トマーティン・レガシー シングルモルト(ハイランド)

TomatinLegacy.jpg
今回はシングルモルト〈トマーティン・レガシー〉を飲んでみた。最近スーパーマーケットなどでもよく見かける〈エンシェント・クラン〉の主要モルトにトマーティンが使われているようで、エンシェント・クランのラベルの最下部に「トマーティン蒸留所がブレンドと瓶詰をしている」と明記してある。初めて飲むので楽しみにしているが、まずは小さなグラスに注いでみる。

有機溶剤を思わせる強いアルコールの揮発、そしてリンゴか洋梨を思わせるフルーティーさと、微弱なハーヴ香を含んだ蜂蜜のような香り。口に含むと、舌と喉にスパイシーさがまず来て、それが引いた後に残るのは麦芽の甘み。スパイシーさはいったん引いた後でもぶり返しが来て、舌をピリッと刺激してくれる。スモーキーさやピート香はほとんど感知できない。

フィニッシュの余韻はスパイシーさに引きずられて長めに感じるが、舌に残るモルトの甘みはいささか控えめではないかと思う。カラメルやヴァニラ系の甘みはほとんどないに等しいが、後でふわっと漂ってくる、というか、その片鱗を感じさせる程度の微弱なものである。若干の加水で味わいのバランスは変わらず、スパイシーは保持されながらも甘みが少し前に出てくる。

この甘みは、さすがに長期熟成モルトのようなエステリーさはないけれど、なかなかいい感じだ。飾り気がなく中身だけで勝負しようという姿勢が感じられて好感が持てる。だが、モルトの「核」とでもいうべきものが、いささかわかりにくい傾向にあるのではないかとも感じた。**といえばこれ、というような、目印になるようなものが見つけにくい仕上がりになっているようだ。

トゥワイス・アップ(ウィスキー:水=1:1)までもっていくと、非常に飲みやすくなるがスパイシーさはかなり後退する。元々そんなにモルトの甘みが強くないタイプなので、薄めて甘みが強調されることもない。その甘みは蜂蜜を思わせる甘味で、ハーヴ香はかなり控えめ。〈フォート・ウィリアム〉や〈ネヴィス・デュー〉によく似た味わいで、トマーティンとベン・ネヴィスはわりと近い味わい、似た傾向にあると感じる。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、心もち甘さを強めに感じる。早めに飲むとスパイシーさは保持されているが、少し時間がたつと加水によってスパイシーさは後退する。モルトの甘みは蜂蜜の感じで、わずかにハーヴを思わせる香りもある。スモーキーさやピート香はほとんど感知できず、あるのか、ないのか、ほとんどわからないように感じた。ドライフルーツを思わせるフルーティーさはあってなかなかいい感じだと思う。

ソーダ・ハイボールに仕立ててみる。酸味が支配的になり、甘みもあるのだが何とも不思議な味わい。トマーティンの性格がほぼ失われているといってもいいだろう。飲み物として悪くはないのだが、あまりお勧めできない。ウィスキー:水=1:2の水割りはどうだろうか。たいへん飲みやすいが、これは良い、という感じでもないと感じた。

ううむ、〈トマーティン・レガシー〉、どう言えばいいんだろう。ストレートで飲んだスパイシーさ以外はほぼすべて「控えめ」なので、トマーティンといえばこれ、という特徴をつかみにくいウィスキーではないかと思う。本来、ブレンド用に生産されていたもので、シングルモルトを売り出すようになったのは近年のことだという。なるほど、これはブレンドの割り増し用にするにはもってこいの感じではないかと思った。


【付記】
● 面白いですねえ。フォート・ウィリアムやネヴィス・デューのレベルを少し上げた、という感じのトマーティン・レガシー。決して悪くはないのですが、ぜひともお勧めという感じではありません。もう少し熟成したものを飲んでみれば、印象も変わってくるかもしれません。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/04 (7)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)