阪急池田駅周辺を歩く(15) 萬八

Manhachi_FrontView.jpg
「遊歩者 只野乙山」では冬季限定企画として「ちゃんぽん調査隊」という記事をお届けてしている。これはたとえば「長崎ちゃんぽん」などの有名なちゃんぽんではなく、地域に昔から存在した、中華風でしょうゆベース味、とろみを付けた野菜たっぷりの「ちゃんぽん」がなくならないうちに食べておこうというもの。

「ちゃんぽん調査隊」をやっていて大阪府池田市に住んでいる者として、まず外してはならぬちゃんぽんの店〈萬八〉があるのは知っていた。ここを訪れぬでは「もぐり」と言われても仕方ないような店なんだけど、どうも気が引けてしまうのだ。もちろんその店の名物はちゃんぽんなんだけど、ものすごい大盛りちゃんぽんなのである。

食べ物を残すことに罪悪感を抱いてしまう世代の人間としては、食べられぬとわかっているものを注文するわけにはいかんのだ。〈萬八〉には悪いけれど、たぶん今後も「ちゃんぽん調査隊」で取り上げることはないだろう。ただし、もし私(乙山)にだれか相方がいて、二人で「萬八ちゃんぽん」を食べることがあったとしたなら、その時記事になるかもしれぬ。

そこで今回はラーメンと半分チャーハンを食べるために〈萬八〉を訪れることにした。例によって迷ってしまわぬようネット地図で模擬走行をしておく。どれどれ、国道176号線と府道113号の交差点を府道沿いに南下、国道171号線まで行ってさらに南下、中国自動車道の手前に〈萬八〉がある、と。確認が済んだら、11時30分頃に首尾よく入店できるよう出発だ。

もちろん自転車ですよ。ほぼ一本道だから迷うはずはない、のだが、どういうわけか中国自動車道を通り抜け、ダイハツ本社の前まで来てしまった。あれえ、と少年探偵コナンみたいな声を思わず出してしまったではないか。中国自動車道の下を通って、来た道を順に戻っていくと、〈萬八〉が見えた。171号線と中国道の交差点をちょっと入った所にあって、進行方向とは逆の店構えで、自転車を走りながらでは見えないのだ。

写真一枚目をご覧のとおり、大きな赤い提灯には「チャンポン」の文字が見える。やはりちゃんぽんが名物なのだ。店は思いの外小さく、カウンター席に4~5人、4人がけのテーブル席が二つだけで、標準的な中華料理店のイメージからしても小さな店だと感じた。しかし、11時30分過ぎだというのに、あれよあれよという感じでどんどん席が埋まっていく。

テーブル席に一人、ぽつんと座って待っていると、カウンターに座っている若い女性の所に、あの超大盛りのちゃんぽんがチャーハンとセットになって(!)運ばれていくのが見えた。うわっ、野菜が本当に山のようにラーメン鉢の上に盛られている。だけど彼女、あれを本当に全部食べるというんだろうか?

一瞬、めまいのようなものを感じ、ここは時空の歪みなど起きてはいないよな、ニュートン力学で説明できる通常空間だよな、と頭を何度か振ってみる。女性はすでに箸を持って山盛りちゃんぽんにとりかかっている。その奇妙な違和感は数分後、女性の連れらしい男性が彼女の隣に座ったときに薄れていった。

三人の労働者と思しき人たちが入ってきたのですかさず「どうぞ」と勧めた。ふだん仏頂面をしていることが多い私だが、こういうときは笑顔で対応する社交性も持ち合わせているのである。作業服に日焼けした顔で頭にはタオル、こちらは休日のため普段着である。三人の男たちは何やら会話をしているが、こういうときは目を閉じてじっと料理が来るのを待つのみである。

Manhachi_RamenAndFriedRice.jpgさて料理が来ましたよ。思わず「えっ」と声が出る。大盛りを頼んだ覚えはないのですが、と言うと、ニッコリ笑顔で、これが普通ですよ、と店の人。何なんだ、これは? ラーメン鉢に目一杯、こぼれんばかりのスープに山ほど盛られた野菜が乗っている。しかもチャーハンも付いているのだ。三人の男たちの憐れみにも似た微笑が痛い。

腹八分目作戦は終わったな。しかしそうはいっても、この山盛りラーメンを食べねばならぬ。この野菜の主成分はモヤシと玉ねぎ、そして豚の挽き肉が入っている。かなり野菜を食べた後でやっと麺にたどり着く感じだが、麺はたいへん細い。大盛野菜とバランスを欠いているような気がしないでもないが、そう悪くもないと思う。

半分チャーハンとはいえ、けっこうな量である。ええい、こうなったらもう腰を据えてゆっくりいけるところまで行くしかあるまい、と覚悟を決めてのんびりやる。私の後から入ってきた三人の男たちは、結局私より先に「日替わり定食」を食べて立ち去り、入れ替わりに来た三人の人たちと食べることになった。

汁まで全部完食することはさすがにできなかったが、あらかた食べることができた。それにしても時間がかかってしまった。これで800円、腹八分目はとうに過ぎ、明らかに食べ過ぎという感じである。費用対効果は高いと思うけど、ミニラーメンというのがあってもいいんじゃないか、という気がした。600円でいいからそれの70%の分量にしてくれませんか、なんていう注文を聞いてくれたらまた行くかもしれない。


【付記】
● あまりの分量の多さに、途中から味のことなどあまり気にならなくなってしまいましたよ。小さな店だけど次から次へ客が来店する、地元で人気の店ではないでしょうか。とにかく分量のサービスがうれしい店でした。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

