阪急池田駅周辺を歩く(19) 麺処 くれは

Kureha_Tenzaru_2014_04.jpg
いつの間にか桜が散って葉桜になってしまった。「遊歩者 只野乙山」でも桜を撮影した画像を載せることもできるのだが、みなさん桜をしっかり載せてくださっているようなのでそれを見て楽しませてもらおう、という寸法である。個人的にはソメイヨシノよりも枝垂れ桜、山桜、八重桜のほうが好きである。かなりのへそ曲がりぶりである。

せっかく晴れた日で散歩するのにうってつけなのに、昼食を自宅でとって昼酒を決め込めば、後は昼寝と相成って夕方のこのこ起き出してコーヒーを淹れ、ウェブログの記事でも書こうかな、となることもあれば、製作予定である真空管アンプの回路を水魚堂の回路図エディタで書いてみたり。夕食(晩酌)の材料が冷蔵庫にあれば、部屋を出ることもなく一日が終わってしまうこともある。

いかん、これでは自堕落に拍車がかかる、ということで背筋をしゃきっと伸ばして表に出た。といっても別に予定も目的もないんだけど……とりあえず昼ご飯でも食べますか。今日はいつものようにラーメンとチャーハンではなく、なんだか蕎麦の気分である。いちばん近所の蕎麦屋ではないが、自転車をのんびり走らせて向かったのは〈くれは〉。以前記事に書いたことのある店で、蕎麦はなかなかうまいのだ。

分量からしてもあれこれ食べるわけにもいかぬので、てんざる(てんぷらとざる蕎麦)を頼んだ。ついでに全部野菜のてんぷらにしてください、とお願いした。海老が嫌いというわけではなく、たんに野菜のてんぷらが好きなだけなのだ。これでビールを一本立てようという心づもりである。ちなみに、蕎麦をあてにビールも悪くないと思っているが、これって変だろうか?

さて料理が来ましたよ。ふきのとうかタラの芽かわからぬ(おいおい)山菜、ピーマン、玉ねぎ、さつま芋、椎茸、南瓜、そしてレンコンのてんぷら。てんつゆが付いてきましたね。テーブルの脇に塩がないのでてんつゆで食べることにしたが本当は塩で食べるのが好きである。しかしてんつゆも悪くなく、ビールが進む。

この店の蕎麦は「二八蕎麦」らしく、蕎麦粉が八割、あとは小麦粉とか何かが使われている様子。蕎麦つゆにわさびを溶かしこむのではなく、蕎麦にわさびをなすりつけて食べるのが好きなのだが、これって変だろうか? わさびだけでじゅうぶんなんだけど、大根おろしやら葱、鶉卵までついている豪華版。まずはわさびで食べ、後に味を変えて楽しむことにした。

ビールは一本だけと決めているので分量的にはこれでじゅうぶんである。野菜てんぷらでビールを立て、ざる蕎麦でしめる、というのを一度で済ませてしまった感じで、これも簡便で都合がいいのではないかと思う。メニューを見ると寿司もできるようである。握りや巻きずし、押し寿司やちらし寿司まですべて注文すれば出してくれるみたいで、今度はてんぷらと寿司でいってみようかな、などと楽しみもできた。


【付記】
● 本格的な「十割蕎麦」とは違うけれど「二八蕎麦」もなかなかおいしいものでした。以前も書いたように思いますが、ここの職人(板前)さんは和食の職人さんだったのでしょうね。お店を始めるときにそばとうどん、そして寿司を選んだ、ということだと思います。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

蕎麦も色々種類があって、好みが分かれるところですよね。
蕎麦粉の香りは弱めでも、二八の方が食べやすいという人もいるし、白い更科よりも田舎蕎麦が好き、という人もいます。

私は邪道かもしれませんけど、家では山芋の入った蕎麦(乾麺)が一番好きで、よく食べてます。

太さにも店によってこだわりがあるかもしれませんね。日本人って、本当に食感にこだわりが強いんだと思います。インスタント麺ひとつにしても、あれだけ麺の種類が色々あるのって、中々ないなあ、と。東南アジアの即席麺は、スープの味が違うだけで麺は殆ど一緒なんですよね。


ってあんまり関係ない話になってスミマセンでした。

Re: yuccalinaさん

yuccalinaさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
蕎麦はうどんと違って香りが強いでしょう、
だから好みとこだわりがよく表れるんじゃないでしょうか。

挽きたて、打ちたて、ゆでたてでないといけない、という人もいますね。
更科蕎麦は好きですよ。だけど挽きぐるみ(全粒粉?)蕎麦も栄養的に良さそうです。
二八蕎麦はなかなかいけると思います。

山芋の入った乾麺の蕎麦、探せばたぶんあると思います。
なんだかんだいって、乾麺が便利ですよね。
だから細手の乾麺のうどんは手放せません。

どうやら最近、蕎麦とうどんの袋めんが新しく出たようですよ。
「どん兵衛」の袋めんですが、ご存知でしたか?

No title

最近の蕎麦屋で・・・ウズラの卵って珍しくないですか。
昔は駅の立ち食いのざるそばにもついていたように記憶しているのですが・・・

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうですね、ウズラの卵は近頃の蕎麦屋では珍しいでしょうね。
ざる蕎麦と盛り蕎麦は違うらしいので、ざる蕎麦には豪華版、でしょうか。

もっとも、ウズラ卵を蕎麦つゆに混ぜると汁が濁るので、
乙山は入れた後でつるっと黄身を飲みこんだのですが……
個人的にはわさびだけでじゅうぶんな気もします。

だけど、大根おろしとか葱など、味を変えても楽しかったですよ。

No title

> 蕎麦にわさびをなすりつけて食べるのが好きなのだが、こ
れって変だろうか?

