『カクテル』

『カクテル』(1988年、アメリカ映画、104分)

Cocktail.jpg
原題:Cocktail
監督:ロジャー・ドナルドソン
出演:トム・クールズ、ブライアン・ブラウン、エリザベス・シュー、ケリー・リンチ他


いつもは夜遅く帰宅しがちなのだがたまに早めに帰ることがあり、そんなときは立ち飲みでさくっと飲んだ後、レンタルメディア店で映画を借りることにしている。何を見ようか決めていないことが多く、つい長考しがちになるのだが、ほろ酔い気分であれこれ物色するのが楽しいのである。今回は厳選や長考をやめ、肩の力を抜いてみるつもりで『カクテル』を借りた。

何十年も前に見たことがある映画なのだが、とにかく曲芸的なバーテンディングが楽しかったことぐらいしか覚えていない。映画は、主人公ブライアン・フラナガン(トム・クルーズ)が兵役を終え、ニューヨーク行長距離バスに乗り込む場面から始まる。ニューヨークに着いたブライアンはおじさんの店を訪ね、スーツに身を包んでビジネス街で就職活動を行うが、どの会社でも彼の経歴と経験が問題となり不採用ばかりだった。

ふと通りがかった一軒のバーで求人広告を見たブライアンは入店し、店長のダグラス(ダグ)・コグラン(ブライアン・ブラウン)に面接する。昼はカレッジで経済学を受講し、夜はバーテンダーとしてアルバイトする生活が始まるが、バーテンダーとして活躍できるようになるにつれて学業は疎かになっていく。ついに「学問など何の役にも立たない」と悟ったブライアンは、ダグとバーを経営して大儲けする夢を抱くようになる。

とまあ、成功物語を地で行くような展開なんだけど、題名を見ていろんなカクテルが出てくるのかなと思いきやそうでもない。ダグがしょっちゅう飲んでいる「レッドアイ」(ビールをトマトジュースで割ったもの)とか「フローズン・ダイキリ」、「ターコイズ・ブルー」や「キューバ・リブレ」とかその他少しくらいしか出てこないのが意外な感じだった。バーテンダー本職の人が見たらツッコミどころ満載じゃなかろうか。

映画的に見た目の派手さが欲しかったのだと想像するが、ジャグリングの要素を取り入れたフレア・バーテンディングなんですね。やはり映画としてはそうしたほうが盛り上がるのだろう。よく日本のバーで見かけるタイプの金属製のシェイカーではなく、ボストンタイプのシェイカーで全編通していますね。YouTubeでいろんな映像を見ていると、あちらではボストンタイプを使うことが多いようだ。

ダグとブライアンはいいコンビになったが、女をめぐって喧嘩別れし、ブライアンは店の資金稼ぎのためにジャマイカでバーテンダーとして働き始める。そこで若い女性観光客ジョーダン(エリザベス・シュー)と出会い、二人は愛を深めていく。ところが、そこへダグが現れた。裕福で若い女性と結婚し、新婚旅行で来たのだ、という。

ダグはブライアンを「生まれながらのプロレタリアートなのさ」と笑い、「あの手の女を落とすことなんてできっこないんだからな」といかにも裕福そうな女性観光客を見てけしかける。挑発に乗ってしまったブライアンは彼女を口説き、店がはねた後で一緒にいるところをジョーダンに見られてしまう。傷ついたジョーダンは何も言わずニューヨークへ帰ってしまう。

大きく金を稼ぐんだ、という成功物語はここで一気に恋愛映画のようになってしまうのだが、肩の力を抜いて恋愛映画として見ることもできる一本だろう。成功を手にしたダグだが、最後まで幸運が続くわけではなく、本当に愛する女性と店を手にすることができたブライアンとは対照的に描かれている。その意味では群像劇ともいえるだろうし、ダグとブライアンの友情を描こうとしているともいえる。

ただ、いずれにしても深い彫り込みは当初から予定しているわけではなさそうで、あくまでトム・クルーズというスターを生かした娯楽映画という感じがしないでもない。『ミッション・インポッシブル』とその続編の成功を見てもわかるように、トム・クルーズはやはり格好良く単純明解なヒーローが一番似合ってるんじゃないかと思う。無理に演技派とか性格俳優などを目指さないのが正解で、その意味ではトム・クルーズに合っている映画ではないだろうか。


【付記】
● カクテルが大人の飲み物であるのと同様に、本作も大人の映画であります。いくら娯楽映画だと言っても、家族全員がそろって見られるものでありません。本作の評価は低く、トム・クルーズ本人もあまり触れたくないようなのですが、見ていてそれはないでしょう、あんまりだ、というような感じではなかったと思います。むしろ良質のエンターテインメント映画と言っていいのではないかと思います。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

トムクルーズいいですね。
「トップガン」も好きでした。
トムクルーズのことは、失読症で苦しんでたと知り、慈善活動もされて、最近好きになりました。
明後日公開の「ミッションインポッシブル」も是非見たいです!

カクテルジャグリング(というのかな?)が最高でしたね!

Re: かえるママ21さん

かえるママさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
トム・クルーズは完全無欠の、絵に描いたようなヒーローが似合う人ですね。
『ミッション・インポッシブル』の成功がそれを示唆していると思います。

『カクテル』における曲芸のようなバーテンディングは、
「フレア・バーテンディング」というもので、日本でも協会があるくらいなんですが、
認知度というか、お店で本格的にしているのは少数派だと思います。
披露宴などで活躍なさっているのではないかないでしょうか。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (8)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)