新玉ねぎのアルミホイル焼き

GrilledOnion_01.jpg
春になると色々食べ物が出回るのが楽しい。冬の寒さで抑えられていた生命なるものが一挙に姿を見せる感じである。しかし筍を食べ忘れたのはうっかりしていた。まだ間に合うだろうか。水煮でない筍を買ったらすぐにゆでなくてはならぬ。なので普段の帰りが遅くなる時間帯ではどうしても手が出せないのだ。アサリもそうで、遅い時間に買うと、どうしても食べるのは翌日になってしまう。

春キャベツというのもうまいもので、この時期以外に出回る普通のそれより柔らかくて甘い。これとホタテの貝柱を蒸し焼きにして塩だけで食べると最高だ。アスパラガスも春がいちばん旨い。物によっては根元の皮を皮むき器(ピーラー)で取り除いてバター炒めなどにする。この間はこれと赤ウィンナーを炒めたものを記事にしたくらいだ。

例によって夜の9時と10時までの間に駅前のスーパーマーケットで買い物をして帰ることが多いのだが、ふと見ると新玉ねぎが並んでいるではないか。これもこの時期特有のもので、ふつうに出回るものより皮が薄く、柔らかくて甘いのである。オニオンスライスにして鰹節をかけ、醤油で食べてもうまいけど、今回はこれをアルミホイルで包んでグリルで焼こうという心算である。

といっても、何も高度な技術は一切必要ではない。新玉ねぎをアルミホイルで包んで、ガスレンジに付属する魚焼きグリルに放り込むだけなのだ。小型の新玉ねぎなら、「そのまま丸ごと」にすると面白いが、わりと大きめのものをつかんでしまったので今回は半分に切ってグリル焼きにすることにした。

アルミホイルをまな板の上に敷き、バターをなすりつける。これはなくてもいいかもしれないが、玉ねぎを置いたところにオリーヴ油を適宜垂らす、というやり方もある。玉ねぎは皮をむかずにそのまま、縦半分に切る。それをしている間に魚焼きグリルを予熱しておこう。3~4分でいいと思う。魚焼きグリルに水を入れるのもお忘れなく。

切断面を下にして、15~20分くらい加熱し、裏返して10~15分ほど加熱する。両面焼きグリルの場合は20分くらいでいけるのではないかと思う。けっこう時間がかかるので、他の酒肴で一杯やりながら、忘れていたという感じで気長に構えるとちょうどいいのではないだろうか。

GrilledOnion_02.jpgさて料理ができましたよ。写真一枚目は切断面を上にしたもので、なかなかいい焼き色が付いているのが見えると思う。これ、醤油とか垂らしていないものですよ。このままでは少し食べにくいので半分に切ることにした。切る瞬間、包丁がすっと入るのが快感で、中までじゅうぶん火が通った証拠である。

半分に切ったところが写真二枚目。これに塩をかけて食べるのだが、好みによって何か他の調味料も試してみるといいかもしれぬ。食べてみると、ううむ、甘いっ! これが玉ねぎだとは信じられないほどである。新玉ねぎは糖度が高いというのは本当だ。玉ねぎといえば涙が出る、あの硫化アリルもほとんど感じないので、オニオンスライスとか生玉ねぎが食べられない人でも食べられるのではないかと思う。

ただ塩をかけるだけで新玉ねぎ半玉、するっと食べてしまった。これで胃にこたえて寝付けない、などということもなく、ふつうに就寝することができたのが不思議なくらいだ。旬のものを食べるのはやはりいいものだなと改めて思った次第である。だけど筍、まだ間に合うかなあ。この記事が出る頃にはもう手遅れかもしれぬ。


【付記】
● 新玉ねぎのホイル焼き、思ったよりも甘くて意外でした。抜群にうまくてたまらない、とかいうわけではないのですが、こんな食べ方もあるんだな、と目からうろこが落ちる感じがしました。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
シンプルで美味しそうですね。
春の野菜、確かに美味しい物が沢山ありますね。
私は春キャベツが好きです。

Re: yuccalinaさん

yuccalinaさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
筍、菜の花、新玉ねぎ、春キャベツとおいしいものがたくさん出ます。
なんだか嬉しくて仕方ありませんね!
春キャベツ……どんなふうに料理しましょうかね?
やっぱり、ホタテ貝柱と合わせてみようか、と考えています。

