サントリーウィスキー (角瓶 黒43°)



〈遊歩者 只野乙山〉 特別企画
【日本のウィスキーを飲む】



SuntryWhisky_Black43.jpg
ここのところ朝晩の温度が下がっておおいに助かっている。お盆の前後、真夏日連続16日間という地獄のような暑さを思えば本当に助かる。実のところ、禁を解いて今日ばかりはエア・コンディショナーを稼働しようかな、と一瞬思ったこともあったほどである。だが、どうやら今年も冷房装置を稼働することなく夏を過ごすことができた。

これも一人でいるからこそ可能なのであって、もしだれかがいるとなれば、「いや暑いねえ、ちょっとエアコンでもかけて温度下げましょうかね、でないと……」とか言ってるんじゃなかろうか。何か強固な意志があるわけでもなし、何かに、だれかに対して訴えたいのでもない。自分が、そうしたいからしているだけなのだ。

さてウィスキーの話である。サントリーウィスキーの〈角瓶〉と〈白角〉を記事にしたのだから、残るは〈角瓶 黒43°〉である。駅前のスーパーマーケットで〈白角〉を買ったときに、次回角瓶三兄弟が30円引きになるというクーポン券をもらったのだ。角瓶が1100円の大売り出しの日に買えば、1070円で買えるという寸法だ。だが、そういう日を待って買うことのできぬ性格で、いつでも、買いたいときに買いたいものを買っている。

早速〈角瓶 黒43°〉を飲んでみる。いつものようにウィスキー:水=1:1で飲んでみた。なるほど、抑え目のピート香に一部高級モルトを使っているというのは普通の角瓶と同じだが、甘みがより強いように感じられた。これがいったい、何に由来する甘みなのか見当がつかない。たぶん若い購買層には受けるかもしれないけれど、正体のわからぬ甘みはあまり好きではない。

飲んでいるとこの甘みがどうも気になって、もう一杯、という感じにはならない。このあたりはバーボンとかテネシーをフルボトルで買わないのと同じである。ううむ、本当に何なんだろうなこの甘み。値段が一緒なら、上質のモルトやシェリー樽やバーボン樽で長期熟成されたグレーンを使うことは不可能だろう。ではいったい、どこからこの甘みが出てくるのか。

これはどうも、違うかもしれないがどこか作りもの臭い感じがする。舌に感じる甘みではなく、鼻にふわっと上がってくる匂いはカラメルぽい感じではないか。とにかく、これを最後まで楽しむ気分になれなくて、近所の酒の量販店で若いスコッチを買ってきた。まだこちらのほうが、最後まで楽しめると思う。うっとりするような香りはなく、キックを咽喉に感じるのだが、自分はそれを嫌いではない。

〈角瓶 黒の43°〉のスーパーマーケットにおける売れ行きを見ていると、本家黄色の角瓶より人気があるのではないかと思われるほどである。だからこれのファンの方も相当多いに違いなく、なんだかいいように書けなくてたいへん申し訳ない気持ちであるが、やはりだめだなあ。角瓶三兄弟を飲みたい順に並べてみると、角瓶→白角→黒の43°、ということになる。これはあくまで個人的な感想ですので、噛みついたりなさらぬようお願いしたい次第である。


≪ サントリーウィスキー〈白角〉へ  サントリーオールドへ ≫


【付記】
● ちょっと期待して飲んだ〈角瓶 黒の43°〉でした。その期待は裏切られましたが、別に壊滅的に駄目、というわけではないのです。水割りにしたり、炭酸割りにしたりしても、そこそこ楽しんで飲めるのではないかと思います。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

普通の角しか買わない私には
白や黒の味覚の違いがわかりません><

何をのんでいるかわかるような
特徴的なシングルモルトを
ついついのんでしまいます。

味の好みではなく
味と銘柄の一致するものを
のむのが好きです(爆)

乙山さんのすばらしい味覚に乾杯!

Re: しょうちゃんさん

しょうちゃんさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ふつうの角瓶しか買わないというのは正解です。
三兄弟を飲んでみてそう思います。

> 何をのんでいるかわかるような
> 特徴的なシングルモルトを
> ついついのんでしまいます。

そうですね、シングルモルトは本当に一種類だけですから、
何を飲んでいるか「わかる」わけですね。
乙山が主に飲むのはブレンデッド・ウィスキーでして、
キー・モルトが何かとか、想像しながら飲んでいます。
これはこれで、楽しいものですよ。

拙ウェブログの中で何度も強調しているように、
乙山の味覚はあてになりません。どうかご笑覧ください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

今回は黒角を入手されたのですね。
前回の白角もそうですが、進んでいく方向がちょっと違う様な感じがします。

確かに燻煙香が強いものは日本人の口に合わない部分があるでしょうし、穏やかで香りの強いものの方が受け入れられやすいと思います。
甘みを強くするというのもそういった手段の一つなのでしょうが、不自然さを感じさせてしまうという造り方はどうかなと…。

すごく良い酒を造れるのだからもっとスタンダードな部分に力を入れたらいいのになあと思った次第です。

今度乙山先生の記事に倣って『黄角』を買ってこようかなと思ってます。

Re: 鍵コメントさん

鍵コメントさん、コメントありがとうございます。
いろいろ飲んでいると、だんだん自分の好みがわかってきますね。

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
今回の〈黒角〉は期待外れでしたねえ!
スコッチの方向に行ったのかと思っていたのですが、
そうではなくて正体不明の甘さが強調されていました。

