阪急池田駅周辺を歩く(18) 阪急そば 池田駅店

HankyuSoba_TempuraSoba.jpg
阪急電車のすべての駅にあるわけではないが、いくつかの駅には「阪急そば」と称してそばとうどんを提供している店がある。いわゆる「立ち食い」ではないけれど、それと似たような品質のうどん・そばだと思ってくださればいいと思う。注文するとほぼ1分以内に出てくるところが急いで何か食べておかないと、という場合に便利でけっこう利用している。

今回は阪急宝塚線の池田駅に隣接する阪急そばを利用した。というか、住んでいることもあってもっぱらここを利用しているわけだが、阪急そばは完全に駅構内で営業していることもあれば、駅構外の場合もある。十三駅や西宮北口駅は前者で、池田駅は後者にあたる。石橋駅に至っては駅構内と構外のダブル営業である。どういうわけでそんなふうになったのか不明だが、たぶん深い理由はなく、たんにスペースの問題なのではないかと想像している。

阪急そばにはきつね、昆布、刻み、てんぷら、月見のうどんとそばがあるが、関東に存在する「たぬきそば」というものがない。「たぬきそば」はかけそばにてんかす(天玉)を入れたもののようだが、関西でかけそば(うどん)を頼むと自動的にてんかすが乗せられている場合がある。ウェブログでお付合い頂いている東京(と沖縄)の方の情報によれば、あちらではてんかすできっちり金をとるのだそうである。

とろろ昆布はあまり好きではないし、生卵をつぶすと汁が濁るので頼んだことがない。だいたい、きつねか刻み、てんぷらを注文しているが、いちばん多いのはてんぷらそばだと思う。天ぷらそばというとなんだか高級そうだがさにあらず。写真をご覧ください。これが「てんぷらそば」である。蕎麦の上に何やら巨大なてんぷらの衣のようなものが乗せられているのが見えると思う。

実はこれ、ほとんどがてんぷらの衣で、ほんの少しオキアミのような小海老が入っているだけなのだ。小海老は2~3個なので、含有率は3~5%くらいじゃなかろうか。昔、どこかの店で小指くらいの大きさの海老に巨大な衣が付いているのが出てきて、驚きと呆れを通り越して笑ってしまった記憶があるが、この「てんぷら」はそれ以上である。胸を張って「てんぷらそば」といっていいのか、思わずツッコミを入れたくなるほどである。

しかし私(乙山)は、このインチキ度(?)が高い「てんぷらそば」がなぜか好きなのである。どうしてだと言われると理由がわからないので返答のしようがなくて困ってしまうが、ついこれを頼んでしまうのだから仕方がない。そばも、おそらく蕎麦粉の含有量が五割に達していないと思われる正体不明のもの(推測)で、しいて言うなら「そば風味うどん」だと思うが、まあいいではないか。

さて、頼むと1分以内というのは本当である。「てんぷら」の衣がじゅうぶん汁を吸って柔らかくなったときが食べ頃である。食べていると、これって関東でいう「たぬきそば」に限りなく近いものじゃないか、と思えてくる。おつゆは極めて薄色で、これが関西流である。そばとつゆを交互に楽しみ、最後まで全部食べて汁を切り飲み切ることができるが、後でのどが渇くことはない。そして胃もたれすることもないのが不思議である。

これで300円(2014年4月から320円)、かやく御飯か稲荷寿司をつけると500円の定食になる。以前はよくかやくご飯を付けてセットで食べていたが、近頃はもっぱらてんぷらそばだけで済ませている。そうすると、正午くらいに食べた場合、午後4時ころには小腹が空いて来て、6時ころにはお腹が鳴るほど。となれば、晩ご飯というか晩酌がとてもおいしく感じられて都合がいいのである。


【付記】
● 阪急そばには固定ファンが存在していて、どこどこの駅の阪急そばはうまいとか、あそこの阪急そばはまずい、などと熱い論議が交わされることもあるようですが、どうやら池田駅の阪急そばは、わりと「いけている」という噂をどこかで聞いたことがあります。

ちなみに南海電鉄には「南海そば」があって、これがなかなか面白そうなのです。「コロッケそば」とか「かき揚げそば」などがあるようで、阪急そばにはない、何かディープな大阪らしさを感じました。南海そばは、どうやら立ち食いスタイルのようです。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

