スプリングバンク10年 シングルモルト(キャンベルタウン)

Springbank10yo.jpg
今回はシングルモルト〈スプリングバンク10年〉を飲んでみた。以前〈キャンベルタウン・ロッホ〉を飲んだときにスプリングバンク蒸留所のモルトを飲んでみたいと楽しみにしていた。キャンベルタウン地区はキンタイア半島の先端部にあり、西部にアイラ島がある。今では蒸留所の数が減少し、数えるほどしかなくなってしまった。

小さなグラスに注いでみる。色はミディアムだが少し薄め。有機溶剤のようなアルコールの揮発が強く、それに混じってフルーティーさとスモーキーさがくるのだが、後者が強めに感じる。口に含むと、ハーヴを感じさせるモルトの甘みがまず来て、少し遅れてスパイシーさがやってくる。スモーキーさやピート香は、鼻に感じたほどには舌に来ないけど、極めて微弱にあるのがわかる。若干の塩(潮)気、オイリーさもある。

若干の加水でも味わいのバランスは崩れない。ストレートでも飲みやすいように思うが、アルコールの揮発性が強いので、加水によってそれがまろやかになって飲みやすくなる。スパイシーさは後退せず、モルトの甘みも原形を保っているのだが、加水によって隠れていたように思わせるスモーキーさがふっと姿を現すのが面白いが、オイリーさは少し後退する。

トゥワイス・アップ(ウィスキー:水=1:1。ここでは20mlずつ)までもっていくと、スパイシーさは感知できぬほど後退し、代わりにスモーキーさがはっきりわかるほど前面に出てくる。モルトの甘みは変わらぬ感じで、このウィスキーの「核」を形成しているようだ。モルトの甘み、スパイシーさ、そしてスモーキーさ、この三つの要素のバランスがじつに巧く出来ているように思えた。フィニッシュの余韻は短めだが、最後に残るのはピート香である。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、凝縮されたモルトの甘みと同時にスモーキーさ、そしてスパイシーさが実にいい具合に混じり合っていることがわかる。濃厚とまではいかないまでも、オイリーさも感じられていい感じである。日本のウィスキーにありがちなヴァニラとカラメル系による「リッチさ」とは別のリッチさが、スプリングバンクにはあると思う。

スプリングバンク10年の30mlと、同量の水を氷を入れたオールドファッションド・グラスでやってみる。うむ、これは悪くない、というかなかなかいける。スモーキーさがしっかり残っていて、モルトの甘みが根底をしっかり支えてくれている感じだ。スパイシーさは全く感知できないが、「ウィスキーの水割り」としてはなかなかいい飲み物ではないかと思う。ただ、これ以上薄める気にはなれない。

さて、最後にソーダ・ハイボールに仕立ててみる。ここでは、製氷皿で作った氷を10オンス・タンブラーに入れて水を注いでステアして面取りしたものに、スプリングバンク10年45mlを注いで軽くステアし、ソーダを満たしたものを飲んでいる。うむ……酸味はそれほど出ておらず、スプリングバンク10年の良さを壊していない。スパイシーさは消失しているが甘みとスモーキーさは残っていて、なかなか良いハイボールに仕上がっているのではないかと感じた。


【付記】
● 〈キャンベルタウン・ロッホ〉を飲んだ経験から、濃厚でオイリーな感じを予想していたスプリングバンクですが、意外に端正な味わいでした。モルトの甘さとスパイシーさ、そしてスモーキーさのバランスが見事にとれている味わい深いものでした。日本人にはお馴染みの「華やかな甘さ」がなく、スパイシーさが立っているところで、好みが別れそうです。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/04 (7)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)