グレンドロナック12年 シングルモルト(ハイランド)

Glendronach12yo.jpg
今回はシングルモルト〈グレンドロナック12年〉を飲んでみた。グレンドロナック蒸留所をウェブ地図で確認すると、ハイランド地方のスペイサイド地域の西にあり、北部にノックドゥ蒸留所と南部にアードモア蒸留所がある。かつてはティーチャーズの原酒となっていたが、現在ではベンリアック・ディスティラリー社の所有となっているという。まずは開栓して小さなグラスに注いでみる。

色は暗めの琥珀色(ダーク・アンバー)。シェリー樽由来と思われるフルーティな香り。アルコールの揮発に混じってモルトの甘い香りも感じる。スモーキーさやピート香は感知できない。口に含むと、どこかカカオを思わせるビターな味わいが去った後、わずかにスパイシーさも感じられ、最後に微弱なハーヴ香を含んだモルトの甘みが舌に残る。やはりスモーキーさやピート香は感じられない。塩(潮)気をいささか感じる。

このビターからスパイシーさ、そして最後にモルトの甘みに移り行く感じがたまらない。フィニッシュの余韻が長めに感じられるのも、この重層的な味わいによるものではないか。若干の加水をしても味わいのバランスは崩れない。面白いのは、終わり頃にモルトの甘みが去った後に、最後の最後でオイリーでナッツ類を思わせる味わいが現れてくることだろう。

トゥワイス・アップ(ここではグレンドロナック20ml:水20ml)までもっていっても、基本の味の組み立ては失われない。だが、スパイシーさは失われ、ストレートで味わったビターからスパイシーという流れがなくなる。もしかするとピート香やスモーキーさが表れるのでは、と期待したが自分にはそれらが感知できなかった。トゥワイス・アップでもグラスからはしっかり香りが感じられるのがすごいところだ。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、オイリーさやナッツ類の濃厚なクリーミーさが前に出て、スパイシーさが少し後退する。加水が進むにつれて、ビターチョコのような味わいや、ハーヴ香を含んだモルトの甘みが出てくるのだが、この変化がじつに面白い。バーで少しずつ舐めるように、変化を楽しみながら時間をかけて味わう、なんていうのも似合っているように思う。

1:1水割りをやってみる。ここではグレンドロナック12年30mlと同量の水を、オールドファッションド・グラスで氷に注いで飲んでいる。ああ、いいですね。本当によく「伸びる」感じで、味わいのバランスはほとんど崩れていない。ラベルを見ると、「極上のペドロ・ヒメネスとオロロソのシェリー樽の組み合わせを熟成した」*とある。おそらく、上記二つのシェリー樽で別に熟成させた原酒を最後にヴァッティングしたのだろうと想像する。

だけどこれ、叱られるかもしれないがマッカランより複雑な味わいじゃなかろうか。調子に乗って、1:2水割りを実行してみる。おお、伸びてますねえ! どれだけ伸びるシングルモルトなんだろう。たしかにストレートで味わえるいくつかの要素は欠落しているけれど、「薄めの水割りが欲しい」という要望には応え得る味わいだと思う。日本において通人はともかく、こういう需要はわりとあるんじゃないかと思うし、それに応えることのできる価値ある一本だ。

それでは最後に、この高貴なシングルモルトをソーダ・ハイボールに仕立ててみますか。ここでは、グレンドロナック40mlを氷を入れた10オンス・タンブラーに注ぎ、ステアしてソーダで満たしたものを飲んでいる。元が個性的なのか、ソーダに負けてないですね。ちょっと勿体ない感じがしないでもないが、これはたいへんリッチなハイボールだと言える。

* "Matured in a combination of the finest Pedro Ximinez and Oloroso sherry casks"

【付記】
● グレンドロナック12年、ビターチョコやレーズンを思わせる香りとスパイシーさのバランスが絶妙で、どこかマッカランを思わせる味わいだったので、できればマッカランと飲み比べてみたかったですね。マッカランに比べるとスモーキーさやピート香が少なめなのがグレンドロナックの特徴でしょう。たいへん個性的なモルトだと言えるでしょう。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメント(H)さんへ

ありがとうございます。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/04 (7)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)