阪急蕎麦、美味しいですよね。
私が食べたことがあるのは十三駅のものですが・・・2度ほど・・・

ただ、阪急には滅多に乗りませんからね。

そんな私のお気に入りは、近鉄上本町駅の地下の立ち食いうどん。
私の好きなのは、天ぷら蕎麦に生卵。

ちょいとお言葉に逆らうようですが、熱くなった蕎麦を、或いは崩れた天ぷらを冷たい生卵を通して食べるのが好きで・・・好きで・・・

なるべく混ざらないようにして食べますので、汁は濁りません。

味的には天かすで十分

私は、天ぷらは時々しか食べませんが、揚げたてのカリッとした食感を楽しみたいので、うどんやそばに入れるのは勿体ない、と思ってるたちです。
油が汁にこくを出してる思うので、天かすだけあれば十分かな?具の殆どない天ぷらでも美味しいのは想像できました。

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
阪急そば、わりと利用しています。
十三駅は立ち食いスタイルになっていますが、
あれは珍しいほうでして、阪急そばは座って食べるほうが多いのです。

近鉄上本町駅の地下に立ち食いうどんがあるんですね。
ぜひ一度、と思いますが、近鉄に乗る機会がなかなかありません。

> ちょいとお言葉に逆らうようですが、熱くなった蕎麦を、或いは崩れた天ぷらを冷たい生卵を通して食べるのが好きで・・・好きで・・・

月見、という名前があるくらいですから、
卵が好きな人も多いと想像します。
gatayanさんなら、汁も濁らさず、いい感じで召し上がるでしょうね。

Re: 味的には天かすで十分 ; yuccalinaさん

yuccalinaさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうですね、仰る通り、揚げたてのカリッとしたのを楽しみたい方は、
うどんやそばに入れるとふやけてしまうではないか、と思うでしょうね。
乙山も「てんつゆ」より塩で食べることが多いですよ。

実際、てんぷらそばで、えびのてんぷらをずっと放っておいたら、
身だけぽろっと取れてしまうこともありますものね。
てんかすだけでもおいしい。だから「たぬきそば」があるんでしょうね。

蕎麦のようで蕎麦じゃない。

乙山さん、こにちは。

これはですね、蕎麦のようで蕎麦ではないんですよ。
でも、やっぱり蕎麦なんですよ。笑
このてのそば屋は週に一度は行きますね。みょうにウマいんだなあ。
しょうに合うというか、まあ、手軽さもあるんですがね、
でも手軽さだけではないんだなあ、なんなんでしょうね?
蕎麦の風味があるわけでもない、そう、エビ一本入ってるわけでもない。
知人のそば屋に言わせますとね、あれはファーストフードらしいですよ。
なるほどなあ。

130一発のスピーカーどうなりました?
すこしいいベイ松で組むとハンパないですよきっと。
やっぱし、フルレンジは最高ですよ。
ぼくは今、アルティック604Bに浮気中!
ぶひひっ!

HOBO

Re: 蕎麦のようで蕎麦じゃない。 ; HOBOさん

HOBOさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうそう、これは仰るようにそばのようでそばじゃないんです。
そば好きからしたらけしからん、フェイクそばですよね。

たぶん蕎麦粉より小麦粉のほうが多いんじゃないでしょうか。
蕎麦を楽しむんだったら「家族亭」なんかのほうが旨いです。
だけどまあ、これはこれであってもいいかなと思っています。

立ち食いそば=ファストフード以外の何物でもありません。
本気で蕎麦屋をやっている人からすると、とんでもない代物です。
200円とか300円の世界ですもの、まああんなものでしょう。

「南海そば」なんてね、ビールサーバーからおつゆを入れてるんですよ!
なんかすごいものを見たな、という感じでしたね。
逆に「そういう使い方もできるんだ」と感心したほど。

D130は、少しずつ進んでいますが、グリルクロスの部分が難しいですね。
あれをスリットにせず、前からはめ込むようにしようかと思っています。
HOBOさん、アルテックの604系は本当にいいものですよ。
JBLのモニター系が出るまで、多くのスタジオでも604を使っていたんじゃないですか。
そりゃ、良いに決まってますよ。乙山も欲しいなあ。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (6)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)