ちゃんぽん調査隊(11)



〈遊歩者 只野乙山〉 冬季限定企画
【ちゃんぽん調査隊】



TaikohHanten_AnkakeChampong.jpg
異動の関係で、所用で堺東に来ることはもうないだろうと思う。最後の日、午前中で仕事を終えたので昼からフリーである。こんなとき、すかさず立ち飲み屋に行ったりすることもあるが、ちょっと迷った。そう、あの店、あんかけちゃんぽんが450円の〈太興飯店〉のことが頭をよぎった。だが今日は難波で降りて電子部品を買う予定もある。歩き回る距離が多くなり過ぎはしないだろうか。

そんなふうに色んなことを考えながら堺東銀座商店街をぶらぶら歩いた。〈スイス〉でさっとピラフを食べて済ませるのも悪くない。最後にもう一度〈モナミ〉で特製ヤキメシを食べるっていうのはどうだろう。〈源ぺい〉でてんぷらと寿司をつまみながらビールを一杯なんていいじゃないか。じつは昼からやっている串かつ屋や立ち飲みを知っているが、踏みとどまって堺東銀座商店街の入り口付近にある煙草屋でオレンジ色のBiCのライターを買った。

12時を過ぎているのになんでこんなにぶらぶらしているかというと、12時台に入店したくないからである。以前それでひどい目にあったことは記事に書いた。昼から仕事がある場合、とにかくどこかで食事を済ませる必要があるが、今日は自由の身。時間はいくらでもあるわけで、午後一時くらいに入店というパターンにしたい。えっ、ていうことはまだ〈太興飯店〉に行く気があるのか?

いつしかバルマカーン・コートのポケットに手を突っ込んで、西へ向かって歩いていた。空は晴れわたってまことに気持ちがいい。最後なのだから、ゆっくり歩いて風景を目に焼き付けておきたい。「おしゃべりダック」という意味不明な名称の「ホテル」を横目に通り過ぎる。だが最初に遠くから見たとき、それをちょっと違う別の言葉だと思い込んでしまったことを正直に書いておこう。

堺山之口商店街を横切るとき、〈力餅食堂〉が目に入った。いつかそこで中華そばを食べるつもりだった。〈中央軒〉も一度は利用したかったし、〈味亭〉も興味はあったが入店できなかった。ラーメン店も含めると、堺には相当数の中華料理店がある。一年間ではそのすべてを網羅できなかったが、週に一度だけでは仕方がない。それにしても堺は面白くて素敵な町だ。

〈太興飯店〉に到着したのは12時50分頃。もう少し時間があるので南海本線堺駅の高架下周辺をぶらぶらし、卸売市場にも足をのばしてみたが、昼過ぎだけあってまったく閑散としていた。〈太興飯店〉に入ってみると、客はだれもおらず、いつもと違った席に座った。メニューもちゃんとある。見ると、「チャンポン」と「あんかけチャンポン」は別に書いてある。「あんかけチャンポン」を頼んだ。

ほどなくして料理が来ましたよ。もう仕事は終わったんだからビールを頼んでもいいのだが、ちゃんぽんを全部食べるとかなり腹いっぱいになるので無理である。豚肉、海老、イカ、キクラゲ、キャベツ、モヤシ、葱、人参と野菜たっぷり、それがしっかりとろみのついた中華あんと一緒になっている。しょうゆは薄目ですね。麺は中太の縮れ麺、長崎ちゃんぽん流の太麺でないのがいい。

これを、ゆっくり時間をかけてすべて食べ切るのだ。途中でジャケットを脱ぎ、シャツの袖をまくり、ネクタイをぬるめて対応しないと汗が出て困る。いや本当、ちゃんぽんは体の芯から温めてくれるし、これ一杯で他は何もいらないほど完結している。ずば抜けて美味しいとか、そういうわけではないんだけど、この店の料理はたいへん気に入っている。しかもこれで450円、じつに幸せな気分になって店を出た。


【付記】
● 結局、堺でいちばん多く通ったのが〈太興飯店〉になってしまいました。同店では「ラーメンとチャーハンのセット」、「ちゃんぽん」、そして「あんかけちゃんぽん」のすべてを味わうことになったのです。堺ではまだ行っていない中華料理店もあって、この町に来なくなるのが残念になってしまうほどです。


