『Love Letter』

『Love Letter』 (1995年、日本映画、117分)

LoveLetter.jpg
監督:岩井俊二
音楽:REMEDIOS
出演:中山美穂、豊川悦司、酒井美紀、柏原崇ほか


舞台は神戸、雪が降る中を若い女性・渡辺博子(中山美穂)が歩いていく場面から映画は始まる。彼女は山で遭難した婚約者の藤井樹(ふじいいつき)の三回忌の帰り道、彼の母親に誘われて婚約者の中学時代の卒業アルバムを見せてもらった。アルバムには彼が昔住んでいた小樽の住所が書かれており、博子はふと思いついてその住所を自分の腕に書いた。返事は来るはずもないが、だからこそ、天国にいる藤井樹に宛てて、手紙を書いて出した。

一方、小樽では図書館に勤務する若い女性・藤井樹(中山美穂)のもとに、渡辺博子という覚えのない人からの手紙が届いた。文面は、拝啓藤井樹様、お元気ですか、というもの。樹はどうしても差出人のことが思い出せないが、ひょっとしたら昔どこかであった人かもしれないと思い、パソコンを使って手紙を書き、投函した。文面は、拝啓渡辺博子様、私は元気です、ちょっと風邪をひいています、と。

こうして、来るはずのない返事が来てしまうという珍事が起った。戸惑う博子だったが、なんだかうれしくなって風邪薬を同封して再び手紙を出すのだった。死んだ藤井樹の友人で博子に好意を寄せるガラス工芸師の秋葉(豊川悦司)の気持ちもよくわかり、自分も秋葉に好意を持ちかけてはいるものの、どうしても死んだ婚約者が心に残り続ける博子。秋葉は、いっぺんそいつを見に行ったろう、と博子を誘って小樽へ行く。

とまあ、こんな感じで進んでいくのだが、岩井俊二監督には珍しく(?)、いかにも日本映画という感じに仕上がっている。随所に岩井流の映像の美しさはあるのだけど、やはり日本映画だなあ、と感じた。どこをどうすれば「日本映画」になるのか、「日本映画」とはどういうものか、はっきりつかめていないのだが、やはり本作は日本映画以外の何物でもない映画になっている。それがなぜなのかはわからない。

一人二役、ということもあるのだろうけど、本作では中山美穂の魅力をうまく出していると思う。美しい、というよりは「ほっこりと可愛らしい」感じだろうか。図書館で勤務している小樽の藤井樹の役がぴったりはまっているというか、地のまんまの演技のように感じるのは私(乙山)だけだろうか。どこかお茶目で可愛らしい女性、どちらかというとコメディー系が一番よく似合う女優じゃないかと思う。

一方、脇役だけど豊川悦司には何かとても惹かれるものを感じた。顔はそんなに美男子、男前じゃないけれど声がいいんですね。低いところに伸び切ったバリトン・ヴォイスっていうんでしょうか。しかもずっしりとした重さがある。もし自分が女性で、あんな声で耳元でささやかれ、耳を甘噛みされでもしたら、もうヤバいでしょうね。関西出身だけあって、関西弁の発音もかなり自然に聞こえてさほど抵抗がなかった。

だけど「ひろ子」の発音、あれはどうなんでしょうね。ああいうふうに先頭にアクセントをおかない言い方はかなり古いタイプのもので、大阪市生まれの私でもめったに聞いたことがない。吉本新喜劇の中とか、相当年配の方でないとねえ。今の大阪弁でも、「よし子」「ひろ子」「れい子」などはふつう先頭にアクセントをおいて発音するものだと思いますよ。本当は神戸と大阪って微妙に違う話し方をするものなんです。

結局、秋葉と博子の関係は進展しないままエンディングを迎えるんだけど、そこがいいのかもしれない。そして中学時代の藤井樹(男)が、ひそかに藤井樹(女)に恋心を寄せていたことが示されるのも、なんて淡い純情だろうかと少し恥ずかしくなってしまうほどである。この純情は日本以外でも大いに話題になって、ロケ地の小樽には外国人観光客が多数訪れたという。岩井監督の作品中、最も興行的に成功した一本だそうである。


【付記】
● 岩井俊二監督の映画にはかなり危険な部分(暴力、性、薬物)と悪趣味(グロテスク)な部分が付き物だと思っていましたが、本作はそういう部分が一切なくて、あれっ、と思ったほどでした。ああ、こういう映画も撮るんだな、と意外な感じがしました。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うちの家内は、尼崎生まれの尼崎育ちです。
「みちこ」という名で、名前を言う時は、普通に先頭にアクセントがありますが、「みっちゃん」と言う時は、「ち」にアクセントがきます。僕は東京生まれの東京育ちでしたので、それが妙に新鮮でしたね。

面白そうな映画ですね。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうそう、「ちゃん」を付ける場合、関西では先頭にアクセントを置かず、
「ち」にアクセントが来ますね。

カネテツデリカフーズの「てっちゃん」は、CMでは「てっちゃん」ですが、
関西ネイティヴでは「てっゃん」なんですね。
あっ、そもそも「てっちゃん」のテレビCMご存知でしょうか?

これは可愛らしい映画でしたね。

No title

乙山さん、今晩は。

実はこの映画、大阪の友人がヴィデオを送って下さって観た事があるんです。
なかなか面白いストーリーでした。
最後のほうで、雪の中、彼女が大声で叫ぶシーンで、彼が背後で発する大阪弁の一言がとても印象的でした。なんだかほんわかした感じで。

それから「トイレの花子さん」「キラキラひかる」も続けて観たので、豊悦という俳優を認識しました。
ハンサムではないのに、気になるのはやはり声がいいからかもしれませんね。

Re: まん丸クミさん

まん丸クミさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
この映画、岩井監督にしては珍しい作風だと思います。
グロテスクなものが一切ありませんし、仰るようにほんわかした感じですね。

豊川悦司は何とも不思議な存在感がありますね。
それほど男前ではないのですが、なぜか魅力があって、
男でも何か惹かれるものを感じます。声もいいんですよね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/11 (6)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)