阪急豊中駅周辺を歩く(8) てんぷらと定食 らっきー

Toyonaka_Rakkie_01.jpg
職場関係者の話を聞くと、豊中(阪急宝塚線豊中駅周辺)は食べる所がないからなあ、というのが一致した見解のようである。豊中駅を出ると商業施設「エトレ豊中」があり、中に飲食店がいくつかある。オムライス専門店〈エッグラップ〉、うどんとそばの〈杵屋〉、スパゲティの店〈Ryu Ryu〉、そして和食の店などがあるが、それだけでは飽きてしまうのだろう。

じつは豊中の飲食店は、エトレ豊中の反対方向つまり駅前広場を通り過ぎ、豊中一番街などがある方面にけっこう集中しているし、今改築工事中(2014年1月現在)のダイエー周辺なども面白い。中華料理だったら、ホテルアイボリーの中華なんか素敵だし、ダイエーの裏通りにある〈天瀧〉、豊中銀座通りを入ったところにある〈楽珍〉、そして豊中ボゼムビル内の〈敦煌〉などがお勧めだ。

所用でその豊中に赴いてみると、ちょうど(2014年1月現在)豊中銀座通りの一部が取り壊されて大規模な工事が行われており、そのエリアにあった定食の店〈らっきー〉も立ち退きになったようである。そういえば豊中ボゼムビルの中に〈めしと酒 らっきー〉というのがあったことを思い出し、そうかあそこに移転したのか、と合点し、行ってみることにした。

入ってみると、どうもあの〈定食 らっきー〉の店主の顔ではないようで、おかしいなあ、と話を聞いてみると、この〈めしと酒 らっきー〉は〈定食 らっきー〉のきょうだいが経営しているとのこと。紹介しますから、と店の人は〈定食 らっきー〉の場所を教えてくれた。そこは、元の場所から数十メートル離れた所のようである。

今度こそ、〈定食 らっきー〉のあの主人の顔を見ることができた。相変わらず元気そうでなりよりだ。前の店より少し小ぢんまりしたようであるが、色々メニューがあって、以前と変わらぬ様子。ここでは日替わり定食=550円を頼むことにする。だいたいいつも、それを頼むことが多いのだ。

Toyonaka_Rakkie_02.jpgさて料理が来ましたよ。手前にうどん、そしてフライやてんぷらが見えますね。奥の左側にあるのは煮しめ。こんにゃく、大根、れんこん、人参、竹輪の煮物に卵焼き、合鴨スモークなんかが添えられている。奥の真ん中は冷奴。いやほんと、これで550円って、普通あり得ない値段設定で、安くてうまいが当たり前の、大阪魂全開とでも言いたくなるてんこ盛りである。

とくれば、何かいいことずくめのように思えるのだがさにあらず。正直に書いておこうと思うのだが、ご飯がいまひとつなんである。ふだん炊飯専用土鍋で炊きたてのご飯を食べているからかもしれないが、どうしてもここのご飯がおいしいと思えない。食事をして幸せを感じるには、やはりご飯(米の飯)がおいしいのが必須条件であろう。

何もここまでおかずてんこ盛りにしなくてもいい、たとえばうどんを味噌汁に変更して、そのぶん少しだけでも米のグレードを上げたらいいのになあ。もしこの店のご飯がもう少しおいしかったら、それこそ天下無敵の名店になるんじゃないかと思う。そんなことを思いながら日替わり定食を食べてしまったら、それこそ満腹になってしまった。


【付記】
● 〈定食の店 らっきー〉は健在でした。いやほんと、この店の日替わり定食はお腹いっぱいになるんですね。写真をご覧になるとおかずの充実ぶりがおわかりになると思います。飯屋、とは文字通り「米の飯を食わせる店」なんですね。だから飯屋では米の飯が旨いのをすべてに優先させるべき……とか勝手に思ってしまうのです。

もう一つ、付け加えておかねばならぬことがあります。この定食を食べた時間は、午後四時過ぎでした。定食屋とか飯屋のかきいれ時を過ぎた時間ですので、ご飯が炊きたてから時間が経ってしまった、ということがあります。ちょうどその時に行ってもそれなのか、という誤解を生じかねぬ書き方をした段、お詫び致します。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この年になると、白ご飯が美味しくない店はガッカリします。量さえ満たされれば満足な若い衆相手のお店?
味付けは濃い目で油も多めなら、ご飯のクオリティーよりも量と値段が優先かもしれませんね。

Re: yuccalinaさん

yuccalinaさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
本当にご飯がおいしくないといけませんね。

