グレンギリー12年 シングルモルト(ハイランド)

Glengarioch.jpg
今回はハイランドのシングルモルト〈グレンギリー12年:Glengarioch〉を飲んでみた。グレンギリー蒸留所は東ハイランドのアバディーンの北西部にあり、現在の所有者はサントリーだという。ウェブ地図で見ると、スペイサイド地区の東部に位置することがわかる。地図を見るかぎり付近に河川は流れておらず、仕込み水の確保はおそらく地下水ではないかと想像する。

開栓して小さなグラスに注ぐ。色はミディアムで美しい黄金色。有機溶剤系の強い揮発に混じってどこかコニャックかアルマニャックを思わせるフルーティさを感じる。ドライフルーツ、洋梨のような香りだが、スモーキーさは全く感知できない。口に含むと、ハーヴを含んだモルトの甘みが強く、少しスパイシーさを連れてくる感じ。このスパイシーさはわりと強めだがタリスカーほどではないように思う。

フィニッシュの余韻はスパイシーさに引っ張られてわりと長めに感じるが、スパイシーさは後でぶり返してくることはなくあっさり引いてゆき、その後に残ったモルトの甘みがまたおいしい。ドライフルーツの甘さに混じって、どこかヴァニラ/カラメル系の風味もするような気がする。これは、空気に触れることによって後から出てくる香りだが、重層的な広がりがあって面白い。

ほんの少しの加水でも味わいのバランスは崩れない。スパイシーさはいささか後退することによって飲みやすくなるが、まだしっかり残っていて、このモルトにスパイシーさはなくてはならぬものかと感じる。トゥワイス・アップまでもっていくと、スパイシーさはかなり後退するが、まだ残っていますよ。そして、隠れていたピート香がふっと顔を見せるような気がした。だが、これも極めて微弱な香りに思えた。

いや、良く伸びますねえ! これほど味わいのバランスが崩れないのも珍しい。オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、ハーヴ香を含んだモルトの凝縮された甘みとスパイシーさを存分に味わうことができる。ピート香は正直なところ、「入っているよ」と聞かされていない状態では感知できぬほどのレベルで、あると言えばある、だけど、ないと言われればそうかなあ、と思う程度の極めて微弱な感じではないかと思う。

だけどよく出来ているモルトだ、と思う。核はハーヴを含んだモルトの甘みなんだけど、そこにかなりスパイシーさが効いているし、どこかヴァニラやカラメルを思わせる香りもあって、弱いけれどピーティさがあり、そして木質香も感じさせる重層的な味わいになっている。またか、という感じになりがちなハイランド/スペイサイドのモルトの中で、これはかなり面白い味わいじゃなかろうか。

1:1水割りをオールドファッションド・グラスで氷と飲むのはどうだろうか。かなり「伸びる」性格からしていけそうだと予想していたが、なかなかうまいじゃないか。モルトの甘みをベースに、若干のスパイシーさを伴った味わいは、これはこれでとても良いんじゃなかろうか。ウィスキー初心の方にも、お勧めできる味わいではないかと思う。

とてもよく「伸びる」ウィスキーなので、1:2水割りを試してみた。ここでは、グレンギリー30mlと、水60mlを8オンス・タンブラーで飲んでいる。さすがにスパイシーさや木質香、ピート香は完全に消え去っているが、モルトの甘みがしっかり残っていて、これはこれで楽しめるのではないだろうか。とにかくアルコール薄めの飲み物が欲しい、という人にはお勧めできると思う。

最後に、これをソーダ・ハイボール(おいおい)に仕立ててみた。ソーダで割るなんて、モルト本来の味をぶち壊してしまうじゃないか、という意見もあるのはわかってやっているのだが、これは酸味が立たずに、わりと本来のいいところを残しながら飲み物として面白いものになっているように思えた。隠し味(?)のヴァニラやカラメル系が効いているんだろうか。


【付記】
● グレンギリー、たいへん良いモルトでした。だけどこれ、昔からあったのでしょうが日本で販売していたのかなあ、と思いました。そんなふうに、比較的最近になってからシングルモルトとしてリリースされたモルトって、わりとあるんじゃないかと思います。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

連投失礼します。これ飲んでみたい酒でした。先にレビューがあると安心して買うことができます。(おいおい毒見役かよ)
以前紹介されていたブラックボトルを現在飲んでいるのですが、これいいですね。他のレビューは「アイラっぽくない」とか否定的なものが多くて手を出すのに躊躇してしていたのです。アイラ系という先入観を持たなければ充分にイケるブレンデッドなのに…もう少し安ければなァ。

Re: たんころりんさん

たんころりんさん、コメントありがとうございます。
グレンギリーはサントリーが所有者なので、安心して(?)飲めると思います。
値段的には苦しいのですが、なかなか良いモルトだと思います。

ブラックボトルはアイラの7つのモルトを使ったブレンドなので、
アイラらしさはよく出ていると思うんですけど……
味覚はそれぞれですので、乙山のはあまりあてにならぬかもしれません。

お湯割りがいい感じでした

某店のお薦めだったので購入しました。
オンザロックだとあたくしの苦手な国産麦焼酎味になってしまうのですが、
(つまりこれから迎える夏はキビシいちうことか、、、)
お湯割りにすると芳香とか甘みが出てきていい感じです。
バカ舌なんで表現できませんが、心地よい風味です。
※あくまでも個人の感想です。
お手頃な価格(税込み3.28kでした)もうれしいです。
口当たりがいいので、うっかりすると48度が効いてへべれけですw

Re: お湯割りがいい感じでした ; buunyannさん

buunyannさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
グレンギリー、なかなか良くできていると思いましたので店でも置くことにしました。
オーバー・アイス(氷に注いで)ダメですか?

いや本当、好みはそれぞれですから、申し上げることはありませんが、
お湯割りが良いというのは、寒くなったときに試してみますね。
好みや趣味というのは、本当に面白いものだと思います。

悲報

ハイボールでいただいてます。
困ったことに国内終売らしいです。
表向きは原酒の枯渇とか言ってますが、
山崎とか白州とか響とかの自社製品よりも
安い値段で売ったらヤバいとでも思ったのか勘ぐりたくなります。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (6)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)