fc2ブログ

『紳士協定』 (1947)

『紳士協定』(1947年、アメリカ)

GentlemansAgreement_01.jpg
原題:Gentleman's Agreement
監督:エリア・カザン
出演:グレゴリー・ペック、ドロシー・マクガイア、ジョン・ガーフィールド、セレステ・ホルム、アン・リヴィアほか


近頃映画の記事を書いていることが多いけれど、これはレンタル映像をPCで見られるようになったことに加え、店が「5枚で1000円」などという売上促進活動を行っているのにまんまと乗せられてしまったからでもある。DVDとかブルーレイ・ディスクを三枚ほど借りて会計を済まそうとすると上述の悪魔のささやきが耳に入ってくるわけだ。

いやね、いくらなんでも一週間に五枚は無理でしょう、などと苦笑いしながらかわそうとするが、「たくさん借りてる方、わりといらっしゃいますよ」と涼しい笑顔である。そこで「いや、僕は結構」とならずに、そんなに言うなら、とさらに二枚を選んで(決まった後に選ぶのはなぜか妙に時間がかかる)1000円を渡した。

だが今回の『紳士協定』(1947)は借りものではなくて、以前パブリック・ドメイン作品をまとめて安売りしていたときに買ったもの。題名だけ見ると、なんだか英国紳士の倶楽部か何かを連想してしまうが、当時アメリカ社会に根強く存在していたユダヤ人差別の問題を初めて取り上げた映画だというのが見ているうちにだんだんわかってくる。じつは主演のグレゴリー・ペックという名前と題名だけで買ったのである。

妻に先立たれ、息子と年老いた母(アン・リヴィア)の三人で暮らしている人気ライターのフィル・グリーン(グレゴリー・ペック)は、週刊誌の企画として反ユダヤ主義にかんする記事を依頼される。フィルは戸惑いながらもそれを引き受けるが、どういうアプローチの仕方をすればよいのか悩む。ついに彼は、ユダヤ人に成り済まして反ユダヤ主義の実態を探ろうというアイディアを得る。

GentlemansAgreement_02.jpgフィルは編集長の姪キャシー(ドロシー・マクガイア)と知り合い、親交を深めていくうちに愛し合い、二人は結婚を誓うが、フィルから「記事のために自分はユダヤ人として通す」ことを聞かされる。それが発端になって愛し合っていた二人の間に小さな溝ができてしまい、ユダヤ人に対する考え方の違いから次第に溝が深まっていくのを二人は抑えることができなかった。

だがそれは彼ら二人だけの問題ではなかった。フィルが自分の名前を「グリーン」ではなく「グリーンバーグ」だと名乗った瞬間、なぜか周囲の態度が変わってしまうのである。ある日、フィルは雑誌社幹部との昼食の席で自分がユダヤ人であると告白すると、噂は瞬く間に広がり、息子が学校で口汚く罵られてしまうという事態にまで至ってしまう。

ユダヤ人である友人のデイヴ(ジョン・ガーフィールド)は、だから止めとけって言ったんだ、子どものことがいちばん堪えるだろう、とフィルを応援してくれる。しかしいかなることがあろうと一度ユダヤ人であると名乗ったからにはそれをどこまでも押し通そうとするフィルと、ごく普通で皆に祝福される結婚を望むキャシーとの間の亀裂は決定的なものになってしまう。

とまあ、そんな感じで話は進むのだが、これは反ユダヤ主義批判の映画でありながら、同時に妻と夫(パートナーとして生きる男女)はどうあるべきかをも描いたものだと言えるだろう。キャシーはユダヤ人として通そうとするフィルをどうしても理解できず、もう別れてしまおうとするが、デイヴの説得で自分がまちがっていたことに気付く。

題名の『紳士協定』は、キャシーが思わず漏らした「世の中にはそういう……紳士協定があるのよ」から来ていると想像するが、これは言うまでもなく反ユダヤ主義的な人間たちの間に存在する暗黙の了解のことであろう。そしてそのような暗黙の了解はアメリカ社会における反ユダヤ主義だけの話ではなくて、およそ人間が存在する所にはどこにでも、不可避的に存在する問題であるように思えてならない。


【付記】
● この映画、日本初公開は1987年だそうですね。本当なんだろうか、と振り返ってみるのですが、当時はやはり『スター・ウォーズ』と『インディアナ・ジョーンズ』一色だったような気がするのは乙山だけでしょうか。

