気になる物体(5)



〈遊歩者 只野乙山〉 不定期刊行物
【気になる物体たち】




懸案物件14:大阪、堺東にて

AnxiousObject_014.jpg

なんだって? た、卓球場だと?
堺って「千利休のまち」であろう。
なんで「卓球のまち」である池田にない卓球場が堺東にあるのか。



懸案物件15:大阪、堺東にて

AnxiousObject_015.jpg

「ナツメロの店」?
「ナツメロ」というものを売っているのだろうか。
この体裁からすると、「ナツメロ」がこの店のいちばんの「売り」なのだろう。
だけどナツメロって、いったい何なのだろう?
なつめやしの仲間だろうか。



懸案物件16:大阪、堺東にて

AnxiousObject_016.jpg

オレンヂドロップ=ミカンアメにあらず。
そう聞いて思い出すのはオレンジ色の高耐圧キャパシターである。
おそらくギター・アンプにはオレンジドロップが使われているのであろう。
だけどこの店、怪し過ぎ!
いったい、何屋さんなんだといいたくなる。



懸案物件17:大阪、堺東にて

AnxiousObject_017.jpg

何とも猥雑な雰囲気の裏通り。
見ると立ち飲み屋が軒を並べており、
思わず「ゥワォ」と小さく声をあげたくなる。
こういうのはかなり気になるんだけど、
平然と入れるようになるには時間がかかりそうである。


≪ 気になる物体(4)へ  気になる物体(6)へ ≫


【付記】
● 所用で立ち寄った南海高野線堺東駅周辺は、商店街が縦横に交錯する面白い町でした。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

気になる。

ご無沙汰しております。m(._.)m
わたくしの地元名古屋には
ボンボンセンターなる飲み屋街が
あります。
その路地の飲み屋街はまるで
演歌の花道のロケに使えそうな
昭和レトロで猥雑な雰囲気を
醸し出しておりまして
中には昼から飲める店もあります。
しかも怪しすぎて、シブくて泣けてきます。
でも毎回結局癒されてヘペレケで
帰ります。

Re: 気になる。 ; 四の字硬目さん

四の字硬目さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ほうほう、名古屋には「ボンボンセンター」があるのですね。
名前がまたなんともいいではありませんか。

名古屋には大須のオーディオ店がありますし、
ボンボンセンターもぜひ行ってみたいですね。
「ひつまぶし」も食べてみたいですし。
名古屋、行きたいなあ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

乙山さん、おはようございます。

このナツメロって、やはり「懐かしのメロディー」を売っているのではないでしょうか、もちろん乙山さんそれをご存知でと察しますが。

なにやらカラオケの機械がカウンターの端に申し訳程度に置いてあるような雰囲気のお店ですね。そこでおじさん達がコップ酒をちびちびやっているイメージです。でもナツメロなんて言葉はもう使っていないのでしょうか。日本の言葉はドンドン変化していって私はもうついていけないわ。しかしこのナツメロという文字がなんとも言えませんね。良く見るとななかな味がありまっせ!

No title

怪しげな?通りに入っていくのは
さすがに勇気がいりますよね。
思わず立ち止まってしまうような・・・。
そんな通りは小倉にもあります。

物騒な事件の頻発する小倉では
ここらへんの店は止めておこうと言う
一角もあり、ますますさびれていきます^^;

Re: まん丸クミさん

まん丸クミさん、こんにちは! コメントありがとうございます。

> このナツメロって、やはり「懐かしのメロディー」を売っているのではないでしょうか

やはりそうなんでしょうね。ということは、カラオケで、
しかも昔の曲がレパートリーにたくさんある、ということでしょうかね。
装置も最新のものではないのかもしれません。

「ナツメロ」と全部片仮名で書くと何か別のものに見えてくるのが不思議です。
仰るように書体になかなか味があって、面白く、つい撮影してしまいました。

Re: しょうちゃんさん

しょうちゃんさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
猥雑な感じの漂う横丁は好きなのですが、
仰るようにちょっと勇気が必要です。
慣れれば何ということはないものですが、
そうなるまでに時間がかかりそうです。

> 物騒な事件の頻発する小倉では

そんなに事件が頻発するのですか?
門司や小倉は一度行ってみたいと思っています。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/04 (7)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)