 変ではありません。変どころか、正統派ですよ。

 ずいぶん以前のことですけれど、TVで先代の小さんが盛り
ソバ(さるソバでないところもぼくの好みといっしょ)の食
べ方を披露していました。まさにワサビをソバになすりつけ
ていましたよ。箸の使い方もみごとで、ソバの切れ端ひとつ
も残さなかったのには感心いたしました。

 ぼくもそれ以来マネしていますが、たしかに理にかなって
います。ソバつゆは濁らないし、ワサビの香りも立ちます。
江戸っ子ぶりというのはときとして鼻につくこともあります
が、ソバの食いっぷりはあっぱれ、非の打ち所がありません
でした。

 それにしても、天ざるにビールとはうらやましいですね。
そいつがなかなかできないのというのは、車社会の悲しさで
す。

No title

たまの休みくらいゆったりのんびり羽根を伸ばしきっても良いとは思いますが
たまの休みだからこそ自分にとって有意義な時間を過ごしたいというのも
ありますよね・・・
私の場合、(家事労働だけは済ませた後)かなりの高確率でだらだらと
過ごしてしまいます(^^;)

蕎麦にビール、私は合わせたことがないのですが特に違和感も無さそうな・・・?
日本のビールなら淡い風味の和食に合わないことはまず無さそうですし。
とりあえず以前焼いたそば粉のクレープとビールは相性良かった記憶があります(笑)

Re: 薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんにちは! コメントありがとうございます。

>  変ではありません。変どころか、正統派ですよ。

いや本当、そう仰っていただいて安心しましたよ。
蕎麦屋で周りを見ても、蕎麦にわさびをなすって食べている人を見ませんからね。
ほとんどの人が蕎麦つゆにわさびをとかしていますね。

そちらの広大さを考えると、もはや車なしではありえませんね。
こちらは車なしでもなんとかなることが多いのです。
昼酒はとてもうまくて、機会があれば必ずといっていいくらいやるんです。
その代わり、移動は徒歩か自転車です。

Re: zumiさん

zumiさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
休日といっても洗濯はあるし、けっこう縛られているんですよね。

> 私の場合、(家事労働だけは済ませた後)かなりの高確率でだらだらと
> 過ごしてしまいます(^^;)

フルタイムで働いている人はそうなっても仕方ありませんよ。
休日に出かけるのって、けっこう体力使うなあって思うほどですからね。
乙山の場合、ちょっと自堕落になり過ぎる傾向があるんです。
なのでせめてウェブログの記事を書いてから、飲む(おいおい)とか決めてます。

蕎麦でビールを、というのはそんなに悪くないんです。

No title

どういうそばが好みかと言えば、やはりその日の気分です。
生蕎麦で盛りを食べたい日もあれば
茹でそばの立ち食いを食べたい日も。
今朝、半端に残っていた乾麺をいただきました。
冷やしにして、納豆と生卵、天カスはお惣菜のテンプラの横に売られているやつ。
(大手のメーカーのものではなく)

乙山先生のいうように味が濁るので僕は卵は入れますが、黄身をこわしません。
最後にスルっと・・・・・・今朝、気付いたんですが、そうするとあまり味わっていませんね。
では何で、卵を入れるか。やはり、栄養への不安でしょうか。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
本来、蕎麦はゆでたてがおいしいとわかっておりますが、
一分以内に出てくる立ち食いそばも、それはそれで利用価値がありますからね。

乾麺のそばも、なかなかのものだと思います。
良いものを発見すると、嬉しくなりますね。
卵は入れるが、黄身を壊さないで最後に飲みこむ。

ううむ、ゆで卵か目玉焼きになさるのはどうですか。
薄焼きにして錦糸卵にすれば、蕎麦つゆで食べられますよ。

No title

私も蕎麦にワサビをつけて食べます。
ツユにワサビをとくと香りが飛んでしまうので、自然にそんな風にしてましたね。
それと酒のつまみに天ぷらを食べて、蕎麦でしめるということは良くやります。
ビールであったり冷酒であったり熱燗であったりしますが。
時折鴨肉を焼いたものとか煮浸しを追加することもあります。

そして食べる時にはズルズル大きな音を立てて食べると。
空気を含ませて口に入れてやることによって、ツユの味と蕎麦の風味が広がってくるという理由があるんですけどね。

一度京都の蕎麦屋でズルズルやっていたら、苦心して蕎麦を手繰っていた外国人達から注目を浴びた事がありました。

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
蕎麦にわさびをなすりつけて食うのは自分だけではなかったのだ、
そうわかって安心した次第です。

てんざるは簡便で良いですね。
本当は蕎麦でしめるのが良いのです。
一度、てんざるを頼んでてんぷらだけ先に食べて飲んでいると、
蕎麦がくっついたしまったという愚行をしでかしたことがあります。
なので今回は蕎麦もあてにしてビールを楽しみました。

蕎麦の音の話、むかし「天声人語」に、外国人の方が、
日本文化に馴染もうと蕎麦をすする音を出す練習をして、
うまくできるようになったからといって店で「実行」したら、
日本人(主に若い女性)にどん引きされた、というのがありましたね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/11 (6)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)