後面開放型スピーカー箱 製作編(5)つき板

C36type_SlicedWoodSurface_01.jpg
フロントにストッパー木枠を接合した関係上、この部分には小口テープを貼って見た目を良くしておきたい。積層板でストライプが美しいような木材を使った場合とちがい、MDF板は小口を美しく見せるのが難しい。小口の幅より少し広めのテープを用意し、貼った後カッターナイフなどで切り取る作業だが、斜め45度カットで合わせるところが難しい。

貼り方は二つあって、一方は小口テープの寸法を測り、45度カットも事前にすべて行っておくやり方。他方は、まずテープを貼ってしまってからカットする方法。どちらでもいいと思うが、前者の場合、貼るときにかなり緊張が高まると思う。なので今回はまずテープを貼り、それを45度にカットする方法を採用した。次に貼る際、三角定規で45度にカットしたものを合わせていけばよい。

最後はどうするのか? これはですね、テープの裏を剥がさぬ部分を残しておき、L字型に重ねたところをカッターナイフで一気に切断、その後テープの裏を剥がして接着するとよい。まあ、そこまでしなくても、上から貼って慎重にカットすれば収まるものである。写真一枚目はすべての小口テープを貼り終わったところ。接合面が見えているのとはやはり雰囲気がまるで違うのがわかると思う。

つき板を貼る。今回はアイロンを使って貼るタイプにした。つき板を買った店で同時に「アイロン専用ボンド」なるものを買ったのでそれを使うが、見ると、色といい匂いといい、木工ボンドにそっくりである。どちらも「酢酸ビニール樹脂」が主成分のようで、人によっては木工ボンドでつき板を貼っているケースもあるようだから、もしアイロン専用ボンドがなくなったら木工ボンドを使ったらいいと思う。

C36type_SlicedWoodSurface_02.jpgアイロン専用ボンドをMDF板とつき板に塗る。ボンドはわりと粘度が高いが、水で希釈できるので、少し薄めてローラーで塗るといいかもしれない。今回はローラーがないので、ヘラかスクレイパーのようなもので均等に塗るようにする。つき板業者のサイトには「均等に塗るのが好ましいが、あまりシビアになることはない」とあるので、少々のムラは気にせず放置する。

どちらも二度塗りするように、とあるが、木材に塗ったボンドのほうが乾燥に時間がかかるようで、まず木材にボンドを塗っておき、次につき板にボンドを塗るようにした方がいいだろう。つき板のボンドが乾燥し、触って手にくっつかないようになったときに貼るのがベスト、とあるのでそれを待つ。ボンドの乾燥に時間がかかるので、のんびり構えてやるのがいいと思う。まあ、半日仕事ですね。

まず一枚だけ貼ってみて、コツをつかんでから二枚目、三枚目と進むのがいいだろう。木材の切れ端がある場合は、ハサミでつき板の端を切って「練習」するのもいい。木材に塗ったボンドが半乾きの状態だと、うっかりつき板がくっついてしまうのでその点だけは要注意である。アイロンの「中温」で空気を出すようにして定着させ、次に「高温」でしっかり重みをかけて仕上げる(写真二枚目)。

少し余裕を持ってカットしておき、貼ってしまってからカッターナイフで余分な部分を切り取るが、ここはうっかりすると本体まで切り込んでしまうことがあるので慎重に行う。最後に紙ヤスリで整えるが、ここもうっかりするとオーバーサンディング(研磨し過ぎ)になってしまうので気を付けたいところである。

C36type_SlicedWood_Surface_03.jpg今回はフロントのストッパー木枠のつき板貼りがいちばん難しかった。ここは、「大きめに貼って切ればよい」という工法ではなく、きっちり寸法が決まった場所である。貼ったときにぴったり、というのがベストであるが、それは望むべくもない。やはり少し余裕を持ってつき板を切り、最後に余った部分をカットする工法をとった。完璧ではないが、まあ許せる範囲に仕上がればそれで良しとする。

小口テープとつき板をすべて貼った状態が写真三枚目である。何だか、30mmの分厚い天然木で組み上げた上等なスピーカー箱であるかのような錯覚を抱いてしまいそうだ。グリルクロスの感じもバッチリである。つき板をどうするか迷ったけれど、貼ってみるとなかなかいい雰囲気だ。MDF板をいい感じに仕上げるにはかなりの手間(とお金)がかかるので、割り切ったつき板仕上げもまた、それはそれでいいのではないかと思う。さあ、次はいよいよフィニッシュである。


≪ 後面開放SP・組み立て最終へ  後面開放SP・完成編へ ≫


【付記】
● つき板はシナ天然木を選びました。これは、小口テープをシナ天然木にしたので合わせただけのことで、種類はもっとたくさんあるのです。つき板を買った業者のところで小口テープを見ると、50mしかありません。いったい誰が、個人の工作で50mも小口テープを使うんでしょうね。今回必要だったのは35㎜幅で5m。だから小口テープとつき板は別の業者からそれぞれ買ったのですが、どうして切り売りしてくれないのか不思議でなりません。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/04 (7)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)