阪急神戸三宮駅周辺を歩く(2) 中華料理 金襴

Kinran_02.jpg
ふだんは神戸元町周辺を歩いて昼食をとっているが、じつは阪急神戸三宮からてくてく歩いている。なので、何も神戸元町周辺に限定することなく、三宮の地下街で済ませてもいいわけである。三宮の地下街は「さんプラザ」と「センタープラザ」そして「センタープラザ西館」とあるわけで、いずれも飲食店が居並んで壮観である。

土曜日ともなれば観光客と地元の人たちが入り混じってかなり混雑している。中にはかなり長い行列ができていて、見ただけでパスしてしまうてんぷら屋さんなんかがある。今回は三宮さんプラザにある中華料理店〈金襴〉に入ってみた。店内はきれいな感じで、中華料理店=油染みた汚らしさというような図式は当てはまらない。客の入りもほどほどで、そんなに待つことなく利用できるようだ。

昼の定食メニューはいろいろあるけれど、例によって私(乙山)はラーメンと炒飯のセットを頼んだ。またか、という声が聞こえてきそうであるが、好きなんだから仕方がない。ラーメンだけだと少し物足りない、そこに半分くらいの炒飯があれば、大好きな食べ物を同時に味わえるし、ラーメンのスープで炒飯もおいしく食べられるわけだ。詳しくは「あっさりねぎそばと炒飯のセット=750円」である。

Kinran_01.jpgさて料理が来ましたよ。まずは炒飯から、ということだろう。海老が二つ乗っていますね。小さく刻んだハム(焼豚?)、葱、卵と五目炒飯ほどの豪華さはないが、なかなかの出来具合である。米飯がべちゃっとしてないのがいいですね。崩すと一粒一粒がぱらっとしていて、きっちり油が回っている良い炒飯。どちらかというと、あっさりした感じに仕上げてあるように思う。

次に「あっさりねぎそば」が来ましたね。余計な脂は少なめで、わりと醤油を使ってあるスープがいい感じである。ネギソバ、とあるように白葱の細切りが乗っており、他に水菜やモヤシ、焼豚が見える。麺は中細ストレートで、一応「神戸スタイル」ラーメンといえるんじゃないだろうか。脂っこくなく、分量もほどほどなので、若い女性でも一人で利用できるだろう。

見れば、近所の店で勤務しているように見える制服姿の女性店員が、スマートフォンを見ながらのんびりと一人で食事をしているではないか。私のようなネクタイをした会社員のような男性も一人、そして上品そうな老婦人もお一人での利用だ。そうか、この店は観光客より地元の人御用達の店だったわけだ。限られた時間の中で、さくっと済ませたいときなど、もってこいの店じゃないかと思う。


【付記】
● 値段と味、分量のバランスが取れている、満足感の高いセットでした。店内の照明を暗めにしているので、入るときちょっとためらわれるかもしれませんが、大丈夫でした。若い女性の方にもお勧めできる良店ではないかと思いました。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

> またか、という声が聞こえてきそうであるが

 いえいえ、そんなことは申しません。チャーハンとラーメンは
王道だと思いますよ。ぼくは最近はめったに外食しないんですけ
ど、たまに出かけると、同じ店で同じ注文ということが圧倒的に
多いです。

 写真のネギソバ、たいへんお上品に見えます。量も少なめのよ
うですし、足りなかったのではありませんか(笑)。

Re: 薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
神戸は中華料理店が多すぎて、本当に助かります。
これでもほんの一部に過ぎないんですね。

この店のネギソバ、量はそんなに少ないわけではないんです。
これ、たぶん器のせいでそう見えるんじゃないでしょうか。
この手の、広がりがないぶん、深さがある器を使う店が増えています。
近所の「餃子の王将」でもこの手の器を使っているのでちょっと意外ですよね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/07 (7)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)