南海本線堺駅周辺を歩く(1) 中華料理 太興飯店

Taikoh_Hanten_01.jpg
12月某日、南海高野線堺東駅周辺に所用で来ている。高野線の堺東を西へ進むと、阪堺軌道の路面電車があり、さらに西に進むと、ついに南海本線堺駅へ至る。時間の都合から、路面電車までを行動範囲と限定していたが、ついに路面電車を横切って、堺方面まで歩いてみた。休日のお気楽散歩ではなく、時間に限りがあるのでそんな悠長にしていられない。すでにgoogle地図で中華料理店の所在を確かめてある。

なんでそうなるんだ、という声が聞こえてきそうであるが、中華料理が好きなんだから仕方がない。google地図でも確認できるが、堺の町はじつに整然としていて、縦横の一本道がずっと続いている。阪神高速沿いの土居川公園と「ホテル」が並んでいる道を右折し、しばらく歩くと〈ふあんてん〉があり、さらに進むと〈味亭〉がある。山之口商店街をぬけて路面電車を横切り、同じ道を歩き続けると〈泰平樓〉に至る(全部中華料理店。笑うしかない)というわけだ。

〈泰平樓〉でもいいかな、と思ってメニューを見ると、ラーメンとチャーハンのセットがないではないか。ううむ、これはどうしたものか、ともう少し歩を進めてみた。環濠の西側の縁を流れる内川を渡った所に、おやっ、中華料理店があるではないか! これはgoogle地図に載ってなかった店で、近寄って見ると〈中華レストラン 太興飯店〉とある。もうここで入店することに決めた。ここまで、堺東から徒歩で約25分の距離である。

Taikoh_Hanten_02.jpg「中華レストラン」は初めて見聞きした感じがする。文言だけ見るとなんだかお洒落そうな雰囲気だが、実物はレトロスペクティヴというか、たんに古びた(失礼)だけという感じなんだけど……メニューを見て驚嘆。ラーメンが380円、ちゃんぽんが450円って、いつの時代なんだ! この店は1970年代から時が止まって、同じ時間を円環状に何度も繰り返しているような、まるでSF映画に出てきそうな不思議な感じがした。

迷わず「ラーメン定食=ラーメンとチャーハンのセット」を頼んだ。奥の座敷には建築あるいは土木関係と思われる数名が陣取っていて、そこに料理が運ばれていくのを見ると、チャーハンがものすごい山盛りになっている。やはりしっかり身体を使って働くにはそれなりのカロリーが必要なのだ、食べる量からして違うわい、自分は食べ過ぎに注意しないとなあ、とかあれこれ考えているうちに料理が来ましたよ。

まずはチャーハンだが、わりと分量があるじゃないか。ラードをしっかり使った、これぞ中華のチャーハン、という感じだ。いささかべっちょりしている感じがしないでもないが、こういうチャーハンは嫌いではない。だけどちょっと塩気が強いかなあ。ラーメンも来たので見ると、何とも古典的な、もう「中華そば」とでも呼びたくなるような風情。じつに透き通ったスープに中太の縮れ麺、焼き豚に葱、モヤシと定番中の定番といえる具材である。

Taikoh_Hanten_03.jpgこのようなあっさりしたラーメンは、チャーハンがわりとこってりしているので合わせるのにちょうど良い。個人的には、麺はもう少し細めでストレートなのが好みなんだけどそんなに悪くなく、しょうゆをたくさん使っていないところがいい。ごく普通のラーメンという感じで、当節流行のラーメンを好む人からすると、まず間違いなく「普通すぎて物足りない」と感じるのではないかと想像する。だが自分は、こういうふつうの、昔からあるようなのが好きである。

堺東銀座商店街の中にあるラーメン店や、喫茶店〈スイス〉の前に新しくできたラーメン店のいずれも試してみたが、あまり感心しなかった。正直、魚介系スープとやらにうんざりさせられ、またお前か、と思わずつぶやきそうになるくらいである。それらの店にまた行こうとは思わないが、ここはまた来てもいいかな、と思う。だって、「ちゃんぽん調査隊」として、ちゃんぽん=450円って、食べぬわけにはいかんでしょう! どんなちゃんぽんが出てくるか、じつに楽しみである。


【付記】
● ラーメンとチャーハンのセット=650円には驚きました。おそらく近隣では最安値にちがいありませんが、安いから良い、というわけではありませんし、本来良い物に値段は関係ないのです。話のついでに書いておくと、池田の〈若水〉のそれは600円(2014年12月現在)です。乙山は〈若水〉の隠れファンになってしまいまして、たまに利用しています。