小さな財布と大きな胃袋のための店、といってもいいかもしれません。
もしご飯がおいしければ、本当にいい店なんですけどね。

No title

ご飯は大事ですよね。
最近買ったコメがいまいちで、ちょいと閉口していますが全部食べなきゃ次に進めないので頑張って食べています。
でも時々、外食で美味しいご飯に出会うと・・・家のコメのことが思いやられてしまって・・・

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いま一つの米を買ってしまったら、おかずと白飯ではなく、
チャーハン、雑炊、チキンライス、卵丼、親子丼なんかにして、
うまくごまかして(?)切り抜けるといいですよ。

> でも時々、外食で美味しいご飯に出会うと

そういうことがあるんですね。
乙山は外食で白ご飯を食べるのが恐ろしいくらいです。
ついこの間も「よくこんなので金を取るよな」といいたいのに出くわしたのです。
なぜチャーハンとラーメンが多いのか、たぶんそれが原因だと思います。

No title

ご飯の美味しくないのは店の魅力を半減しますね。
一昔前に北海道旅行をした時に、おかずの圧倒的美味に比してご飯の不味さには閉口しました。
寿司にしてもネタはとびきり良いのに、総じてあまり良い印象が無いのは酢飯のせいではなかったかと。

最近は北海道の米の食味も向上し、以前のようながっかり感は無いのでしょうけど。

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうですね、とくに「飯屋」である以上、ご飯が旨くないと、
話にならないではないか、と思うのです。

> 最近は北海道の米の食味も向上し

そうそう、乙山も確か「ゆめぴりか」だったでしょうか、
北海道産の米を買うことがありますよ。
例の炊飯専用土鍋で炊いて、おいしく頂いております。

そのうち北海道に行く機会が必ずあるはずなので、
その時にでも検証してみようと思っています。

お米の今昔。

経験上 ご飯は
そんなに良い米でなくとも
炊きたては オイシイ はずです。
客商売なのでそれなりに気を使って
ご飯を炊いていると思われますが、
味がイマイチなのはもしかして多分、
米粒を磨ぎすぎてボロボロになったり
でんぷん質を洗い流しすぎてしまったり、
米の精米後の鮮度などが原因となって
いるのではないでしょうか?
昔の米の磨ぎ方は精米技術の進化した
今の米とはマッチしなかったり
精米した米を大量購入により鮮度が落ち、
高性能炊飯器で舌の肥えた現代人との
嗜好に耐えられなくなっているのかも
しれません。
口コミ評価サイトで指摘を受け
店主が気付き 少しの設備投資などで
改善できればコストを上げずに
劇的にご飯は美味しくなるはずなの
ですが、それが庶民に愛される店とも
なれば誠に歯がゆいでございます。

クドクドと戯言を述べてしまいましたが
わたくしもこんなボリューミーな店が
近所に在って欲しいです。

参りますなぁ〜。


No title

乙山さん、こんにちは。

これで550円って信じられないお値段ですね。
先週、日本のレストランでほうれん草の御浸し(小さな器に入ってくる)を頼んだら5ドルでした。それに、海老のコロッケ二つとカレイの小さな揚物とご飯をたのんだらテップを含めて25ドルになりました。でも家ではほとんど揚物をしないのでやはり外で揚物はたべるのが一番だということに。

日本の食堂はやはり安いですね、レストランでなくちょっと入れる食堂が家の近くにもあるといいのにと思います。いざかやスタイルが結構流行っているのですが、何皿かオーダーするとそう安いようには思えないです。

Re: お米の今昔。 ; 四の字硬目さん

四の字硬目さん、こんにちは! コメントありがとうございます。

> 経験上 ご飯は
> そんなに良い米でなくとも
> 炊きたては オイシイ はずです。

仰る通りだと思います。なんとかという名前の付いてない、
比較的安い米でも、炊きたてであればそこそこおいしいですね。
だからコープ(生協)の米もわりと利用しています。

仰るように、米屋さんに話を聞くと、今の精米技術は進んでいるので、
もう昔のように「研ぐ」必要はないのだとか。
乙山も水を入れて軽く「かき混ぜる」程度で済ませています。

たぶん、今回は炊いてから時間が経ったものだった可能性があります。
お昼の、かき入れ時(正午~午後一時)に行ったのではなく、
夕方の四時過ぎに行ったのです。

そんなに良くない米+研ぎ過ぎ+炊いてから時間が経った、
この三つが重なってしまったのかもしれません。
店としても、無駄は出したくないでしょうし、
そんなに客が来ない時間は仕方ないのかもしれませんね。

