タリスカー10年 シングルモルト(アイランズ)

Talisker10yo.jpg
今回はジョニー・ウォーカーやチェイベックの主要モルトとして高名な〈タリスカー〉の10年シングルモルトを飲んでみた。タリスカー蒸留所はスカイ島(Isle of Skye)における唯一の蒸留所だったが、とあるウェブサイトの情報によると同島に第二の蒸留所ができるかもしれないとのことである。昔、「ジョニー・ウォーカーの原酒」としてタリスカーとかカードゥがおまけで付いていたので飲んだことはあるが、もう味は忘れてしまった。

小さなグラスに注ぐと、何よりまず漂ってくるのはスモーキーさというか、ピート香と微弱なヨード臭である。アルコールの揮発臭にはどこか干しブドウのようなフルーティ―さを感じさせるものがあるかもしれないが、基本は煙臭さではないか。口に含むと、アルコールのガツンとくる感じに加えて、舌に直撃するスパイシーさが来る。それらが去った後、舌に残るのはモルトの甘みなのだが、これがまたじつに控えめというか、あっさりした感じの甘さ。

フィニッシュの余韻はスパイシーさが引っ張っている感じで、いくぶん長めに感じる。スパイシーさが引いた後に残るのはピート香とヨード臭で、これが鼻に抜けていく感じが快い。味わうほどに、最後に残る感じがあっさりしていて、モルティさの甘みが残る他のウィスキーとは違う感じがする。スパイシーさはかなり強めで、飲み終わった後しばらくしても舌に感じるほどの強さ。

このスパイシーさというか舌がしびれるような感じは、飲み終わった後にもふっと去来するので驚かされる。そのとき極めて微弱なヨード臭を連れてくるのが他とは違った感じがする。ところがしばらくすると、カラメル系の匂いも微かにするのが面白いところだ。これは本当に面白くて、正体はいったい何なんだろうと、ついストレートのまま杯を重ねてしまうような所がある。

本当に不思議な味わいで、スパイシーさとスモーキーさ、ピート香がタリスカーの核を構成しているみたいで、モルトはどこにあるんだ、と言いたくなるような仕上がりである。ストレートを飲みほしたグラスに残るのはピート香である。若干の加水をしてもあまり変わりがなく、スパイシーさがぐっとくるけれど、フルーティーが少しだけ出てくるような気もする。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと面白い。ストレートではスパイシーさやスモーキーさに押されて控えめに感じられた甘みが前に出てくるのだが、スパイシーさやスモーキーさは少しだけ後退しながらも存在感を主張している。引き際はかなりあっさりしてしまうけど、飲み初めのうまさは捨てがたいものがある。氷に注いで飲むのがいちばんいいのかな、と思ってしまうほどだ。

それでは、タリスカー・ソーダをやってみることにする。ここでは30mlのタリスカー10年を10オンス・タンブラーに注いでステアし、ソーダで満たしたものを飲んでいる。酸味はさほど感じず、むしろ甘味が感じられる。スパイシーさは完全に消失するが、ピーティさやスモーキーさは残っていて意外と面白いがじつに微妙である。スパイシーさがアイデンティティーのタリスカーからすると邪道かもしれぬが、これはこれで面白い飲み物になっているんじゃないだろうか。


【付記】
● 最後のソーダ割りは面白いのですが、積極的にお勧めできる感じではありません。「舌の上で爆発するような感じ」を味わいたいのならストレートがお勧めです。いわゆるタリスカーらしさというのは、ストレートで味わってこそのものではないかと思います。一方、オーバー・アイスでやると、また何とも言えぬ甘みが出てきますので、ここが好みの分かれ処でしょう。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして

初めまして。いつも楽しく拝見させていただいております。
勝手に読ませてもらいながら、コメントもせず、すいません。
実は私も乙山様と似た行動範囲でして…
北摂の猿がいる市に住んでいて、元町にはしばしば行きます。先日も元町の万年筆屋さんへ行き、その際香港会館の記事を思い出して、ふむふむとか考えながらランチを食べました。
しかもちょうど少し前に開けたボトルが、タリスカー。
これにはちょっとびっくりしました。

