『紳士は金髪がお好き』

『紳士は金髪がお好き』(1953年、アメリカ映画、91分)

GentlmenPreferBlondes.jpg
原題:Gentlemen Prefer Blondes
監督:ハワード・ホークス
出演:ジェーン・ラッセル、マリリン・モンロー、チャールズ・コバーン、エリオット・リードほか


マリリン・モンロー出演ということで『紳士はブロンドがお好き』を見た。モンローの単独主演というわけではなく、ジェーン・ラッセルとの共演作で、冒頭からニューヨークの舞台で歌って踊る二人が映される。金髪のローレライ(マリリン・モンロー)と黒髪のドロシー(ジェーン・ラッセル)は舞台を終えた後、楽屋で帰り支度をしているが、そこに現れたのが資産家の息子ガス。ローレライとガスはパリで結婚することになっていた。

ところが、ガスの父は金目当てではないかと二人の結婚に反対していた。フランス行きの豪華客船にローレライとドロシーは乗り込むが、ガスは同行できないという。その代わり、パリで落ち合うことを約束し、渡航費その他のための信用状をローレライに渡す。客船の中でも注目を浴びて上機嫌の二人だったが、ガスが雇った探偵のマローン(エリオット・リード)という男もローレライの言動を見張るために乗船していた。

とまあ、またもやマリリン・モンローが億万長者と結婚する話なんですね。今回は恋の駆け引きはなしで、ジェーン・ラッセルの存在もあって、ちょっと控えめな感じに思えた。彼女が単独主演女優としてトップ・スターに上り詰める直前の作品なのだ。とはいえ、例のお尻をスウィングして歩く「モンロー・ウォーク」も出てくるし、声量が少なめで頼りないのに、なぜか魅力的な低めアルトも堪能できる。

ジェーン・ラッセルという人をまったく知らなかったのだが、ネットで調べてみると『ならず者』(1940)という映画で主演女優を演じ、きわどい場面があったため上映中止になったという。同作によってジェーン・ラッセルは「セクシー女優」として広く知られるようになったのだそうだ。出演映画一覧を見ると、有名なのに数が少ないことがわかり、知らないのも仕方がないだろう。

マリリン・モンローはこの後トップスターとなり「セックス・シンボル」として知られることになるのだから、本作は新旧(?)二大セクシー女優が並び立つ豪華作品だったわけだ。二人を見ていると、落ち着いたお姉さんのように見えるドロシーと、どこか危なげな妹のローレライみたいな感じだ。探偵に富豪と一緒にいるところを写真に撮られた後、「戦うわよ」とローレライを引っ張っていくのがドロシーなのだ。

ところが、ドロシーは敵のはずの探偵・マローンを愛してしまう。何とかお金持ちと結婚するように画策するローレライだが、ドロシーはお金があるかどうかは問題ではない女性なのだ。ここでは立場が逆転して、ローレライのほうが現実的になって、もっと冷静に考えたほうがいい、とドロシーを諭すようになるのが面白いところだ。

結局、この映画は二人の女優をどう並び立たせるか、という所にいちばん神経を使って作られたのだと想像する。出演時間や見せ場もおおいに検討されたことだろう。ミュージカル・コメディ映画ということもあって、深みは全くないのだが、挿入歌「ダイヤモンドは女の親友」(Diamonds Are a Girl's Best Friend)にあるような、開き直った露骨な本音がかえってすがすがしく感じられる。


【付記】
● 『風と共に去りぬ』が1939年制作と知って度肝を抜かれましたが、本作も「ゴージャス」という言葉がぴったりくるような雰囲気がありますね。何しろセクシー女優の共演なのですから、ゴージャスでなくてはなりません。二人ともルーベンスとかルノワールの絵画にあるような「グラマラス」なんですね。当節流行の細身はいささか行き過ぎなのかもしれませんね。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「Diamonds Are a Girl's Best Friend」あそこ大好きなんです。そういえ人は結構多くて、いろいろな映画やCMなどでオマージュされてるらしいですね。思えば「チャーリーズエンジェル」のディスコのシーンも、そうなのかな?(これでキャメロン・ディアスの贔屓になりました)
ハワード・ホークスはノワール物や西部劇で有名ですがコメディの評価も高く、つられて「赤ちゃん教育」「ヒズ・ガール・フライデー」買っちゃったんですがまだ見てない……早く見よう。

Re: たんころりんさん

たんころりんさん、コメントありがとうございます。
あのくだり、本当に笑えちゃうというか、身も蓋もないけどそうだよな、
そんな感じにさせてくれますね。

チャーリーズ・エンジェル……懐かしいですね。
テレビ版で深夜(?)に放映されたものしか知りません。
もう一度見たいものですね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (5)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)