サントリーオールド



〈遊歩者 只野乙山〉 特別企画
【日本のウィスキーを飲む】



SuntryOld_2013_09.jpg
いちばん思い出に残るウィスキーを挙げよ、と言われると私(乙山)は〈サントリーオールド〉と答えてしまうかもしれない。自分で稼いだお金で、いちばん初めに買ったのがオールドだったからだろうか。とにかくオールドは私にとって「憧れのウィスキー」でもなく「ステイタス」でもなく、あえて言えば「青春のウィスキー」ということになるだろう。これは多くの方の反感を買うかもしれないが、本当なんだから仕方がない。

初めてウィスキーを飲んだのはいつか正確に答えよ、と言われるとたいへん答えに窮してしまう。「遊歩者 只野乙山」にはごく少数ではあるがたいへん若い方も訪れてくださるようで、そのような方々はお酒にかんするページはスキップしてくださるようお願いする。お酒など、無理に飲まなくてもよいものだし、飲まなければそれに越したことはない。お酒の記事が、若い方々を悪へ誘うようなことにならぬよう願っている。

正確な話は勘弁させていただくが、たいへん若かったことは確かで、それでもちゃんと自分で稼いだお金だから一応胸を張って(?)オールドと炭酸を買った。室温でぬるくなったソーダを氷もなしで(!)オールドに注ぎ、恐る恐る飲んでみた。なんと塩辛い、変な味の飲み物だろう! よくもまあこんなものをありがたがって飲むものだ、と呆れてしまった。それからしばらく、オールドには手を付けることなくほったらかしにしていた。

寒くなった頃、ホットカルピスを作った折、ふとオールドがあることを思い出し、少しだけホットカルピスにオールドを入れてみた。すると、とてもいい感じで飲めるではないか。こうしてその冬はホットカルピスにオールドを入れて飲むのに味をしめ、少しずつオールドの味に慣れ親しんでいった。ホットカルピスだけでなく、コーヒーに入れてみてもそれなりにいける味で、あの頃仲間たち(年齢不問、よろしく)とよく上述の二つのやり方でオールドを飲んだ(?)ものである。

春になって、今度はちゃんと氷を入れた水割りのオールドを飲んでみると、すんなり飲めるようになっていた。初めてウィスキーを飲むのなら、たとえばコーラで割って飲むのもお勧めだが、なぜかコーラでオールドを割るのは忍びなく、そういう時にはもっぱら〈レッド〉でやるようにしていた。ウィスキーのソーダ割りを「うまい」と感じるようになるまで、かなり時間がかかったのではないかと思う。

そんなわけでオールドは「青春のウィスキー」なのだが、オールドはウィスキーというより「オールド」の味がした、と変な表現だがそう思う。サントリーの他のウィスキーやニッカのそれらを飲み比べるようになると、いかにオールドというのが独特の一風変わった味に仕上げられているか、つくづく感じてしまうのだ。私はそれを、嫌いではなかった、と思う。実際、たいへん若かったころにいちばん飲んだのがオールドだった。

そのうちニッカがじつに魅力的な〈ピュアモルト〉と〈フロム・ザ・バレル〉を発表し、いつの間にか高かった輸入ウィスキーが驚くほど安くなったことなどをきっかけに、私はオールドを飲まなくなった。当時サントリー社長の傲慢な言動もそれに輪をかけたのではないかと思う。正直なところ「日本のウィスキーを飲む」という企画がなかったら、私はサントリーのウィスキーを手にすることはなかったのではなかろうか。

さて、本当に数十年ぶりにオールドを買ってみましたよ。ただしハーフボトルである。悪いけど、フルボトルでお付き合いする気は起こらない。いつものようにトゥワイス・アップ(ウィスキー:水=1:1)で飲んでみたところ……あれっ? あのオールド独特の味わいが消え去っているではないか! 妙な甘みが強調されていて、オールドらしさはまったく感じられないのが意外だった。

ウィスキーも、少しずつ中身を変えているということはあり得ることで、それはそれで構わないと思うが、この変わりようはいくらなんでも……この甘みは〈角瓶 黒43°〉にそっくりで、新しいオールドは〈角瓶 黒43°〉を少しばかり上等にしたようなもの、だと感じた。それがひどいものだとは思わぬ、新しい購買層を掘り起こすための新しい出発だ、ということなのだろう。ただ言えるのは私の中で独特の味わいを放っていた、あのオールドが、もはや失われて二度と帰って来はしない、ということだけだ。


