100パイパーズ(ブレンデッド)

100pipers_01.jpg
日本のウィスキーばかり飲んでいると、たまに飲みたくなるのがスコッチである。今回は某酒の量販店まで足を延ばして〈100パイパーズ〉を買ってみた。過去に何度か飲んだことはあるけれど記事にしていなかったのでちょうどよい機会である。アイラモルトをしっかり飲んだり、スペイサイドのシングルモルトに手を出したりするのもいいけれど、家では炭酸で割って軽く飲むほうが好きである。

バーでも初めにジン・トニックを頼み、次にスコッチ・ソーダを飲んだらさっと帰るので、よく顔見知りの客やバーテンダーに「えっ、もうお帰りですか?」などと言われてしまうことがある。連れがいるときは別だが、バーの長尻はあまり好きではない。居酒屋などで飲むときも、一人だと長くても一時間くらいじゃないだろうか。

ラベルを見ると〈Seagram's 100PIPERS〉とある。もともとはカナダのシーグラム社の製品だったのだが、シーグラム社はリカー部門を売却し、現在はペルノ・リカール社がシーグラムの名前を引き継いで販売しているようだ。ところがシーグラム社の製品でも〈7Crown〉とか〈Crown Royal〉などはキリンが販売しているようで、このあたりの取り決めがどうなっているのか不明である。

過去においてキリンとシーグラムは合弁事業を展開しており、昔はキリン・シーグラムという社名だったと思う。その頃からの既得権のようなものが存在しているのかもしれないが、〈100パイパーズ〉はキリンの製品ラインナップに入っていない。ついでに国産ウィスキーを見ると、〈エンブレム〉がラインナップから消えてしまったようである。

考えてみるとカナダの酒造会社がどうしてスコッチを、と不思議に思って裏ラベルをよく見ると、「蒸留、熟成、ブレンド、瓶詰はすべてスコットランド」で行われているようであり、シーバス・ブラザーズ社によるもののようだ。かつて同社はシーグラム社の傘下にあって、シーグラム社がアメリカにおけるスコッチの販路を拡大しようとしたときに協力したのではないかと想像する。

100pipers_02.jpgだから元来〈100パイパーズ〉はアメリカ向けのスコッチだったわけで、あの〈パスポート・スコッチ〉も同様、キリン・シーグラムが日本向けで大々的に宣伝しなかったのだろうと想像する。そういう経緯から、〈100パイパーズ〉も〈パスポート〉も日本ではかなり知名度が低いスコッチになったのではないか。

シーバス・ブラザーズ社によるものか、と思うと少しだけ有難味が出たような気がしないでもないが、早速飲んでみる。まずはストレートでやってみると、くどくない甘さがまず感じられ、次に若いグレーンによるアルコールが来る。情報によるとスペイサイド系のモルトが30種類もバッティングされているという。もはやキーモルトは何か、などわからない状態になっている、というのが正直なところ。

ピート香は極めて微弱、加水するとさらに飲みやすくなり、ほのかな樽由来のウッディさを感じるが、これも極めて微弱である。アメリカのマーケティング調査をした結果からはじき出されたアメリカ向けのスコッチ、ということなんだろうけど、この軽いテイストは日本人にもわかりやすいのではないかと思う。ただし、「スコッチらしいスコッチ」を飲みたい向きにはお勧めしにくいものがある。

スコッチにも色々あるけれど、これは本当にライト・テイストで、軽いテイストで知られるあの〈Black&White〉よりさらに軽い味わいかもしれない。アメリカ人がバーボンとかライ・ウィスキーをそのまま飲む感覚で、飲みやすいスコッチを提供した、ということだろうか。そうかといって、炭酸割りにしてもそんなに悪くない感じだった。


【付記】
● ペルノ・リカール・ジャパンのHPにはテイスティングに若干の記述がありますが、抽象的であまり当てになりません。もっとも乙山の記述も当てにならぬことはご存知のところかと思います。〈100パイパーズ〉は某酒の量販店価格で1300円くらいで、それなら「もっとスコッチらしいスコッチを」となるのも頷けるわけです。煙臭さやスパイシーさがいやだという方にお勧めの一本でしょう。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>、バーの長尻はあまり好きではない

私もそうですね。
まあ、バーなんかで長尻していたらべろんべろんになってしまうのが必定ですしね・・・

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
本当そうですよね。どうも二、三時間が普通でしょう、らしいのですが、
そんなことしたら帰れなくなってしまいます。

ふつうで二杯、多くて三杯、と自分に縛りをかけています。
二杯でも、帰りの電車で居眠りしてしまいますよ。

No title

お久しぶりです、乙山さん。

バーの長尻のことです、酒の中身に触れないコメントで申し訳ない。
思うに、酒とかコーヒーとか、こればあくまでも僕の考えなんですがね、
趣味の合う友や同志などとマニアックで心に沁みる会話などの時に飲む
酒は〈良い酒〉であり、銘柄だとか値段じゃないですよね。
だからコーヒーもそうですが、たった1杯のコーヒーに何か付加価値が
加わるとそれは素晴らしいものになってしまう。

