『パルプ・フィクション』

『パルプ・フィクション』 (1994年、アメリカ)

PULP_FICTION.jpg
原題:PULP FICTION
監督:クェンティン・タランティーノ
出演:ジョン・トラボルタ、サミュエル・L・ジャクソン、ユマ・サーマン、ブルース・ウィリス、マリア・デ・メディロス、ヴィング・レイムス、ティム・ロス、アマンダ・プラマー、ハーヴェイ・カイテルほか


場面はアメリカのあるレストランで、いかにもちんぴら風情の男パンプキン(ティム・ロス)とハニー・バニー(アマンダ・プラマー)が会話をしているところから始まる。その会話が「こういう店はたいてい保険に入っている」とか「命に代えてまで客や店を守ろうとする奴なんかいない」といったろくでもないもので、悪くないアイディアという結論に達した二人は銃を取り出し、「動くな!」と強盗計画を実行に移す。

次に、犯罪組織の殺し屋、ヴィンセント(ジョン・トラボルタ)とジュールス(サミュエル・L・ジャクソン)の二人が、組織を裏切った若者たちの住んでいる部屋を訪ねる場面に変わる。犯罪組織のボスの妻ミアの足をマッサージしただけで殺されてしまった男の話に、そんなバカなことがあるものか、だがあり得ることだ、と意味のない会話をしながら、二人は取引上の重要な「現物」、黒のスーツケースを取り返す。

またまた場面が切り替わり、今度は落ち目のプロボクサー、ブッチ(ブルース・ウィリス)と犯罪組織のボス、マーセルス(ヴィング・レイムス)が密談をしている。マーセルスは、ブッチにもうあと何回戦える、と説得し八百長試合をするよう促す。大金を目の前に見せられたブッチはそれを受け取り、そうするしかなさそうだな、と引き受ける。そこに、仕事を終えた例の二人がどういうわけかダーク・スーツではなくTシャツにバミューダ・ショーツという妙な格好で現れる。

場面の切り替えが多く、しかも場面は時系列順に並んでいるのではなく、意図的にシャッフルされているようで、後になってなぜヴィンセントとジュールスはTシャツ姿だったのか、というのがわかるようになっている。冒頭のちんぴら男女の話は最初だけで、途中は全く関係のない話が進んでいくが、最後にちんぴら男女に戻ってくるという構成なのだ。だから最初見たときは「なんかわかりにくいなあ」と思うかもしれない。

「ヴィンセント・ヴェガとマーセルス・ウォレスの妻」では、マーセルスの妻役のユマ・サーマンが何ともぶっ飛んだ演技をこなしている。もともとブロンド髪の人だったように思うが、本作では黒髪で前と横、後ろをきれいに切りそろえたクレオパトラ(?)みたいな髪型で、粉末状の薬物を鼻から吸引してキメているのだ。後でヴィンセントが持っていた強い薬物をやはり鼻から吸引し、ぶっ倒れて死にかけるというぶっ飛びぶりにはちょっと引きながらも演技に感心してしまった。

SF映画『ガタカ』(1997)でもユマ・サーマンの異様なまでの美しさに驚かされるが、『パルプ・フィクション』でもやはり一番目立つというか光っている存在で、VHSやDVDのパッケージはユマ・サーマンを前面に押し出したデザインになっているのをご存知の方も多いと思う。だけど足をマッサージしただけでボスに殺されてしまう話を聞いた後で、その女の世話をしてやってくれ、と相手をしないといけないのもたまらないだろう。その役をどこかユーモラスに演じるのはジョン・トラボルタ。

トラボルタは『サタデー・ナイト・フィーバー』(1977)や『グリース』(1978)で活躍していたけれど、その後ほとんど姿を見ることがなく、本作でその姿を見たときには久しぶりすぎてびっくりしてしまった。1950年代風の店で、ミアとヴィンセントが「ツイスト・コンテスト」に参加するのだが、ダンスはさすがだなあと思わせるものがある。これは本編の筋には全く関係ない部分なんだけど、タランティーノ監督がトラボルタのために入れたんじゃないかと想像している。

次のパート「金時計」はあのブルース・ウィリスが大活躍する。『ダイ・ハード』(1988)と『ダイ・ハード2』(1990)の成功でジョン・マクレーン刑事役のイメージが大きいが、ここでは落ち目のプロボクサー、ブッチに扮する。犯罪組織のボスと八百長の取り決めがあったのに、ブッチは相手を倒してしまう。恋人ファビアン(マリア・デ・メディロス)と逃亡を図ろうとするが、父の形見で大切な金時計をファビアンが忘れてしまい、犯罪組織の殺し屋が待っているであろうアパートへ取りに帰る。ブッチとファビアンは犯罪組織から逃れることができるのか?

