大阪モノレール千里中央駅周辺を歩く ラーメン熊五郎せんちゅうパル店

Kumagoro_SenchuPal_01.jpg
忘日、所用で大阪モノレール(大阪地下鉄御堂筋線)千里中央駅に降り立つ。今回はモノレールで行ったのだが、駅を出るとすぐ巨大な商業施設「せんちゅうパル」や「セルシー」などがあって圧倒される。ふつうの町ではこれが駅前商店街に相当するのだろうが、千里中央駅周辺には商店街は存在しない。スーパーマーケットやレンタルメディア店もあり、ここでほぼ生活の買い物すべてを済ませてしまえるというわけだろうか。

千里ニュータウンという名前だけは知っていた。1960年代、もともとは丘陵地帯だった豊中市と吹田市にまたがる広範囲の土地を大阪府が開発して巨大団地を作った。同時に1970年開催の大阪万国博覧会に合わせて周辺の道路なども整備されたという。大阪万博には連れて行ってもらったが、人が多すぎて大阪ガスのパビリオン以外あまり記憶に残っておらず、とにかくものすごいお祭りだということだけ覚えている。

その後、遠足で万博記念公園に行ったくらいではなかろうか。とにかく数えるほどしかこの地域に来たことがなかった。ちょっと歩いてみるだけでこの地域の広大さを知ることができる。開発に反対して今でも昔の住宅地が残っている地域があることを知っていたが、仕事中であり時間も限られている。地域探索は断念して(おいおい)ちょっとだけ散歩することにした。

それにしても行けども行けども団地ばかりである。道路はきれいに整備され、企業のビルも幾つか存在している。大阪ではあるけれど、大阪らしさがまったく感じられない地域だと言えるだろう。だけど大阪らしさって何なのだろう? おそらくそれはある種の猥雑さであり、具体的には商店街と銭湯、住宅と個人商店が入り混じった町の風景ではないかと思う。

かなり歩いても個人商店は見つけることができなかった。おそらく個人商店の出店を禁じているのではなかろうか。お腹が減っても個人経営の食堂はまったく見当たらず、どうも千里中央駅まで戻らないとならぬようだ。致し方あるまい。せんちゅうパルの地下に飲食店街があるようなので、そこで〈らーめん熊五郎〉に入店することにした。

〈らーめん熊五郎〉は大阪市内の天王寺に住んでいた頃も利用したことがある。阿倍野地下街、通称「あべちか」にある〈古潭〉もそうだけど、どちらもかなり昔から営業している店である。つい懐かしくなって入店してしまったが、頼むのはいつものラーメンと半チャーハンのセット。なんかこれが止められないんですね。

せんちゅうパルの〈ラーメン熊五郎〉は女性客もわりといて、ラーメン=野郎の世界という感じはしない。もっとも、いま主流の「ラーメン」は男性も女性もない、ワールドワイドなものになっているようで、東京の有名ラーメン店にはラーメンが目的で日本に来たという外国人観光客がたくさん来店するようである。

〈熊五郎〉というのは落語の熊さんではなくて、北海道の熊なのだと思う。だがメニューを見ると、とんこつがメインでそれから派生した「とんこつしょうゆ」と「とんこつ味噌」があるようだ。「あっさり」もあるようなのでここは迷わず「あっさり醤油」を選んだ。北海道のようでありながらメインはとんこつという不思議なあり方だが、〈熊五郎〉は大阪の会社のようである。

Kumagoro_SenchuPal_02.jpgさて料理が来ましたよ。あっさりとはいいながらスープにはかなりコクがあるようだ。麺は半透明タイプの近頃よく見かけるものでこれはあまり面白くない。写真でもおわかりのように、ちょっと安っぽく見えるんですね。スープがおいしいのにこれは残念である。もし麺が良かったらかなり良い線をいっているラーメンになると思う。

チャーハンはあっさりしていてあまり印象に残らない。おそらくコクのあるスープに合わせて意図的にあっさり仕上げているのかもしれぬ。うまいなあ、と思わず唸ってしまうほどではないがそんなに悪いものでもないと思う。あまり文句を言ってはいかん、食べ物は大事に食べようじゃないか、と自分に言い聞かせる。

