オペアンプたった1個の電池式プリアンプ 製作編(1) 穴あけと仮組

Pre_Shassis_01.jpg
電池式プリアンプの製作に入る。本体ケースとしてリード社のP-1を選んだ。W=200、D=150、H=60で大きさはちょうど良い。そこにそのまま部品を取り付けて完成としても構わないのだが、少し見栄えのことを考えてフロントパネルを貼り付けることにした。厚さ4mmのアルミ板を新潟の業者に発注し、寸法指定して切断まで行ってもらった。

ホームセンターなどでもアルミ板は手に入るけど、さすがにt=4mmは切断も手強く、切り端が出ても使いようがない。なので素直に業者に発注したほうがいいと判断した。幅205mm、縦65mmの注文で、送料を入れても1000円以内。また何かあれば利用させてもらおうと思っている。だが、寸法指定の切断だけお願いしたわけなので、仕上げはこちらで行わないといけない。

金属用ヤスリで少しずつ修正し、できるだけ綺麗な角度と表面に仕上げていく。本体ケースの穴あけ作業と同様に、純然たる肉体労働であるがこういう作業は嫌いではない。ある程度仕上がったら、最後にコーナーに少しRを付けておく。これは、とがったままだと危ないので面取りを兼ねてRを付けるわけだが、最近の製品はどうも丸くなりすぎているものが多いような気がしてならない。

Pre_Shassis_02.jpg修正作業ができたら、#320くらいの紙ヤスリをかけて表面に少し傷をつけておく。これは本体ケースと接合するため。本体ケースはすでに塗装済みなので、接合部分の塗装は剥がしておく必要がある。#100くらいの紙ヤスリで短時間にてさくっと仕上げたい。今回は100円均一店などで販売している「メッシュヤスリ」を使った。塗装をすべて剥がせたら#320の紙ヤスリで研磨しておく。

金属と金属の接合は初めての経験でよくわからぬので、ネットで調べてなんだか使えそうな「セメダイン スーパーXクリア」の一番小さなものをホームセンターで購入した。接合する前に接着面の油脂成分を取り除いておく必要がある。万全を期してトルエン(シンナー)でしっかり拭いた後、だめ押しのつもりでランプ用工業アルコールで拭き、よく乾燥させてから接合に臨む。

接着剤の説明書をよく読み、接合部分の両方に薄く塗った後5~10分放置し、接合する。瞬間接着剤ではないのである程度動かすことができるようだ。修正しながら、クランプの用意をする。写真一枚目はフロントパネルと本体ケースを接合し、クランプをかけているところ。そこまでするか、と自分でもちょっと笑ってしまうけど、クランプとハタガネなど総動員してがっちりおさえるようにしている。

Pre_Shassis_03.jpg接着剤の説明によると「約1~2時間で動かなくなり、約24~48時間で実用強度に達します(23℃湿度50%)」とあるので、2日間放置しておいた。パネルと本体は別口で作業したほうがいいのかもしれないが、穴の寸法(位置)がずれてないかとか、そんなつまらぬ心配をするくらいなら、一気に穴をあけてしまいたい、というのが本音である。2日後、クランプを外してみると、もう手では引き剥がすことのできぬくらいに接着されていた。

穴あけ位置はCADで作った図面をPDFにして印刷、これをケースに貼り付けてケガキを行う。何度やっても中心は微妙にずれるもので、あまり神経質になる必要はないと思う。その代わり、仕上げのラインをはっきり描いておきたい。キリで印をした(あるいはピンバイスで当たりを付けた)後、ハンドドリルに2mm程度のドリルビットを取り付け、穴をあける。後はステップドリルやテーパー・リーマーを併用して穴を広げ、部品を取り付けながらヤスリで仕上げていく。

それにしても、プッシュスイッチのために10φの穴を7個、正確な位置に、しかも綺麗に穴あけするのは至難の業である。どうせ中心はずれるものだからくよくよしない。ずれた穴を含めた最小の同心円を描き、手作業でヤスリを使って穴を広げる。真円に近いものができたら、改めてステップドリルで穴を広げていく。部品を傍らに用意して、当てはめながら穴を開けすぎないように気を付ける。写真二枚目は、穴あけ作業を終えたところ。

Pre_Shassis_04.jpg仮組をしておかないと、後で部品が収まらないと苦労することになりかねない。今回は多連プッシュスイッチを使用した事情もあって、ケースを天地逆に使用することになった。天板にすべてを取り付けた吊り下げ式にすると天地逆を回避できるが、その場合パネルのデザインを水平反転しなければならない。苦渋の決断だが、ケースを天地逆で使うのが手の打ちどころと判断した。もう少しケースを慎重に探すべきだったのかもしれない。

なお、これは重要なことで補足しておくが、拙機は0.8tのケース本体に4tのアルミ板を貼り付けたので、合計4.8tになり、可変抵抗器やロータリースイッチを取り付けるのが難しくなる。ねじ部は長さに限度があるからで、実はロータリースイッチの本体を少し削って(!)調整したことを正直に書いておきます。このような無謀かつ野蛮な行為は、本当はあってはならぬことであるのは言うまでもない。

フロントパネルの厚さは最大でも4mm未満、できれば3mm以内に収めるべきで、どうしても肉厚のパネルが欲しい場合は調節ノブの外径に合わせた穴をあけ、落とし込みにする必要があるでしょう。そして調節ノブを固定するレンチとの兼ね合いもあるのだから、肉厚パネルは完全に接着してしまうのではなく、着脱可能な方法で本体ケースに固定するのがベストでしょう。


【付記】
● ドリルで穴をあける際の切削油、使うと使わないではかなり作業効率に違いがあります。ホームセンターでそんなに高くない(というかあっけないほど安い)値段で売っていますので、ぜひ使ってみることをお勧めします。

もう一つは手袋。ヤスリをかける時など、手袋をはめると作業効率が上がります。えっ、そんなバカな、と仰る方は一度実行なさることをお勧めします。ただの「軍手」でも構いませんが、滑り止めが付いた手袋だと、一層作業効率が捗ります。サイズはできるだけフィットしたものがいいのは言うまでもありません。

≪ 電池式プリ・配線パターン編へ  電池式プリ・塗装と印字へ ≫


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)