「ボニーの一件」は黒いスーツケースを取り戻して裏切り者を消すという仕事を終えたヴィンセントとジュールスの話。情報屋を乗せて例のスーツケースを運ぶ途中、ヴィンセントがふざけて後ろに座っている情報屋に銃を向けたところ暴発、車内と二人は血まみれになり、情報屋の死体が残ってしまった。とりあえず知り合いのジミー(クェンティン・タランティーノ)の自宅に隠れるが、困り果てたジュールスはボスに連絡を取り、始末屋〈ウルフ〉に来てもらうことになった。

その始末屋を演じるのはハーヴェイ・カイテル。朝から黒のダブルブレステッド・スーツに黒のボウタイというのはどうかと思うが、とにかくエレガントなのである。また、犯罪組織の殺し屋が死体の始末に困るのもどうかと思うが、あまりツッコミを入れる必要はないだろう。ヴィンセントとジュールスのふるまいはどこかユーモラスで、本来暗くシリアスになるはずの題材を軽く、明るく感じさせるように持って行ったのがタランティーノ監督のセンスなのだろう。闇世界を扱った映画は救いのないものが多いが、この映画にはいくつかの「救い」がある。


【付記】
● ベンチャーズを思わせる主題曲もタランティーノ監督のチョイスなんでしょうね。ほとんど聞いたことのない曲がたくさん使われていますが、おそらく同監督の好みなのだと想像します。緊張が高まる部分と笑わせてくれる部分の配合の絶妙さ、そして巧みに配列されたシークェンス。タランティーノ監督のセンスが光る映画だと思いました。もちろん、お子様(家族)向きでないのは言うまでもありません。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブルースウィリスが出演してる映画ですので、見たことはあるのですが、場面場面のインパクトは強かったのですが、ストーリーがいまいち忘れてます。また見てみたいと思いました。
今から20年も前になるのですね!
やはりブルースウィリスは「ダイハード」のイメージが強いのでしょうね。

Re: かえるママ21さん

かえるママさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうそう、ブルース・ウィリスといえば『ダイ・ハード』ですよ。
あの情けない感じ、だけど悪は放っておけないマクレーン刑事ね。

『パルプ・フィクション』は短い断片をつなぎ合わせたような構造なので、
全体のストーリーは、となるとつかみにくいところがあります。
逆にいうと、かなり「意味のない部分のつながり」から出来ているんですね。

ところが、その「意味のない部分」がほかの部分とつながっていたりする、
面白い映画だと思います。またご覧になってください、すると、
ああ、これはそうだったのか、となるんじゃないかと思いますよ。

好きな映画です

こんにちは。
ギャング映画・ヴァイオレンス映画は苦手なのですが、「パルプ・フィクション」は例外。
DVDもサントラ盤も買っちゃいました。
ユマ・サーマンの危ない美しさ、ジョン・トラボルタのとぼけたギャングぶり、ブルース・ウィリスのせっぱつまり具合、
どれも見ごたえたっぷり、ツボにはまります。
トラボルタの運命は何とも皮肉。
本筋とは関係ないダンス・コンテストのシーンが、とくに好きです。

Re: 好きな映画です ; 木曽のあばら家さん

木曽さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうですね、『パルプ・フィクション』はDVDとOSTがあるといいですね。
『サタデー・ナイト・フィーバー』と『グリース』を見た者にとって、
ジョン・トラボルタはやっぱり英雄でして、
タランティーノ監督もそうだったんじゃないかと思っています。

あのダンスの場面は、本当に本筋とは関係ないですし、
なんで犯罪組織の殺し屋が、そこまでダンスできるんだよ?
なんて思ってしまいますけど、乙山も好きな場面の一つです。
総出演時間はトラボルタが一番多いんじゃないでしょうか。

「アクション」であり「ヴァイオレンス」でもあるのですが、
それだけではないところが、『パルプ・フィクション』の良さだと思うんです。

Bande a Part

どうでもいいウンチクなんですが、
タランティーノの映画制作会社の名前は"Bande a Part"といって、
これはジャン・リュック・ゴダールの映画のタイトルなんですね。
その映画(邦題:はなればなれに)は、ニートな若者がギャングのまねごとをする作品なんですが、
この映画にも本筋と関係のないダンスが出てきて、非常に楽しいシーンなのです。
You Tubeで"Bande a Part Dance"で検索すると出てくるんじゃないかと思います。
「パルプ・フィクション」は、ゴダールへのオマージュにもなっているという、まあどうでもいいお話でした・・・すみません。

Re: Bande a Part ; 木曽のあばら家さん

木曽さん、コメントありがとうございます。
ははあ、なるほど!
あのダンスの場面は、トラボルタのために、もあったかもしれませんが、
仰るように、ゴダールへのオマージュであった、ということですね。
後者のほうが大きいのかもしれませんね!

今回の記事では触れませんでしたが、『パルプ・フィクション』には、
一度見ただけではわからないパロディもたくさんあるかもしれませんね。
そんな意味でも、楽しい映画ですよねえ。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (8)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)