近鉄上本町駅周辺を歩く(4) 大阪王将 上本町店

OsakaOshoUehonmachi_RamenAndFriedRice.jpg
中華料理店において腹八分目くらいで済ませるには中華丼など単品でいけばいい、などと以前記事に書いた。実際そうなのだが、時には「今日は少しくらい食べてもいいか」という日もあれば、「どうしても思い切り食いたい」というときもある。そういう時はあまり考えずに「ラーメンと半チャーハン」を頼んでしまうことが多い。

しかし、この組み合わせはラーメンの麺=炭水化物で、チャーハンの米も同じであるから、「炭水化物まみれ」になってしまうではないか。ひょっとすると「八宝菜定食」などのほうが総カロリーは少ないかもしれない。そうわかってはいるのだが、なぜかチャーハンとラーメンの組み合わせは「黄金コンビ」のように思えてならない。

この場合、ラーメンはできるだけあっさりした昔ながらの物がよく、今様の凝ったラーメンだと白ご飯と合わせたほうがいい場合が多い。昨今ではどうも「こってり」した味付けに人気があるようで、わざわざ脂を後から入れることもあるようだ。それにラードをしっかり使ったチャーハンを合わせると……考えただけでも恐ろしくなってくる。

さて今回は近鉄上本町駅周辺、再び〈大阪王将 上本町店〉に来ている。ここのラーメンと半チャーハンのセットがなかなかいけるのだ。写真をご覧になると、麺、焼き豚、メンマ、葱が見えると思う。ここまでは普通のラーメンですね。ここに菊菜(春菊)が使われているのが面白い。また中央の黒っぽい物体は干しシイタケを煮たもので、なかなかおいしい。

これは「醤油ラーメン」だが、スープの色はこんなものでしょう。「塩ラーメン」だと、もっと透明に近いスープが出てくる。中央にスープの大きな鍋があり、そこからちゃんとスープを入れていたのが確認できた。じつにあっさりしているけれど、なかなかおいしいスープだと思う。なるほど「チェーン店の味」なのかもしれぬ。だが、これに負けている個人商店も多いのではないか。

チャーハンの分量はこれくらいでじゅうぶんで、ふだん中華丼だけで済ませることもあるから、おそらく顔を見て加減してくれているのではないかと思う。卵を投入した後に白ご飯を入れ、具などは後から加えるスタイル。写真では伝わらないけれど、これ、一粒一粒がぱらっとしているんですよ。おそらくラードではなく、植物油で仕上げ、味付けもあっさりしたものだ。

これでお値段が650円。ふつうの個人商店ではなかなかできないだろうなあ、と思う。費用対効果が非常に高い、思わずまた利用してしまいそうになる恐ろしい出来のラーメンと半チャーハンのセットである。これを食べ切ると、腹八分目を超えて、だいたい九分目あたりで収まると思う。食べ過ぎて苦しい、ということはない。なんとか許容範囲ではないか。

ところが、私(乙山)がラーメンと半チャーハンを半分ほど食べ終えたとき、一人の女性(推定年齢25~35歳)が、すっと入ってきて私から少し離れたカウンター席に座った。そしてどうやら、ラーメンと半チャーハンのセットを、塩ラーメンで注文したようである。チャーハン少なめに、とか注文は付けずにそのまま。つまり彼女は私とほぼ同じ量を食べるというわけなのだろうか? 事の顛末におおいに興味がわいたけれど、素知らぬ顔で店を出た。


【付記】
● 牛丼チェーン店に若い女性が一人で、というケースも珍しくなくなってきた昨今ですが、中華料理店に女性が一人、というのは実に珍しいことだと思いました。ですがこの店は脂染みた昔ながらの店ではなく、女性客もわりと多いんですね。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

僕が若かった頃はまだ、半チャンラーメンというメニューは東京にはなく、
普通のラーメンで足りなければラーメン大盛りにするのが普通。
ラーメンライスというのはガテン系の範疇だったんです。
10代で、電信柱を建てる力仕事をしていた頃、一度、昼飯に
「ラーメン大盛りとチャーハン大盛り」を頼んで、親方に呆れられたことがありました。

20代後半、大阪に転勤したとき、若い子が「ラーメンライス」を注文したのを見て、目を丸くしました。

最近は、食べたくても半チャンラーメンが食べきれず
ラーメンも大盛りが食べきれなくなりました。
半チャンラーメン、食べたい衝動はあるんですけどね……

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ラーメンと半チャーハンはいつごろからできたんでしょうね?
関西では1980年代、たとえば「天下一品」などでも、
それがあったのではないかと覚えております。

三友亭gatayanさんも仰っていましたが、
ラーメンライスというのもいいやり方ですね。
とくに、ラーメンがこってりしている場合、
「ラーメンと小ご飯」などでもうばっちり。