日本での映画公開の遅れは、1947年という戦争直後の時代における、連合国軍総司令部の政治的配慮によるものだろうと想像します。反ユダヤ主義批判のプロパガンダ映画である一方、シオニズム擁護ともいえる内容が日本人の国民意識に訴えかけると判断したのではないか、そんなふうに考えたくもなりますね。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日は「アラバマ物語」へのコメントをありがとうございました。

ご紹介の「紳士協定」を観てからコメントを、とも思ったのですが、いまだ観ることかなわないままです。自らユダヤ人であると名乗りを上げることで「半ユダヤ主義」の実態に迫ろうとする主人公。まさにグレゴリー・ペックの役どころですね。監督がエリア・カザンとなれば大いに気になるところです。
グレゴリーペックという人は、どんな役を演じても清廉というか実直というか、不器用でも品位のある役どころが多いように思います。背が高くて細くて、どことなくナナフシみたいだと思っていました。ちょっとシャイな感じの笑顔も魅力ですね。アラバマ物語では、おなか周りにも貫禄がでて(演出でしょうか)、そこがまた素敵だと思いました。なんといっても二人の子供の父親役ですからナナフシでは父親としての重みに欠けます。ある意味でアメリカの理想の父親、理想のアメリカ市民としての役を誠実に演じたペックのすがすがしさに魅かれます。
「紳士協定」・・・ユダヤ人差別の物語というと、少々重いかもしれませんが、チャレンジしてみたいと思います。

ちなみに今日のNHK・BSでジョージ・キューカーの「ガス燈」を観ました。
シャルル・ボワイエ、イングリット・バーグマン主演。それにしてもjジョセフ・コットンが出ていたんですね。ヒッチコックの「見知らぬ乗客」と同じころの映画かしら。「カサブランカ」のバーグマンより美しく、また狂気の演技も素晴らしかったです。




No title

そういえば、ドロシー・マックガイアは父の大好きな女優さんでした!

Re: aostaさん

aostaさん、コメントありがとうございます。
グレゴリー・ペックがこれほど社会派にも出ていると思いませんでした。
やはり『ローマの休日』が一番印象に残っています。
でもホラー映画『オーメン』にも出ているんですよね。

『紳士協定』はすでにパブリック・ドメインになっていますので、
廉価版DVDでお求めになっても安いと思います。
同じ理由でYouTubeでも拾えるかもしれません。

『ガス燈』はまだ見ていませんが、見たくなりました。
俳優陣がいいですね。バーグマンが出ているだけも、いい。
ジョセフ・コットン渋いなあ。『市民ケーン』や『第三の男』ですね。
メイ・ウィッティは『バルカン超特急』や『断崖』にも出てますし。

いや、また映画を見たくなってきましたよ。
DVDプレーヤー、ないんですけど。

No title

「ガス燈」で気のいい(おせっかいな?)おばさんを演じていたメイ・ウィッティって「ポセイドン・アドベンチャー」にでてたシェリー・ウィンタースに似てるなあ、って思いながら見てました。
夫の奸計にはまり、正気を失ってゆくバーグマン、展開が遅く感じられて歯がゆいのは、最近の映画のテンポに毒されてしまっているからなのでしょう。それでも、はらはらしながら見ているうちに、時間の流れがしっくりとなじんできました。この時代の映画、また改めて見てみたいです。まずは「断崖」からでしょうか。グレゴリー・ペック関連なら、「ミニヴァー夫人」あたり。

「ポセイドン・アドベンチャー」先だってテレビで放映されたようですが、吹替だとだまされたような気がしてしまう私は、よほどのことがない限りテレビでは見ません。記憶の中の「ポセイドン・アドベンチャー」ではジーン・ハックマンとアーネスト・ボーグナインが大活躍でしたね。
ボーグナイン、「北国の帝王」でしたっけ、たしか、りー・マービンと共演していました。あの頃は一癖どころか二癖もある俳優さんが魅力的な映画を作っていましたね。

「紳士協定」見ました。
想像以上に重い映画で、まだ気持ちがさだまらないままです。落ち着きましたらまた。




Re: aostaさん

aostaさん、コメントありがとうございます。
メイ・ウィッティはいい味だしてますね。
彼女と似た役回りで『レベッカ』のジュディス・アンダーソン、
ダンヴァース夫人役ですけど、本当怖いんです。

『紳士協定』ご覧になりましたか。
仰るように重たい部分がかなりありますね。
1947年は、国連会議でイスラエル建国が認められた年でもあります。
同時にパレスチナとユダヤの紛争が泥沼に入っていきます。

本作は反ユダヤ主義に対するプロパガンダ的要素も多いと思います。
ナチズムに対する『カサブランカ』がそうであったように。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (1)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)