≪ ちゃんぽん調査隊(10)へ  ちゃんぽん調査隊(12)へ ≫


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>堺東に来ることはもうないだろうと思う

いろいろと名残惜しそうですね。
堺の町だったら、お店の数も多いですからさぞや行き逃したお店も多いでしょう。
私の職場、都祁なんてお店の数は知れたもの・・・昼食に適当なお店なんて、五店もありませんからね・・・いざ転勤となってもそんな心配はありません。

そうそう・・・じつは堺の方にずーっと気になっていたお店があって・・・わざわざ堺まで行くこともないんで気になったままなんですけど・・・堺のイオンモール内にある「うまい鮨勘」というお店なんですけどね・・・私の地元発祥のお店で・・・・そのうち一度はと思っているのですが・・・

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いや本当、名残惜しいですねえ。
週に一回しか用事がありませんでしたが、それでも、楽しみでした。

まだあれこれと、行ってみたい店がたくさんあるんです。
堺は散歩するのにいい街でしてね、道路が広くて、道がきれいなんですね。
大阪のような猥雑さはあまりなくて、独特の雰囲気があります。

都祁は縁者がいらして何度か行ったことがあるんです。
大阪からだとやはり西名阪からそのまま東名阪、針まで車で行くのがベストかな。
間違いかもしれませんが、針のインターあたりに何軒か店もあるでしょうね。
たしか餃子の王将もあるんじゃないでしょうか。

堺のイオンモールは全くチェックできていません。
何しろ、堺東中心でしたからね。

No title

只野乙山さん、こんにちは~。
写真はのあんかけちゃんぽんは、たっぷり入っててお腹いっぱいになれそうですね。
とろみみも画像かrた
(^◇^)
お安くて、ボリュームたっぷりですね。

異動になられたのですか?
春は忙しくなりそうですね。
お体お大事になさってくださいね。

Re: かえるママ21さん

かえるママさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
これはね、もうお腹いっぱいになりますよ。
だから、ビールを頼むこともできません。
全部、食べ切ることができるのがちゃんぽんの良い所なんです。
しかもここのちゃんぽんは、450円!

まあ、毎年あることなので、異動と言って騒ぐほどでもないんです。
他の都道府県に何年か行け、というのとはわけが違います。
お気遣いありがとうございます。

No title

離れゆく街への想いは
例え 食いしん坊が伴う雑記な
事であれ、その街を慈しむ愛に触れた
記録は 自身の事の様に熱く
わたくしには感じ取れました。
これからも
乙山殿の世界観を次の街でもまたご披露
頂けるのをドキドキしながら楽しみに
しております。
どうかまた、やらかしてください。
楽しみに待っております。(^○^)





No title

 450円で腹一杯になるというちゃんぽんは魅力的ですが、年
を取るとこの外食というやつがくせものだから困ります。

 四泊の出張から帰ると3キロも体重が増えていましたよ(笑)。
どうも一番の原因は昼食のようです。代謝は衰えるし、ちゃん
ぽんは食いたし、どないしましょ?

Re: 四の字硬目さん

四の字硬目さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いや本当、堺はいい街でして、なにか後ろ髪を引かれる思いです。
環濠都市の周辺ばかりでしたが、他にもたくさんあるんですね。

今年はどうやら、神戸の三宮・元町に行くことになりそうです。
中華料理店がたくさんありすぎて困る(?)くらいです。
良いバーもたくさんあって、こちらも楽しみです。

Re: 薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
このちゃんぽんは、おそらく今まで経験した中で最安値だと思います。
いったい、いつの時代なんだ、と言いたくなるような感じです。

仰るように、外食は難しいですね。
家にいる時のように質素にするには誘惑が多すぎますしね。
出張に行くと太るというのは多くの方が経験しているのではないかと想像します。

乙山も気を付けよう、とは思っているのですが……

No title

東京で、この昔風チャンポンを探すのは至難の技かもしれません。
街の中華屋自体がないんですから。
ラーメンが専門店化したのと、ネイティブによる中国料理が増えたのが原因でしょう。

あと、広東麺ですね。片栗系は。

なんだか、高校性時代の記憶ですね。これらは。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうですか、昔ながらのちゃんぽんはそちらにはないんですね。
「町の中華料理屋さん」がないというのが寂しい気がします。
首都圏すべてがそうなんでしょうかね。

広東麺、逆にこちらではあまり見かけません。
一軒、広東麺に極めて近いちゃんぽんを出す店があって、
次回はそこにするかもしれません。
暖かくなってきたようなので、「ちゃんぽん調査隊」もしばらく活動休止(?)です。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (7)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)