気になる物体(3)

〈遊歩者 只野乙山〉 不定期刊行物
【気になる物体たち】



懸案物件7 : 大阪モノレール、蛍池駅にて

KomedaOB_GYN.jpg

ただぼんやり眺めていた。変な看板だなあ、と。
そうして「マルハ」だの「大洋ホエールズ」だの、
そんな固有名詞を思い出していた。
数秒後、いったい何のことか了解した。



懸案物件8 : 大阪、池田にて

AtelephoneBoothAtIkeda.jpg

かなり上等な公衆電話である。
目立たぬがひっそりとした佇まいからは、
何か風格のようなものさえ感じられるではないか。
いつの間にか文字が欠落して「EP ON」と読める。
なんだか古いレコードがかかっているようだ。
だれかが使っているのを見たことはない。



懸案物件9 : 大阪、池田にて

RIMG6011.jpg

言いたいことはある程度わかるけれど、
なぜかんじんの部分だけが欠落してしまうのか。
そもそもこの道を、どれだけの人が通過するのだろう。


≪気になる物体(2)へ  気になる物体(4)へ ≫


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わたくしも発見。

日々暇を見つけては
坂道を電動アシストチャリで
市民プールへ(室内温水)脚繁く
通っておりますが、
道中で見かける幼稚園の壁画の
多数のマンガ的な動物が、
はにげに有名キャラに微妙に
似ていて(裁判沙汰にならないレベル)
思わず脚を止めてしまいます。(^_^)

ある時は幼稚園沿いの歩道にハリボテの
ドラえも◯?らしきオブジェが、仮置きして
あってその2mもあろう巨大なネズミ色の
物体に近寄り理解するまでは何か判らず
ビビりました。(汗)
ちなみに先日、猫耳付きの幼稚園バスも
みかけました。(苦笑)

No title

一枚目の写真は拡大するまで何のマークか全く判りませんでした。
拡大したみて『なるほど』と。
しかし昨今は公衆電話というものは中々見かけなくなりました。
以前は高速のSA等にずらりと並んでいたものですが、今は探さないといけなくなりました。
私の職場の近くにあった公衆電話も、あえなく撤去の憂き目に遭ってしまいました。

こんな風景も無くなってしまうのだなと・・・。

Re: わたくしも発見。 ; 四の字硬目さん

四の字硬目さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
幼稚園の外観は、なんだか楽しそうな感じにしたいのでしょうが、
よく知られた漫画からの剽窃は止めた方がいいでしょうね。

Dえもんを使いたい気持ちはわかるんですが、
2mもある張りぼてって……
作った人って、やっぱり業者なんでしょうか、
それとも幼稚園に勤務する方々でしょうかね。

猫の耳を付けた幼稚園バス、
その感覚は、鞄とか携帯電話に
何かわからぬ物をぶら下げているのと同じでしょう。
そういうものが蔓延していますね。

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
写真一枚目、ぼんやり見ていたので、
なんでクジラが産婦人科? などと思ってしまい、
ついデジタル写真機を取り出した次第です。

公衆電話、最近めっきり減りましたね。
昔は駅などに何台も連なって置かれていて、
みんなそれを使って連絡していましたね。

巨大な携帯電話を抱えて使っている人を見て、
ああいうふうにはなりたくないもんだ、
なんて言っていた人も結構いたように覚えています。
時代が変わってしまったんですね。

Re Re わたくしも発見。

壁画にしろ
ネズミ色のオブジェにしろ
手作り感満載でオマケに
技術的にヘタなので
かえってユーモラスで
笑ってしまいます。
悪意など微塵も感じられ
ませんo(^▽^)o
モチロンオブジェは
素人作なので
どこかヘンテコリンで
うまい棒のキャラといい勝負です。
(笑)

No title

 最後の写真を見たとたん、欠落した文字が浮かび上がりました。

  「主婦」の「不満」は
  飼い主が
  責任をもって
  処理しましょう。

 ああ、主婦のみなさん、そうお怒りになってはいけません。実際に
飼われているのは亭主のほうだってことは百も承知しているんです
から。

No title

本当に公衆電話というものを見なくなりましたよね。
でも、その傾向は最近に始まったのではなく、かなり早い段階で見られるようになっていたように思います。
私は携帯電話を使い始めるのがかなり遅くって、職場では最後から2番目でした。10年ほど前のことでしょうか・・・・ですから公衆電話はよく利用していたのですが。年を追うごとにその数は減り・・・

