雷こんにゃく

KaminariKonyaku.jpg
無性にこんにゃくが喰いたくなることがある。仮にそれを「突発性こんにゃく渇望症候群」とでも名付けておくが、とにかくこんにゃくが喰いたくてたまらない。そんなバカな、と人は思うだろうが、私(乙山)はすき焼き風煮にも糸こんにゃくが入ってないと気が済まぬ人間である。駅前のスーパーマーケットに板こんにゃくが89円で販売していたので、つい二つもつかんで買い物かごに入れてしまった。

よく「ピリ辛こんにゃく」を作って食べている。ゴマ油で豆板醤を炒め、薄切りにしたこんにゃくを投入してさらに炒め、酒・醤油・みりんで味を付ける簡単料理である。今回もそれにしようかなと思ったが、よく似た料理に「雷こんにゃく」というものがある。上述のピリ辛こんにゃくのように豆板醤は使わぬ代わりに、唐辛子を炒めて辛みを出すもので、好みで一味(七味)唐辛子を加えることもある。

今回は「雷こんにゃく」にしてみよう。しかも乙山流横着の極みということで、できるだけ手軽にできるよう工夫する。ピリ辛こんにゃくも雷こんにゃくも、少し汁を残した状態で仕上げ、それを器にとって冷ます段階で味が染みていく。だったら、初めから味を染み込ませたこんにゃくを、炒めて仕上げればいいではないか? このやり方だと、炒め終わったらすぐ食べられるという利点がある。

料理に取り掛かる。まずこんにゃくの表面に軽く切れ目を入れる。こんにゃくをまな板の上に置いたら斜め45度に軽く細かく切れ目を入れ、今度は方向を変えて初めの切れ目に90度交差するように包丁を入れる。思ったよりこんにゃくは切れてしまうので、軽く入れるのがポイント。だけど、別に切れ目を入れなくたっていいんじゃないかとも思う。おでんのこんにゃくに切れ目は入っていないものが多いけど、だからと言って味が染みていないわけではないでしょう?

こんにゃくの大きさは好みでいいと思うが、今回は短辺を四等分してこんにゃくを細長い棒状にし、それを揃えて四角のこんにゃくを切り出していく。指でちぎったほうが旨いという人もいるだろうし、大きくごろっとしたのが好き、という人もあるだろう。好みに応じて、いろんな形の雷こんにゃくがあっていいと思う。全部切ってしまったら、数分間ゆがいておこう。

ゆであがったこんにゃくを笊(穴あきボウルとかストレーナー)にとり、まだ熱いうちに保存容器に移し、そこに市販のめんつゆ(そばつゆ)を注ぎ入れ、そのまま放置する。味の染みる目安はだいたい3時間くらいだろうか。私など、半日くらいそのまま放ったらかしにすることもあるが大丈夫である。時間がない場合は1時間くらい漬け込んだものを炒めて、その後煮汁を入れて煮切ってしまえばよい。

じゅうぶん味がしみ込んだこんにゃくを再び笊などにとって水気をきりがてら、しばらく放置しておく。これも、面倒くさい場合はそのまま料理に取り掛かって構わない。フライパンなどにゴマ油を入れ、唐辛子一本を輪切りにしたものを炒め、こんにゃくも炒める。辛いのが好きな人は、初めから唐辛子を投入して、辛みをゴマ油に移してしまうのがお勧め。辛いのが苦手な人は、こんにゃくを炒める途中で唐辛子を入れるようにするとよい。

中火でのんびり、こんにゃくの表面に多少焦げ目がついてもかまわない、くらいの感じで炒める。好みにもよると思うが、ある程度炒めこんだ方がいいかもしれない。かなりピリッと来るのが好きなので、ここでさらに追加の一味唐辛子を投入して出来上がり。味はじゅうぶん付いていると思うが、味見をして薄いようなら、酒・醤油・みりんで味を濃くする。または、めんつゆを追加して炒め煮にするといいのではないかと思う。

好みにもよるが、初めに唐辛子の輪切りを炒め、最後に一味唐辛子を投入した場合、かなり辛くなる。なので最初の唐辛子の輪切りだけか、最後の一味唐辛子だけか、どちらかに絞ったほうがいいのではないかと思う。いやホント、冗談抜きで辛いですよ。いわゆる「激辛」が好きな人は大丈夫だろうけど、あまり辛すぎるのも困りもの。最後にしょうゆとみりんを加えて、「照り」を付けるようにすると味が決まると思う(写真はそれをしていません)。

今回は黒っぽいこんにゃくを選んだので、それが引き立つように白っぽい器に盛ってみた。食べてみると、ううむ、なかなかピリッとくるではないか! だけど味はじゅうぶん染み込んだこんにゃく、なかなかいけますよ。ビールにも、日本酒にもぴったり合うんじゃなかろうか。汁気は全くないけれど、保存容器に入れて冷蔵庫で3~4日は持ちます。風呂上がり、とりあえずビールで一杯、というときや、もう一品何か欲しい時など重宝しますね。


【付記】
● 一人で板こんにゃく2枚もどうするんだ、という声が聞こえてきそうですが、けっこう消化してしまえるものです。こんにゃく好きの家族(?)なら、あっという間になくなってしまうかも。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なかなかうまそうな代物ですなあ・・・
今度挑戦してみます。

