キング・クリムゾン 『スターレス・アンド・バイブル・ブラック』

King Crimson / Starless And Bible Black (1974)

KingCrimson_StarlessAnd.jpg
1.Great Deceiver
2.Lament
3.We'll Let You Know
4.Night Watch
5.Trio
6.Mincer
7.Starless And Bible Black
8.Fracture


キング・クリムゾン『スターレス・アンド・バイブル・ブラック』(1974、邦題『暗黒の世界』)を聴いたのは1980年代に入ってからだったと思うが、すでに『レッド』(1974)を聴いていたのでバンドのすごさを知っていた。だから『スターレス…』もわりとすんなり聴けたのではないかと思う。

メンバーはロバート・フリップ(g, mellotron)、ジョン・ウェットン(vo, b)、ビル・ブルフォード(ds, per)、そしてデヴィッド・クロス(vn, vla, mellotron)の四人。前作で参加していたジェイミー・ミューアは早々に脱退しているが、詳細は不明。音楽雑誌のインタビューによると、現在は画家として活動している模様で、キング・クリムゾン参加はもはや触れられたくない過去のことのようである。

ふつうに聴いているとわからなかったが、スタジオ録音は(1、2)のみで、(4)の前半はライヴ録音、後半がスタジオ録音だという。残りの楽曲はライヴ録音だそうだ。観客の拍手や声援がほとんど聞こえぬため、初めて聴いた当時はすべてスタジオ録音だと思っていたほどである。かなりの日程を要して行われたアメリカ・ツアーで連日、即興演奏をしていたのに驚かされる。

(1)はスピード感あふれるイントロから始まるが、ヴォーカル・パートに入るとベースと複雑なビートのドラムが中心になって静かに進む。「シガレット、アイス・クリーム」と歌う箇所になるとまたもやリズム・チェンジが行われ、印象的なギターのコーダで締めくくられる。間髪いれずに(2)が始まるが、内容は年老いて引退するロック歌手のことが歌われている。クロスによるヴァイオリンのオブリガートや背後に流れるメロトロンが美しい。この曲もリズム・チェンジの激しいタイプである。

(3)はフリップのピッキング・ハーモニクスから静かに始まる。やがてウェットンのプリングを含めたベースラインが曲を引っ張っていく。フリップのギターが追走し、ブルフォードのリズムが乗ると俄然ロック調になる。それにしてもウェットンのベースのフレーズは格好いいと聴くたびに感心する。最後はとぼけたような終わり方。

(4)の前半はライヴ録音らしいが、それらしさを感じさせない美しさに満ちた演奏だと思う。フリップのエレクトリック・ギターのソロは粘り気と重さのある独特のトーンで、おそらくギブソンのレスポールだと思うが個人的にはこの時期の、この重厚な感じのトーンが好きで、1980年代にフリップが使っていたコルグのギター・シンセサイザー(?)による「ラークス・タングズ…パート2」は軽すぎる気がするのは私(乙山)だけだろうか。

(5)は題名からわかるようにフリップ、ウェットン、クロスの三人だけによる演奏。クロスのヴァイオリンを中心に、フリップによるフルートを仕込んだと思われるメロトロンが絡み、ウェットンのベースがメロディアスなベースラインをたどる。演奏中、ブルフォードはドラムスティックを胸の前で交差してじっと動かずにいたという。本当に耳のいいドラマーで、自分が何をすべきか心得ている人だ。

(6)を聴いていると完全な即興演奏のように思えるが、後半部でヴォーカルが入るのに驚く。この部分だけできていたのか、あるいはアドリブでウェットンが入れたのか不明である。例によってフリップはメロトロンとギターを切り替えて演奏しており、よくもまあこれだけ不安定な不協和音を作り出せるものだと思ってしまう。

(7)はアルバム・タイトルを冠した9分11秒に及ぶ即興演奏。極めて微弱な出だしから徐々に熱が入ってきて、また静かな雰囲気になるのだが、メンバー相互が音をよく聞いているのがわかるような気がする。フリップもクロスもメロトロンを弾くので、どちらのものと断定するのは難しいけれど、バンドの情緒的で美しいパートにクロスは大きく貢献していると思う。

(8)は即興ではなくフリップがスコアを書いたもの。ギタリストが作曲したものらしく、ギターが全面的に活躍している。(2:50)あたりから(6:00)くらいまで16分音符と思われるピッキングの箇所が多く、相当苦しいのではないか。1980年代の「ディシプリン・クリムゾン」になってからも、フリップは「フラクチュア」をよく練習していたという。(7:40)頃に「ラークス・タングズ…パート2」を思わせるギターが炸裂し、そこからコーダまで突っ走る感じは圧巻である。

この時期(『ラークス・タングズ…』から『レッド』まで)のクリムゾン(「ラークス・タングズ・クリムゾン」)は、先に崩壊した「アースバウンド・クリムゾン」では到底たどり着けなかった地点に到達していると言える。だから、この時期のクリムゾンのファンがたいへん多くて思い入れも強いのもうなずける気がする。それだからこそ、1980年代に再結成した「ディシプリン・クリムゾン」に風当たりが強いのではないかと想像している。


≪ 『ラークス・タングズ…』へ   『レッド』へ ≫


【付記】
● 今回聴いたのは「30周年記念盤」ですが、市場には「40周年記念盤」が出ているようです。DVDオーディオとかいって、ボーナス映像もある模様です。購入して聴いた方の感想では5.1chのサウンドがすごいのだそうだとか。

クリムゾンは活動期間も長く、メンバー交代も多いので、一応乙山なりの勝手な目安を書いておきますと、1stが「宮殿クリムゾン」で、2nd~5thまでが「アースバウンド・クリムゾン」。長くてずれも多いですが、『アースバウンド』がすべてを象徴しています。6th~8thが「ラークス・タングズ・クリムゾン」。そして9th~11thまでを「ディシプリン・クリムゾン」と勝手に呼んでいます。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは

 9th~11thまで時代分けするとは面白いですね。
 いずれにしてもロックの変遷を感じることができます。
 クリムゾンは休日の時間がたっぷりあるときに聴きたいものです。
 ご紹介ありがとうございます。

mikitaka08さん

mikitakaさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
あまりに活動が長いと、「あの頃」といってもわかりにくいのです。
第*期クリムゾンという呼称もありますが、それも人によって違いますしね。
あまり意味のあるものでもないような気がしますが……
仰るように、以前はよく聴いていたのですが、近頃は「たまに」になりました。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (7)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)