これは炭酸割りなどに向いているのではないかと思います。
または、コーラなどで割ると楽しめるでしょう。
ですが、意外とこの正体不明の甘さのファンの人もいるかもしれません。
世の中は広いのですから、いろんな人がいるでしょうしね。

この会社のウィスキーは〈ホワイト〉を楽しみにしています。
以前十三トリスで飲んだとき、わりといけそうだと思ったのです。
お店の雰囲気が、味に割り増しをかけていたかもしれませんが。

角の黒

こんばんは
いつもブログの方楽しみにしておりますが初めてコメントさせていただきます。

私もウイスキーが好きで、オンザロックで一杯傾けています。
一時期は横溝正史先生にあやかって角の白を水割りでやってましたが、ここ最近は黒がお気に入りだったり。

グダグダとすみませんでした。
気候変動の激しい折、お体に気をつけて下さい!

Re: 角の黒 ; 康綺堂さん

康綺堂さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いやどうも、お気に入りのものをあまり良く書けなくて申し訳ありません。
乙山の味覚はあてになりませんのでお気になさらず、よろしくお願いします。

No title

> 飲んでいるとこの甘みがどうも気になって

 それなんですが、ぼくがオールドに感じる甘みに似ては
いませんでしょうか? 料理でいえば、味の素をちょっと
多くかけ過ぎたというか……

 バーボンの甘みはまた別物だと思います。これはこれで
慣れるとうまいものですから、ぼくは最近愛飲しているん
ですよ。ただクセがありますので、好みは分かれて当然か
もしれませんが。

 角は昔のままの角がいい……一途に(笑)そう思っていま
す。

Re: 薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんにちは! コメントありがとうございます。

>  それなんですが、ぼくがオールドに感じる甘みに似ては
> いませんでしょうか? 料理でいえば、味の素をちょっと
> 多くかけ過ぎたというか……

実はつい最近、何十年ぶりに〈オールド〉を飲んでみたのです。
味は以前のものと全く変わっていました。
そして仰るように、妙な甘みが強調されています。
この〈黒43°〉を少し上等にしたのが今の〈オールド〉でしょう。

いや本当、これの甘さをバーボンやテネシーと同じにしてはいけませんね。
そう受け取られるような書き方をして申し訳なく思っています。
角瓶以下の物をどういじっても売れそうにありませんし、
かといって角瓶以上のものはいじりようがありません。

したがって、角瓶をいじることによって新しさのようなものを
アピールしようとしているのだと思いますが、仰るように、
「角は昔のままの角がいい」ということですね。同感です。

No title

角は昔の角のまま。
ん〜、そうなんですよねえ、、、
むかし、ぼくが働いていたライブハウスでは、飲み放題のとき、
サントリーホワイトにコーラを熱して炭酸をとばしたものを少し加えて
客に出してましたよ。そんな甘さでしたね、オールド。
むかしはどこの店でもオールド。それはそれでウマかった。

昔のままで、ということなんですがね、
コカコーラのことなんですよ、
あれって初めて飲んだあの、コーラと同じだと思います?
自身の味覚が変わったのか、本当に昔の味ではないのか?
探偵ナイトスクープに相談してみようかな?なんて、
ずっと気になってるんですよ。笑
内容にずれたコメントでごめんね乙さん。
どう思います?
コーラ大好き。

HOBO

Re: HOBOさん

HOBOさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
コーラですね。
たぶん、昔のコーラと今のコーラは、違うと思います。

あの腰がきゅっとくびれた小さなボトルに入ったコーラ、
そのコーラは雑貨店の片隅で、水冷式のクーラーで冷やされていたりする。
それを、部活動の帰りなんかに飲む、というのは最高でしたね。

これはもうたぶん、どんなアルコールよりおいしかったのでは?
などど大袈裟ですが、そんな記憶がありますね。
昔のコーラは、もっと「濃い」ものです、たぶん。

今のコーラはよくわかりませんが、
コカコーラとペプシを変えたとしても、
たぶん気付かないのではないか。

コカ・コーラが、「コーラ」になってしまったのですね。

角瓶兄弟で一番のお気に入り

ついに私も角瓶をコンプリートしました。
個人的には黒角が一番気に入りました。もっとも、オールドなどのほうがいいのは当然ですけどね。

黒角はボディがしっかりしていてガツンと来るのが印象的です。
値段が上のプレミアムよりも楽しめました。

角瓶兄弟の個人的なランクでいうと、

黒角>プレミアム>白角>黄角 の順です。

白角は白州モルトを使っているだけに、単に薄いウイスキーという感じではないのが面白いです。
さわやかさと刺激があります。

Re: 角瓶兄弟で一番のお気に入り ; RERAさん

RERAさん、コメントありがとうございます。
乙山は角瓶三兄弟を飲んだだけで、例のプレミアム角瓶は飲んでおりません。
話を伺っていると、まあ飲まなくてもいいかな、みたいな感じでした。
ですがそのうち飲んでみなくては、と思っています。

> 角瓶兄弟の個人的なランクでいうと、
> 黒角>プレミアム>白角>黄角 の順です。

乙山はランク付けはしておりませんのでよくわかりませんが、
好みがまったく逆になるというのは面白いですねえ!
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (7)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)