ちゃんぽん調査隊(7)


〈遊歩者 只野乙山〉 冬季限定企画
【ちゃんぽん調査隊】


Ohsho_Uehonmachi_01.jpg
「遊歩者 只野乙山」では冬季限定企画として「ちゃんぽん調査隊」をお届けしているが、この企画はつい忘れられがちになってしまうのが難点である。ついうっかり、ラーメンとチャーハンを食べてしまったり、うどんと親子丼のセットを頼んでしまったりと、可哀そうなちゃんぽんは調査隊員からも見放されてしまいそうであるが、今回はしっかりちゃんぽんを食べましたよ。

といっても、新しい店を開拓したわけではなく、大阪は上本町の「大阪王将」である。この店はわりと利用することが多く、一度ちゃんぽんを食べてみなくては、と思っていた。メニューを見ると、「ちゃんぽん」はとろみのついたスープが麺にしっかり絡みます、などとある。そうかと思えば「長崎ちゃんぽん」もあるではないか。

どちらにしようか迷ったが、普通の(?)ちゃんぽんにした。そもそもちゃんぽん調査隊は、日本各地に存在していると思われる、醤油ベースにとろみのついたスープの「中華ちゃんぽん」がなくなりそうになっているので、今のうちに食べておこうというもの。だからとろみのついたちゃんぽんこそ、ちゃんぽん調査隊のターゲットなのだ。

兵庫の尼崎あたりでは、昔からあったとろみの付いた中華ちゃんぽんに「尼崎ちゃんぽん」と命名して盛り返しを図ろうとしているようだが、たとえば長崎ちゃんぽんのようなメジャーなものに押され気味ではないかと思う。それが証拠に、〈餃子の王将〉でちゃんぽんを頼めば、とろみのついたそれではなく、長崎ちゃんぽん風のものが出てくる。

最大の大衆中華チェーン店がそれなのに加え、町の中華料理屋さんでもそれまでの中華ちゃんぽんをやめ、長崎ちゃんぽん風のちゃんぽんを出す店が増えているような気がする。昔からあるとろみのついたちゃんぽんが絶滅危惧種にある、というのは大げさかもしれないが、ひょっとするといつの日かそういう事態になるかもしれないのだ。

Champong_OsakaOshoh.jpgさて料理が来ましたよ。思わず、おお、これこれ、といいたくなる風情ではありませんか。まずスープを一口飲んでみると、生姜が効いているのもうれしくなる。寒い冬にこの生姜がありがたいのだ。最後まで食べてしまうと体が芯からあったまり、オーバーコートを脱いでしばらく歩いても大丈夫なほど。よくぞ昔風のちゃんぽんを再現してくれた、と感心する。

豚肉、海老、イカ、ホタテ貝にキャベツ、人参、葱、モヤシ、玉ねぎ、鶉卵と具がたくさん入っていますね。もう一つのポイントは、麺が太くないということで、普通の中華めんを使っているのがいい。これを普通にゆでて、ラーメン鉢に入れ、その上からとろみのついたスープをかけて供するわけです。まさにその通り、目の前でやってくれた。

こいつをね、ゆっくり時間をかけてすべて食べ切るのが正しいちゃんぽんの食べ方なんですね。近ごろ流行のラーメンでは、スープの塩分濃度と脂分が強めであるため、最後まで飲み切るのにつらいものがあるけれど、中華ちゃんぽんならそれができる。そして、これ一杯だけでお腹いっぱいになるわけです。久しぶりにいいちゃんぽんを食べたなあ、という気分で店を出た。


≪ ちゃんぽん調査隊(6)へ  ちゃんぽん調査隊(8)へ ≫


【付記】
● 普通のラーメンがだいたい500円くらいだとすると、これだけたくさん具が入って630円というのは妥当な線でしょう。驚くべきは〈餃子の王将〉のちゃんぽんで、これは長崎ちゃんぽん風のものですが、500~550円くらいでそれこそてんこ盛りなんです。費用対効果という点からすれば、これ以上のものを見たことがありません。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そういえば、まったくのチェンジアップのコメントなんですが
沖縄の食堂でちゃんぽんを頼むと言葉を失います。
沖縄のチャンポンは麺ではなく飯ものです。
わかりやすく言うと「肉野菜炒めぶっかけ飯」です。
まさにところ変われば・・・・・・。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、こんにちは! コメントありがとうございます。

> 沖縄の食堂でちゃんぽんを頼むと言葉を失います。
> 沖縄のチャンポンは麺ではなく飯ものです。
> わかりやすく言うと「肉野菜炒めぶっかけ飯」です。

いや、これほど名前と中身が違う例は珍しいですね。
ちゃんぽん調査隊の最終調査対象として、記憶に留めておこうと思います。
他にも中身と名前の違うものがあるか、探してみるのも面白いですね。

^^

とろみのついたちゃんぽん~実は食べた記憶がないんです。あんかけの「かた焼きそば」であれば。食べたことがあるんですけどね。子供の頃から長崎ちゃんぽん風ばかり食べていたように思います。地域差もあるんでしょうか?

Re: ^^ ; waravinoさん

waravinoさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
とろみのついたしょうゆベースの中華ちゃんぽんは、
全国各地に広まっていると思いますが、九州でやそれに近い地方では、
やはり長崎ちゃんぽん風のものが優勢ではないかと思います。

乙山にとって、ちゃんぽん=とろみのついたそれ、なので、
とろみの付いていないちゃんぽんはなんだかなあ、という感じでしたが、
「ちゃんぽん調査隊」をやっているうちに、長崎ちゃんぽんも好きになりました。
実のところ、今ではどっちもうまいじゃないか、なんですけどね。

No title

一応長崎生まれの自分としては、
長崎のちゃんぽんがデフォなんですが……
関西のほうだと、醤油ベースのスープになるのですね、
初めて聞きました。

江井ヶ嶋酒造さんの酒造開きが2月にあるので、それで食べれたらなぁ……

Re: nandemonaさん

nandemonaさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうでしょうね、長崎生まれの方としては「あれ」が普通なんでしょう。
しょうゆベースのとろみがついた中華ちゃんぽんは、関西だけではなく、
わりと各地に広まっているようなのです。
それを調査しようと思いましてね。といっても、せいぜい、地元中心ですが。

もしこちらにいらしたら、関西風の「ちゃんぽん」も召し上がってください。
ちょっと違うな、とお感じになるかもしれません。

No title

「餃子の王将」は何度かあるのですが、「大阪王将」はまだ入ったことがないのです。
郊外にあるのが「大阪王将」で都心の街中にあるのが「餃子の王将」という感じで住み分けしてる気がします。
今度、「大阪王将」にも行かなくては!
やはり、とろみのついたあんには、うずらの卵は必須ですね。

Re: かえるママ21さん

かえるママさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
こちらでは、店舗数からいくと、〈餃子の王将〉のほうが多いですね。
〈大阪王将〉は少数派のようです。

「長崎ちゃんぽん」も「あんかけちゃんぽん」も、どちらもあるのがいいのです。
記事にも書きましたように、前者が多くなりつつあるのが現状でしょう。
今度、機会があったら本家(?)尼崎ちゃんぽんでも食べてみようと思います。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (6)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)