バーのカウンターなんてものはとくにそうで当たり障りのない会話のなかに
なにか、また、かかっている曲や音の良さなんかに付加価値を見出すんで
しょうねえ。
バーとか喫茶店というのはその付加価値が要求されますねえ。
いくら上等なうんちくをタレテもそれを提供できない店は残らないですもの。
今この時代に、カネを落とす場所はみんな吟味しますね。
本当の満足とは、ウマい酒とは、
たとえば、乙さんと、それこそ堺市の場末の小汚いバーなんかで、
おたがいのウンチクを持ち寄って、あーでもないこーでもない、
ときには少しムッとしながら飲む酒は、最高だと思いますよ。
べろんべろんだ。最高の付加価値というもの。
いつかそうなってみたいですね。
よろしくデス、乙さん。笑

HOBO

No title

うーん、この酒の名前を聞いたことはありましたが全くの初見です。
J&Bなんかもそうですが、アメリカ向けのスコッチはどうしてもアッサリ系になってしまうようですね。
でも記事を拝見する限りそんな悪い酒でもなさそうなので、買って飲んでみたくなりました。

そうそう、ブレンドオブニッカを買ったいつも立ち寄るコアな酒屋には、何故かパスポートも置いてあるんです。どういった基準で酒を選んでいるのかは未だに謎のままです。

それとバーの長っ尻のことですが、ちと反省をしております。
私も滞在時間は1時間程度なのですが、飲む酒の量は1・2杯では終わりません。旨そうなボトルを眺めているとついつい杯を重ねて…。

考えてみたら酷い飲み方をしています。

No title

どうも初めまして、更新の都度ワクワクしながら読ませて頂いております。
私は下手の横好きというか下戸の酒好きで、
ストレート2杯ぐらいで足取りが危うくなるので最近はバーは自重しております。
下戸故にウィスキーを一瓶買うと数年家で飼う事になりがちですが、貴ブログを参考に色々買い込み
棚が賑やかになり晩酌の時間が楽しくなりました。

No title

バーで飲む時は2杯前後で。
酩酊より酒の味わいを優先する飲み方、良いなぁ・・・憧れます♪

昔、居酒屋で一人酒デビューした時、ついいつもの調子でアテを3品ほど
頼んでしまい、それがまた良心的にかなりボリュームがあったもので
結局2時間近く居座り飲み続けた記憶があります(^^;)
(幸い酔いつぶれはしませんでしたが)

Re: HOBOさん

HOBOさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
お元気ですか? そちらを閉める、というのを見たとき、
いちばん心配したのはHOBOさんの体調でした。
本当に大丈夫なんだろうか、と思いましたよ。

コーヒーは、それが本当においしければ客はついてくると思います。
一杯のコーヒーの付加価値、それはもう、HOBOさん自身でしょう!
HOBOさんが淹れたコーヒー、そしてHOBOさんの話も聞ける、
場合によっては歌も、というのはないかもしれませんが!

もし10m×10mの物件があったらなら、
ミニコンサートも開けるんじゃないでしょうか。
アコースティックだけで勝負、なんてね。

楽しみがいっぱいだと思います。
それこそ、先を見つめて、やりたいことをやる!
いつか一緒に飲めたらいいですね。

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
なにしろ禁酒法時代に財をなした会社ですからねえ。
ニューヨークに「シーグラム・ビル」というのもあるらしいですよ。

だから有り難がって飲むほどのものではないような気もします。
へえ、こんなものもあるんだ、くらいのことでしょう。
これまでのお話を聞く限り、Noriさん好みのウィスキーではなさそうです。

ご存知でしょうが〈J&B〉とか〈Black&White〉、〈カティ・サーク〉などはすべて軽いもので、
ちと物足りぬ部分もありますがそれはそれでいいものだと思います。
この〈100パイパーズ〉はそれらより軽いかもしれません。

居心地が良ければ、バーで長尻になるのは必然的です。
それはそれで、良いではありませんか。
1000円スコッチがある時代に、ワンショット30mlで700~1000円とるバーは、時代錯誤です。
それこそ、どんな「付加価値」があるんでしょうね。

Re: tanimuraさん

tanimuraさん、初めまして! コメントありがとうございます。
ストレートで二杯、というのは乙山でもノックダウンです。
いい酒は、そのまま味わいたい、というのもあるのですが、
割りものにして、ゆっくりお飲みになってくださいね。
乙山は、ウィスキーのソーダ割りが大好きですよ。

Re: zumiさん

zumiさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いやいや、ちがうんですよ!
だってね、1000円スコッチがあるってわかってるわけでしょう?
そんな時代に、だれがショット=700円飲みますか?

ほとんどのバーは、時代錯誤だと思います。
どんな「付加価値」があるのでしょうね。
そうして付加価値を肥大させたのが「ガールズ・バー」でしょう。

なんか、落ち着かないんです。
いい酒を飲ませてくれる「雰囲気」のあるバー、
そういうのはなかなかないですよ。

乙山は格好付けて、バーではおとなしくしていますが、
家では飲みまくって、ふらついています。
それが、いちばん良いのだと思います。

野暮な大人の見本

立ち飲みが出来る酒屋で
チョイと飲む事を 「角打ち」と云う
そうてすが、その店で生ハムパクパク、
ハイボール グビグビと延々とやってる
わたくしは、野暮な大人の見本です。
帰りは膝が ガクガクして
えらいこっちゃです。


Re: 野暮な大人の見本 ; 四の字硬目さん

四の字硬目さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
まあ、それはそれでいいではありませんか。
延々と居たくなるよう何かが、そこにはあるのですから。
乙山はたんに、ぱっと飲んで、さっと帰るのが好きなのですが、
帰ってから延々と飲んでしまう(またかい!)のがいかんところです。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (6)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)