だいたい、丼の下に敷皿があるというのは
溢れんばかりという意味ですね。
高校時代、東京の東中神という駅の近くに「きせん」というラーメン屋がありました。
ここは30円か50円増しだったと思うんですが、大盛りにすると麺が二玉になる。
食べても食べてもなくならない。そのうち伸びてきて、なくなるどころか増えてくるラーメンでした。
ここで、チャンポンの大盛りにすると、カタクリ粉の効力で麺が冷めず
熱々で食べ続けるため、口の中は火傷するわ、麺はなかなか減らないわで
話題の一品でした。
もう40年近くも前の話です。店がまだ、あるのかどうか。

すっごいですねっ。

庶民の味方街の中華屋さん、
お値打ちですんごいですねぇ〜、
わたくしは今日の昼、
あんかけスパ¥380-か、
ナポリピザ世界一の店の
マルゲリータ¥380-か迷いましたが、
結局お好み焼きイカ玉¥200-で軽く
済ませました。
時には確信的に暴走して
乙山殿みたくガッツリ食べて
みたいものですねぇ〜。
(苦笑)

みなさまへ

ただいまPC故障中、お返事遅れます。
どうかご勘弁ください。

No title

パソコンの故障は辛いですね。
私の以前のノートパソコンもいきなり画面がブラックアウトして大変でした。
液晶画面に懐中電灯の光を当てながら、引っ越し作業を何とか…
お返事は急ぎませんので、ゆっくり修理をなさって下さい。

しかしこのちゃんぽんは際どい所まで盛られていますね。
これだけ山盛りのもやしを食べろと言われるのは、一種修行に近いものを感じます。
これを女性が頼んでいたというのは驚きですよね。

乙山先生の「まさかアレと同じものが…」という胸の鼓動が聞こえてきそうで、大変な緊迫感がひしひしと伝わってきました。

No title

昼食で腹八分目に失敗した日は、是非1日2食に挑戦してみて下さい。朝起きたときに身が軽くなりますよー!

No title

良いですね、これ・・・
私はモヤシが大好きな人間ですから・・・あっと、それと玉ねぎもね。
ですからこれは私にとってラーメンの理想形。
面の上の盛りがいくら多くなったってかまいやしません。

・・・となると、チャーハンは少し邪魔だな。

おっと、只野さんはチャーハンがお好きでしたね。となると、この野菜の盛りは・・・ちょいとしんどいですね・・・

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
PCの故障と言っても、どうやらキーボードのトラブルだけのようで、
とりあえずUSBキーボードを購入してほどなきを得ました。

> しかしこのちゃんぽんは際どい所まで盛られていますね。

いやいや、Noriさん、これは「ふつうのラーメン」だそうです。
ちゃんぽんはこれ以上の超大盛りなんですよ。
食べるのに苦労したなんて、本当に久しぶりのことです。

それがほっそりした若い女性の前に……
思わず言語を絶してしまいました。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
キーボードにトラブルがありまして、返事が遅れました。

仰る通り、このラーメンの下に敷いてある皿は、
万一スープがこぼれてしまった際に受けるためにあるのでしょう。
それにしてもこの大盛は驚かざるを得ません。

こちらでは珍しいのですが、関東では「タンメン」というのがあるようで、
それもちゃんぽんに負けぬくらいの大盛が普通と聞いています。
根岸さんのおっしゃるような店が、まだわりとあるような気がしますね。

Re: すっごいですねっ。 ; 四の字硬目さん

四の字硬目さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
このお店はとにかく分量がすごいのです。
サービス精神があふれておりまして、そのせいか、
近所の人たちがお昼時には駆けつけてくるのです。

この店で大盛りなのは例のちゃんぽんだけだと思っていたので、
ラーメンがこの大盛りなのは想定外でしたよ。
出てきたものを見てうろたえてしまいました。

結果的に暴走してしまいましたが、これは決して、
意図したものではないのです。
食べ物を残すことに罪悪感のようなものを抱いてしまう人間です。

Re: yuccalinaさん

yuccalinaさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
なるほど1日2食、それはいい考えですね!
ですが夜に腹が減ると眠られないのです。

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
このラーメン、ボリューム満点でしょう!
これは当然、単品で頼んで食べ切るとちょうどよい分量、
いや、ひょっとすると単品だけでもしんどいかもしれません。

このセットはだから、肉体労働者あるいは食べ盛りの若者向けですね。
それほどしっかり身体を動かしているわけではない人間が、
このセットを食べるのはやはり過食になってしまいます。

この分量がくるとは夢にも思っていませんでした。
わかっていたら、これを注文することはなかったでしょう。

お店で出会う事でもあれば、こちらのチャンポンもシェア出来るのに…とか思ってしまいますね。
平日は会社でお弁当食べてるのであり得ない話なんですが(^^;;

Re: 白プードルとお散歩さん

白プードルとお散歩さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
お店で出会うことでもあれば……本当ですね。
だけど、もし出会ったとしても、お互いにそうだとわからないでしょう!
わからぬだけで、どこかですれ違っているかもしれないのが面白いですね。

乙山さんの顔を知らない!その事を忘れてました(笑)私も店の中では白プードルは連れてないですしね(^-^)
こうやって会話してますが、お互い見たことがあるかどうかわからない。本当に不思議な感じですね。
ちなみに私は恐らくこちらのチャンポンを余裕で完食できるクチです…

Re: 白プードルとお散歩さん

白プードルとお散歩さん、再コメントありがとうございます。
顔を知らぬ者同士、こうして会話しているのが不思議ですが、
だからこそ「オフ会」なるものも存在しているのでしょうね。

えっ〈萬八ちゃんぽん〉を完食ですと!
写真にあるのは〈萬八ラーメン〉でして、
〈萬八ちゃんぽん〉はこれよりさらに大盛なんですよ。
ものすごい大盛りでびっくりしますよ。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/04 (7)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)