『お熱いのがお好き』

『お熱いのがお好き』 (1959年、アメリカ映画、120分)

SomeLikeItHot.jpg
原題:Some Like It Hot
監督:ビリー・ワイルダー
出演:トニー・カーティス、ジャック・レモン、マリリン・モンローほか


エルヴィス・プレスリーがそうであったように、マリリン・モンローもまた私(乙山)にとって記号のような存在だった。アンディ・ウォーホルによる版画のイメージのほうが、スクリーン上のマリリン・モンローのそれより強かったという世代で、昔テレビで見たかもしれないが、ちゃんと見た記憶はなぜか少ない。あまりにも有名すぎる人は、かえって敬遠してしまうものだ。

『お熱いのがお好き』は数年前にテレビ放映したものを見た。大きく開いた胸とベアバックのドレス、ものすごく目立つ色の口紅と白っぽいブロンド、そしてあのホクロとあの歩き方……どういうわけか「少し頭が弱いセクシー女優」というイメージがあったけれど、見ているうちにマリリンって本当は頭が良くてかなり繊細な人なんじゃないか、と思えてくるのだった。

舞台は1929年のシカゴ、禁酒法時代である。サックス奏者のジョー(トニー・カーティス)とベース奏者のジェリー(ジャック・レモン)は、マフィアが抗争する現場を目撃したため、シカゴから逃げる必要があった。音楽の仕事をもらおうと仲介事務所を訪れるがなかなか見つからない。ちょうどサキソフォンとベース奏者を探している、という話があったが、全員女性の楽団だった。

そこで二人は女装し、ジョーはジョセフィンとして、ジェリーはダフネと名乗って女性楽団に潜り込むのに成功した。フロリダへ向かう列車に乗り込むとき、二人は同楽団の歌手でウクレレ奏者のシュガー(マリリン・モンロー)を見て一目惚れしてしまう。列車が出発し、二人がトイレに行くと、シュガーが携帯用金属ボトルでバーボンを飲んでいるんだけど、それを足の内側に隠す場面がたまらない。

列車の中でも楽団は練習をするが、マリリン・モンローが歌うと空気が変わってしまうほどである。決して上手なわけではない低めアルトで、ちょっとかすれたヴォーカルは少し高域に入るとヴィブラートがかかったように震える。素人丸出しのブレスがはっきり聞こえるが、これが何ともセクシーに思えてしまうのが不思議で仕方がない。ちなみに、今はブレスが聞こえるようにするのが「主流」になっている(?)んだろうか。

歌の最後で足を少し上げて決めのポーズをした瞬間、隠していた酒ボトルが床に落ち、見つけた楽団の女主人が「また飲んでるの、シュガー? 禁止のはずだけど」と詰め寄る。それは自分のよ、とダフネが助け舟を出したことでシュガーと親密になっていく。その後、寝台車両で各々寝ようとするのだが、シュガーは助けてもらったダフネにお礼をしようとバーボンのスキットルを持参してダフネのベッドへ行く。

それを見ていた女の子たちは「パーティーが始まった」と勘違いし、それが伝言ゲームのように伝わってダフネのベッドに食べ物やら酒やらを持って集まってくる。だれかがスウィート・ベルモットを持参していたのか、シュガーはマンハッタン(カクテル)を作ろうと言い出し、ミキシング・グラスの代わりに氷嚢を使ってやろうとするのが可愛らしい。「マラスキーノ」(チェリー)とかなんとか言ってますね。

フロリダに着いた一行は、ホテルに宿泊しながら演奏を行う予定だが、演奏は夜のディナー・タイムなので、それまで自由時間になった。さっそく海水浴を、という流れになったが、ジョセフィン(ジョー)は海水浴に行かずに巨大石油会社の御曹司に成りすましてシュガーに近付き、彼女の心をつかむ。一方、ダフネは心あらずも本物の大富豪に気に入られてしまう。

途中まではそんな感じだけど、ジョーがシュガーを落とす駆け引きが巧いですね。ジェリーから大富豪がクルーザーで待っている、という情報を聞いたジョーは、ちゃっかりそれを利用してシュガーと桟橋で待ち合わせ、クルーザーで二人きりに。で、自分は感じることがないんだ、なんて言って思い切り引いて見せるわけです。するとシュガーは私を試してみない? と積極的になるんです。その後のキス場面は見せ場の一つでしょう。

もう一つ言えることは、やはりジャック・レモンとのコンビが良かった、ということだろう。彼とコンビで行動することで、マフィアから逃げ回るドタバタがより面白いものになったのだし、ジャック・レモンがいてこそ最後の名セリフ "Nobody's perfect." が引き出されたのだろう。この後のジャック・レモンの活躍を見ても、いいキャスティングをしたなあと感心してしまう。

女性楽団の演奏場面で、モンローは「I Wanna Be Loved By You」を歌うんだけど、テレビCMでも使われているのでご存知の方も多いと思う。これがまたものすごく印象に残るんですね。マリリン・モンローって本当にすごい女優なんだと改めて思った。オーディオの音源としては見向きもしなかったんだけど、マリリン・モンローのCDが欲しくなってしまった。


【付記】
● 『お熱いのがお好き』はモノクロ映画ですが、年代からするとカラー映像でないのが不思議なくらいです。この映画がモノクロである理由はおそらく男優二人の女装でしょうね。カラー映像だったら生々しくなってしまって、見るのがきつくなるかもしれません。モノクロにして大正解の映画だと思います。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マリリンモンローを好きなのは私よりも二世代上ぐらいの方々って感じでしたね。
私なんぞはもうひとつピンとこないんですが、私が就職したての頃、件の方々の話を聞くと、かなり熱いものを感じましたね。それと、どういうわけか、我が奥さんが彼女のことが大好きで・・・テレビで彼女の映画が放送されると必ず見るんで、いつもお付き合いしています。なんでも・・・「かわいいひと」なんだそうで・・・

プレスリーの方は、亡くなったのが私が高校生の頃のことで、結構大きく報道されていたのを覚えています。その頃はもう盛りを過ぎていましたが・・・誰でも知っている名前でしたからね・・・

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
仰るように、主に1950年代に活躍して、60年代の初めごろに亡くなった人ですからね。
だけど、見るとものすごいオーラがあるような気がして、
マリリン・モンローの他の映画も見なくては、と思うようになりました。

奥様だけではなくて、乙山も彼女を「可愛い人」だと思いますよ。
マリリン・モンローの隠れファンになってしまいそうです。
レンタルメディア店にたくさんあるといいんですが……
ふだんあまり立ち寄らない「コメディ」とか「恋愛」のカテゴリーを探してみます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメントSさんへ

了解
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (7)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)