近鉄上本町駅周辺を歩く(5) 和食 江戸屋 上本町ハイハイタウン

Edoya_01.jpg
ラーメンとチャーハンの記事をよく書いているので、まったく只野乙山というやつはいつもラーメンとチャーハンばかり食っていやがる、と呆れられてしまうかもしれないが、たんに記事として上げていないだけでそれ以外のものもけっこう食べている。当たり前なのだが、ひょっとすると勘違いされてしまうかもしれぬので今回は和食。

上本町ハイハイタウンに来ている。谷町九丁目界隈と上本町とどちらにしようかとよく迷うのだが、うっかりしていると熾烈なランチタイム競争に負けてしまう。今日はどうしてもかつ丼が食いたいという気分なのに、店は満員で他のものにしないといけない、などというのがそれである。できればそんな熾烈な争いと無縁の店がいいなあ、と思う。

そんなわけで今回は和食の店〈江戸屋〉に来ている。上本町ハイハイタウンの一階、「とまとらーめん」を奥に入って行った所にあるのだが、ここは一番目立たない場所なのか、客の通りも少ない。前から気になっていた店なので、このたび意を決して入ってみた。一人なのでカウンターに座ると、推定年齢70歳前後のご主人とその奥さん(?)で切り盛りしている。

座敷の席もあって、小料理屋とでもいった雰囲気である。今日の日替わりは塩鮭です、とご主人が言うのでそれにした。時間は正午前ということもあったのか客は私(乙山)一人だけである。何ともゆったりとした時間が流れていて、落ち着いた気分でいられるのがいい。次から次へと客が入れ替わる店も活気があっていいが、客としては本当はもう少し落ち着いてメシを食いたいもんなのである。

大阪の真ん中なのに〈江戸屋〉。おそらくご主人が東京出身の方なのではないか。話し方を聞いても大阪弁ではないようである。白髪になってはいるものの、それをきっちりと七三で分けている。1960年代からずっとそのスタイルを貫き通してきたのではないか、などと想像してしまうような雰囲気をお持ちの方である。もちろん、そういう人に安易に話しかけはしない。

Edoya_02.jpgさて料理が来ましたよ。ご飯に味噌汁、漬け物ですね。今日の味噌汁はわかめと玉ねぎ。中央後ろに塩鮭、右側には小鉢三種が付いてくる。ほうれん草のおひたし、大根とカニカマの酢の物、写真に写っていないがグリーンピースの卵とじである。これで650円というのだから感激ものである。ちなみに「ひれかつ定食」だと700円である。

いや、いいですね。ご飯も若者のようにかきこむことはせず、少しずつ、ゆっくりと食べていくわけである。外食では塩気が強いのに辟易することがあるけれど、ここの塩梅は絶妙で、いささかも塩気が強いと思うことはない。カニカマの酢の物など、どうやったらこうなるのか、ご主人に訊いてみたくなるほどだ。

ご飯は抜群ではないけれど許せるレベル。なんか偉そうなことを書いているような気がしないでもないが、ふだん炊飯専用土鍋で炊きたてのご飯を食べている故にそうなってしまうのでどうかご容赦いただきたい。要するに現物でノックアウトさせてくれれば何も言うことはないのです。だけどなんかゆるいなあ。これが標準なんだろうか、と思ってしまう。ご飯は硬めが好きなのである。

※ 2015年現在、この店は閉店し、他の店になっています。


【付記】
● 外食でご飯(米の飯)のひどいのにあたるとうんざりしてしまうことが多く、それゆえ親子丼やかつ丼に流れてしまうことがありますね。〈江戸屋〉に入ってみて良かった、また利用したいと思うのですが、どうも来年度の異動青写真では谷町九丁目や上本町界隈から離れてしまいそうな感じで残念です。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

店構えもなかなかですが、料理はとても美味しそうです。
定食でこれくらい小鉢が並んでいるのは希ですよね。
これで650円だったら毎日通ってしまいそうです。
「京の生湯葉」という売り文句にも惹かれるものがありますね。

ちなみに少し硬めの炊きたて御飯は、私も大好きです。
でもカレーライスなんかの場合は、炊いてしばらく置いたものの方が良い様な…。
確かに店で温かい御飯を提供するというのは、難しいものなのかも知れませんねぇ。

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
このお店、なかなかって感じでしょう?
いかにも東京の職人さん、って感じがするご主人でした。

