近鉄上本町駅周辺を歩く(6) めん茶屋 きなさ 近鉄百貨店上本町店B1

KinasaKintetsu_01.jpg
日曜日に出勤というのは毎度のことである。それが苦痛に感じることもなくなってしまったほどで、その代わり平日に休みをとっており、むしろそのほうがどこかに行くにしても都合がいいのかもしれない。日曜日にもなると、どこへ行っても人ばかり、ということになるのだが、平日ならわりとのんびりできることも多いのだ。

ある日曜日、うっかり上本町ハイハイタウンに行ったけれどほとんどの店が休みになっている。和食の店〈江戸屋〉も定休日らしく、よくかつ丼を食べる〈醍醐味〉も休業のようだ。しまったなあ、という感じでハイハイタウンを出て近鉄百貨店に向かう。時間も追われていることだし、もうなんでもいいやという気分である。

近鉄百貨店の食料品売り場を歩いていると、奥のほうに何やら店らしいものがあるではないか。行ってみると、うどん・そばの店らしい。迷わず入店することにした。〈めん茶屋 きなさ〉とある。なんじゃそりゃ、という感じである。「茶屋」と聞けばすぐ色茶屋のことを連想してしまう自分の浅ましさに閉口する。

私(乙山)が知らないだけかもしれないが、上本町や谷町九丁目界隈には意外と和食の店、うどん・そばの店が少ないように思う。ハイハイタウンの中に〈つうつう〉という、うどん・そばの店がある他に、〈なか卯〉という丼とうどんのチェーン店があるばかり。谷町九丁目には三軒ほどあるが、寒い日などはそこまで歩いて行くのが億劫である。

KinasaKintetsu_02.jpgさて料理が来ましたよ。天丼と蕎麦のセットである。いやね、表に出してある見本の天丼にレンコンのてんぷらが見えたんですよ。それでつい、天丼を頼んでしまったというわけである。天丼って、たまに無性に食いたくなる時がある不思議な食べ物だ。昔、阿倍野の近鉄百貨店の界隈に天丼専門店があったけど、たまに利用していた。

意外とボリュームがありますね。蕎麦にはわかめとか鰹節、葱が乗っているが、しっかり分量があって食べ応えがある。天丼はご飯控えめで、内心ほっとした。これでご飯がたっぷり入っていたら完全に食べすぎになってしまう。蕎麦の出汁はどこかで食べたような感じがするなと思っていたが、伝票に「グルメきねや」とあるではないか。

なあんだ、という感じ(失礼)である。独立の店かと勘違いしていたが、あの〈杵屋〉のチェーン店だったのだ。うどん中心(?)の〈杵屋〉とそば中心の〈そじ坊〉だけかと思っていたら、他にも色々展開しているようである。ホームページを見てみると、ちゃんと〈めん茶屋 きなさ〉も店舗紹介の所に存在していた。

杵屋だったら悪いのかよ、という話ではない。私はアクタ西宮にある〈そじ坊〉をよく利用していて、「葉わさび蕎麦」の隠れファンでもある。本物のわさびをその場ですりおろして食べる蕎麦も、ちょっと冷たくしすぎの感もあるけれど悪くない。出汁巻き卵でビールを立て、ざる蕎麦で締める、というようなこともわりとするほどなのだ。


【付記】
● 今回は仕事中なのでビールを立てるわけには参りません。けっこうボリュームがありますのでこのうえビールを飲むことはおそらく不可能でしょう。ビールを飲むならてんざる(てんぷら付きざるそば)くらいでないと、ということでしょうね。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

『きなさ』というのは信州の鬼無里からなんでしょうけど、一度枚方市駅周辺で半日過ごさないといけないことがあって、駅ビルの片隅にあった『枚方店』に行った事があります。
ビルの中なのですが非常階段みたいな所からしか入り口が無くて、ウロウロ歩き回った記憶があります。

熱燗と天ざるという黄金の組み合わせを楽しんでいたのですが、枚方ネイティブの濃ゆいオッサン達が隣に座っていて、苦笑いをしながら食事を楽しみました。

調べたら『そじ坊』も上本町近鉄の6階にあるんですよね。
でも上本町辺りではもっと濃ゆいおじさん達が蟠踞していそうですよね。

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
「きなさ=鬼無里」というのを忘れておりました。
どこかで聞いた名前だな、くらいに思っていたのです。

うどんとそば、どちらを選ぶ、となったら「そば」ですが、
それはどちらもある程度の品質を保っている場合に限られます。
大阪のではうどんを選んだほうが正解の場合が多いのです。