くいしん坊の春。

春キャベツ、新玉ねぎ、小松菜、
わたくしも近頃の自炊メニューにほとんど
が、お世話になっております。
新玉ねぎは糖度こそありますが、血糖値
上昇をおだやかにしますし、
食感はやわらかいので生で薄切りにして
迷わずサラダにトッピングできますね!
ローカロリーのマヨネーズで手作りする
ポテトサラダなんか最高ですね〜。
どちらにしてもわたくしは
食いしん坊の春を今年も満喫して
おります。(^-^)/

Re: くいしん坊の春。 ; 四の字硬目さん

四の字硬目さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
本当、春は食べ物がたくさん出回って楽しいですね。
いきおい食べ物と酒の記事ばかりになってしまいそうです。

食べ物がおいしいと、つい食べる量も増えてしまいがちですが、
なんとかあと5kgくらいは絞りたいと思っています。
できるだけ炭水化物を減らさなくては……
なぬっ、ポテトサラダですと!
おいしそうですなあ、いけませんなあ!

No title

旬の物を食べるというのは何よりのご馳走だと思います。
新タマネギを焼いただけといいますが、この時期にしか味わえない贅沢な一品ですね。
私は今年は色々と忙しくて、菜の花の煮浸しとフキノトウの天ぷらを食べられなかったのが残念でなりません。

いつもなら新タマネギをスライスして花カツオをたっぷり載せ、軽く醤油をかけたものを専ら食べていますが、今度は真似をして焼いて食べてみようと思います。

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
旬の物は本当にいいですね。仰るように菜の花、乙山もうっかり逃してしまいました。
新玉ねぎのホイル焼きは簡単で、オーヴントースターでもできるそうです。
新玉ねぎのオニオンスライスもうまいですね。

筍がぎりぎり間に合うかどうかですが、
買ったら買ったで下処理もしないといけませんし(当然ですが)、
どうしようかなと迷っております。

No title

玉ねぎってやつはどうしたっておいしいからいいですね。
スライスして生で鰹節に醤油だって美味しいし、ポン酢だっていい。
もちろんドレッシングでも。
味噌汁に入れて、天かすと合わせてもいいし、油揚げでもいい。

洋でもいいし、和でもいい・・・

おまけに体にまでいい・・・ってことで、我が家の台所の床下収納はいつでも玉ねぎでいっぱい。

そうそう・・・鯨の刺身を玉ねぎのすりおろしたものと醤油でってのはいいですよ。
私の地元の食べ方です。

No title

美味しそう~!!!
うちのグリルはかなり小さいので、半分か四分の一サイズで試してみます♪

筍、私も今春出遅れました・・・(>_<)
まぁ出始めの「新たけのこ」はアウトですが、5月上~中旬くらいまでは成長して
かなりでかいサイズのがお手ごろ価格で出回っていたと思いますので、そちらを
狙おうかなと思っています。
柔らかさなどには欠けるのかもしれませんが、大地の恵みを存分に吸い切った(?)
5月の筍も良いのではないかと自分に言い聞かせて(笑)
筍といいアサリといい、美味しいけれど下ごしらえ含めた調理プランが必要なものが
多いんですよねぇ春は・・・
ああ面倒くさいと口で言いつつ顔はほころんでいるのですが(笑)

Re: zumiさん

zumiさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
新玉ねぎのホイル焼き、甘いですよ!
もう塩だけでじゅうぶん、他の調味料は必要ありません。

筍、小さめのが好きなんですが、今は最終段階。
さて、本当に買えるのか? という感じです。
今の筍はわりと大きめですから、処理した後が大変。

焼き筍にしたり、若竹煮にしたり、その他、
筍尽くしになってしまいそうですね。
だから余計に手が出しにくいのかもしれません。

今年はうっかりしていて菜の花を見逃してしまいました。
辛子和えをやろうと考えていたのに。
仰るように、嬉しいけど面倒くさいんですよね!

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
玉ねぎは新玉ねぎでなくても、それ自体に甘みがありますものね。
オニオンスライスでもおいしいですし、てんぷらもうまい。
てんぷらにすると、甘みが感じられるように思います。

細切りにしたものをじっくり、きつね色になるくらいまで炒め、
それでオニオングラタン・スープを作ることがありますが、
これがまた、たまらぬおいしさなんですね!

ほうほう、玉ねぎのすりおろし醤油、それにクジラの刺身!
合いそうな感じがしますね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)