硬めのご飯、というのは米そのものが硬いのではなく、
水分少なめ、とでもいえばいいのでしょうか。
べちゃっとした、水分多めのご飯が苦手なのです。

できれば粒がくっつかないような、チャーハンにしたら、
一粒一粒が独立するような、そんなご飯が好きなんですね。

No title

ご飯が美味しそうですね!
娘が、数年前、大教大に通っていまして上本町に下宿していました。
ハイハイタウンはよく探検したそうです・・

私も美味しいご飯は大好きですが・・・
血糖値が高く、今流行りの糖質制限食をさせられています(笑)

さすがにご飯を控えると血糖値は下がりましたが・・
やけくそに・・ご飯に味噌汁漬物で毎昼は腹いっぱい食べています(笑)

Re: otokiさん

otokiさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
なるほど御令嬢が大阪教育大学へ通われていたんですね。
たしかに上本町から出て、近鉄大阪線で行くコースがありますね。

ハイハイタウン自体は若者向けではないのですが、
谷町九丁目とか上本町近辺には予備校とか塾、
公立私立を交えた進学校がありますので、
「学割」の看板を掲げた店も幾つかあるようです。

乙山も高血圧で引っかかることがありまして、
本当は飲酒や喫煙は控えたほうがいいのですが……
少し高くても、おいしい米をお選びになって、炊きあがり200gくらいを、
味噌汁と一緒にお召し上がりくださいね。

乙山も家で米の飯を食べるときはそうしておりますよ。
たった100gの米ですが、炊飯専用土鍋で炊きとおいしくて、
食うたびにノックアウトされています。

粋な定食屋さん。

地元で
良い定食屋さんを見つける事は
中々たいへんなのですが、
的中率の高い乙山殿は
スゴイですねっ!

わたくしの住んでるビルの
隣の居酒屋さんのランチは
フライ物が素晴らしく
美味しいので、
アゲモンの日はすぐに行列で
ビビらされます。

最近見つけた
名古屋 今池にある一応
全国展開さてる 焼き鳥屋の
ランチは¥750-で唐揚げデカ盛りで
アイスドリンクバーとご飯 味噌汁
おかわり自由と〆は卵かけご飯で
専用醤油まであり
追加の唐揚げは2個で¥100-で
おまけに全員美女スタッフで
しあわせすぎて たまりません。
至福の一食を供す
粋な定食屋を探す旅は、
わたくしのライフワークで
あります。

Re: 粋な定食屋さん。 ; 四の字硬目さん

四の字硬目さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
とくに、和定食のいい店が近ごろは少ないと感じています。

谷町九丁目にいい和定食の店がありまして、
おば(あ?)さんがお一人で切り盛りなさっているのです。
漬物など、ひねた感じがするのですが、それもまたよし、であります。

最後の隠れ家ですので決して記事には致しません。
キャパシティの問題もありますからね。
ところで四の字硬目さんの仰る焼鳥屋さんのランチ、良さそうですね。

> おまけに全員美女スタッフで
> しあわせすぎて たまりません。

その一言に、ころっとやられてしまいますよ。
そんな店が、近所にあったらいいなあ……

Re Re: 粋な定食屋さん。

接客の良さと
笑顔が 全員美人なんです。

いつもお腹と心がパンパンに
満たされます。(^_^)

Re: Re Re: 粋な定食屋さん。 ; 四の字硬目さん

四の字硬めさん、再コメントありがとうございます。
いやあ、なんだかね、彼女たちの笑顔が想像上でも浮かんできましてね、
それだけでもなんだか、お腹いっぱいになった気がしますよ!
うらやましい限りですなあ。

No title

「江戸家」はこちらにもありますね。チェーン店なんでしょうか。
一度も入ったことはありません。
和食の定食は、いつも自分で作るご飯の様なので、なかなか和食の定食屋さんには行かないのです。毎日のご飯はこのようなのが、体に良いですね。

只野乙山さんの土鍋で炊く白いご飯を見たいです!絶品でしょうね。
美味しい炊き方も教えてくださいませ。

Re: かえるママ21さん

かえるママさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
「江戸屋」というのはよくある屋号でしょう。
チェーン店ではないと思います。

> 和食の定食は、いつも自分で作るご飯の様なので、なかなか和食の定食屋さんには行かないのです。

こういうご飯を食べているとしたら、健康にはいいでしょうね。
せっかくの外食だから、何か別のものを、とみんな思うんじゃないでしょうか。

炊飯専用土鍋で炊いたご飯の記事は過去に2回、上げていますので、
もういいんじゃないかと思うんです。
といいながらまたそのうち、記事にするかもしれませんけどね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/04 (7)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)