それはともかく、全体のボリュームはすごいでしょう?
これで550円ですからね。

Re: まん丸クミさん

まん丸クミさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
この値段は、日本国内においてもかなり安いほうだと思います。
これが負けるとしたら、沖縄の大衆食堂でしょうね。

詳しくは知りませんが、沖縄の方の記事を拝見すると、
ものすごいボリュームなんですね。それでいて安いのです。
海外に住んでいる方なら、余計この食堂が安いと感じるでしょうね。

だって1ドル=だいたい100円くらいでしょう?
ほうれん草のお浸しが500円って、そりゃ引きますよね。
25ドルのご飯って、こちらでいえば、有名店のランチですね。
ほら、夜は絶対行けないけど、ランチだけならいける店ってあるでしょう?
なんとか御前が2500円、みたいな感じです。

日本の大衆食堂は、見た目がねえ……
海外であり得るとしたら、大衆食堂のチェーン店の進出でしょう。
モスクワにセルフうどんの店が出ていて、そこそこ人気があるらしいですね。

No title

乙山さん、こんにちは。
550円でこのボリュームには驚きますね。.。ooO(゚ペ/)/

土鍋でご飯を炊いていらっしゃるんですね。さすがです。
遠赤外線効果でとても美味しいですね。

さて、白いご飯のお話ですが、かえるままも、つい先日ですが、災害時の非常用のお赤飯を食べてみたところ、ちょっと餅米がパサパサしてて美味しくなくて、ラベルを確認しましたら、アメリカ産餅米と書いてありました。
TPPを待たずして、既にお米も外国産のものが日本に広まりつつあるのですね。
外食産業は価格競争が激しいですし、安くてボリュームたっぷりならば、どこかでコスト削減しなくては継続出来ないですものね。
(非常用のお赤飯はとても安価ではない、と思いましたが。)

北海道のお米は品種改良と温暖化にともない飛躍的に美味しくなってるそうです。
また、気候的にも湿度が少なく乾燥してるので、病害虫が多くないので農薬の量も本州の半分ですむそうです。

Re: かえるママ21さん

かえるママさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ここの定食、ボリュームあり過ぎてびっくりでしょう!
本当、お金もうけしてやろうって、がつがつしてないんですよね。
乙山が行った時間(午後四時過ぎ)が悪かったと今では思っています。

ほう、非常用の赤飯がアメリカ産ですか……
アメリカ産でも、カリフォルニア米などはけっこういけると聞いています。
日本は物価が高いから、ほとんどの分野で外国産が安く入ってくるのです。

結局、武器を使わずにして、いかに他国の国力をそいでいくか、
それが(欧米の)外交戦略というものでしょう。
TPPも、何か胡散臭いものを感じてしまうのです。

北海道産の米、たまに買って食べてます!
おいしいですよ。ゆめぴりか(?)とかいうのだったと思いますが、
本州産の米と遜色ないと思いました。

^^

あ~!これは食べ過ぎでしょう!腹八分を通り越して十分になっていますね^^ 日替わり定食だから仕方がありませんが。うどんの代わりに味噌汁が欲しいところです。ご飯が美味くなかったのは残念でした。やっぱり白いご飯は美味しくないと~~ですね^^)/

Re: ^^ ; waravinoさん

waravinoさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いやあ、御明察の通り。この日、乙山は「腹八分目作戦」を放棄しました。
自宅だと、炊きたてご飯とみそ汁、ふりかけで済ませている男です。

ご飯がおいしいと、それでも幸せを感じることができます。
ちゃちな自炊ですが、食うたびにノックアウトされる、これは嘘ではありません。
waravinoさんも、どうぞ炊きたてご飯を召し上がれ!

ずいぶん悪く書いていますが、時間も悪かったんですね。
定食屋、飯屋のかきいれ時ではなくて、午後四時過ぎに食べたのです。
そのことは明記しておかねばなりませんでした。

No title

最近は、炭水化物Wが難しくなりました。
でも、このおかずの種類は良心的ですね。
好きなタイプのお店です。

御飯は、外米の可能性がありますね。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いや本当に、ある程度年齢を重ねますと、炭水化物は控えたほうがよいとのことです。
この店、おかずはすごいものがあるでしょう!
沖縄の大衆食堂には負けるかもしれませんが。

ご飯は、乙山が行った時間が悪かったのだ、と今では思っています。
なにしろ、午後四時過ぎですからね。
まさか店の人に、どこの米使ってるんですか、って訊けませんものね。
午後2時~5時までの時間、閉めている店も多いくらいです。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (5)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)