年末年始はなぜか妙に多忙で、年内の記事はこれで最後になるかと思います。それでは皆様、元旦にお会い(?)しましょう。どうぞよいお年を。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昔堺駅近辺に住んでいたので、この南海線シリーズは
他の記事とはまた違う楽しみがあります。
お店自体は私の知らないものがほとんどですが、知っている
地名が出てくるだけでなんとなくうれしいんですよね~♪

今年も楽しい興味深い記事をたくさん読ませていただき
本当にありがとうございました!
来年も楽しみにしていますのでがんばって下さい(^^)
ではお体にお気をつけて、どうぞ良い新年を!!

Re: zumiさん

zumiさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうでしたね、御実家が堺のほうにあると以前伺っておりました。
こうして歩いてみて、堺ってなかなかいいなあ、と思ったんです。

本当に碁盤の目のように整備されていて、
一本道がずっと続いていますね。
「フェニックス通り」ってあるけど、本当にフェニックスが植えてある。

楽しい一年でした。
だけど、なんだか異動で堺東を離れそうな感じがしてきました。
そういうもんなんですね。
zumiさんもお身体お大事に、良いお年を。

No title

こんばんは。

そうですか。今年の記事はこれが〆でいらっしゃるのですね。^^
本年もお世話になりました。
いつも私が、政治的記事などでテンパッていると(笑)、遠くから
多少の不安を抱きつつも見ていてくださる優しいまなざしを感じ(勝手に
そう感じている。笑)
ありがたく思っております。^^
これからも、渋い大人の記事の数々、楽しみにしています。

また、新しい年に。
来年もまたどうぞよろしくお願い申し上げます。
よいお年をお迎えください♪


Re: 彼岸花さん

彼岸花さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
年末の悪事/茶番については絶句しております。

名状しがたい後味の悪さが残りましたが、
庶民はそれでも生きていかねばなりません。

好きなことだけを書こう、と決めたウェブログですので、
たいへん能天気に見えるかもしれませんが、
人知れぬところで血と涙が流れているのです。
とくに今年は、ありえないほど大変でした。

よく立っているなあ、と自分でも思います。
だけどまあ、そんなことはどうでもよくて、
彼岸花さん、どうぞよいお年を。来年もよろしくお願いします。

No title

今年も一年間お付き合い頂きまして有り難うございました。

私の方も一時期全てを放り出したくなるようなこともありましたが、何とか1年間継続することが出来ました。
これも私のブログを訪れて頂けるからやれたことで、深く感謝致します。

来年も宜しくお付き合い下さいませ。
どうぞ良いお年をお迎え下さい。

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
こちらこそ、お付き合い頂きまして有難く存じます。
仰るように、ウェブログは更新が面倒ですが、
来て頂く人がいる、と思うと、また書こうかと思う力が出てきます。

有難いことだと、心から思います。
来年もどうぞよろしくお願いします。
どうぞよいお年を!

No title

こんにちは。
今年も色々と楽しい記事をありがとうございました。チャーハン一杯食べましたか?
良いお年をお迎えください。

Re: yuccalinaさん

yuccalinaさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
この店のチャーハンは、まさに「中華のチャーハン」という感じで、
たいへん満足しました。今度は、ちゃんぽんを食べるつもりです。
yucclinaさんも、どうぞよいお年を!

No title

今年もお世話になりました。
いつも楽しい記事でした。時にマニアックで、乙山さんワールドが独特でこれぞブログだと思ってました。
来年も、楽しみにしてますね。
良いお年をお迎え下さいませ。

Re: かえるママ21さん

かえるママさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
大したことを書いているわけではないのですが……
自分ではそんなにマニアックではないと思っているのですが、
外から見ると、また違うのかもしれませんね。

来年は酒(ウィスキー)とオーディオにかなり傾く気配です。
これも事情がありまして、そうする必要があるのです。
かえるママさんも、どうぞよいお年を!

No title

明けましたね乙山さん!
今年も楽しいトピックスを期待します。
よりシンプルに行きましょうね。
よろしくデス!

HOBO

Re: HOBOさん

HOBOさん、明けましておめでとうございます。
去年は色々とお世話になりました。
シンプルに行く、それに限りますね!
今年もよろしくお願いします。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (8)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)