このあたりは難しいですね。
その点、〈杵屋〉チェーンのそばは、あるレベルをクリアしていますので、
安心してそばを選択できるというありがたみがあります。

大阪では「うどん・そば」の順でして、けっして「そば・うどん」ではないのです。
関西では数少ない蕎麦専門店にはかなわぬところがありますが、
〈杵屋〉のそばは、たいていの「うどん・そば」の店よりまともです。

> 熱燗と天ざるという黄金の組み合わせを楽しんでいたのですが、枚方ネイティブの濃ゆいオッサン達が隣に座っていて、苦笑いをしながら食事を楽しみました。

なるほど、枚方ネイティヴなんてあるんですね!
京阪方面は全然知らないのですが、南大阪に劣らぬほど面白そうです。

No title

小生の場合、うどんは純粋な食事として、
そばはお酒の席として、食することが
ほとんどです。そばと日本酒の組合わせは
必須となりますです。

Re: しょうちゃんさん

しょうちゃんさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
本当ですね。仰るように、うどんで一杯やるというのはできぬではありませんが、
そばのほうが一杯やるのが合っているような気がしますね。
これは不思議です。

No title

僕はそじ坊、贔屓にしています。
実は、那覇空港に入っているんですよ。
自分でおろすわさびがいいです。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
実際、そじ坊のそばは、大阪にある普通のうどん・そば屋を超えています。
そもそも、蕎麦専門店でもない限り、正直言って大阪のそばは良くないんですね。
なので乙山も、杵屋とそじ坊があったら、ついそじ坊を使ってしまいます。
ちょっと柔らかい大阪うどん、それはそれで愛しています。

No title

ほうほう・・・
上本町近鉄の下にこんな店がありましたか。
気が付きませんでした。

レンコンの天ぷらがあるところはちょいと気がかりですが(笑)・・・なかなかいい感じの定食じゃあないですか。

>伝票に「グルメきねや」・・・

なあに、気にしない。変にお高く止まって高い金をむしり取る蕎麦屋よりはこんな店の方がよっぽど、そばやうどんの本髄を極めている。だって、蕎麦やうどんは、もともとそんな上品な食べ物じゃあないし・・・
かく言うわたしも「そじ坊」の愛好者・・・

No title

美味しいですよね~蓮根の天ぷら!
私も自宅で揚げ物をしなくなって久しいのですが、たまに無性――に
食べたくなります。
でもいざ自分で揚げるとにおいだけでお腹一杯になるし
食べる準備やら揚げ油の始末やらをする間に冷めてしまって
イマイチ美味しくなくなるんですよねぇ(^^;)

昼はほとんど外食しないので杵屋やそじ坊って
行った記憶が無いのですが(覚えていないだけか?)
蕎麦がイケるのですね~
一度晩酌に行ってみたいです♪

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いつもは上本町ハイハイタウンなんですが、日曜日ですので仕方なく、
という感じで近鉄上本町に行ったのです。

そうすると、この店が地下一階の食料品売り場の奥にあったんです。
近鉄百貨店はあまり利用しないので見落としていたのです。
けっこういけますね。分量も申し分なし、と言ったところです。

本当に、いい蕎麦屋を大阪で見つけようとすると困ります。
うどんがそこそこいい店はいくらでもありますが、
そばがそこそこいい店は難しいんです。
そこを、杵屋チェーンは突いたのだろうかと思います。

蕎麦専門店以外で、杵屋チェーンを超える蕎麦は、なかなかないですよ。
gatayanさんの仰るように、屋台で「ずずっ」とやって帰るのが本筋。
あまりに高い蕎麦屋も変ですよね。

Re: zumiさん

zumiさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
自宅では揚げ物をしないと決めておりますが、
デロンギの小型フライヤーなどを見ると、つい……ちがうちがう!

油が飛翔しないで、効率よくいけるのなら、小型フライヤーも良いですね。
小さめのフライパンで1cmくらいの油なら……
誘惑は何と大きいことでしょう。

〈そじ坊〉はあのうどん杵屋のそば部門ですが、
なかなかいけると思います。あのレベルを超えるのは、蕎麦専門店だけでしょう。
そもそも、蕎麦専門店が、関西には少ないんですからね。

晩酌なんてとんでもない!
だって、貴女の料理のほうがいいに決まってます。
疲れ果てて、今日は料理なんてしてられないという日、
そんな日に、行ってもいいかも? くらいですよ。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)