≪サントリーウィスキー〈角瓶黒43°〉へ  サントリーホワイトへ ≫


【付記】
● ハーフサイズにしたとき、すまんのうオールド、と心の中でつぶやいたのですが、それは結果的によかったと思います。もし今、あの頃のオールドをもう一度味わいたいという方がいらしたら、〈オールド・パー〉をお飲みになることをお勧めします。飲んだ一瞬、ふっと「あの味」の片鱗が浮かぶのではないかと思います。それもそのはず、昔のオールドのお手本がたぶん、オールド・パーだからなのです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あのオールドが昔のオールドではないのですね。
ちょっと拍子抜けというか残念というか・・・

噂では確かにとてもシェリーバッドの原酒を使う様になってから、妙に甘ったるくなったという話を聞いていました。
酒屋で見かけた時には「試しに買ってみるかな」と思ったりすることもありますが、手に取ることもなく今まで疎遠な関係なままで来ております。

主力商品の味をこっそり変えてしまうというのも、[筝‹膩š]らしい[/筝‹膩š]といえば[筝‹膩š]らしい[/筝‹膩š]感じもしますね。

なんだかまたちょっと疎遠になった様な気がします。

No title

ダルマさんですか・・・懐かしいな。
今は手に取る気もあんまりしないんですが、若いころはあこがれでしたなあ・・・私にとって・・・
それでも、そんな折角のダルマさんも稀に手が入れば、コークハイにしてみたり、なんなりで、もったいない飲み方ばかり。ひどいときにはボトル半分ぐらいを一気飲みしたりしてね・・・・

若気の至りといえば若気の至りなんですが、思い出す度に本当に赤面頻りです。

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いや、たまげましたねえ……まあ別にいいんですけど、なんだかなあ。
残念といえば残念でしょうかね。

いつ頃だったか、「ニュー・オールド」などと称して宣伝していましたから、
味が変わったんだろうなとは思っていましたが、
まさかこれほど変わってしまうとは思っていなかったのです。

たぶんもう、買うことはないだろうと思います。

俺と青春とウイスキー。

サントリーオールド全盛から早
数十年経ちましたが、わたくしが、
夜遊びを始めた20台の前半に同じ趣味を
介して知り合った先輩のウチに遊びに
お呼ばれした時に、「きょうは奮発して
オールド開封!」ってなってそして
しこたまご馳走になりました。
当時、二級一升瓶や、エルク、ホワイト
ぐらいしか金が無くて買えなかった時代に
まともなウイスキーが飲めてホント、
嬉しかったぁ〜!
それでも今日まで多種ウイスキーは
飲みましたが、ますます奥が深くてキリが
ありません(^_^)

おっと!
先日かかりつけの病院で医者に
「はい〜貴方の肝臓がパンパンですねー、
しばらく禁酒しましょう〜!」と
言われました。
当分酒代が浮くので今のウチに廃番の
ウワサのある竹鶴12年まとめ買い
しちゃいますね(苦笑)
では また。

Re: 俺と青春とウイスキー。 ; 四の字固目さん

四の字固目さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
夜遊び、という言葉がなんとも魅惑的ですね。
そういうものとは縁のない暮らしですので、何か憧れが……

ですがお身体の方お大事になさいませ。
身体あってこそのウィスキーですからね。
γGTPの数値は、お酒を減らすことだけでなく、
体重を減らすことでもかなり激減するのです。
どうか腹八分目で楽しくお過ごしください。

えっ〈竹鶴12年〉をまとめ買い?
だめだめ、そうしたらそれをまた飲みまくってしまいますよ。
どうかお大事になさってくださいね。

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ダルマさん、すっかり変わってしまいましてね、
もう昔のダルマではなくなってしまいました。

本当、オールドには「若気の至り」という言葉が、乙山も当てはまるように思います。
だからでしょうか「青春のウィスキー」なんですね。
もうそれもなくなってしまいましたね。

禁酒もまた楽し。

だらしなく生きるわたくしの
体をお気遣い頂き大変恐縮です。
ほんのチョット年内は
アルコールをガマンするだけ
ですので、ノンアルビールやレモン
風味の無味ソーダ水でやりすごして
やりますぉ〜!

