阪急石橋駅付近を歩く(3) 中国小皿料理 彩七(チャイナ)

ChainaIshibasi_FrontView.jpg
大阪府池田市という町はどういうわけか中華料理店が多い。「インスタントラーメンのまち」とは謳っているようだけど「ラーメンのまち」や「中華料理のまち」とは宣言していない。にもかかわらず中華料理店(およびラーメン屋さん)が多いような気がする。けっこう拙ウェブログでも紹介しているのだが、それでもまだ紹介しきれていない。

とか言っているうちに、城南の交差点付近(泉州池田銀行があるあたり)に〈中華だいにんぐ ひめちゃん〉という新しい中華料理店ができたのを目撃したし、栄町商店街にも新しい中華料理店〈恵美寿〉ができたようである。一方、昔からあった中華料理店〈正良軒〉(市役所付近)はシャッターが閉まっていて、「1F店舗募集中」という紙が貼ってあった。

ChainaIshibashi_Menu.jpg今回はネットのグルメ情報から見つけた店〈チャイナ(彩七)〉に行ってみた。事前にネット地図で確認すると、場所は池田駅より石橋駅からのほうが近く、国道176号線沿いの〈ざ・めしや〉の所を南下し、国道171号線を横切ってさらに南下、天神保育園の近くにあるようだ。これなら自転車でもじゅうぶん行ける距離である、と確認していざ出発。

今回は11時30分の開店直後ではなく、比較的空いていると思われる午後1時過ぎを狙ってみた。ところがどうだろう、店内はほぼ満席状態、しかもそのおよそ8割が女性客ではないか! 中華料理店といえば普通、男性客の牙城であって、女性客はたいへん少ないものなのだが……この逆転現象は初めて目にするものだった。

比較的新しくできたものと思われる店内はわりと綺麗で、店主と奥さんと思われる二人が切り盛りしている。オープンキッチン構造になっているのは王将などと変わりはないのだが、どういうわけでこれら女性客が詰めかけることになっているのか不思議で仕方がない。やっとカウンターの空いた席に座ることができた。

Chaina_RamenAndFriedChiken.jpgいつもの「ラーメンと半チャーハンのセット」があるようなのでそれを注文し、じっくりメニューを見ると、えっ、といいたくなる値段設定。ちゃいなラーメン=290円とあるではないか! いまどき、こんな値段設定は見たことがない。写真2枚目をご覧になるとおわかりいただけると思うが、これでいいのか、と思ってしまうほどだ。

さて料理が来ましたよ。きれいに透き通ったスープ、これがたぶん「チャイナラーメン」だろうか。あっさりしていてなかなかおいしいではないか。麺は中太ストレート、これも好感が持てる。焼き豚、メンマ、モヤシ、葱とごく普通のラーメンであるが、値段のことを考えると文句のつけようがない。ラーメンの右にあるのは鶏のから揚げで、セットに付いてくるようだ。

Chaina_FriedRice.jpgチャーハンもなかなかおいしかった。ご飯の固さといい、ほぐれ具合と油の回り具合もちょうどよく、かなりいい感じで食べることができた。けっこうボリュームがあり、腹八分目をちょっと出てしまったかもしれない。驚くべきことは、女性の年齢を問わず、自分とほぼ同じ分量の「定食」を食べていることだ。ちなみに「今日の定食」は天津飯とキムチラーメンのセットである。

女性たちは中華料理が嫌いなのではない。そうではなくて、よくある昔からの中華料理店の雰囲気というか店の汚れ具合(失礼)が嫌いなのだ。この店は小奇麗で、しかも値段もたいへん良心的で、そのわりには料理がしっかりしているという、文句のつけようがない店ではないだろうか。驚くべき逆転現象のただ中で、そんなことをぼんやり考えていた。


【付記】
● ちなみに「ラーメンと半チャーハンのセット、鶏のから揚げ付き」は700円でした。「本日のランチ」を選ぶとさらにお値段が安くなっているので驚きです。自宅から距離があるのでそんなに来れませんが、もし近所にあったら毎日通ってしまいそうです。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

そうそう、床やテーブルが油でベタベタしてて、ゴキブリが出そうなうす汚い雰囲気とでも言いましょうか、そういうの苦手かもしれませんね。
自分では余り自覚してなかったですけど、小奇麗なとこが好きかもしれません。ただ、不思議と現地(台北しか知りませんが)では、さほど気になりませんでした。それほど、日本は清潔感を大切にしている飲食店が多いってことでしょうね。

Re: おはようございます ; yuccalinaさん

yuccalinaさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
中華料理店で女性客のほうが多いのを初めて目にしました。
一瞬、何か妙な違和感を抱いたほどです。

現地ではおそらく、どの店でもだいたい同じ様子なのではないか、と推測しました。
日本は清潔感を大切にしている、というよりは、
どこか脅迫観念めいたものを感じてしまうこともあります。

