『チャイナタウン』

『チャイナタウン』 (1974年、アメリカ映画、131分)

ChinaTown.jpg
原題:Chinatown
監督:ロマン・ポランスキー
出演:ジャック・ニコルソン、フェイ・ダナウェイ、ジョン・ヒューストンほか


舞台は1930年代のロサンゼルス、元刑事で私立探偵のジェイク(ジャック・ニコルソン)はモーレイ夫人と名乗る女性から夫の浮気調査を依頼される。夫ホリス・モーレイはダムの建設技師で毎日のように水源を巡って調査をしているが、ジェイクは彼が若い女性と会っている現場を撮影、依頼主に渡した。だが、その写真はなぜか新聞記事になっていた。

新聞を見た女性(フェイ・ダナウェイ)がジェイクの事務所にやって来て、自分はイヴリン・モーレイと言って新聞に掲載された男の妻であり、ジェイクを名誉棄損で訴えるつもりだという。最初の依頼人は偽のモーレイ夫人だった。ところが数日後、当のモーレイは排水溝から水死体となって発見された。調査目的で現場を再訪したジェイクは銃で狙われ、数名の男に囲まれ暴行を受ける。

偽のモーレイ夫人、新聞にすっぱ抜かれた写真、自分を訴えようとするイヴリン、あまりに唐突なホリス・モーレイの溺死。さらにジェイクは殺人現場でナイフで鼻に傷を負っていた……どうにも気が収まらないジェイクは独自に調査を開始した。ダム建設の裏に何かあると感じたジェイクは水道局を訪れ、事務所の壁に死んだモーレイと並んで写るノア・クロス(ジョン・ヒューストン)という地元の名士を見つけるが、彼はイヴリンの父親だった。

『チャイナタウン』を見たのはもうかなり以前のことで内容をすっかり忘れていたので、このたびレンタルメディア店で借りて見た。やはりわかりにくい、というのは今度も感じたが、これは入り組んだ設定に加えて、主人公の視点だけを追い続けて説明は一切抜きになっているからだろう。この手法は「ハードボイルド・スタイル」として知られており、主人公の一人称で書かれた小説(ヘミングウェイの短編や推理小説)によく使われている。

ハードボイルドというと『マルタの鷹』(1941)でハンフリー・ボガート扮するサム・スペードのようなタフガイのイメージがあるけれど、本作ではそこまでタフな主人公ではなく、ちょっと間抜けなところもある主人公に仕立てている。なにしろ鼻に傷を受け、包帯をしばらく張って動き回るジェイクである。かといって、コロンボ刑事のようにだらしなくなっていない微妙な立ち位置。

実際、着ている服を見てもベージュ系のジャケットに微妙な色のネクタイを合わせてなかなかお洒落に見えて、ちょっと見習いたいくらいの着こなし。ジェイクはポケット・チーフをクラッシュト・スタイルで飾るような人なんですね。よく見るとジャケットの背中にインヴァーテッド・プリーツが付いていますね。かといってノーフォーク・ジャケットほどカントリーじゃないデザインなのでたいへん珍しい物だと思う。美術スタッフが細部まで作りこんだのだろうか。

そしてイヴリン役のフェイ・ダナウェイは妖艶な雰囲気を醸し出している。ものすごく細く描いた眉がいかにもその時代という感じ。おまけにバーでジェイクと会う時に頼む飲み物が「トム・コリンズをライムで」とくる。彼女は科白を口に出しているだけなんだとわかってはいるけれど、やられましたね。ちょっと真似してみたくなるけど、オールド・トム・ジンがないのでゴードンかシーグラムなどに砂糖1~2tspとして材料をシェイク、ソーダで満たして仕上げると、それっぽくなるかも。

最後の悲劇は、脚本家と監督の間で意見が対立したのだとか。脚本家はどうしてもハッピーエンドに持っていきたかったが、それだと凡庸になる、と監督が反対、結局は悲劇的な最後になった。このため、映画全体が最後の悲劇に収斂するフィルム・ノワール的になっているともいえる。ハードボイルドでありながらフィルム・ノワール的でもある本作は『マルタの鷹』などをお手本にしたそうで、その監督だったのがジョン・ヒューストン。その悪役ぶりが印象に残る。

ちなみに、『チャイナタウン』という題名からすると、舞台がロサンゼルスにあるチャイナタウンであるかのようだが、同地が出てくるのは最終場面だけで、ほとんどはチャイナタウン以外の場所で話が進んでいく。チャイナタウンでは何にもしないのが一番いいのさ、とあるように、無力感や虚無感の象徴として「チャイナタウン」という題名が使われているのだろう。悲劇的な最後の場面でなす術がなかった主人公のやるせなさ、虚無感、そして無力感が後に残る。


【付記】
● ポランスキーが探偵映画を撮るとこうなるか、という感じで見ました。細部にわたる作りこみが見事で、今日見てもじゅうぶん楽しめる(?)内容だと思います。同時期に『ロング・グッドバイ』というチャンドラー原作の映画を、題名だけで借りたのですがなんだか散漫で、記事にする気になれませんでした。あのギムレットのエピソードをカットするなんて……


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)