あまり携帯電話など持ちたいとは思っていなかった私が持つようになったのはそのためでもあります。

^^

⑦変な看板~
変だと思うのは。
母子の絵と廻りの余白のせいでしょう?
母子を中心にして見ると気にならないですが。
廻りの余白を中心にして見ると。
可笑しな見え方になります。
わたしなど「口を開けたカバの絵」に見えましたw

⑧公衆電話~
これと似たような電話ボックスが。
こちらにもあります。
ちょっとクラシックな程よい情緒がありますね。

⑨注意書き~
たぶん消えている部分は赤色で。
長年陽を浴びて「色が飛んだ」のでしょう。
なんだかクイズみたいになってますねw^^)/

Re: Re Re わたくしも発見。 ; 四の字硬目さん

四の字硬目さん、再コメントありがとうございます。

> 技術的にヘタなので
> かえってユーモラスで
> 笑ってしまいます。

そうですね、お察しいたします。
だいたい素人の書いたものや作ったものは
詰めが甘く、どこかゆるいものです。

肩の力が抜けるとでもいいましょうか、
まあいいか、という感じですね。

Re: 薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
おっと、危ない危ない。
だけどどんな配偶者にしてもお互い何か不満はあるでしょうね。
それをわかって一緒に暮らしていけるって、
ある意味すごいことじゃないかと思うんですね。

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
公衆電話がなくなりつつありますが、駅周辺に何とか生き残っています。
そこから離れると、もう本当に「ない」という感じです。

公衆電話がないと、連絡を取らねばならぬとき、どうしようもありません。
乙山もひょっとすると、携帯電話を持ってしまうかもしれません。
通信費が安くなれば、いくらでも持ってやるのに、と思いますね。

Re: waravinoさん

waravinoさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
物件7は、ぼうっと見ているとなんだかわかりませんでした。
なんでクジラが産婦人科? ですね。
「口を開けたカバ」とは、なるほど仰る通り!

物件8はかなり上等の電話ボックスです。
おそらく、電電公社(NTT)が取り付けたのではない、のでしょう。
もしそうであるなら、すぐ撤去するはずですからね。

物件9の実物は、仰る通り、よく見ると赤っぽい字が見えるんです。
もう何年もそのままになっていると思いますが、
いかにも間抜けな感じがします。

No title

こんばんは

 EPレコードにかかわりがあるような素敵な電話ボックスですね。
当地の電話ボックスは味も素っ気もない透明ガラスで囲まれたものです。私はそれを見るたびにいくつかをくっつけて温室を作れたらいいなあと思うのです。
 それにしてもこの電話ボックスは雰囲気がいいですね。といっても利用者が少ないのでいずれ撤去されるでしょう。

Re: mikitaka08さん

mikitaka08さん、こんにちは! コメントありがとうございます。

> 当地の電話ボックスは味も素っ気もない透明ガラスで囲まれたものです。

そうそう、昔のというか、あれはおそらく電電公社(現NTT)が設置したものでしょう。
この電話ボックスがどういういきさつで設置されたかわかりませんが、
行政だの商工会議所だのが介入しているかもしれません。

NTT単独では凝り過ぎている感じがしますからね。
仰るようにいずれ撤去されるでしょうが、
NTT単独ではないゆえ、残っているのではないか、
などと勝手に想像しております。

No title

公衆電話って、よく考えるとすごく近代的な小道具だったんですよね。
映画だって、公衆電話を使ってどれだけ名場面を演出してきたか。
しかし、消え去るのが思ったより早かった。
携帯が普及すると、あっという間です。

僕、公衆電話、使ってもいいですが、相手の電話番号知りません。
持ち歩かなくなってしまいました。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、こんにちは! コメントありがとうございます。

> 公衆電話って、よく考えるとすごく近代的な小道具だったんですよね。
> 映画だって、公衆電話を使ってどれだけ名場面を演出してきたか。

仰る通りですね。1940年代の映画の中で、電話は最新のメディアだった。
ハンフリー・ボガートが電話をかけまくっていましたね。

新しいメディアが登場すると、それまでのメディアは消え去ります。
新しい生物種にとって代わられたみたいに、見事に消えるのですが、
新しいメディアに代えることができぬ何かがそこにある場合のみ、
生き残ることがあるようです。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)