アイリーク(イーラッハ) シングルモルト(アイラ)

Ileach.jpg
ハイランド・モルトやスペイサイド・モルトは確かにうまいのだが、それらばかり飲んでいるともう少し違った味のものを飲みたくなってくる。そんなときにスモーキーさの強いアイラモルトを飲みたいなあ、などと思い、通販でまとめ買いするときもできるだけアイラ系を入れるようにしているが、今回は〈アイリーク(イーラッハ)〉を飲んでみた。

ネットで情報を調べてみると、瓶詰業者の「ザ・ハイランズ&アイランズ・スコッチ・カンパニー社」から出ていて、蒸留所のオフィシャル・ボトルではないようだ。どうやら、それとは知らずにボトラーズ物をつかんでしまっていたわけだ。アイラ島に存在する蒸留所のいずれかから原酒を買い取り、独自に保存して瓶詰したものと想像するが、所有権の絡みで蒸留所名を明記するわけにはいかないようである。

香りはまずスモーキー、そしてピーティ。これらが強めなので、他の要素は感知しにくい。口に含むと、スモーキーさとピート香の後にオイリーさを感じた。鼻に抜けるときには強めのアルコールの刺激があり、舌にはスパイシーさも意外と強めに来る。後でモルトの甘みが来て舌に残るが若干の塩(潮)気を感じる。このモルトの甘みにはどこかハーブを思わせるものがある。

フィニッシュの余韻は長めで、まずスパイシーさが来て、次に舌にほのかなヨード臭とピート香、そしてほのかな麦の甘みが残る。口にしたときはそれと分からないが、かなり後を引いて最後の最後まで舌に残って鼻に抜けるのはヨード臭である。若干の加水をしてもスモーキーさとピーティさは変化なしで、まず最初に来る。スパイシーさは少し後退して飲みやすく、モルトの甘みと同時にスパイシーさが来る感じ。全体のバランスは崩れず、多少の加水でもへこたれない感じ。

氷に注いで飲むと、オイリーさと甘さが前に出てくる。ストレートや若干の加水で感じたスモーキーさやピーティさの後退もなく、かなりいい感じで飲める。オーバー・アイスでも引き際は長めで、ピーティさとスモーキーさの後でほのかなヨード臭が鼻腔を満たすが、ヴァニラ系やカラメル系はほとんど感じられない。熟成年数は書いていないものの、かなりいけるんじゃないかと思う。

うむ、これは**にちがいない、などと、どの蒸留所か言い当てることができぬほどアイラモルトをしっかり飲んでいないのが残念だ。別に意識してボトラーズ物を遠ざけているわけではないけれど、まだオフィシャルボトルをそれほど飲んでいないので優先順位としてはどうしても後回しになる。今回は知らずと買ってしまったが、これは〈ブラックボトル〉同様、アイラ入門として値段的にもいいのではないだろうか。


【付記】
● アイリークが英語読みで、イーラッハがゲール語読みのようです。意味は「アイラの島民」だそうです。華やかな甘みとは程遠い味わいで、スモーキーさとピーティ、そしてスパイシーでオイリーな味わいはかなり個性的なものだと思います。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やっと、イーラッハを紹介してもらえましたか。
昨年11月よりいつかいつかと待っておりました。
でも待った甲斐ありました。
あれから4本を飲みほしましたが、
全く真似できない味の表現。
さすが素晴らしい!
思わず、そんな味なんだ!
と叫びそうになりましたよ(笑)
またしても勉強になりました。

Re: 凧太郎さん

凧太郎さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
このウィスキーはよく出来ていますね。
これのファンだという方も多いのではないかと思います。

どの蒸留所のモルトか言い当てることはできませんが、
おそらく8~10年熟成させた原酒を使っているのでしょう。
スモーキーさ、ピーティさ、ヨード臭、そしてモルトの甘み、
まさにアイラモルトだといいたくなる要素がきっちり詰まった一本です。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/07 (7)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)