村上春樹 「納屋を焼く」

村上春樹 「納屋を焼く」(初出は『新潮』1983年1月号)

MurakamiHaruki_TheElephantVanishes.jpg
『村上春樹初期短編集』から今回は「納屋を焼く」を読んだ。初出は1983年『新潮』1月号とある。『羊をめぐる冒険』(1982)を出した後、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を執筆している頃、並行するように書かれたものかと想像する。もともとリアリティより架空性の高い作品を書く作者だが、これもその傾向が強い。

31歳で結婚している「僕」は小説を書いている、とあるから、この「僕」はいわゆる「鼠三部作」の「僕」(相棒と翻訳会社を立ち上げている)とは違うのだが、読んでいるとつい「鼠三部作」の「僕」であるかのように感じてしまう。このあたりは読者の快楽ではないかと思う。まるで「鼠三部作」のスピンアウト小説のように読むというわけだ。

小説を書いて暮らしている31歳の「僕」は、知人の結婚パーティで一回りほど年の違う「彼女」と出会い、仲良くなる。といっても「僕」は結婚しており、「彼女」と男女の関係になるわけではなく、飲み食いしながらとりとめのないことを話すのがお互いに楽しい、という不思議な関係である。「彼女」はパントマイムの練習で「蜜柑むき」をして「僕」を感心させるが、どうやって暮らしているのか謎である。

その不思議な「彼女」が北アフリカに旅行することになり、帰って来た時には旅行先で知り合ったという彼と一緒だった。彼は貿易関係の仕事をしているとかで、銀色のドイツ製スポーツカーに乗っている。ある日、電話がかかってきて彼らが「僕」の家に遊びに来るという。食べ物とワインを持って彼らは「僕」の家にやってきて、三人で飲み食いするのだが、「彼女」は眠たくなった、と別室で寝てしまう。

謎めいた彼と「僕」だけでさらに飲むのだが、彼はインドで手に入れたという草(グラス)をやりませんか、と勧める。この種の草を巻いて火をつけ、煙を吸うことは日本国内においては違法行為であるが、とにかく話の中では彼らはそうする。二人でぶっとんだ状態になったとき、彼が「時々納屋を焼くんです」といきなり切り出す。少し引いておきましょう。

「つまり君が納屋を焼くのは、モラリティーにかなった行為であるということかな?」
「正確にはそうじゃありませんね。それはモラリティーを維持するための行為なんです。でもモラリティーのことは忘れたほうがいいと思います。それはここでは本質的なことじゃありません。僕が言いたいのは、世界にはそういう納屋がいっぱいあるということです。僕には僕の納屋があり、あなたにはあなたの納屋がある。本当です。僕は世界のほとんどあらゆる場所に行きました。あらゆる経験をしました。何度も死にかけました。自慢しているわけじゃありません。でももうやめましょう。僕はふだん無口なぶん、グラスをやるとしゃべりすぎるんです」(村上春樹『象の消滅』所収「納屋を焼く」より)

そして「僕」が、次に焼く納屋はもう決まっているのか、と訊くと、彼は、それはすでに決まっていて、今日はその下見に来た、このすぐ近くの納屋だ、という。その後「僕」は近所を歩き回り、納屋を見つけておき、朝のランニングのコースにいくつかの納屋を通るようにして、毎朝ランニングしながら納屋がどうなったかチェックする。

とまあ、そんな具合に話は進んでいくのだが、本当に彼は納屋を焼いたのかどうか、それは最後までわからない。そもそも、納屋を焼く話もぶっ飛んだ状態で口から出まかせにした法螺話かもしれない。架空だとわかっているんだけど、つい読んでしまうというか読まされてしまうというべきか。そういう不思議な魅力がある話だ。


【付記】
● 本編には全く関係ありませんが、作中でオートチェンジのガラード(レコード・プレーヤー)について話す場面がほんの少しだけ出てくるんですが、そういうのはオーディオ好きにとってちょっと嬉しいものなんです。ちなみに、何かの雑誌で読んだのですが、御自身はトーレンスとデンオン(デノン)のプレーヤーをお使いだそうです。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

不思議な

こんにちは。

「納屋を焼く」は、2~3年前に読みました。

短篇集の中の1作品でしたが、不思議な話で、強く印象に残りました。
訳わからなくて荒唐無稽なようで、でもすごく気になる作品だったと思います。

再読してみたい小説です。

Re: 不思議な ; よんちゃんさん

よんちゃんさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
「納屋を焼く」は本当に荒唐無稽な感じがしますね。
そもそも納屋を焼く、という考え自体が荒唐無稽なんですから。

作者は七年間、客商売をしていた人ですから、「人の話を聞く名人」なわけです。
かつての若い作者に、カウンター越しに法螺話をした人も多かったのではないか、
そんなふうに想像したりもします。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (7)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)