退し、かなりドライな味わいになる。

氷に注いで飲むと、モルトの甘みが増したように感じる。若干の潮気、オイリーさの後で微弱なスパイシーさが来る。スモーキーさやピート香はほとんど感知できぬほどの微弱さになる。加水のせいか、引き際は本当にあっさりしたものだ。1:1水割りをオールドファッションド・グラスで飲んでみる。非常に飲みやすくなるが、オールド・プルトニーの特徴の多くが失われてしまう感じがする。なのでこれ以上の水割りはする気がしない。

ソーダ・ハイボールに仕立ててみる。オールド・プルトニーのデリケートな味わいが消失し、酸味が前で出てくる。かすかにヴァニラ系の香りがして、舌にはモルトの甘みが残るフィニッシュ。味わいとしては酸味と甘みの組み立てで、いささか単調な感じがするけれど、飲み物としてそんなに悪くないと思う。ただしこれを積極的に勧める気にはならない。


【付記】
● オールド・プルトニー12年、なかなか面白い味わいでした。モルトの甘み、潮気、スパイシーさ、オイリーさとヴァニラ系の香りなど、色々な要素があって、それらが絶妙なバランスで配合されています。なのでライトタイプではあるが、かなりデリケートな味わいだと感じました。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうしても、ウィスキーの奥の深さを知るまでには到っていない。
わかりやすく言うと海が深いということもわからず、波打ち際10mで戯れている子供見たい。
まるで、ニュートンと科学のような譬えですが、
乙山先生のウィスキー記事を読むと、
原価バーでも行くかなという気持ちがふつふつと涌いてきます。

No title

注いでゆっくり暫く飲んでいると、だんだん甘みを感じるように成って来ますよ。
時間経過でおいしく感じるように成ったりもするので、そんな楽しみ方もおすすめです。
グレンロセスの12y辺りと飲み比べてみると、面白いかもしれません。

Re: 根岸冬生さん

薄氷堂さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ウィスキーの記事は、乙山の個人的な必要から書いておりまして、
いわば忘備録を兼ねております。半ば必要、半ば道楽でもあります。

味覚の印象のエッセンスを抽象化し、あるいは比喩的に、言語化しておくと、
思い出すときも容易になるのです。もちろん、これも必要なのです。
お金もかかるし、体の負担も大きい。なぜ、こんなことをするのか、ばかげた感じもしますが、
とにかくそうする必要があってやっております。

これらの記事が全くあてにならぬことは、もう読者の皆さんご存知でしょう。
どうかご笑覧くださいますようお願いします。

Re: 無記名さんへ

無記名の方、貴重な情報に感謝致します。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (5)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)