お洒落できれいな、明るいカフェを利用する気になれません。
肩が凝って仕方がないのです。

No title

昔から言われている話で『小汚い中華屋ほど旨い』と言うのが有りましたね。
これも当たったり外れたりで、正解率は6割ぐらいではないかと思うんですが。

確かに汚い店に女性たちは入りたがらないでしょうね。
ウチの配偶者ですら入る時には綺麗な店を選ぶ様ですし。

最近は中華のチェーン店が清潔さを表に出すようになり、そちらの方に客が取られる事の方が多いのはよく判ります。実際行きつけだった店が2・3そんな理由で潰れましたので。

しかし綺麗な店舗でこんな絵に描いた様なチャーハン・ラーメンを出されたら、私だって通ってしまいそうです。

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ええ、ええ、いまでは都市伝説に近いような言説ですが、
そんなふうに言われていたこともあったように思います。

今でも乙山が鄙びた、あまり人が行きそうもない店を、
わざわざ選んで入ってみるのも、例の言説がまだ有効なのかもしれません。

女性の場合、「お洒落な私」とか「素敵な私」あるいは「勝ち組の私」、
いずれの「私」か知りませんが、そのごたいそうな「私」に、
薄汚れた中華料理店はそぐわない、ということなんでしょう。

今回の逆転現象を見て、女性たちは中華料理が嫌いなのではない、と確信しました。
綺麗でおしゃれな中華なら、むしろ喜んで食べるのではないか。
分量だって、本当は男性と同じくらい、平気で食べられるのではないか。
彼女たちを見ていて、そんなふうに思いました。

No title

僕は大阪支局に転勤してすぐ、中華屋に入った時に、若いアベックが
「おっちゃん、ラーメンライス二つな」(女性)というのを聞いて、目を丸くしました。
いまから30年近く昔だと、東京でラーメンライスとかラーメンに半ライスを食べるのは
ガテン系だけだったです。
むしろ、足りなければラーメンの大盛りというのが一般的でした。

50㎏なかったうちのカミサンにも、「御飯が一口欲しいんや」と言われて
文化の違いを感じたものです。
ですから、半チャンって東京では昔はないメニューだったです。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ガテン系というと、現場作業員、肉体労働者のことでしょう?
そういう人たちが、ラーメンにライスだけで足りるのか?

乙山などはそう思ってしまいます。
この間も、そういう方と某店で相席になったのですが、
「お代わり!」とか「ご飯大盛りで」などと言っていたのが印象的です。
こっちは腹八分目作戦ですから、お代わりなんてとんでもない。

うどんでも、おにぎりとかかやくご飯とか、ちょっと食べたい。
それが関西では一般的でして、「焼きそば定食」とか、
「焼きうどん定食」もあるんです。ご飯+麺の炭水化物まみれです。

乙山はやりませんが、お好み焼きとご飯の定食もあります。

No title

乙山先生

お好み焼き+ご飯で
僕らは夫婦喧嘩しました。
それは関西VS関東の文化摩擦でもありました。(笑)

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いやあ、そうでしたか!
お好み焼き+ご飯なんて、ありえない、というのが普通(?)と思うのですが、
あのソースがたっぷりかかったお好み焼きですから、ご飯と合わぬこともないのです。
例の「一口だけ食べたい」という気持ち、なんとなくわかるんですよ。

大阪には「モダン焼き」なるものがありましてね、
これはお好み焼き+中華麺なのです。これとて炭水化物まみれでして、
これが許容されるなら、お好み焼き+ご飯があっても何ら不思議ではない、
おそらくそれが関西人の普通(?)の感覚というものでしょう。
ですが乙山は、どっちもしませんねえ。広島焼きは、別口です。

No title

こんにちは。
そうなんです。女性も中華は大好きなんですが、やはり雰囲気、値段、お味、清潔感、量・・・それらが、女性のニーズと合致してるんでしょうね。
何より美味しいのだと思います。女性の口コミは、とても強力ですからね。
かえるままも行ってみたいです。

No title

何ともまあ、この時代に奇特なお店ですね。
この時代に・・・

それに、ラーメン。こってりとした濁ったスープのラーメンがもてはやされる昨今で、
時々、はこんなラーメンが食べたくなりますね。

私はミソラーメン派なのですが、そのミソラーメンを作る時にも、澄んだ出汁で作ってほしいなと思っているほうで・・・

味噌を溶いてしまったら一緒のような気がするんですが、なんとなく違うように思うんですよね・・・

Re: かえるママ21さん

かえるママさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
やはりそうですか、やはり女性たちは「中華料理が嫌い」ではないのですね。
店の入りやすさとか雰囲気、居心地が大事なのだということでしょう。

本当、この店の女性客の多さはびっくりしましたよ。
いままでたくさん中華料理店を見てきましたが、
こんなことは初めてだったのです。

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いやはや、この時代に、こんな良心的な値段設定、大丈夫か? と思います。
客のほとんどが女性という中華料理店を初めてみたのも驚きです。

> 私はミソラーメン派なのですが、そのミソラーメンを作る時にも、澄んだ出汁で作ってほしいなと思っているほうで・・・

なるほど、味噌ラーメンだと、コクがあるのでライスも合うんですね。
澄んだスープのあっさりラーメンだと、ライスだけでは少し物足りぬのです。
その点、この店のチャーハンはばっちりでした。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (8)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)