私の場合こんにゃくと言えば味噌田楽。
子どもの頃おでんと言えば、基本的にはこっちの方をさしていました。
祭りの時にも売っていました。
確か5円だったかな。そんでもって、その時同時にくじ引きをして当たればもう一本。一度も当たったことは無いけれど・・・楽しかったなあ・・・

No title

松尾芭蕉がこんにゃく好き、というエピソードがあります。
その話を聞いてから、ダイエットもかねて、僕はこんにゃくを食べるようになりました。
コンビニおでんを買っても、三角のこんにゃくと白滝は買ってしまいます。
関東では、群馬が有名な産地です。うまいっす。

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
今回のは、切って、ゆがいたらめんつゆに漬け込むのがポイントです。
後はそれをじっくり炒め、最後に照りを付けます。
あまり辛くし過ぎないのも大事です。
味噌田楽もいいですね。こんにゃくの食べ方の王道でしょうね。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、こんにちは! コメントありがとうございます。

> 松尾芭蕉がこんにゃく好き、というエピソードがあります。

それは知りませんでした。乙山もこんにゃくが好きなのですが!
おでんで三角のこんにゃくと糸こんにゃくを結んだものがあれば、
後者を選んでしまいます。これって「白滝」のことですよね?

群馬のこんにゃくは有名ですね。
話がそれますが、かんぴょうも今では関東の一部でしか生産されてないのでは?
巻き寿司を、自分で作る計画を立てています。

No title

かんぴょうは栃木県名産です。
寛平だけだと、何がうまいのかわかりませんが
海苔巻にした時はやはりかんぴょうがメジャーです。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、再コメントありがとうございます。
やはりそうでしたか、かんぴょうは昔関西でも作られていたそうで、
その名残が「木津巻き」という言葉に残っているようです。
ああ、巻き寿司が作られるようになりたいものです!

No title

突発性こんにゃく渇望症候群・・・わかる気がします、その感じ(笑)
私の場合、「慢性こんにゃく依存症」に近いかな?
和風の煮物・汁物にとりあえず入れてしまうんですよね~(^^;)
こんにゃく単体の炒め物はほとんどしないのですが、この雷こんにゃくは
しっかり味が染みていて美味しそうですね!
しかもノンカロリーで食物繊維豊富なこんにゃくとカロリー燃焼に
良いらしいカプサイシンを含んだ唐辛子の組み合わせ・・・
ダイエッター且つ飲兵衛の私には打ってつけの一品、またチャレンジ
しなきゃです(笑)

Re: zumiさん

zumiさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
めちゃくちゃ好き、というほどでもないんですけど、
ふっと、こんにゃくが食べたくなることがあるんですよね。

> 私の場合、「慢性こんにゃく依存症」に近いかな?

ああ、なるほど。乙山は「慢性アルコール依存症」に気を付けないと。
ある必要から、なんて言って、酒飲みに歯止めがかからなくなると、
本当に危ないですからね。

唐辛子のカプサイシンのことは気が付きませんでした。
仰るように雷こんにゃくは、なかなか良い組み合わせのようですね。
唐辛子は初めに炒めるか、後で一味を振り入れるか、
どちらかだけにしたほうがいいですよ!

No title

乙山さん、こんばんは。

最近どういうわけか、アジア系のお店でこの板こんにゃくが売っていません。
以前は売っていたのに、最近は糸状のものばかりなの。やはり遠出して日本食料品店までいかねばならないのか。

このレシピーにはやはり、ぶつ切りの方が美味しそうですね。食事がすすみすぎて御飯を沢山食べてしまいそうです。また黒っぽいこんにゃくの方が自然な感じでおいしさが増す感じがしますね。

Re: まん丸クミさん

まん丸クミさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ううむ、やはりカナダでは板こんにゃくはないんでしょうね。
売れるものを残して、売れないものは仕入れなくなっていくシステムでしょうから、
海外におけるこんにゃくも消えゆく運命なのかもしれませんね。

最後にしょうゆとみりんで「照り」を付けたら、ご飯のおかずにもなります。
もっとも、これは酒のあてのつもりで作っているんです。
たしかに、黒っぽいこんにゃくのほうが、これには合っているようです。
また近所で売り出されるといいですね!

^^

雷おこしならぬ雷こんにゃく。
ピリ辛大好き人間としては。
是非ともマネしてみたいところです。

こんにゃくはステーキにして食べていました。
熱く焼いたこんにゃくに醤油をかけた時の。
あの香りが堪らないんですよねぇ。
なんて書いていたら。
猛烈にこんにゃくが食べたくなりましたw^^)/

Re: ^^ ; waravinoさん

waravinoさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
雷こんにゃくって、なんで雷なのか知りませんが、
ピリ辛味からそう呼ぶのか、炒めるときにこんにゃくが出す音から来るのか、
どちらかじゃないかと思います。

こんにゃくステーキって、なんかいいですね。豆腐ステーキとか。
やはり「たれ」がポイントになってくるんじゃないかと。
しょうゆと、砂糖またはみりんで甘辛くするのが良さそうですね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/11 (6)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)