生田耕作 『ダンディズム 栄光と悲惨』

生田耕作『ダンディズム 栄光と悲惨』(1999年、中公文庫)

IkutaKozo_Dandyism.jpg
「ダンディ」とか「ダンディズム」という言葉はもうすでにじゅうぶん浸透し流通していると思うが、それはどこか滑稽味を帯びたもの、あるいは揶揄の対象として用いられることが多いのではないだろうか。ダンディ何某というお笑い芸人が存在していることが、何よりもそういった事情をよく表わしていると言える。

もう何年も前、ロキシー・ミュージックのブライアン・フェリーが来日してテレビ番組に出ていたとき、「ダンディですね」というのに対し、「ダンディではなく、ミスター・エレガンスと呼んでほしい」と返していたことも印象深い。上に述べたような「ダンディ」の流通ぶりは、どうやらかなり広い範囲にわたっているのではないだろうか。

ところが、そうはいっても「ダンディ」や「ダンディズム」にはいわく言い難いマグネティズムのような魅力があって、ばかばかしいとは言いながらも少しは(かなり)惹かれる部分がいまだにあるのではないか。今回読んだのは生田耕作による『ダンディズム』(1999)という文庫本だが、こういう題名の本が流通するということ自体、そういう事情を反映している証拠である。

本書はダンディやダンディズムの象徴的存在であるジョージ・ブライアン・ブランメル(1778-1840)の栄光をたどった「ボー・ブランメル」、その没落を描いた「落日の栄光」を始め、ブランメルと英仏の作家たちを述べた「ブランメル神話」、ブランメルと女性を書いた「冷たい偶像」などブランメル関係で半分以上が占められている。

残りはウィリアム・ベックフォード(1760-1844)の生涯をたどった「ウィリアム・ベックフォード小伝」、ブランメルにかんして論考を残しているフランスの小説家バルベー・ドールヴィイ(1808-1889)を論じた「老いざる獅子」、最後はダンディズム総論ともいえる「ダンディズムの系譜」で締めくくられている。

まあしかし、読めば読むほど自分がダンディとかダンディズムからいかにかけ離れているか、というよりむしろ無縁であるか、ということを実感せざるを得ない。その象徴的、伝説的人物であるブランメルは、最盛期であれば国王ジョージ四世よりはるかに影響力があったという。宴を開く際も、人々は国王よりもブランメルの出席を気にしていた、とあるほどなのだ。

だからこれは、一個人がちょっとお洒落をしてみました、などというレベルとはわけが違う。もしダンディたる基準をブランメルに定めるなら、この世にダンディはブランメルの他には存在しない、となってしまうのではないか。いくつかの条件を満たして人はダンディになるのではなくて、そうであるか、ないか、ということなのだろうと思う。

またダンディ=洒落者という一般的な認識から、ブランメルはよほど華美な服装をしていたのだろうと思うかもしれないが、本書を読む限り、ブランメルの服装はむしろ「地味」な部類に属するのが意外だった。飾りは懐中時計の鎖だけだったし、香水は用いない。ただし、ネック・クロス(ネクタイの原型)の結び方には意匠を凝らし、いくつもの「失敗作」ができたとある。

だから現在の男性服の原型はブランメルの時代に出来上がったものと考えていいだろう。19世紀も中頃になると写真術が登場し、その頃撮影された写真家ナダールによる肖像写真を見ると、フロックコートを除き、ほぼ現在と変わらぬスタイルであるのがわかると思う。社交界における男性服はブランメル流のスタイルが不文律になっていた、とあるので、男性服は未だにブランメルの影響を受けているのかもしれない。以下に本書から少し引いておきましょう。

「街を歩いていて、人からあまりじろじろ見られるときは、きみの服装は凝りすぎているのだ」(ジョージ・ブライアン・ブランメル)
「ダンディズムは、思慮浅い凡人どもが考えているような、身だしなみとか物質的優雅さとかに対する、無際限の好みではない」(シャルル・ボードレール)
「ダンディズムとは一つ在り方全体である。けだし人間は具体的に目に見える側面だけで存在するものではない」(バルベー・ドールヴィイ)

おそらくダンディズムとは生き方そのものにかかわる問題であり、自分自身を生きる芸術作品であるかのように体現しうる人物こそダンディである、ということになるのだろう。著者の生田耕作は京都大学仏文科の先生だった人で、奇書の紹介をしてそれが猥褻であるとのことで大学側ともめ、見限った後は独自出版をした希代の人物である。ウェブで画像を見ると、この人にしてこの本あり、と思った次第である。


【付記】
● 上にも白状した通り、乙山はダンディとかダンディズムとは無縁であるのは言うまでもありません。噛みつき無用でお願いします。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメントさんへ

早速拝見、ありがとうございます。
生田耕作氏はやはり格好良いですね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)