ラーメンとチャーハンのセットの他にも、ラーメンと天津飯、ラーメンと高菜ご飯、ラーメンと焼き豚丼、ラーメンとから揚げまたは餃子のセットなど色々メニューがあるようだ。ラーメン一本勝負、という気負いがないところが女性客や家族連れにも人気があるのではないかと思う。実際、そこそこおいしい店だった。


【付記】
● いつもラーメンと半チャーハンばかりですが、ラーメンと高菜ご飯というのもいいですね。今度はそれにしよっかな、と食べ終わった後によく思うのですが、次回になるとなぜかその考えは消え失せ、いつものやつにしてしまうんですよね。あれっ、北海道の熊と九州の高菜漬っていったい……


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

熊五郎か・・・懐かしいな。
職場が大阪だった20年以上も前はしばしばお世話になったものです。
もちろん、古潭もね。

あの頃はそれほどいろいろなラーメン屋さんがあるわけでもなく・・・飛び抜けておいしい店だと思っていたのですが、今食べたらどうなんだろうなあ・・・

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
乙山は1980年代の終わり頃から2000年まで天王寺に住んでおりました。
当時、阿倍野の地下街の〈古潭〉はすごい人気で、行列ができていましたね。
あらかじめ注文をとっておいて、席に着いたらすぐ出てくるんです。

〈熊五郎〉もわりと行ったように覚えています。
〈熊五郎〉も〈古潭〉も、人気のある店でした。
仰るようにいろんな店があったわけではありませんものね。
たぶん40年くらい前から商売しているんじゃないでしょうか。

No title

昨年久々に服部緑地に行ったのですが、北大阪急行に入ったあたりから
周囲の雰囲気が違うような気がします・・・
緑地公園駅周辺にも団地は多いですが、ヒトの気配をあまり感じさせない
というか。(まぁ住民の方々にしては常に賑々しい環境だとたまったものでは
ないのかもしれませんが(笑)

私もラーメン屋さんに行ったら単品ではなくセットメニューを頼んでしまうと
思います(^^;)
野菜たっぷりの半ラーメンに半チャーハンか餃子・から揚げ、サラダも
ついていると嬉しいなぁ・・・
(もちろんラーメンが美味しいことが最前提ですが)

Re: zumiさん

zumiさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
なるほど、江坂を越えたあたりから景色が変わる感じがあるでしょうね。
乙山も大阪市生まれですので、北摂地域は「遠い何処か」だったんです。
家を出ても家ばかり、という感覚に慣れるまで時間がかかりましたよ。

結局、巨大団地と大手企業によるチェーン店ばかりの町、
どこへ行っても同じ風景しかない町、
それが日本の将来の姿なのかもしれません。
大阪市内でいえば開発後の阿倍野みたいな感じでしょうか。

女性でもセットメニューを頼む方もいるでしょうね。
〈王将〉に一人で入店してカウンターに座り、
ラーメンとチャーハンのセットを頼む女性を見たのです。
なるほど、半ラーメンに半チャーハン、から揚げとサラダは良いですね。

No title

乙山さん、こんばんは

千里は本当に懐かしい名前です、中学生の時に初めて千里に行きましたがあそこにはラジオ局があって60年代の終りから70年の初め頃に桂三枝(今は名前が違う)がホストを務めていた「ヤング・オー・オー」というラジオ番組の公開録音をしていました。それでどういう分けかその番組を見学にいった思い出があります。

その後、万博などで何回か行きましたが。なんと辺鄙な所かという印象が強いです。駅以外は何もなかったような、今もやはり駅周辺はなにもないのですね。千里はなんとなく大阪という感じがなく「千里」という独立した場所のような雰囲気をもっていると感じました。しかしそういう処でも乙山さんのお好きなラーメンと炒飯はちゃんと存在するのですね。

Re: まん丸クミさん

まん丸クミさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
「ヤング・オー・オー」の名前は聞いたことがあります。
ラジオに聞きいった覚えはないのですが、短波ラジオというものがありまして、
それで〈Radio Canada International〉を受診したことがあります。
フランス語なので「ハジョ・カナダ・アンタフナシオナール」と聞こえるのです。

仰るように、千里は大阪という感じがまったくしない町ですね。
実際、転勤でこちらに来た人とか社宅で住んでいる人が多く、
話している言葉を聞いても関西弁ではないことがあります。
大阪らしさはないけれど、千里には千里の、独特の「文化」があるようです。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/11 (6)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)