オペアンプたった1個の電池式プリアンプ 中断

BatteryPre_01.jpg
進まざること蝸牛の如し、といった有様の電池式プリアンプだが、目的に能力が追い付かないのだから仕方がない。あとはただ配線するだけなんだけど、実際にやってみるとかなり煩雑で、作業は遅々として進行しなかった。ただ一か所はんだ付けするだけでいい、というつもりで少しずつ作業を進め、やっと全部の配線を終了することができた。

写真一枚目はプリアンプの内部で、見ると決して綺麗にできているわけではないのがわかると思う。しかもロータリースイッチは部品を削るという野蛮な行為の結果、破損してしまい使うことができなくなった。だから前面パネルにある調整ノブはダミーである。恥さらしもいいところだけど、正直に書いておこうと思う。

さて、組み上がったからと言って早速音出しをするのではなく、回路計の導通でチェックしていく。一通りチェックが済んだら電池からDC電源を入れ、0.4W電池式アンプにつなぎ、音出しテストをしてみる。ところが、音が出ないのである! ううむ、これはどこかで誤配線をしているに違いない。トーン回路に軽く触れるとノイズがスピーカーに出るので、アンプ部分は稼働しているようだ。

たぶん、入力セレクターやモードセレクターに使ったプッシュスイッチ周辺の誤配線である可能性が高いのだが、当てずっぽうではいけない。トラブル処理は消去法で丹念に行う必要がある。やはり、製作していく段階で、バラックで試験しながら組み立てればよかった、と後悔している。すべて組み上げてしまった後では、どこに原因があるのか特定するのが極めて困難である。

BatteryPre_02.jpgあちゃあ、しまったなあ、と嘆かずにはいられない。かなり時間をかけて、というかそうせざるを得なかったのは自分の手が遅いせいなんだけど、ここまでやって失敗では格好がつかないなあ。なんとかトラブルを解決して完成編までもっていきたいところだが、気力が失せてしまったんである。今は少し、電池式プリアンプから離れていたい気分である。

やはり、あれもこれもと詰め込み過ぎたのがいけなかったんだな、と今になって思う。もっとシンプルに、たとえば使い慣れぬプッシュスイッチをロータリースイッチにして作ったら良かったのだろう。次に作るなら、できるだけシンプルなものにして、本当にさくっとできるものにしたらいいのではないだろうか。しばらく作る気にならないだろうけど……

とにかく、電池式プリアンプはいったん中断しようと思う。しばらく時間をおいて、やる気が出たらもう一度、点検しなおして完成までこぎつけるようにしたい。本当にもうちょっとの所まで来ているのだから、全部破棄してしまうのはもったいない。だけど今は、どうも気力を振り絞って最後までやるような気分ではない。一発で決まらないのは、やはりつらいものです。


【付記】
● 今年はできるだけたくさん真空管アンプを作るぞ、とか年頭に思っていたのですが、プリアンプ製作で思わぬ遅滞にはまり込んでしまいました。抜けられない泥沼に足を突っ込んでしまったようで、体がはまってしまう前にとりあえず撤退したほうが良い、と判断しました。非常に悔しいのですが、むしろこれから解放されてほっとしている気持も正直あるくらいです。


≪ 電池式プリ・塗装と印字へ  ?≫


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

接続

乙山さん、さる方から、このプリのパネルの文字入れが凄いので、参考にされたしとブログを紹介されました。去年の夏のことなのですね。現在はバー開設でご多忙なのかもしれませんね。
 時間があるときで結構ですが、プッシュSWの端子の入り切りを今一度確認されてみてはいかがでしょうか。
  基本は3端子で真ん中がコモン。どれもプッシュされていなければ、コモンと手前の端子が接続されている状態です。次にプッシュされたSWのみ、コモンとプッシュボタンより遠い側が導通されるということになります。
 それを踏まえて、テスターで当たってみれば、希望通りの接続になっているかが分かると思います。

Re: 接続 ; トニーさん

トニーさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
仰るように、多連プッシュスイッチ周辺の誤配線が最も怪しいと思います。
今はいろいろ煩雑なことがあって、蓋を取ってじっくり当たる気になれません。

とりあえずはプリアンプなしで店のシステムを構築するつもりですが、
スピーカーの再生次第ではプリアンプが必要になってくることもあります。
店のBGMはふつうにステレオ再生するのではだめなこともありまして、
モノラルでのご提供も視野に入れております。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/11 (6)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)