モンキー(ウィスキー)サイドカー



〈遊歩者 只野乙山〉 派生企画
【家でカクテル、何か欠けてる?】



MonkeySidecar.jpg
家でカクテルを作る場合、まずはベース一本に割り材だけでできるものを作ることから始めるとよいが、もし初めてリキュール類を入手するとしたら、私(乙山)だったらホワイト・キュラソー(コワントロー)をお勧めする。ベース(30ml)+コワントロー(15ml)+生レモン果汁(15ml)で作るカクテルがたくさんあるからだ。例えばこの処方をジンで作るとホワイトレディ、ウオッカではバラライカになる。

ブランデーだとサイドカーだし、テキーラならマルガリータ、そしてホワイトラムならXYZといった具合で、押さえておきたい基本のショート(タイム)カクテルが目白押し。いずれも飲んでみて「間違いない」という感じがするカクテルたちだが、人によってはいささか甘みが強いと思うかもしれない。そういうときは、ベース(40ml)+コワントロー(10ml)+生レモン果汁(10ml)という処方でやってもいいと思う。

「ホワイト・キュラソーと言えばコワントロー」というように、ホワイト・キュラソーの代名詞のようになっているコワントローだが、これはフランスのコワントロー社が出しているもので綴りは "Cointreau" である。日本では「コアントロー」として流通しているが、フランス語では O と I が並ぶと必ず「ワ」と発音するので、どうしてもコワントローと言ったり書いたりしてしまう。

さて今回はコワントローが手元にあるので、これとモンキー・ショルダーを使ってウィスキー・サイドカーを作ろうと思う。つい最近、モンキー・ショルダーを飲んだとき、これはウィスキー・サイドカー(ただ、モンキー・ショルダーみたいなスコッチを使うと本当は「サイレント・サード」。)にしたらうまいにちがいない、と確信した。モンキー・ショルダーの滑らかでフルーティな味わいがブランデーに近い感じがして、ブランデーベースのサイドカーに負けぬくらいのカクテルに仕上がる予感がしたのである。

カクテルを作る道具としてまず持ちたいものは、バースプーンではないかと思う。これは他のもので代用しにくい。最悪の場合「箸」でステアしてもいいけれど、雰囲気が……ちなみに、「レディ・キラー」の異名を持つスクリュー・ドライバーは、飲み過ぎてくるくる回って落ちるイメージではなくて、現場の作業員がねじ回し(スクリュー・ドライバー)でかき混ぜたことに由来するもの。勘違いなさらぬようお願いするが、同カクテルのアルコール度数はそんなに高くない。

次に欲しいものはシェイカーで、これは他の物で代用できぬからだ。メジャーカップはあったほうが良いが、20mlで内側に5mlずつ目印が入った料理用の計量カップを長らく使っていたことを正直に書いておこう。いやあ、これ、本当に使いやすいんですよね! ミキシング・グラスもあったほうが良いけど、大き目のマグカップで代用できる(おいおい)。念の為書いておくが、現在、ミキシング・グラスとストレーナーを使っている。

モンキー・ショルダー(30ml)、コワントロー(15ml)、生レモン果汁(15ml)をシェイカーに入れ、氷を詰めていくのだが、できれば一度ミキシング・グラスに水と一緒に入れてステアし、氷の面取りをしてから詰めることをお勧めする。面取りなしの氷を少なめに入れてシェイクすると、氷の溶けが多くなって仕上がりが水っぽくなってしまいかねない。カクテルグラスに注ぐと、もうぎりぎりまで来てしまうことになるわけです。

なので家では面取りした氷をできるだけ多めに詰めて、シェイクするのがコツだといえる。コンビニエンス店などで買った氷を面取りして上手にシェイクできたなら、ひょっとするとバーに負けぬほどのカクテルができるかもしれない。そんなことを意識しながら必要なだけシェイクする。シェイクするとシェイカーがきっちり冷えてくるので、シェイクのしすぎにはならないと思う。

さて、ウィスキー・サイドカー、名付けて「モンキー・サイドカー」ができましたよ。ただし、モンキー・サイドカーと言えるのはモンキー・ショルダーを使ったときだけで、他の場合はウィスキー・サイドカー。飲んでみると、予想した通りじつにうまく混ざっており、黙って出したらだれもこれがウィスキーベースのカクテルだとは思わないだろう。コワントローとレモンによる柑橘系の香りと、モンキー・ショルダーのフルーティさの調和が見事な一杯となった。


【付記】
● 予想通り、モンキー・ショルダーを使ったウィスキー・サイドカーはばっちりの仕上がりでした。だけど、モンキー・ショルダーはとても良いブレンドなので、ものすごく減りが早いのです。ほとんど飲んでしまった最後の最後、どうにか作ることができました。


≪ ジン・フィズへ  ?≫


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (7)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)