市民プール(屋内温室)へ週4で通ってます
ので体調完了は万全です。

禁酒明けのあかつきには、より
ウイスキーがおいしく、そして新たな
発見と感動を堪能できそうなので
これもまた変態のわたくしには
たまりません。

Re: 禁酒もまた楽し。 ; 四の字固目さん

四の字固目さん、再コメントありがとうございます。
乙山も二年ほど前、数十日禁酒したことがあります。
アルコール依存症になっていないか、
本当にアルコールなしで眠れるのか、
大変心配しましたが、その時は大丈夫でした。

成人(中年、壮年)男子の身体のトラブルのほとんどは、
「肥満」からくるもので、それをなんとか避ければ、
健康診断の数値はさほど心配するものではなくなるようです。
ですが、メタボリック症候群でなくても、
乙山は高血圧症のようなので、そのあたりはなんとも言えません。

どうかお大事に。後のことが楽しみですね。

No title

 いまはそんなことありませんけど、結局オールドを飲むと
いうのはひとつのステータスだったんでしょうね。

 あまえはトリス、おれは角、あなたはオールド。平、係長
、課長みたいなものでしょうか(笑)。スコッチは部長以上な
んてね。

 人がなんといおうとおれはおれ、好きな酒を選ぶ……世の
中ちっとは進歩したんじゃないかと思います。もっと進歩し
ちゃうと、ぼくみたいになんでも無差別に飲んでしまうわけ
です。

Re: 薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうですね……昔は仕事後も「お付き合い」が多かったですね。
なんであんなに、と思うくらい仕事後が長かったのです。

武勇伝やら心得やらを、ずいぶん聞かせてもらった気がします。
そんなときにオールドとかリザーヴをおすそ分けしてもらうのですが、
いま思うとその時はそんなにおいしくなかったように思います。

やはり自分だけの時間に、ゆっくり飲みたいものですね。

No title

こんばんは

 <もはや失われて二度と帰って来はしない
  下戸の私、ほとんどアルコールを摂取しないのですが、
  学生時代は乙山同様にレッドにコーラを混ぜて飲んでいました。
  サントリーオールドはなんといってもCMの印象が強く、高級感がありました。
  就職して友人の実家へスキー旅行で泊まらせてもらった時に、お土産に持っていった思い出   があります。3000円位したような気がしますが、勘違いでしょうか?
  高級と思っていたサントリーオールドの特色が消えたとは、門外漢の私、ちょっと心配です。

Re: mikitaka08さん

mikitaka08さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
昔むかし、〈レッド〉といえば大原麗子さんでしたね。
それが1980年代の終わり頃の酒税が変わって、
「ウチは今日からオールドです」と大原麗子さんがオールドの宣伝に。

そうですね、地域にもよるかもしれませんが、乙山の記憶では、
オールド=2800円、リザーヴ=3200円、ローヤル=4000円超、だと思います。
高級なんですけど、オールドはもう昔の味ではなくなりました。
たぶんもう二度と買うことはないと思います。

何かが失われてしまうのは残念ですね。

No title

確かオールドはこの20年で2回リニューアルされてるはずですね。
1回目のリニューアル時には、それ以前のレシピのものはリッチアンドメロウ(43度)と呼ばれて少量生産されてたんですが、
2度目のリニューアルでなくなってしまっています。
現在のオールドは白州モルトで竹炭ろ過したスッキリ系のものも使うようになり、
昔の少し重ための味わいではなくなってしまったのが残念です。
少し前のCMでは、オールドをホットで、なんてのもあったんですが、
いまのオールドでは楽しめなさそうですねえ。

Re: nandemonaさん

nandemonaさん、コメントありがとうございます。
そうですか、2回もリニューアルがあったわけですね。
そういえば、そんなこともあったよな、みたいな感じで忘れていました。

なにしろ本当に20何年ぶりにオールドを飲み、
その変わりように愕然としました。
若い世代向けにしないといけないとはいっても、残念です。

そうそう、昔オールドをお湯割りで、なんてありましたね。
仰るように、今のオールドでお湯割りはぴんときません。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (6)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)