おっしゃるように、ウイスキー通からは邪道と言われそうでも、ロックが一番好きかも、と思いました。

またちょくちょく伺わせて頂きます。よろしくです。

Re: 初めまして ; たまささん

たまささん、初めまして。コメントありがとうございます。
こうしてウェブ上に公開している以上、不特定多数の方が目を通していただける、
それがいちばん励みになります。

なのでコメントは頂けなくても大丈夫です。
ご覧になって下さるだけでありがたいものだと思っております。

元町においでになるのなら、中華料理も食べたいですよねえ!
御存じかと思いますが、元町(神戸)には洋食屋とかカレー屋も多いので、
そちらも楽しみなんです。もちろん、バーもですけど。

そちらへは府道9号を使っていくと、自転車でも近く感じます。
中華料理の良い店が、たくさんあるようなので楽しみにしています。
タリスカーはとても面白いモルトでしたね。
また飲みたくなるような、魅力があると思います。

今後もよろしくお願いします。

No title

おひさしびりです。

タリスカーも自分が好きなウィスキーな一つです。
あの胡椒の粒を直接舐めたようなスパイシーさとスモーキーさを気に入っております。
むしろジョニーウォーカーよりも先にこちらを飲んでたようで、後になってから「ああ、ジョニ黒の原酒なんだ」と知ったような状態でした。
これをロックでちびちびとやるのが好きなんですよね。

Re: nandemonaさん

nandemonaさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
タリスカー、確かに印象に残る味わいでしたね。
まさに、ブラックペッパーのような強烈なスパイシーさ、
飲み終わった後でも舌にしびれが戻ってくるほどでした。

ジョニー・ウォーカーの原酒だというのは、タリスカーを飲むとよくわかります。
昔のジョニ黒は、もっとスモーキーでスパイシーだったと思います。
他ではない味わいですので、また飲んでみたくなりますね。

No title

伯父さんが香港の免税で買ってきたジョニ黒を飲んだのは
40年以上前なので今のと比較は不可能ですが、スモーキー
フレーバーが当時より抑えられてるのでしょうか?
日本のウイスキーが世界標準になっているわけでは無いでしょうけど。

Re: kazさん

kazさん、コメントありがとうございます。
ウィスキーは生き物ですので、じつは同じ味は二度と作ることはできないのでしょう。
ですが、同じ環境で、同じ原料を使い、同じ製法をとるのなら、
出来上がりは似たようなものになるはずです。

ブレンダーの腕の見せ所が、ここにあるのだと思います。
微妙に違う原酒が、毎年毎年上がってくるのですが、
「基準」としての「味わい」が確かにあるのでして、
それを再現して、あたかも「味が変わっていない」かのように出荷するのでしょう。

どうやら世界規模で「原酒不足」が起きているかもしれず、
かのジョニー・ウォーカーといえども、同じ事情を抱えていると想像します。
そして、決定的なのが1989年における日本の酒税法改正です。

これは、当時の英国首相マーガレット・サッチャーがトリガーと思われますが、
GATT(関税及び貿易に関する一般協定)の裁定が入って(つまり外圧で)、
日本としては酒税法改定をせざるを得なかったわけです。

これを機に、輸出用のブレンデッド・スコッチのアルコール度数が、
以前の43%前後だったのが、40%に変わってしまったのです。
乙山は変更前の「特級」ジョニ黒を飲んだ経験があるのですが、
やはり今のジョニ黒とはちがうなあ、と思わざるを得ません。

つまり、日本でも外国でも、ウィスキーの味は、じつは年々変わっているわけで、
決して日本のウィスキーが世界標準になっているわけではありません。

No title

味の変化にはいろいろ理由があると思いますが、私が思うに
実質の原価と売値の問題が大きいのでは?ということです。
洋酒の酒税がバカ高かったときは免税でも今と変わらない
値段(ジョニ黒の場合2000円弱くらい)なので今の貨幣価値
だと数倍?で実質の売値が下がったから味を落としてもブレンドで
原価を下げたのだと思います。
スモーキーフレーバーはそんなに関係ないとは思いますが。
以上勝手な邪推失礼しました。

Re: kazさん

kazさん、コメントありがとうございます。
深い洞察に敬服いたします。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/04 (7)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)