> 最近は、食べたくても半チャンラーメンが食べきれず
> ラーメンも大盛りが食べきれなくなりました。
> 半チャンラーメン、食べたい衝動はあるんですけどね……

根岸さん、お身体のほうはもう大丈夫なんですか?
最近の記事に恐ろしく巨大なソーキそばがありましたが……
拙記事の最後のくだり、これは本当ですよ。

比較的若いと思われる女性が一人で、
ラーメンと半チャーハンを注文したのです。
彼女、やはり全部食べ切ったんでしょうかね。

No title

大阪王将のラーメンは結構イケてますよね。
私はよくラーメンと餃子のセットを注文します。ラーメンは塩で。
大阪王将の料理はほどほどの料なので、あと一皿一品料理を頼んでも何とかなります。
京都王将だと『ミニ天津丼』は決してミニではない場合が多くて…

言われて気が付いたのですが、若い女性というかウチの子供達は一緒に王将に行くとやはりラーメンと半チャーハンのセットを頼みますね。
そして『もやし炒め』と『唐揚げ』を頼んでくれと言います。

子供達は運動部で色んな場所へ遠征に行きましたが、その時の晩飯がいつも王将だったせいではないかと。

親父は子供達に負けん気でいますが、食欲はとっくに負けております。

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
大阪王将は意外に少なくて、餃子の王将に行くことが多いです。
大阪王将はちょっとだけお洒落な感じ(?)がして、
値段も少し高い(?)ような気がしています。

大阪王将の上本町店は、女性社員2~3人連れなどもわりとあるんです。
以前のイメージとはえらい違いがありますね。
まあ10代後半から20代前半の食欲はすごいもんです。
とくに運動系の部活動をしていればなおのことでしょう。

体格のいい男子だったら、ラーメン大盛り+チャーハン大盛り+餃子2人前でしょうか。
それくらい食べても不思議ではありませんよね。
いやはや、食べすぎないよう注意しなければなりませね。

No title

私の好みは味噌の方でして・・・
これはチャーハンが合わないんですよね。

だからどうしてもラーメンライスになってしまう。
もっとも、最近はラーメンとご飯を同時に食べることが苦痛になってきて・・・

ラーメンの大ですませています。

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
味噌ラーメンにはご飯ですよねえ!
乙山も、味噌ラーメンだったら、小ご飯で済ませると思います。

ラーメンの「大」でいくというのも一つの手でしょうね。
焼き豚とかメンマをおかずにご飯を食べ、
スープでかきこむ、というか、食べてしまう。
それもほんのちょっとのご飯で満足できる、そんな歳になりましたね。

No title

学生時代(江戸)は
中華やさんでは
ラーメン&ライスが黄金の組み合わせでした。

北九州でラーメンを食べるときは
「替え玉」という制度?で
麺の追加が前提なので、
さすがにラーメンライスを注文する
剛の者にはなかなか、お目にかかれません。

Re: しょうちゃんさん

しょうちゃんさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いわゆる「ラーメンライス」のように、中ご飯と合わせるのではなく、
小ご飯を合わせるやり方が気に入っております。

初めて「替え玉」を見たとき衝撃を受けました。
ああいう発想は関西にはないものです。
むかし実際に「替え玉」をしてみたところ、
意外に腹の中で膨れて、本当にお腹いっぱいになりました。

逆に北九州ではラーメンとご飯を一緒に食べることはない、
というのが面白いですね。

時は流れて

わたくしは若い時、(20〜30代)
よく食べよく働き、そして更に
よく食べました。(^_^)

昼の中華屋さんで、
チャーハンラーメンセットは
チャーハンを大盛りが当たり前でした。
時は流れて今は、
ラーメン小ライスで充分です。
若い知人なんぞは
「何処か具合でも悪いんですかっ?」と
いらね心配をしてくれてますが、
ゆっくりよく咀嚼して食事を楽しむ様に
なったこの頃では、
量にこだわらなくなりました。
バカ喰いしたいストレスは
もつぱらテレビの大喰い番組で
脳内妄想するヘンタイです。

Re: 時は流れて ; 四の字硬目さん

四の字硬目さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
若い時は身体のことなど気にしないで飲み食いできましたね。
いつの間にやら「健康診断」なるものを義務付けられ、
それによってあちこちに支障があることがわかって……

もう昔とは違うんだ、ということを思い知らされることになりました。
まさに「時は流れて」という感じです。
乙山の好きな映画に『カサブランカ』というのがありまして、
そこで流れる曲に〈As Time Goes By〉というジャズ曲があります。
コメントの題名を見て、それを思い出しました。

ラーメンと小ご飯、それでいいですねえ。
まだ乙山も食べすぎかもしれません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)